in

📢| オープン・グループと国際電気通信連合がデジタル政府戦略の策定で協力

※この記事は日本語専用記事となります。

リソースに制約がある国々における公共サービスのイノベーションと変革のための市民本位のエンタープライズ・アーキテクチャーを推進・構築する戦略的共同活動

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ベンダー中立技術コンソーシアムのオープン・グループと情報コミュニケーション技術(ICT)の国連機関の国際電気通信連合(ITU)は本日、市民にとってのより良い成果とICTインフラストラクチャーの最適な活用をもたらす公共サービスのイノベーションと変革を加速する共同活動を発表しました。

オープン・グループとITUは協力して、世界的なデジタル政府戦略と市民本位のエンタープライズ・アーキテクチャー(EA)の能力の推進、指針提供、構築を目指します。

ITUの趙厚麟事務総局長は、次のように述べています。「デジタル公共サービスが世界の市民の生活にこれほど大きな影響を持ったことはかつてありませんでした。今回のオープン・グループとの共同活動により、ITUは、経済復興と国連持続可能開発目標(SDGs)を支えるべく、あらゆる政府が影響の大きい市民本位のデジタル・ソリューションの導入・拡張を加速できるよう支援する活動にこれまで以上に精力的に取り組んでいきます。」

リソースに制約がある国々も、必要な指針と資材を得ることで、デジタル戦略を実装可能な大規模システムに転換しやすくなります。このような形で、ITUとオープン・グループの戦略的提携は、デジタル投資とベストプラクティス・アーキテクチャー・アプローチの間のギャップを解消し、SDGs達成に寄与します。

ITUの電気通信開発局(BDT)のDoreen Bogdan-Martin局長は、次のように述べています。「一段上のデジタル公共サービスを実現させるためにデジタル・ソリューションやテクノロジーを使用することは、COVID-19の世界的流行への対応とその後の復興を支援する上で不可欠です。デジタル公共サービスの大規模な設計・実装・展開にあたっては、アーキテクチャー・アプローチを採ることが鍵となります。EAにより、政府が多様な要件を持つ諸部門のニーズに応えると同時に、全体的な組織的変化プロセスと政府サービスの最新化を促進することが可能になります。オープン・グループと共に、ITUは諸国がEAアプローチを実行に移すために必要とするツールや指針を作成することができます。」

この共同活動の中で行われる業務は、オープン・グループの政府EAワークグループが実施します。このワークグループは、さまざまな政府のエコシステムの間のシームレスな情報の流れを実現するプロセスを策定するとともに、既存のEAリソース(ガイド、フレームワーク、ユースケース、方法論など)をより使いやすく、誰もが入手できるものにします。そうしたリソースへのアクセスを提供することを通じて、オープン・グループとITUは、政府が各国固有のニーズに応じてアーキテクチャー・アプローチを大規模に実行するために必要な能力を構築できるよう支援します。

オープン・グループのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ナンは、次のように述べています。「オープン・グループは、ITUと協力してデジタル公共サービスを変革し、ひいては世界の何百万人もの市民の体験を強化できるようにしていることを誇りに思います。デジタル投資から最高の成果を引き出せる国が目的に適合したデジタル政府EAを作成・導入した国であることは明らかです。だからこそ、我々はITUと共に、特にリソースが限られた国々のために、将来の変化にも対応できるデジタル・アーキテクチャーとインフラストラクチャーの構築に必要な方法論やツールを誰でも使用できるものにすべく努力していきます。」

オープン・グループとITUは、共同活動の開始にあたり、2020年12月2日と12月9日にウェビナーを開催します。登録はこちらからお願いします。

-以上-

オープン・グループについて

オープン・グループは、技術標準を通じてビジネス目標の達成を実現する世界的なコンソーシアムです。当グループの多様な会員は800以上の組織から成り、複数業界にわたる顧客、システムおよびソリューション・サプライヤー、ツールベンダー、インテグレーター、学術機関、コンサルタントが含まれます。オープン・グループの詳細情報については、www.opengroup.orgをご覧ください。

国際電気通信連合(ITU)について

国際電気通信連合(ITU)は、情報・コミュニケーション技術(ICT)を扱う国連専門機関であり、193の加盟国と、計900以上の企業、大学、国際・地域組織のメンバーと共に、ICTのイノベーションを推進しています。今から150年以上前の1865年に設立されたITUは、無線周波数の世界的共同使用の調整、衛星軌道割り当ての国際協力の促進、発展途上地域の通信インフラストラクチャーの強化、多様な通信システムのシームレスな相互接続を促進する世界標準の策定を担う政府間機関です。ブロードバンド・ネットワークから、最先端の無線技術、航空・航海、電波天文学、海洋学、衛星を使用した地球観測まで、また固定・携帯電話技術、インターネット技術、放送技術の融合にも取り組み、世界をつなぐために活動しています。詳細情報については、www.itu.intをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

The Open Group Media Contact
Jenny Morris

Hotwire

+44 (0)7393465529

UKOpengroup@hotwirepr.com

ITU Media Contact
Monika Gehner

Head, Strategic Communication Division (SCD)

International Telecommunication Union (ITU)

Tel.: +41 22 730 5459

Press lines: +41 22 730 6039 & +41 79 337 4615

E-mail: pressinfo@itu.int

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。

 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。