ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|ミャンマー軍、日本人ジャーナリストを解放へ


写真 

ミャンマー軍、日本人ジャーナリストを解放へ

 
内容をざっくり書くと
日本政府はミャンマー軍に対し、北角さんの解放を求めていた。
 

4月にミャンマーで拘束され、フェイクニュースを拡散した罪で起訴されていた日本人ジャーナリストの北角裕… →このまま続きを読む

 BBC NEWS JAPAN

世界約100カ国で取材するBBCのジャーナリストたちによるニュース、読み物、特集記事の中から、見識深い日本ユーザーにとって有意義な話題を選んでお届けしています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ミャンマー軍

ミャンマー軍(ミャンマーぐん; ビルマ語: တပ်မတော်、慣用ラテン文字表記: Tatmadaw、ALA-LC翻字法: tapʻ ma toʻ、IPA: [taʔmədɔ̀] タッマドー)は、ミャンマー(ビルマ)の国軍

英語版の統括の下、英語版英語版英語版の三軍および英語版を擁する。

組織

総兵力は40.6万人で、陸軍(37.5万人)、海軍(1.6万人)、空軍(1.5万人)[2]の3軍種からなる。有事の際にはや種々の民兵組織、国境軍を含めることもある。東南アジアの国々の中では、ベトナム人民軍に次ぐ兵力を誇る。

国内に民族紛争を抱える事から、対ゲリラ戦及び山岳戦を主任務とした軽歩兵部隊を主力としている。また、旧東西両陣営と距離を置き、1962年の軍事クーデター以降はいかなる軍事同盟も結ばなかったため、外国から大規模な軍事援助も行われておらず(わずかに米国から対麻薬作戦用として限定量の装備が供与された)、装備は限定的な量に留まった。1990年代以降は、中華人民共和国や旧東側諸国ウクライナセルビアなど)、インドイスラエル北朝鮮等から主力戦車歩兵戦闘車自走砲地対空ミサイルなどを新旧問わず大量購入し、機甲部隊機械化歩兵部隊を新設している。

同国では独立直後から少数民族の独立闘争や共産党の反乱、さらに国共内戦に敗れた中華民国軍部隊の侵入があり、一時は国家崩壊の危機に陥ったが、国軍の反攻によって平野部では1960年代に支配権を回復した。これ以後、少数民族や共産党の民兵組織は山岳地帯を根拠地として闘争を継続したが、1990年代のキン・ニュンによる懐柔工作によって、ワ州連合軍を除いて、多くの民兵組織の支配地に国軍を進駐させている。こうした国軍の攻勢に、民兵組織も諸事情から大同団結するに至っておらず、基本的に支配地である山岳地帯の防衛戦に徹している。一方、国軍にも各地の少数民族地域に完全な支配権を確立するほどの決定力を持っていなかった。しかし、近年の同国における民主化の進展に伴い、国軍と民兵組織に停戦が順次実施された。少数民族の民兵組織は国境警備隊に編入される予定だったが、この方針に全ての民兵組織が拒否。カチン独立軍とミャンマー軍の間では戦闘が再発した。また、停戦が継続している他の民兵組織も警戒態勢を取っており、情勢は予断を許さない。

ミャンマー軍は独自に経済活動を行なっており、ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)など国軍系企業が存在する[3]。このほかにも軍が経営する企業や工場、商店、ヘルスセンターなどが存在している。また、退役軍人団体など関連団体を通じて国内でのビジネスへの投資も行なっている。

ミャンマー議会(民族代表院及び人民代表院)の議員定数の4分の1は、ミャンマー軍司令官により指名される。

歴代司令官 [4]

氏名在任期間前職後職備考
アウンサン少将1945年 - 1947年7月19日
英語版准将1947年 - 1948年
英語版中将1948年1月4日 - 1949年1月31日カレン人
ネ・ウィン大将1949年2月1日 - 1972年4月20日
サン・ユ大将1972年4月20日 - 1974年3月1日1981年大統領
英語版大将1974年3月1日 - 1976年3月6日ビルマ国防次官兼参謀次長陸軍参謀長国民民主連盟副議長
英語版大将1976年3月6日 - 1985年11月3日
ソウ・マウン上級大将1985年11月4日 - 1992年4月22日参謀次長
タン・シュエ上級大将1992年4月22日 - 2011年3月30日参謀次長退役
ミン・アウン・フライン上級大将2011年3月30日 -陸海空軍統合参謀長2021年のクーデターで三権を掌握

事故

脚注

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年12月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c ミャンマー連邦共和国(Republic of the Union of Myanmar)基礎データ日本国外務省(2019年9月5日閲覧)。
  3. ^ 「ミャンマー軍系企業運営の工業団地 入居企業と取引停止 香港エスプリ」日本経済新聞』朝刊2019年8月30日(アジアBiz面)2019年9月5日閲覧。
  4. ^ Maung Aung Myoe, Building the Tatmadaw, Appendix (6)

関連項目

日本国政府

日本国政府(にほんこくせいふ、にっぽんこくせいふ、: Government of Japan[1])は、日本政府

日本政府や単に政府とも呼ばれ、法令上は、通常「」と称する。日本における近代政府は、1885年明治18年)の内閣制に始まるとされる[2]。現在の統治機構の基本的部分は、日本国憲法によって定められる。

日本において「政府」は行政府のみを指す場合が多いが、本項では立法府司法府をまとめて解説する。

「政府」の範囲

政府とは広義には立法府、司法府、行政府など統治機構を総称し、狭義には内閣およびそれに付属する中央省庁官僚機構)のみを指す[3]

英米系の国では「政府(goverment)」は統治機関過程の全体を指し、機構を指す場合は行政・立法・司法機関の総称を意味する。行政府については「administration」と表現するのが一般的である[4]イギリスフランスアメリカなどにおいては国民の意思を代表する議会を中心とする政治機構が整えられ、「政府」は立法府をはじめ司法府や行政府も包括するものと考えられてきた[3]

一方近代以降も皇帝大権が大きかったドイツにおいては行政府の持つ権限が強力であり、国法上の政府(Regierung)とは行政府のみを指す[3][4]。ドイツの影響を受けた国々においても同様で、日本においても「政府」とは明治以来、統一体としての行政機構、あるいは公的意思決定機関を指す[4]

立法府

立法府とはその名のとおり、立法を行う機関のことである。近代的な国家では、国民を代表する機関である議会を立法府とする。日本においては国会が唯一の立法機関として立法府の使命を担っている。

日本の国会両院制であり、4年ごとの総選挙または解散総選挙により議員が選出される全465議席の衆議院と、6年の任期を有し半数ずつ3年ごとに改選される議員による全242議席の参議院から構成される。満18歳以上の男女の全国民が選挙権を有する普通選挙が実施され、すべての選挙において投票の秘密が保障される。

国会は立法権を有し、法案を審議して可決または否決する機能を果たす。衆議院は条約予算内閣総理大臣の指名に関して、参議院に対し優越的権限を持つ。

行政府

日本の政府の長内閣総理大臣であり、国会において国会議員の中から指名された後、天皇により任命される。内閣総理大臣は国会議員でなければならず、その任にあたっては衆議院の信任を得なければならない。内閣総理大臣は日本の行政府である内閣の首長として、国務大臣に対して任命権および罷免権を有する。内閣法により国務大臣は通常14名まで(必要がある場合は3人まで増やせる)と制限されている。また憲法により国務大臣の過半数は国会議員から構成されなければならないという制約もある[5]

日本国憲法の内閣の規定はイギリスを起源とする議院内閣制の原理を採用しており、国会が内閣総理大臣指名権や内閣不信任案決議権を有する代わりに、内閣は解散決定権を有しており、内閣の助言と承認に基づき、天皇は衆議院を解散する[6]

内閣総理大臣

2000年(平成12年)以降の歴代内閣総理大臣を以下に示す。

氏名任期
森喜朗2000年(平成12年)-2001年(平成13年)
小泉純一郎2001年(平成13年)-2006年(平成18年)
安倍晋三2006年(平成18年)-2007年(平成19年)
福田康夫2007年(平成19年)-2008年(平成20年)
麻生太郎2008年(平成20年)-2009年(平成21年)
鳩山由紀夫2009年(平成21年)-2010年(平成22年)
菅直人2010年(平成22年)-2011年(平成23年)
野田佳彦2011年(平成23年)-2012年(平成24年)
安倍晋三2012年(平成24年)-2020年(令和2年)
菅義偉2020年(令和2年)-現職

中央省庁

内閣府金融庁消費者庁宮内庁警察庁国家公安委員会公正取引委員会
総務省 | 法務省 | 外務省 | 財務省 | 文部科学省 | 厚生労働省 | 農林水産省 | 経済産業省 | 国土交通省 | 環境省 | 防衛省

司法府

司法府は裁判所であり、最高裁判所および下級裁判所から構成される。最高裁判所を頂点として複数の階層の裁判所から構成され、裁判所は違憲審査権を有する。日本には行政裁判所や請求裁判所は存在しない。裁判員制度が2009年に導入された。最高裁判所長官は内閣の指名に基づき天皇が任命する。最高裁判所裁判官は内閣が任命し、天皇が認証する。

地方公共団体

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本国政府公式サイト(JAPANGOV)
  2. ^ 『百科事典マイペディア』(平凡社)「政府」
  3. ^ a b c 『ブリタニカ国際大百科事典』「政府」
  4. ^ a b c 見田宗介, 栗原彬 & 田中義久 1988, p. 540.
  5. ^ 大沢(2003) p.297
  6. ^ 大沢(2003) p.292-294

参考文献

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close