ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌏|ウクライナ東部でロ軍砲撃、アパート郡など被害 少なくとも1人死亡


写真 

ウクライナ東部でロ軍砲撃、アパート郡など被害 少なくとも1人死亡

 
内容をざっくり書くと
同州スラビャンスクもロシア軍の攻撃を受け、同市の市長によると、死傷者が出ているという。
 

[クラマトルスク(ウクライナ) 7日 ロイター] – ウクライナ東部ドネツク州クラマトルスク中心部で… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    州スラビャンスク

    死傷者

    死傷者(ししょうしゃ、英語: casualty)とは、死者と負傷者を併せて呼ぶ呼称である。

    軍事用語としての死傷者とは、死亡負傷病気捕虜脱走など、何らかの状況によって任務に就けなくなった軍人戦闘員非戦闘員のことを指す。

    民間では、何らかの出来事によって死亡したり、負傷したり、能力を失ったりした人のことで、通常、暴力的な事件や災害によって複数の死傷者が出た場合に使われる。「死亡者」(fatality)とは異なり、致命的でない負傷も死傷者に含まれる。

    軍事用語

    軍隊用語としての死傷者とは、戦死した人、病死した人、怪我で障害を負った人、心理的外傷で障害を負った人、捕虜になった人、脱走した人、行方不明になった人のことであり、戦闘に支障をきたさない程度の怪我を負った人は含まれない。死傷者数とは、単純に、任務に参加できない部隊員の数である。この言葉は、少なくとも1513年から軍事的な文脈で使われている[1]

    民間人死傷者(civilian casualty)とは、軍人や戦闘員の行動によって死傷した民間人のことで、婉曲的に「巻き添え被害」(コラテラル・ダメージ, collateral damage)と呼ばれることもある。

    NATOの定義

    NATOでは、次のように定義している。

    死傷者(casualty)
    人員に関しては、死者、負傷者、病人、拘留、捕虜、行方不明とされたことを理由に、所属する組織から失われた人物[2]
    戦闘死傷者(battle casualty)
    敵対行為の直接の結果として発生した、戦闘中またはそれに関連して受けた死傷者。または戦闘任務に向かうとき、あるいは戦闘任務から戻るときに発生した死傷者[2]
    非戦闘死傷者(non-battle casualty)
    戦闘死傷者以外で、病気や負傷を理由に所属する組織から失われた者(病気や負傷で死亡した者、または欠席が自発的なものではないと思われる行方不明者、敵対行為や抑留によるものを含む)[2][3]

    その他の定義

    以下は、戦史記者がよく使う表現である。

    回復不能死傷者(irrecoverable casualty)
    人員に関しては、戦死した人、作戦行動中に行方不明になった人、医療施設に退避する前に傷や病気で死亡した人[4][5]
    医療死傷者(medical casualty)
    人員に関しては、戦闘地域で負った傷や罹患した病気によって能力を失った者、および治療や療養のために医療施設に1日以上入院した者を指す。戦闘行為の直接的な結果として発生した場合を戦闘医療死傷者(combat medical casualty)、戦闘行為の直接的な結果ではない医療死傷者を非戦闘医療死傷者(non-combat medical casualty)という[4][5]
    戦死(killed in action)
    敵対勢力の行動による死亡[6]
    作戦行動中行方不明(Missing in action)
    戦闘中に行方不明になったと報告された人。脱走した場合、戦傷で部隊に帰還できなかった場合、捕虜になった場合などがある。
    戦傷(wounded in action)
    敵対勢力の行動によって負傷した人[2]
    捕虜(prisoner of war)
    敵対勢力に捕らえられ、拘束されている人。

    脚注

    1. ^ Oxford English Dictionary, 2nd ed gives a 1513 reference for military casualty, and an 1844 reference for civilian use
    2. ^ a b c d J.J.R. Taillefer (7 August 2000), AAP-6, NATO Glossary of terms and definitions, オリジナルの7 July 2019時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190707135832/https://wss.apan.org/432/Files/Events/TE-03/Supporting%2520Documents/NATO%2520Terms%2520%2520and%2520Definitions.pdf 2018年3月13日閲覧。 
    3. ^ United States. Joint Chiefs of Staff (1986). Department of Defense Dictionary of Military and Associated Terms, Incorporating the NATO and IADB Dictionaries. Joint Chiefs of Staff. p. 246. https://books.google.com/books?id=0y4T2F_XQPsC&pg=PA246 
    4. ^ a b Military Medical Casualties”. 2013年5月5日閲覧。 “"Military Medical Casualties are losses during wars of armed forces personnel on account of wounds or other effects received from various kinds of weapons, as well as those who are admitted to aid stations or medical installations for more than 24 hours. Military medical casualties are one category of battle casualties, which also include what are called irrecoverable losses—those already dead or who die of wounds before reaching an aid station, those missing in action, and those taken prisoner. Military medical casualties usually greatly exceed irrecoverable losses—for example, the ratio was about 4:1 in World War I and about 3:1 in World War II. A distinction is made between combat and noncombat military medical casualties. The former refers to casualties that are the result of wounds, trauma, burns, ionizing radiation contamination, poisoning, and frostbite; the latter refers to casualties that are the result of noncombat injuries and diseases not related to weapons."”
    5. ^ a b Krivosheyev, G. F.: “Россия и СССР в войнах XX века: Потери вооруженных сил: Статистическое исследование” [Russia and the USSR in the Wars of the Twentieth Century: Losses of the Armed Forces. A Statistical Study] (ロシア語). 2013年5月7日閲覧。
    6. ^ U.S. Department of Defense Dictionary: killed in action”. 2012年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月4日閲覧。

    参考文献

    • America's Wars: U.S. Casualties and Veterans [1]. Infoplease.
    • Online text [2]: War Casualties (1931), by Albert G. Love, Lt. Colonel, , U.S.A.. Medical Field Service School, Carlisle Barracks, Pennsylvania. The Army Medical Bulletin Number 24.
    • Selected Death Tolls for Wars, Massacres and Atrocities Before the 20th Century [3].
    • Statistical Summary: America's Major Wars [4]. U.S. Civil War Center.
    • The world's worst massacres [5]. By Greg Brecht. Fall, 1987. .
    • Twentieth Century Atlas – Death Tolls [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14].
    • Gifford, Brian. "Combat Casualties and Race: What Can We Learn from the 2003–2004 Iraq Conflict?" [15]. Armed Forces & Society, Jan 2005; vol. 31: pp. 201–225.
    • Kummel, Gerhard and Nina Leonhard"Casualties and Civil-Military Relations: The German Polity between Learning and Indifference." [16].Armed Forces & Society, Jul 2005; vol. 31: pp. 513–535.
    • Smith, Hugh. "What Costs Will Democracies Bear? A Review of Popular Theories of Casualty Aversion." [17]. Armed Forces & Society, Jul 2005; vol. 31: pp. 487–512
    • Van Der Meulen, Jan and Joseph Soeters."Considering Casualties: Risk and Loss during Peacekeeping and Warmaking." [18]. Armed Forces & Society, Jul 2005; vol. 31: pp. 483–486.
    • Bennett, Stephen Earl and Richard S. Flickinger. "Americans’ Knowledge of U.S. Military Deaths in Iraq, April 2004 to April 2008." [19]. Armed Forces & Society, Apr 2009; vol. 35: pp. 587–604.
    • Varoglu, A. Kadir and Adnan Bicaksiz"Volunteering for Risk: The Culture of the Turkish Armed Forces." [20]. Armed Forces & Society, Jul 2005; vol. 31: pp. 583–598
    • Ben-Ari, Eyal. "Epilogue: A ‘Good’ Military Death." [21]. Armed Forces & Society, Jul 2005; vol. 31: pp. 651–664

     

    Back to Top
    Close