ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|英リヴァプールで初の黒人女性市長 統一地方選


写真 

英リヴァプールで初の黒人女性市長 統一地方選

 
内容をざっくり書くと
ウェールズ議会では労働党が多数党を維持する見通しとなっている。
 

イギリス各地で6日に行われた地方議会選や首長選の開票が進み、7日にはイングランド北部リヴァプールでジ… →このまま続きを読む

 BBC NEWS JAPAN

世界約100カ国で取材するBBCのジャーナリストたちによるニュース、読み物、特集記事の中から、見識深い日本ユーザーにとって有意義な話題を選んでお届けしています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ウェールズ議会

ウェールズ議会(ウェールズぎかい、ウェールズ語: Senedd Cymru英語: Welsh Parliament、略称: セネッズ(Senedd))は、イギリス議会から権限委譲を受けたウェールズ立法府である。首都カーディフ英語版に置かれており、一院制である。

概要

60人の議員で構成され、議員は英語版またはAelod o'r Senedd(AS)として知られる。2011年以来、議員の任期は5年で、小選挙区比例代表併用制 (Additional Member System; AMS) によって選出される。全60名の議員のうち、40名は地理的に区分された小選挙区を代表して多数代表制で選出され、残りの20名は比例代表制ドント方式を用いて5つの比例区を代表して選出される。

ウェールズ議会は、1997年の住民投票を受けて成立した1998年ウェールズ統治法により創設された。しかし、英語版を通して、制限された立法権が獲得されるまでは、議会は一次立法を開始する権限を有していなかった。その主要な立法権は、2011年3月3日に実施された住民投票において投じられた賛成票をもって強化され、権限が委譲された20の領域において連合王国議会あるいは英語版に助言を求めることなく立法することが可能となった[2]英語版では、さらなる権限が委譲され、議会自身の名称を改める権限も与えられた。これをうけ、3年間の議論の末に2020年5月6日にNational Assembly for Walesウェールズ語: Cynulliad Cenedlaethol Cymru)からの改名が行われた[3]

議席

関連項目

出典

外部リンク


 

Back to Top
Close