in

📢| 訂正・差し替え NTTと提携して設立した5億ドルのファンドについてNTTVCが発表

※この記事は日本語専用記事となります。

ベンチャー・キャピタリストで起業家のバブ・ゴールが創立したNTTVCは

コンセプトからグローバルな存在へスタートアップ企業の迅速な拡大をサポート。

最初の5件の投資は、企業とデジタルヘルスの未来を推進

米カリフォルニア州パロアルト–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — NTTVCは本日、スタートアップ企業が急速に世界規模に成長できるようにパートナーシップの力を活用してサポートする5億ドルのファンドを発表しました。NTTVCは、起業家で投資家のバブ・ゴールがテクノロジー・サービス・プロバイダーのNTTと協働して創立した独立系ベンチャー・キャピタル企業です。また、企業と消費者に強い影響力を持つイノベーションを提供する5社のスタートアップ企業(CelonaEkonferenceShorelineUDP Labs)への投資も発表いたします。


NTTVCは、AI、機械学習、データを原動力とする企業、デジタルヘルス、イノベーションの未来に重点を置き、あらゆる成長ステージとセクターに広く投資を行います。投資チームの強い関係とNTTのネットワークを組み合わせ、スタートアップ企業が適切な決定を迅速に取れるようサポートできる業界の専門家、顧客、起業家、ビジネスリーダー、システム・インテグレーター、サービス・プロバイダーの強固なネットワークへのアクセスを提供します。

NTTは80カ国以上に拠点を構え、7500万人の携帯電話加入者、300万の企業と12万の企業顧客にサービスを提供する1090億ドル規模の世界トップ5のテクノロジー・サービス・プロバイダーです。NTTは長年にわたってスタートアップ企業を採用し、グローバルな規模の達成を支援してきた歴史を持っています。ゴールと提携してリターン主導のベンチャー・キャピタル・ファンドを設立することにより、NTTは起業エコシステムにおいて長期的な関係を構築するというコミットメントを深めています。一方でNTTVCのポートフォリオ企業には、事業拡大を進める上でNTTに、NTTを通じて、NTTと共に売却するという選択肢と機会があります。

NTTの澤田純代表取締役社長は次のように述べています。「私たちの使命は、人々、お客さま、コミュニティーが直面する社会的課題を解決するためにテクノロジーを有効に活用することです。この約束を果たすためにはスタートアップ・エコシステムが不可欠であると常に信じてきました。だからこそ私たちはNTTVCと提携し、世界を変える次世代のテクノロジーを推進することを選んだのです。」

NTTVCチームは全体で100社を超えるスタートアップ企業の設立や拡大を手がけ、助言、投資を行ってきました。起業家の支援に対するチームの意欲は、それぞれが持つ創立者やベンチャー・キャピタリストとしての直接的な経験から生じています。NTTVCを創立する前は、ゴールは19年にわたってノーウェスト・ベンチャー・パートナーズでパートナーを務め、起業家、ベンチャー・キャピタリスト、技術者として、現在のインターネットの基盤となるテクノロジーの多くの構築を支援しました。パートナーのフェイ・ハザベー・コスタはノーウェスト・ベンチャー・パートナーズでゴールと緊密に協力し、それ以前はヒューレット・パッカード・エンタープライズのベンチャーグループの立ち上げに携わりました。ポートフォリオ開発パートナーのマイク・ケーニグは、経験豊富な販売・事業開発リーダーであり、ゴールが支援した2つのスタートアップ企業の初期の上級幹部を務めていました。ケーニグはNTTVCのネットワークとの影響力のある結びつきを通じて、当社のポートフォリオ企業をサポートしています。

バブ・ゴールは次のように述べています。「私たちはまだ、全業界に影響を及ぼしてスタートアップ企業にとって前例のない機会を創り出しているデジタル変革の初期段階にあります。影響力のある企業を構築していく過程のあらゆる段階を通じて起業家と協力することに、私たちは情熱を注いでいます。」

フェイ・ハザベー・コスタは次のように述べています。「NTTVCは独立した機敏な投資モデルとグローバル・ネットワークへの独自のアクセスを組み合わせ、両方のメリットを起業家に提供します。この強力な組み合わせによって、スタートアップ企業には、事業拡大とビジョンの実現における真の競争優位性がもたらされます。」

詳細情報については、当社のブログnttvc.comをご覧ください。

NTTVCについて

NTTVCは、NTTと提携して創立された独立系ベンチャーキャピタルです。パートナーシップに焦点を当てた独自の戦略と深い業界ネットワークを活用し、NTTVCはスタートアップ企業のグローバルな規模への拡大に資するネットワークへの扉を開きます。最初の5億ドルのファンドを通じて当社は、AI、機械学習、データを原動力とする企業、デジタルヘルス、イノベーションの未来に重点を置きながら、全セクターのあらゆる成長ステージのテクノロジー・スタートアップ企業に広く投資を行います。NTTVCはシリコンバレーに本社を構えています。詳細については、nttvc.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Marisa Lam

GMK Communications for NTTVC

marisa@gmkcommunications.com
650.544.3350

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。

 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。