ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|米3月CPI総合+0.6%、8年半ぶり大幅伸び 緩和継続は既定路線


写真 

米3月CPI総合+0.6%、8年半ぶり大幅伸び 緩和継続は既定路線

 
内容をざっくり書くと
ウエスタンユニオン・ビジネスソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏も、FRBは当面は低金利政策を維持する軌道から外れないとの見方を示した。
 

[ワシントン 13日 ロイター] – 米労働省が13日に発表した3月の消費者物価指数(CPI、季節調… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

シニア市場アナリスト

ウエスタンユニオン

ウエスタンユニオン英語: The Western Union Company)とは、アメリカ合衆国に本拠地をおく、金融および通信事業の会社である。160年の歴史を持ち、全世界の約200ヶ国で個人送金、企業支払と貿易業務を代行している。

概要

シブレーが起こしたウェスタン・ユニオン電信会社が事業の始まり。創業後、シブレーは露米会社の経営悪化とロシア政府のアラスカ売却意向を合衆国政府に伝え、アラスカ買収のきっかけをつくった。買収実現のあとはベーリング海峡に露米電信を敷設しようとしたが、大西洋横断電信ケーブルの完成により挫折した。1879年にベル電話会社との特許をめぐる訴訟に負けてから資金移動業が主体となる。また、このころにジェイ・グールドが主要株主となる。1909年にAT&Tがグールド家の保有株を買収した。

1958年にRCAIBM自動デジタル通信網の青写真をつくった。1970年にメールグラムを開発。

1987年に投資家の英語版が株式の過半数を取得した。1995年に英語版に吸収された。

個人間の国際送金、為替、貿易などの各種金融事業を行っており、世界200ヶ国以上に約27万の代理店を有する[注釈 1]スタンダード・アンド・プアーズ社が算出しているアメリカの代表的な株価指数S&P 500」を構成する1社である。

提携先

日本

トラベレックスジャパン
2010年7月15日より、外貨両替店などを営む[1]同社の窓口を通じた国際送金サービスを実施している[2][3]
セブン銀行
海外送金サービスへの新規参入準備のため、業務提携に向けての基本合意を交わしている[4]
2011年3月22日より、セブン銀行との取引がある顧客向けにインターネットバンキングを利用したサービスを開始。同年7月をめどに、ATMによるサービスも開始予定。申し込みは、インターネットバンキングのログインサイトより行う。
大黒屋 (チケット)
2011年4月27日より、大黒屋32店舗での取り扱いが開始となった[5]
コンビニ(ファミリーマート)
2012年2月7日より、ファミリーマート各店舗に設置されたマルチメディア端末「Famiポート」より、銀行口座を開設することなく国際送金可能となった[6]

過去の提携先

スルガ銀行
個人間の国際送金を提携して取り扱っていたが、2009年1月30日をもって提携サービスを終了した[7]

国際送金詐欺への注意

ウエスタン・ユニオンの国際送金を悪用した振り込め詐欺が、日本だけでなく世界的に多発している[8]。この為、同社の日本語サイトでも「詐欺にあわないために」というウェブサイトを設けて、送金利用者に強く注意を喚起している[9]

同ページなどによると、主な手口は、旅行などで海外にいる友人・知人から、盗難や事故などに遭ったので「至急送金して欲しい」という依頼が、電子メールで来る「緊急送金詐欺」、ソーシャル・ネットワーキング・サイトなどで知り合った、友人や恋人候補など(男女問わず)からの、さまざまな口実で送金を依頼してくる「インターネット送金詐欺」、アメリカ合衆国の永住権取得に当選したから手数料を送るよう依頼してくる「米国グリーンカード詐欺」、不動産物件ウェブサイトでの詐欺など多岐にわたる。

こうしたオークション詐欺国際恋愛詐欺ナイジェリアからの手紙のような、インターネットで知り合った人物への送金は、詐欺と気付いてからではまず取り戻すことはできないため、ウエスタンユニオンは、上記のように利用者に注意を喚起しているものの、eBayなど、ウエスタンユニオン経由の支払いを禁止している商業サイトもある。

アメリカ合衆国郵便公社との関係

1970年代初頭には「郵便公社」と提携し、電子郵便サービス「」を導入した。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2006年6月9日現在

出典

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close