ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|12月全国百貨店売上高は前年比13.7%減、15カ月連続マイナス


写真 

12月全国百貨店売上高は前年比13.7%減、15カ月連続マイナス

 
内容をざっくり書くと
月の前半は、歳暮の贈答品やクリスマスケーキ、おせちの受注を中心に賑わいをみせ、富裕層を中心とした美術・宝飾・貴金属高額品などの需要も底堅かったが、売り上げ不振をくつがえすには至らなかった。
 

[東京 22日 ロイター] – 日本百貨店協会が22日発表した12月の全国百貨店売上高は、店舗数調整… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

富裕層

富裕層(ふゆうそう)とは、一定以上の比較的大きな経済力購買力を有する個人・世帯。又は、より広く捉え直した上で細分化して、富裕層(保有資産額100万ドルあるいは1億円以上)若しくは超富裕層(同3000万ドルあるいは5億円以上) などの用語が使用される。アメリカでは、the top 1%と呼ばれる全米上位1%の保有資産を持つものは、羨望の的、神の如き存在とされる。[1]

用語

財産家、大金持ちを素封家という(『史記』貨殖伝より)。「素」はむなしい、「封」は領地。領地官位を持っていないが、非常な資産を持っている者という意味。[2][3]


概要

RBCウェルス・マネジメント

RBCウェルス・マネジメント(日本語英語)などの調査による富裕層の定義は、主な居住用不動産、収集品、消費財、および耐久消費財を除き、100万ドル以上投資可能資産を所有する世帯としている[4]。英語ではHNWI (high-net-worth individual)と表記する。2012年の統計によると、世界に約1100万世帯の富裕層が存在し、世界で最も富裕層人口を持つ国がアメリカで約306万世帯、2位は日本で約182万世帯である。また、3000万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯を超富裕層(Ultra-HNWI)と定義している。

野村総合研究所

野村総合研究所は、「超富裕層(世帯の純金融資産・5億円以上)」「富裕層(同・1億円以上5億円未満)」に分類した調査を報告している[5]。この報告によると、2015年の富裕層マーケットの規模は114.4万世帯、純金融資産の総額は197兆円、超富裕層マーケットの規模は7.3万世帯、純金融資産の総額は75兆円である。また、団塊の世代定年退職、および少子高齢化を背景とする遺産相続の増加に伴い、今後しばらくは富裕層マーケットが拡大していくという予想が示されている。

新富裕層

近年、情報通信技術の発達、金融規制緩和により財を成した者達が増えている[6]

富裕層調査

ワールド・ウェルス・レポート

フランスのコンサルティングファームのキャップジェミニが発表した2019年世界の富裕層数ランキングである。主な居住用不動産、収集品、消費財、および耐久消費財を除き、100万ドル以上投資可能資産を所有する世帯を富裕層(HNWI、High-Net-Worth Individual)と定義している[7]。世界の富裕層人口の上位25か国は以下の通りである。

富裕層
順位国/地域人口
1アメリカ合衆国の旗 アメリカ5,909,000
2日本の旗 日本3,387,000
3ドイツの旗 ドイツ1,466,000
4中華人民共和国の旗 中国1,317,000
5フランスの旗 フランス702,000
6イギリスの旗 イギリス591,000
7スイスの旗 スイス438,000
8カナダの旗 カナダ392,000
9イタリアの旗 イタリア298,000
10オランダの旗 オランダ287,000
11オーストラリアの旗 オーストラリア284,000
12インドの旗 インド263,000
13大韓民国の旗 韓国243,000
14スペインの旗 スペイン235,000
15ロシアの旗 ロシア215,000
16クウェートの旗 クウェート207,000
17サウジアラビアの旗 サウジアラビア203,000
18ブラジルの旗 ブラジル199,000
19ノルウェーの旗 ノルウェー182,000
20台湾の旗 台湾178,000
21香港の旗 香港172,000
22オーストリアの旗 オーストリア155,000
23スウェーデンの旗 スウェーデン142,000
24タイ王国の旗 タイ134,000
25インドネシアの旗 インドネシア134,000

ワールド・ウルトラ・ウェルス・レポート

スイスの金融大手UBSなどの集計による2018年世界の超富裕層数ランキングである。超富裕層(UHNWI, Ultra HNWI)を純資産3000万ドル以上所有する者と定義しており、世界に26万5490人いるとされる。最多国はアメリカ合衆国、最多都市はニューヨーク(東京は3位)[8]。世界の超富裕層人口の上位10か国は以下の通りである。

超富裕層
順位国/地域人口
1アメリカ合衆国の旗 アメリカ81,340
2中華人民共和国の旗 中国24,965
3日本の旗 日本17,855
4ドイツの旗 ドイツ15,685
5カナダの旗 カナダ10,395
6フランスの旗 フランス10,145
7イギリスの旗 イギリス9,575
8香港の旗 香港8,950
9イタリアの旗 イタリア6,270
10スイスの旗 スイス6,145

脚注

  1. ^ 「アメリカでは5200兆円以上を上位1%の大富豪が下層から巻き上げてきた」という研究結果 - GIGAZINE [1]
  2. ^ 『三省堂 故事ことわざ・慣用句辞典』(三省堂、1999年)
  3. ^ 素封家(そほうか) とは - 由来・語源辞典
  4. ^ World Wealth Report 2012
  5. ^ 2011年の富裕層および超富裕層マーケットは81万世帯、188兆円、野村総合研究所(2012年11月22日)
  6. ^ NHKスペシャル "新富裕層" vs 国家 〜富をめぐる攻防〜(2013年8月18日、NHK)
  7. ^ World Wealth Report 2020 2021年2月16日閲覧。
  8. ^ WEALTH-X AND UBS WORLD ULTRA WEALTH REPORT 2019 2021年2月16日閲覧。

関連項目

クリスマスケーキ

クリスマスケーキ英語: Christmas cake)は、クリスマスを祝って食べるケーキで、イギリス、アイルランド、並びにその他の英連邦諸国や日本、フィリピンなどの国々で広く親しまれている。

イギリスのクリスマスケーキ

イギリスのクリスマスケーキは特に12月24日(クリスマス・イヴ)や12月26日(ボクシング・デー)のティータイムに供される習慣がある[1]

イギリスではクリスマスケーキのほかバースデーケーキウェディングケーキなどもダークフルーツケーキを土台にしていることが多い[1]。ダークフルーツケーキはドライフルーツをふんだんに入れた硬めの生地のケーキである[1]

日本のクリスマスケーキ

日本のクリスマスケーキの歴史は、菓子メーカー不二家創業の1910年(明治43年)まで遡る[2]。現代の日本では、スポンジケーキにホイップクリームやバタークリームを塗り、砂糖細工(メレンゲドール)のサンタクロースクリスマスツリーイチゴチョコレートを飾りつけたものが一般的である。これは、不二家が1922年(大正11年)頃から広めたものである。近年、日本の一部や韓国ではバースデーケーキのように、クリスマスケーキにろうそくを灯すものも見られ、サンタクロースを象ったろうそくも見うけるが、英連邦諸国でクリスマスケーキにろうそくの火を灯すことはない。また、日本では慣習的にクリスマス当日ではなく、イブの晩に食べられることも多い。

関連項目

クリスマスに関連するパン類・デザート類

クリスマス以外の祝日に関連するケーキ類

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『BonChic VOL.12』主婦の友社、2015年、60頁
  2. ^ 不二家の歴史”. 不二家. 2009年6月19日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close