in

🌏|景気後退リスクの高まり、外部の衝撃が要因の公算=セントルイス連銀総裁


写真 

景気後退リスクの高まり、外部の衝撃が要因の公算=セントルイス連銀総裁

 
内容をざっくり書くと
一部の市場関係者は、英中銀はすぐに緊急会合を開催しポンド安に歯止めをかけるために大幅な利上げを実施すべきと主張しているが、ピル氏は11月3日の次回会合までは日数があると認めながらも、中銀にとっては「より慎重なアプローチ、より低頻度のアプローチ」を取る方が良いと言及。
 

[ワシントン 27日 ロイター] – 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は27日、連邦準備理事会(… →このまま続きを読む

 ロイター


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。