in

📢| VELO3Dが最大5倍の生産性向上と75%のコスト削減を実現した大型フォーマット3D金属プリンターのSapphire® XCを発表

※この記事は日本語専用記事となります。

新しい積層造形システムで既に13件の事前注文を受注

米カリフォルニア州キャンベル–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — デジタル製造イノベーターのVELO3Dは、システムポートフォリオを拡大し、サファイアXC(Sapphire XC)を取り揃えたと発表しました。この「特殊能力」の大型フォーマットプリンターは、既存のSapphireシステムと比較して、生産スループットを5倍に向上させ、部品当たりコストを最大75%削減するものとなります。

また当社は、現行システムへのソフトウエアとハ​​ードウエアを更新することになるSapphire Gen2を本格展開する計画も発表しました。ユーザーは、現行のSapphireシステムと比較して、生産性および部品当たりコストの指標の改善を10~50%程度期待できます。Sapphire Gen 2の更新機能は、2021年第2四半期から、設置済みシステムすべてに対する改良の形で提供できるようになります。

Sapphire製品ファミリーには現在、Sapphire Gen 2、高さ1メートルのSapphire 1MZ、Sapphire XCがあります。これらはすべて、支持構造を考慮せずに印刷できる特許取得済みの機能を備えたレーザー粉末床溶融(LPBF)プロセスを使用しています。Sapphireシステムは特に、品質が保証されて妥協のない幾何形状の製造を求める航空宇宙、発電、エネルギーの市場の未充足ニーズに応えるものです。

VELO3Dの創設者で最高経営責任者(CEO)のBenny Bullerは、次のように述べています。「支持構造という製造上の制約を増やさずに大きな部品を印刷することは、多くの業界のエンドユーザーにとって非常に魅力的です。お客さまは初めて、大型フォーマットシステムで、部品品質に最高の自信を持ちながら、妥協のない幾何形状を3D印刷できるようになります。不良ビルドの経済的影響は甚大であるため、大型コンポーネントの品質保証は決定的に重要です。当社の統合ソリューションがより高い歩留まりで高品質部品を生産できること、そしてその基礎技術を当社の新しいSapphire XCに引き継いだことを実証済みです。」

Sapphire XCの機能

  • より大きなビルドボリューム:ビルドボリューム600mm x 550 mm(Sapphireの315mm x 400 mmと比較して)
  • 生産性の向上:8レーザー x 1000W(Sapphireの2レーザー x 1000Wと比較して)
  • 製造プロセスの統合:Flow™プレプリントソフトウエアおよびAssure™品質管理ソフトウエアと完全に統合。
  • 一貫性のあるアーキテクチャー:現行のSapphireと同じ光学トレイン設計、リコーター技術、ガスフロー技術、計測機能を利用。またユーザーはSapphireと同様の材料特性を期待できる。
  • 適格材料合金:適合合金には、アルミニウムF357、チタン6AI-4V、INCONEL® 718、HASTELLOY® Xが含まれる。

Sapphire XCの事前注文

Sapphire XCの納品は、2021年第4四半期に開始します。Sapphire XCの早期事前注文により、システムの価格と早期製造スロットを保証できます。既に受注したSapphire XCの注文分は、21年第4四半期および22年第1四半期で利用可能なすべての製造スロットを使用します。

ウェビナーへの招待

Sapphire XC大型フォーマットシステムの価値と、それが未充足の顧客ニーズに対応できることの詳細については、東部標準時の10月22日午前10時に有益なオンライン炉辺談話に登録の上でご参加ください。スマーテック・アナリシスのリサーチ担当バイスプレジデントを務めるスコット・ダンハム氏が、VELO3Dの創設者でCEOのBenny Bullerとの議論の司会をします。聴衆からのライブQ&Aをウェビナーで行います。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Contact for VELO3D: Joyce Yeung press@velo3d.com

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。

 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。