in

ネクサインの記事がTMフォーラムのベンチマーク報告書に掲載される

露サンクトペテルブルク–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — BSSとデジタル化ソリューションを提供する一流企業であるネクサインは、TMフォーラムのベンチマーク報告書「通信事業者の収益成長:次のレベルへ引き上げる」に当社の記事が掲載されたことを発表します。この報告書は、通信サービス事業者(CSP)に影響を与える主要なセクターとサービスに加え、成長と衰退の領域を追究したものです。世界最大の通信事業者33社から収集した調査結果を利用したもので、通信事業者から技術企業への転換を成功させることに影響を与える要因についての貴重な情報源となっています。


ネクサインの記事「成熟期に向かう従来の収益源と新たな収益源の活用:BSSコアの調整」は、今日のCSPが従来の通信を超えてシフトし、垂直市場を追求する中で直面する主要な課題について検討したものです。著者らは、次世代サービスを展開する事業者は、複数のサイロ化したシステムを管理しなければなりませんが、このプロセスは複雑で、顧客の課金体験に悪影響を及ぼすと述べています。この記事によると、CSPは包括的かつ相乗的なBSSを導入し、収束的なユーザー体験を確保することによって、新しい収益源をうまく利用することができます。オープンデジタルアーキテクチャーと5Gを内部化し、ネットワークの種類に左右されない収束性を提供することで、コアBSSレイヤーの柔軟性を高める必要があります。

この記事では、事業者がこれらの課題を克服し、単一のコンバージェンスプラットフォーム上ですべての収益源を調整するためのために設計されたネクサインの新しいクラウドネイティブのマイクロサービスベースソリューションについても取り上げています。Nexign Revenue Management(ネクサイン・レベニュー・マネジメント)により、CSPは複雑さが増す環境において運用効率のバランスを取りながら、新たな収益化モデルや接続以外のサービスを活用するための無限の柔軟性を手にします。また、収益管理プロセス全体をカバーし、あらゆる通信サービス、デジタルサブスクリプション、サードパーティーの製品およびバンドルと連携できる状態にあります。

TMフォーラムのベンチマーク報告書は、電気通信業界の最新動向と成果というテーマに特化した年次国際会議であるデジタル・トランスフォーメーション・ワールド2022で発表されました。

ネクサインの記事「成熟期に向かう従来の収益源と新たな収益源の活用:BSSコアの調整」の完全版は、リンク先でご覧いただけます。

ネクサインについて:

30年以上にわたりこの市場で事業を展開するネクサインは、世界各地の企業のデジタル・トランスフォーメーションをサポートしてきました。当社が通信事業者に提供する融合BSSシステムと最先端のソリューションは、従業員エクスペリエンス管理の向上とデジタル・エコシステムの実現ができるように設計されています。当社は、ITおよびテレコミュニケーションの分野で最先端の技術と広範な専門能力を基盤として革新的製品を提供することで、クライアントとのパートナーシップを強化することに努めています。詳細情報については、こちらをご覧ください:www.nexign.com

Contacts

Editorial Contact:
PR_Group@nexign.com