in

シカゴ・オヘアがロンドン・ヒースローに代わり、最も接続された空港の第1位に

世界的ハブのパンデミック後の回復が遅い中、米国が優勢に

主な調査結果:

  • シカゴ・オヘア(ORD)が世界で最も接続された空港
  • ロンドン・ヒースロー(LHR)は世界で22位に順位を下げたが、欧州では1位を維持
  • メキシコシティ・フアレス国際空港(MEX)は米国以外で最も接続された空港
  • 東京羽田(HND)は2019年の22位から2022年は14位に上昇
  • インディラ・ガンディー国際空港(DEL)はアジア太平洋で最も接続された空港

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–グローバルな旅行業界のための世界をリードするデータ・プラットフォームのOAGは本日、世界で最も国際的に接続された空港の上位50位であるメガハブ2022を発表しました。2019年に最後に更新されたメガハブは、継続する旅行の混乱が世界の接続性にどのような影響を与えているかについて、新たな洞察を提供しています。

ロンドン・ヒースロー(LHR)は欧州のハブの中で第1位のランキングを維持しましたが、世界ランキングは2019年の1位から今年は22位に低下しました。パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)とフランクフルト空港(FRA)も同様に順位を落とし、上位10位から脱落して27位と30位になりました。

米国の空港が世界のメガハブの中で優位に立っており、シカゴ・オヘア(ORD、1位)、ダラス・フォートワース国際空港(DFW、2位)、アトランタ・ハーツフィールド・ジャクソン国際空港(ATL、3位)が、世界で最も接続された空港の上位3位を占めました。メキシコシティ・フアレス国際空港(MEX)が米国以外のメガハブで最高位の8位となり、2019年の15位から順位を7位上げました。

OAGのチーフアナリストのジョン・グラントは、次のように述べています。「世界市場はパンデミック後、まだ完全に回復していません。現在、力強い国内市場によって米国が優勢である一方、業界が完全な回復に向けて取り組む中、今後12カ月で欧州やその他の世界的ハブが追いつく可能性があります。」

アジア太平洋で最も接続されているメガハブは、インディラ・ガンディー国際空港(DEL)であり、香港国際空港は上位50位から外れました。ムンバイ国際空港(BOM)はアジア太平洋で6位となり、シンガポール・チャンギ空港(SIN)は12位に順位を落としました。

メガハブ2022のさらなる洞察と完全な方法論については、こちらの分析をご覧ください

OAGについて

OAGは、世界の旅行業界に向けた主要なデータ・プラットフォームであり、1929年より飛行機旅行エコシステムの成長とイノベーションを推進してきました。英国に本拠地を置き、米国、シンガポール、日本、中国、リトアニアで事業を運営しています。詳細については、www.oag.comをご覧になり、ツイッターで@OAG Aviationをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Chrissy Azevedo, Corporate Ink for OAG

pressoffice@oag.com