ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|バイデン米大統領、国内テロのリスク評価を指示


写真 

バイデン米大統領、国内テロのリスク評価を指示

 
内容をざっくり書くと
サキ報道官は、国家情報長官室が連邦捜査局(FBI)や国土安全保障省と連携して評価を実施するとした上で、「われわれは事実に基づいた分析を求めており、それによって政策を形成することができる」と述べた。
 

[ワシントン 22日 ロイター] – バイデン米大統領は、トランプ前大統領の支持者らによる議会議事堂… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

アメリカ合衆国国家情報長官

アメリカ合衆国国家情報長官(アメリカがっしゅうこくこっかじょうほうちょうかん、英語: Director of National Intelligence、略称:DNI)は、アメリカ合衆国連邦政府において情報機関を統する閣僚級の高官である。インテリジェンス・コミュニティーを統括し、アメリカ合衆国連邦政府の16の情報機関の人事・予算を統括する権限をもつ。

設置の経緯

以前はCIA長官中央情報長官を兼ね、インテリジェンス・コミュニティー全体の統括も行っていた。しかし、中央情報長官はCIAの長官でもあるため、自分の統括する組織であるCIAの指揮に集中してしまったり、情報活動の8割以上を行っている国防総省との対立が原因でインテリジェンス・コミュニティーの指揮や調整の役割を果たしていなかった。2001年の同時多発テロを防げなかった一因には、情報機関の連携不足が指摘されている。そこで、2004年に(Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004)により国家安全保障法が改正され国家情報長官が設置され、副長官には国防総省の情報活動を重視する当時のジョージ・W・ブッシュ政権の意向を受けてNSA長官だったマイケル・ヘイデンが就任した。国家情報長官はインテリジェンス・コミュニティーの指揮に専念することになり、CIA長官は中央情報長官からCIA専属の長官となった。

役割

国家情報長官は大統領国家安全保障会議の情報顧問であり、インテリジェンス・コミュニティー国家テロ対策センターを統括する。連邦政府の16の情報機関の人事と予算を統括する権限がある。しかし、各情報機関への指揮権は不明である。

毎朝、諜報機関が収集した情報をまとめた機密文書大統領日報(President's Daily Brief)を大統領に報告する[1]。この大統領日報は、大統領と大統領が承認した人物のみ閲覧できる。

歴代国家情報長官

代数氏名写真任期大統領
1ジョン・ネグロポンテJohn Negroponte official portrait State.jpg2005年4月21日 - 2007年2月13日ジョージ・W・ブッシュ
2マイク・マッコーネル
(アメリカ海軍退役中将)
Mike McConnell, official ODNI photo portrait.jpg2007年2月13日 - 2009年1月27日
バラク・オバマ
3デニス・C・ブレア
(アメリカ海軍退役大将)
Dennis Blair official Director of National Intelligence portrait.jpg2009年1月29日 - 2010年5月28日
-
(代行)
David Gompert official portrait.jpg2010年5月28日 - 2010年8月5日
4
(アメリカ空軍退役中将)
James R. Clapper official portrait.jpg2010年8月5日 - 2017年1月20日
5ダン・コーツ
(前上院議員)
Dan Coats official DNI portrait.jpg2017年3月16日 - 2019年8月15日ドナルド・トランプ
-ジョゼフ・マグワイア
(代行)
Joseph Maguire official photo.jpg2019年8月16日 - 2020年2月20日
-リチャード・グレネル
(代行)
Richard Grenell official photo.jpg2020年2月20日 - 2020年5月26日
6ジョン・ラトクリフ
(下院議員)
John Ratcliffe.JPG2020年5月26日 - 2021年1月20日
-英語版
(代行)
Lora Shiao.jpg2021年1月20日 - 2021年1月21日ジョー・バイデン
7英語版
(元CIA副長官)
Avril Haines portrait.jpg2021年1月21日 - 現職

出典

外部リンク

サキ報道


 

Back to Top
Close