ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|香港民主活動家の黄氏、さらに禁錮10カ月 天安門事件の集会参加で


写真 

香港民主活動家の黄氏、さらに禁錮10カ月 天安門事件の集会参加で

 
内容をざっくり書くと
人権団体や欧米諸国からは、反対意見を抑圧するものだとして批判が出ている。
 

香港の裁判所は6日、国際的に著名な民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏に対し、1989年の天安… →このまま続きを読む

 BBC NEWS JAPAN

世界約100カ国で取材するBBCのジャーナリストたちによるニュース、読み物、特集記事の中から、見識深い日本ユーザーにとって有意義な話題を選んでお届けしています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

人権団体

人権団体(じんけんだんたい)は、特殊な事情にあってその人間としての基本的な人権が踏みにじられていると考える人たちの人権擁護などを目的とする団体健康、あるいは家族の離散、貧困医療高齢者配偶者による暴力の被害者支援などといった目的である。逆に人権を盾に相手を差別者とレッテルを貼って吊し上げて糾弾して私腹を肥やす組織も含まれる。日本共産党は同和利権で多額の資金や利権を得て、恐怖や忌避感を植え付け、差別を再生産・固定化している部落解放同盟と長年対立してきた。日本共産党所属で1979年の初当選から高浜町議会議員を務めてきた渡邊孝は人権活動家だつた森山榮治が町行政に君臨していた頃について、「30そこそこの自分が2位で当選できたのも、暗い雰囲気を変えてほしいという民意があったのでは」「人権団体を率いて、“差別をなくす糾弾活動”の名目で恐怖政治を敷き、高浜町民を手懐けていく、まさに暗黒町政の時代だった」と町の教育委員長にも選任されるなど退職後も人権を盾に多大な影響力を持っていたことを伝えている[1][2][3][4][5][6][7]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 「部落差別」永久化法案が可決/“差別固定化許さない”/参院法務委 仁比議員が反対討論” (日本語). www.jcp.or.jp. 2020年6月12日閲覧。
  2. ^ 日本共産党・知りたい聞きたい/部落問題の現状は?”. www.jcp.or.jp. 2020年6月12日閲覧。
  3. ^ 共産党・小池前参院議員「松本大臣発言は部落解放同盟の地金」” (日本語). ライブドアニュース. 2020年6月12日閲覧。
  4. ^ 崩れ出した「解同」タブー/不正事件・利権あさり/日本共産党 一貫して追及/同和予算賛成の「オール与党」”. www.jcp.or.jp. 2020年6月12日閲覧。
  5. ^ 関電金品提供問題/原発推進に深く関与/元助役 特別な存在感/福井・高浜町 共産党町議 振り返る” (日本語). www.jcp.or.jp. 2019年11月27日閲覧。
  6. ^ 「人権団体」で糾弾活動、孫は検事 関電“京大閥”が利用した“原発のドン”の正体『週刊文春』2019年10月10日号、29-31頁。
  7. ^ 「解同」横暴・利権あさり/どこまで追い込んできたか/不公正な同和行政の完全終結を”. www.jcp.or.jp. 2020年6月12日閲覧。

関連項目

出典

欧米

欧米(おうべい)とは、広義にはヨーロッパ州(欧州)とアメリカ州(米州。北アメリカ州南アメリカ州)の3大州を指す。

狭義では、ヨーロッパの先進国及びアメリカ合衆国カナダの北アメリカ2か国とを合わせた集団を指す。イギリス人が建国した、オセアニアにあるオーストラリアニュージーランドを含める場合もある。

欧米の概念は、文化的には、西洋の概念と緩やかに重なっている。

用法

日本での事象に対する外国での事例として、「欧米では――」と使われることが多い。比較対象として欧米諸国が引き合いに出される起源は、明治日本からの近代化の手本が欧米諸国であったからだと考えられる。

近代以降の日本において、以前の中国に代わる存在として想定された「理想を具現化した存在」という意味合いを込めて使われることが多い語であり、実際の「欧米」の状況と一致していない場合も多い。事実、政治経済の歴史が日本よりも長く、経験も豊富で洗練されている面が多いことなどから、先進的な制度や形式、洗練された文化や考え方を指す際に引き合いに出されている(良寛坊主の戒語に「好んで漢言葉を使う[1][2][3]」がある)。

もっとも、近年では新興国の台頭に伴い、中国などのアジア諸国をはじめ、非欧米諸国(開発途上国も含め)が新しい秩序を生み、日本では「海外の事例」として引き合いに出されることも多くなっている。

欧米と欧米人の観念範囲

欧米の人という意味においては、「欧米人」という呼称が用いられる。これは、いわゆるWASPの人々を指す場合が多かったためであり、欧米地域にあっても有色人種であったりする場合は、欧米人という呼称を用いる場合には慮外にあることが多かった。また「欧米」を「先進国」の例として持ち出すことも多く、その場合、キューバ革命後のキューバ東欧革命以前の東欧諸国などの一党制国家、アングロアメリカ欧州連合以外の領域に多い発展途上国(南米など)も欧米観念の外にあることが多い。

日本国内で「外国人」という言葉が用いられた場合、「欧米人」とほぼ同じ意味合いで使われることもある。日本国内で「外国人は体が大きい」といわれる事があったが、欧米以外の地域では日本よりも平均身長の低い国も多く、このような表現が用いられた場合は欧米人(アフリカ系米国人含む)をほぼ指していることがうかがえる。ただし、アフリカ系は他の人種と比べると民族によって平均身長に大きな違いがあり、アフリカ全体で見ると平均身長が日本と同程度かそれ以下という国が多くなっている。

脚注

  1. ^ 高沢公信. “良寛戒語”. 能力開発Planning. 2008年3月7日閲覧。
  2. ^ 南方城太郎. “良寛さんの戒語”. 城太郎日記. 2008年3月7日閲覧。
  3. ^ 大竹一弥 (2003年9月27日). “良寛戒語”. 読書日記2003. 2008年3月7日閲覧。

関連項目


 

Back to Top
Close