ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📷|目黒蓮 実直さの裏に宇宙Six「押し出してくれた人たちのためにも、自分が楽しいと思える人生に」


写真 

目黒蓮 実直さの裏に宇宙Six「押し出してくれた人たちのためにも、自分が楽しいと思える人生に」

 
内容をざっくり書くと
この日の先生は、ユーモラスな場面設定で写真を撮る浅田政志さん。
 

エンターテインメントの裏側に密着する番組『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』。Seas… →このまま続きを読む

 フジテレビュー!!

“フジテレビ視点”のエンタメ情報がわかるメディア。「そのハナシには、つづきがある」をテーマに、「スタッフしか知りえない裏話」や「出演者の本音」などをテキストや動画でお届け。芸能、ファッション、グルメ、おでかけ、ビューティーなどテレビ以外の情報も満載。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

浅田政志

浅田 政志(あさだ まさし、1979年7月6日 - )は日本写真家三重県津市出身。

三重県立津工業高等学校卒業後、日本写真映像専門学校に入学し大阪に住む。同校卒業後は東京を中心に各地で活動を展開している。家族写真をテーマとしており、代表作「浅田家」では、実際の自身の家族を被写体にして、ラーメン屋消防団極道などフィクションの設定での家族写真を撮影した。この写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案とした映画『浅田家!』が2020年10月公開。

プロフィール

  • 1979年:三重県津市出身
  • 2000年:日本写真映像専門学校 研究科卒業(当時:大阪市住之江区)
  • 2003年:上京、翌2004年よりスタジオフォボスにて2年半勤務
  • 2007年:写真家として独立
  • 2009年:「浅田家」で第34回 木村伊兵衛写真賞(2008年度)受賞
  • 2013年:平成25年度の三重県文化審議会 審議委員をつとめる。

主な展覧会

2002年
  • 3月:GEISAI-1(東京タワーアミューズメントホール [東京])
  • 8月:GEISAI-2(東京ビッグサイト [東京])
2004年
  • 5月:アウラクロスオープニング写真展にて個展。浅田政志写真展 「浅田家」( アウラクロス)
2005年
2006年
2007年
  • 1月:コミカル&シニカル 「現代写真の一断面」へ参加(ドーンセンター(大阪府立女性センター))
  • 2月:写真ひとつぼ展(ガーディアン・ガーデン[東京])
  • 9月:新鋭作家選抜シリーズ展へ出展(HONMACHI ART GALLERY [大阪])
  • 10月:浅田政志写真展 「浅田家2007」( GUILD GALLERY OSAKA)
  • 11月:グループ展「ROLL PLAY:役割演技」へ出展 (マキイマサルファインアーツ & 田中画廊[東京])
2008年
  • 2月:Comical & Cynicalへ参加 (Gallery Jijihyang [韓国])
  • 7月:浅田政志写真展 「浅田家」 (銀座ニコンサロン[東京])
  • 7月:ON THE MOVE -写真の種をまく-北海道スライドショーツアーへ参加 (北海道各地)
  • 8月:浅田政志写真展 「浅田家」 (大阪ニコンサロン [大阪])
  • 8月:5 PHOTOGRAPHERS SHOWへ参加(GALLERY ILLUM[韓国])
  • 10月:関西御苗場へゲスト出展(CASO[大阪])
  • 10月:浅田政志写真展「浅田家」( GUILD GALLERY OSAKA)
2009年
  • 1月〜:浅田政志写真展「浅田家」いちご園で写真展(きっするふぁーむ [三重県松阪市])
  • 10月:丸の内朝大学にてコミュニケーション学部写真コミュニケーションクラスを開講。
2010年
  • 4月17日(土)~5月30日(日):Tsu Family Land 浅田政志写真展(三重県立美術館 [三重県津市])
2011年
2013年
  • 3月15日~4月1日:シブパル展に出展(渋谷パルコ・パルコミュージアム)
  • 4月26日~9月1日:LOVE展に出展(森美術館
  • 8月31日~10月6日:アートピクニックvol.3 マイホーム ユアホームに出展(芦屋市立美術博物館
2014年
  • 2月22日~5月18日:拡張するファッションに出展(水戸芸術館
  • 6月14日~9月23日:拡張するファッションに出展(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
  • 7月15日~7月22日:にっぽんの梅干し展に参加(渋谷LOFT& ロフトフォーラム)
  • 11月1日~11月30日:浅田政志 写真展(阪急三番街
2015年
  • 2月13日〜3月11日:浅田政志×藤本智士『アルバムのチカラ』「1 WALL ,1TOHOKU」シリーズ企画展」(KANEIRI STANDARD STORE [岩手県盛岡市])
2016年
  • 6月18日~8月4日:浅田政志写真展「ほぼ家族。」(入江泰吉記念 奈良市写真美術館)
2017年
  • 2017年9月2日〜2019年2月28日:道後オンセナート2018に参加
2018年

写真集

2007年
  • 10月「浅田家」(ユトレヒト刊)
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

2018年

著作・その他書籍

2010年
2013年
2014年
2015年
2016年

CDジャケット

映像撮影

ミュージックビデオ

映画

出演番組

  • NONFIX「いまのニッポンを、撮ってください。」(2011年8月11日)(番組HP
  • 課外授業 ようこそ先輩「写真をつくる? チカラを撮る!」(2012年4月28日)(番組HP
  • ワタシが好きな500の色(2012年12月29日) (番組HP)
  • こころかさねて阿波おどり〜写真家・浅田政志が見た熱狂の街〜(2013年8月30日)(番組HP
  • 未来シアター(2013年11月29日)(番組HP - ウェイバックマシン(2013年12月13日アーカイブ分))
  • NHK四国遍路1200キャンペーン 御朱印のススメ(2014年11月30日)
  • 助けて!きわめびと「“笑顔”の写真を撮りたい」(2015年9月5日)(番組HP - ウェイバックマシン(2015年9月7日アーカイブ分))
  • シンサイミライ学校「+クリエイティブでイノチを守れ」(2016年1月16日)(番組HP
  • ABUデジスタ・ティーンズ 2015 国際大会~アジアの若者が幸せを描く(2016年2月14日)(番組HP
  • 日曜美術館「大地が育てた写真 ブラジル移民 大原治雄」(2016年5月22日)(番組HP - ウェイバックマシン(2016年6月1日アーカイブ分))

講師・ワークショップ

  • 丸の内朝大学「写真コミュニケーションクラス~100万個の言葉より1枚の写真で伝える~」(2011年4月~6月、2011年7月~9月)
  • 丸の内朝大学「写真コミュニケーションクラス~新発見!『丸の内ピープル』~」(2011年10月~12月)
  • SPBS写真ワークショップ2012「世界で一冊だけの写真集をつくるワークショップ」(2012年4月~10月)
  • 丸の内朝大学「写真コミュニケーション“プチ”クラス~クラスでリーフレットの表紙を飾ろう~」(2012年9月~10月)
  • 北九州演劇フェスティバル2013 プレ企画「写真家、浅田政志とつくる「劇」的商店街!!」写真ワークショップ(2012年11月~2013年2月)

脚注

外部リンク

設定 (物語)

設定(せってい)とは物語を構築する作業の中で最も初期の段階で行われる、基盤作りもしくは基盤そのものを意味する。

概要

設定と呼ばれるものは多岐にわたり、時代場所(舞台)、登場人物(人間関係)などが主な例として挙げられる。また、現実とは違った仮想世界が舞台である場合、その世界と現実世界との相違点や、世界における一般常識、歴史なども設定として含められる。それらと先に挙げた時代、場所とを含めて世界観と括る場合もある。

これらはほんの僅かしか出番のない登場人物や場所であっても確立されており、それを基に物語の制作が行われることになる。

設定の主な項目と具体例

時代
  • 物語が紡がれるのがいつであるのかを明確にさせる。複数の時代が出てくる場合もある。
  • 具体例としては、「現代」「江戸時代」「戦国時代」等の言い方や、「2000年」「2XXX年」など場合によって様々である。ただ単に、「夏」や「8月」といっただけの場合もある。
  • 縄文式の土器が使われていたから縄文時代のように、象徴する小道具から時代の名前がつけられることも多い。
  • 鎌倉時代のように統治している場所や王族の名前から時代の名前を付けることもある。
場所・舞台
  • 物語が進行する場所が何処であるかを確定する。複数の場所が出てくる場合が多く1箇所であることの方が稀である。

 その地域特有の環境的特徴や地方ルールなどが盛り込まれる場合もある。

  • 具体例:「東京」「日本」「宇宙コロニー」「魔法の王国」など。これも場合によって明細であったり大雑把であったりする
  • 具体例2:舞台に仕掛けがしており、物語が進むにつれてそれが解明されるケースが多い。映画猿の惑星で例えると、違う惑星だと思っていたら、未来の地球であったという風に。
登場人物・人間関係
  • 物語に登場する人物の名前、性別、年齢、容姿、性格などその人間を構築している要素を取り決めたもの。アニメ作品では一般的にキャラクター設定と言われる。
  • 上記した人物たちの関係をまとめたものが人間関係である。親子、幼馴染同士といったものや、ある人物がまたある人物に恋心を抱いている、などといったものがこれに含まれる。
ルール・システム
  • 物語の中での法則。例えばサイキックもので超能力者のタイプや種類など。
  • 昔話などでよくあるルールシステムが欠落、禁止、違反、回復、行って帰ってくるである。
  • 推理小説でよくあるルールシステムが謎、隠蔽工作、偽のアリバイ、真相、依頼と代行である。
  • ルールシステムのサブシステムとしてよく使われるのが、シミュレーショニズムであり、登場人物がルールシステムをカットアップサンプリングリミックスする。心理学で言うならば分離と代用と再構成である。

制作における設定の重要性

設定がないと物語は全く進行しないことになる。2人の人間がいて相手の名前を呼ぶだけでも「名前」という設定が必要であるし、2人が居るのがどこであるかも決めなければならない。更にそこにいる2人の服装を決めるためには時代設定や人物設定が必要である。

このように「いつ・どこで・誰と・誰が・なぜ・何をして・どうなった」という要素のうち、最低限「いつ・どこで・誰と・誰が」という部分に設定というものが直接関わってくるし、「なぜ・何をして」の部分には人物の性別や性格、趣味、趣好などが影響してくることになる。

そういったように物語の構成を決める上で重要な項目であることから、一度設定をしたものは気軽には変えることができない。

日本を主な舞台にしていたはずの物語がいきなりヨーロッパに移ったり、男であったはずの登場人物がいきなり女になっているということがあっては物語の整合性が取れなくなり、物語そのものが破綻してしまうことになるのである。

また、物語の整合性を取るために後から設定が加えられたり、無かったことにされたりする場合もあり、それを一般的に英語版という。

脚注

[脚注の使い方]

 

Back to Top
Close