ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|再送-米英、ロシア下院選を非難 公正に行われず


写真 

再送-米英、ロシア下院選を非難 公正に行われず

 
内容をざっくり書くと
英外務省も声明で「市民社会を阻害し、独立メディアを沈黙させ、純粋な野党候補の選挙への参加を阻むためにロシア当局が実施した措置は、政治的多元性を損なうもので、ロシア政府が確約した国際的なコミットメントに相反する」と非難した。
 

(誤字を修正して再送します) [ワシントン/ロンドン 20日 ロイター] – ロシアのプーチン大統領… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ロシア連邦政府

ロシア連邦政府(ロシアれんぽうせいふ、ロシア語: Правительство Российской Федерации : Government of Russia Federation)は、ロシア連邦行政府

現行のロシア連邦憲法によれば、ロシア連邦行政府の構成員は、全体選挙によるロシア連邦大統領が任命するロシア連邦政府議長(首相)、数人の副首相、各省の省長(大臣)であり、大統領は入っていない。

ロシア語版英語版(1991年に修正)ではロシア大統領が行政府の最高責任者であった。しかし、1993年憲法(その後何度か修正されて現在に至る)では、第6条で「行政府はロシア連邦政府議長と副議長と各省の省長(大臣)で構成される。」となっていて、大統領は「元首」なので入っていない。

2020年1月以降の行政府

ミハイル・ミシュスティン首相の内閣承認時(2020年1月21日)のロシア政府の機構は以下の通りである[1] [2]

連邦政府議長・副議長
  • ロシア連邦政府議長(ロシアの首相
  • 行政府管理担当副議長
  • 極東管理担当副議長
  • 文化・スポーツ担当副議長
  • 社会問題担当副議長
  • 建設事業担当副議長
  • 経済・運輸・通信担当副議長
  • 防衛産業担当副議長
  • 農業担当副議長
各省と局
連邦サービスと局

旧行政府

以下の省庁名は、2008年5月ドミートリー・メドヴェージェフ政権発足以前のもの。2008年5月以降、政府機構が大幅に変わっている。最新の機構図は、ロシア政府公式ホームページ(外部リンク参照)にある。[3]

大統領直轄省庁

政府所轄省庁

  • 保健・社会開発省(保健・社会発展省)
    • 連邦消費者の権利擁護・福祉分野監督庁
    • 連邦保健・社会発展分野監督庁
    • 連邦労働・雇用庁
    • 連邦保健・社会発展局
    • 連邦生物医学局
    • 連邦ハイテク医療援助局
  • 文化省
    • 連邦マスコミ分野・文化遺産保護法令遵守監督庁
    • 連邦公文書局
    • 連邦文化・映画芸術局
    • 連邦出版・マスコミ局
  • 教育・科学省
    • 連邦教育・科学分野監督庁
    • 連邦知的所有権・特許・商標庁
    • 連邦教育局
    • 連邦科学・発明局
    • 連邦自然利用分野監督庁
    • 連邦水資源局
    • 連邦林業局
    • 連邦地下利用局
  • 産業・エネルギー省
    • 連邦産業局
    • 連邦エネルギー局
    • 連邦技術規制・度量衡局
  • 地域開発省
    • 連邦建設・公営住宅運営局
  • 農業省
    • 連邦獣医・植物衛生監督庁
    • 連邦漁業局
  • 連邦運輸省
    • 連邦運輸分野監督庁
    • 連邦航空運輸局
    • 連邦道路局
    • 連邦鉄道運輸局
    • 連邦海上・河川運輸局
    • 連邦測地・地図局
  • 情報技術・通信省
    • 連邦通信分野監督庁
    • 連邦通信局
    • 連邦情報技術局
  • 財務省
    • 連邦税務庁
    • 連邦保険監督庁
    • 連邦会計・予算監督庁
    • 連邦会計監視庁
    • 連邦国庫(庁級)
  • 経済発展省
    • 連邦国家備蓄局
    • 連邦不動産対象調査局
    • 連邦連邦財産統制局
    • 連邦特別経済地帯統制局
  • 連邦国家統計庁
  • 連邦宇宙局

関連項目

脚注

外部リンク

野党候補


 

Back to Top
Close