in

ISO年次総会2022:世界の専門家がアブダビに参集し、標準が国際貿易と気候行動をいかに支援できるか検討

アラブ首長国連邦アブダビ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 120カ国以上の代表者が今週アブダビに集まり、標準化を活用して、国際貿易の障壁を引き下げ、気候行動を支援する方法について議論しています。


9月19~23日に、UAEの産業・先端技術省(MoIAT)が主催する国際標準化機構(ISO)の年次総会2022に、5000人を超える代表者が物理的そして仮想的に集まっています。

月曜日に、産業・先端技術省のオマール・アル・スワイディー次官閣下は、世界的な標準化計画を支持することで、国際貿易を活性化し、持続可能性を支援できると強調しました。

スワイディー閣下は、次のように述べています。「今週の会議は、世界の産業エコシステムだけでなく、より広範な貿易、経済、気候行動にとって極めて重要です。標準化は世界経済を支援して、国際貿易に対する信頼を高めることができます。しかし、標準化は持続可能な開発目標もサポートすることになり、ISOとそのメンバーは気候行動を推進することに傾注しています。私たちが力を合わせて、経済と貿易の関係を新たな高みへと引き上げることで、UAEを産業、貿易、ビジネスの国際的ハブとして位置付けることができるでしょう。」

ISOのプレジデントのウルリカ・フランケ氏は、次のように語っています。「この1年を振り返ると、持続可能でグリーンな成長が世界的なアジェンダで優先されていることが分かります。この点において、標準の価値と関連性はこれまで以上に認識されていますが、取り組むべきことはまだあります。」

「標準が世界をどのように形成するのか、目の当たりにしてきました。グローバルな問題の解決には、協業的なリーダーシップ、合意された標準と規制、確立された政策、そして素晴らしい取り組みが必要です。」

貿易の流れと協業関係を強化するために、さまざまな国際的標準化団体の間で、幾つかの契約が締結されます。このイベントの重要な焦点は、貿易と気候の関連性です。代表者は、国際標準を通じて気候行動を支援するために2021年に出されたロンドン宣言を、各国と標準化団体がいかに発展させていくことができるのかを取り上げます。また高官は、ISOメンバーによるこれまでの進捗状況について話し合い、気候変動政策をどのように強化しているのか探ります。

食糧安全保障と水不足も、標準化という観点から議論される重要なトピックです。代表者は、より回復力のある食糧システムを支援し、食糧の循環経済を生み出すために、どのように標準が役立つかを検討します。また、あるセッションでは、革新的な水技術が、とりわけ発展途上国における水不足にどのように対処できるかを探ります。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Salam Shehady

sshehady@apcoworldwide.com