ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👍|赤西仁、二宮和也を遠回しに祝福? 有名コピペ使用の投稿にファン大歓喜 赤西さんがツイートした、…


写真 

赤西仁、二宮和也を遠回しに祝福? 有名コピペ使用の投稿にファン大歓喜 赤西さんがツイートした、…

 
内容をざっくり書くと
それもそのはず、この言葉は2012年に、赤西さんが妻で女優の黒木メイサさんと、結婚・妊娠を発表した際に誕生したもの。
 

(写真提供:JP News) fumumuで既報の通り、二宮和也さんが父親になるというおめでたいニュ… →このまま続きを読む

 fumumu

fumumu(フムム)は女の子のリアルな本音や意外なデータをお届けするウェブニュースメディア。女子大生や女性ライターを中心とした編集部が、最新情報を取材・執筆。女子の生の声が明らかに!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

黒木メイサ

黒木 メイサ(くろき メイサ、1988年5月28日 - )は、日本女優ファッションモデル歌手タレントスウィートパワー所属。夫は元KAT-TUN歌手赤西仁ハワイ在住[2]

略歴

1988年(昭和63年)、4人姉妹の末っ子として生まれた[3]。黒木の生家は沖縄県名護市辺野古(へのこ)にある[4]

10歳の時、黒木はジャネット・ジャクソンに憧れてダンスを始め、沖縄アクターズスクールに通った。

芸能界に入ったきっかけは、中学2年生の時、すぐ上の姉が東京から沖縄に来ていたスカウトの人に声をかけられ、姉が黒木本人が写っているプリクラを見せたところ「この子に会いたい」と興味を示して自宅まで訪れ、そのスカウトの人に会ったことだった。1年間は断っていたが、中学卒業時に芸能界入りと上京を決心[3]。15歳で上京し、同じ事務所に所属する若手女優たちと寮生活を送る[5]。その時の同寮生の一人が堀北真希であり[5][6]、スカウトされて芸能界入りしたという共通点もあって、何でも話せる仲になったといい[3]、黒木が下記の第1子出産をした時には堀北に報告のメールも送ったという[7]。また、2人のマネージャーは同じ人物だった時もある[8]

2004年(平成16年)、女性ファッション雑誌JJ』(光文社)にモデルとして出演するようになった。同年2月には、つかこうへい演出の舞台『熱海殺人事件・平壌から来た女刑事』に舞台初出演して主役を務めた。以降は女優として舞台、ドラマ、映画などに多数出演している。

2007年(平成19年)、第44回ゴールデン・アロー賞(2006年度)新人賞を受賞。翌2008年(平成20年)6月からは、女優に加えて歌手としての活動も始めている。

2012年(平成24年)2月2日に元KAT-TUN赤西仁結婚したと、同年2月9日に所属事務所を通じてファクスで発表された[9]。発表当日のスクープ記事に対応する形で公式発表され、また『スポーツニッポン』等では黒木が妊娠2か月であると報道されていた[10][11]。会見などは特に行っていない。結婚報道から、2か月以上過ぎた同年4月14日に、所属事務所から妊娠4か月であることを正式発表。報道各社に直筆のファクスを送信した[12]。2012年9月23日午後、夫の赤西立ち会いのもと第1子となる女児を出産。当日夜、夫婦連名のFAXで、第1子の誕生を報告した。結婚時には披露宴などは行われなかったが、2016年に結婚パーティーを行ったことが報じられた[13]

2016年(平成28年)11月26日、第2子妊娠を報告[14]。2017年(平成29年)6月7日、第2子の男児の出産をTwitterで報告した[15]

人物

作品

アルバム

オリジナルアルバム

 発売日タイトル規格規格品番
1st2011年1月26日MAGAZINECD+DVD
CD+DVD
CD
SRCL-7522〜SRCL-7523(初回生産限定盤A)
SRCL-7524〜SRCL-7525(初回生産限定盤B)
SRCL-7526(通常盤)
2nd2012年2月15日UNLOCKEDCD+DVD
CD+DVD
CD
SRCL-7849〜SRCL-7850(初回生産限定盤A)
SRCL-7851〜SRCL-7852(初回生産限定盤B)
SRCL-7853(通常盤)

ミニアルバム

 発売日タイトル規格規格品番
1st2009年4月8日hellcatCD+DVD
CD
SRCL-6996〜SRCL-6997(初回生産限定盤)
SRCL-6998(通常盤)
2nd2010年1月1日ATTITUDECD+DVD
CD
SRCL-7195〜SRCL-7196(初回生産限定盤)
SRCL-7197(通常盤)

シングル

 発売日タイトル規格規格品番
1st2009年7月22日SHOCK-運命-CD+DVD
CD
SRCL-7094〜SRCL-7095(初回生産限定盤)
SRCL-7096(通常盤)
2nd2010年6月2日5-FIVE-CD+DVD
CD
SRCL-7285〜SRCL-7286(初回生産限定盤)
SRCL-7287(通常盤)
3rd2010年10月6日LOL!CD+DVD
CD
SRCL-7385〜SRCL-7386(初回生産限定盤)
SRCL-7387(通常盤)
4th2011年4月13日One More DramaCD+DVD
CD
SRCL-7606〜SRCL-7607(初回生産限定盤)
SRCL-7608(通常盤)
5th2011年8月31日Wired LifeCD+DVD
CD
CD
SRCL-7724〜SRCL-7725(初回生産限定盤)
SRCL-7726(通常盤)
SRCL-7727(青の祓魔師盤/期間限定盤)
6th2011年12月7日Woman's Worth/Breeze OutCD+DVD
CD
SRCL-7819〜SRCL-7820(初回生産限定盤)
SRCL-7821(通常盤)
配信シングル
発売日タイトル
2012年4月23日FRENEMY

ミュージックビデオ

ビデオ監督
2008年Like This川村ケンスケ[20]
2009年Bad Girl久保茂昭[21][22][23][24]
Criminal
SHOCK-運命-
2010年Are ya Ready?
5-FIVE-スミス[25]
LOL!久保茂昭[26]
2011年One More Drama久保茂昭

参加作品

  • STUDIO APARTMENT「ミス ユニバース feat. SU, ILMARI (from RIP SLYME), 黒木メイサ」

ライブ

タイアップ

曲名タイアップ収録作品
Like This東芝携帯電話「Sportio」CMソングミニアルバム「hellcat
Bad Girl東宝配給映画『クローズZERO II』劇中歌
SHOCK-運命-キリンビール「COLA SHOCK」CMソングシングル「SHOCK-運命-
LOL!ネスレ日本「キットカット」CMソングシングル「LOL!
Go AheadSEIKO「LUKIA」イメージソングシングル「One More Drama
Wired LifeTBS系アニメ『青の祓魔師』エンディングテーマシングル「Wired Life
Woman's WorthSEIKO「LUKIA」CMソングシングル「Woman's Worth/Breeze Out
Breeze Outスバル「BRZ」テーマソング
FRENEMYバンダイ「スマートペット」CMソングデジタルシングル「FRENEMY」

出演

テレビドラマ

海外ドラマ(日本語吹き替え)

ネットドラマ

映画

舞台

CM・広告

DVD

  • short film きみのゆびさき(2006年、石川寛監督作品)

PV

ゲーム

書籍

雑誌

写真集

受賞歴

2007年平成19年)
2009年(平成21年)
2011年(平成23年)
2012年(平成24年)
  • 第29回 ベストジーニスト[80]

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 黒木メイサ”. スウィートパワー. 2018年9月22日閲覧。
  2. ^ 教育のためにハワイへ 赤西仁、メイサも引く程の教育パパ (NEWSポストセブン)”. LINE NEWS. 2020年5月17日閲覧。
  3. ^ a b c 週刊文春』2009年3月5日号、166-170ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」より。
  4. ^ 「辺野古出身」人気女優黒木メイサの普天間問題”. isMedia 現代ビジネス (2010年5月31日). 2014年6月28日閲覧。
  5. ^ a b 黒木メイサ「素直に人に聞くことで人見知りを解消しました」『日経エンタテインメント!』2015年7月号、日経BP社、 27頁。
  6. ^ A-Studio|2011年4月22日放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2011年4月22日). 2018年9月15日閲覧。
  7. ^ “堀北真希「とってもうれしい」 友人メイサからメールで出産報告”. Sponichi Annex. (2012年9月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/26/kiji/K20120926004197310.html 2018年9月15日閲覧。 
  8. ^ タレントのマネージャー”. エン転職. エン・ジャパン (2008年). 2018年9月15日閲覧。
  9. ^ “赤西仁&黒木メイサ、電撃婚! 妊娠2カ月 (1/2ページ)”. サンケイスポーツ. (2012年2月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/120210/gnb1202100506002-n1.htm 2012年2月12日閲覧。 
  10. ^ “妊娠2カ月!赤西仁と黒木メイサ 電撃結婚へ”. スポーツニッポン. (2012年2月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/09/kiji/K20120209002598800.html 2012年2月9日閲覧。 
  11. ^ “赤西仁 メイサ家族へすでにあいさつ済み「結構前から結婚を決めていた」”. スポーツニッポン. (2012年2月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/09/kiji/K20120209002598810.html 2012年2月9日閲覧。 
  12. ^ a b “黒木メイサ、妊娠4か月…赤西との電撃婚から2か月、直筆で発表”. スポーツ報知. (2012年4月15日). オリジナルの2012年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120415212828/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120415-OHT1T00016.htm 2014年5月22日閲覧。 
  13. ^ “結婚から4年!赤西&メイサ、会員制クラブでお披露目パーティー”. SANSPO.COM. (2016年2月15日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160215/geo16021505030014-n1.html 
  14. ^ “黒木メイサ、第2子妊娠を報告「間も無く安定期」 夫・赤西仁「すっぱ抜かれたぜぃ!」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2082084/full/ 2016年11月26日閲覧。 
  15. ^ “黒木メイサ 第2子長男出産 赤西仁と連名報告「ますます明るい家庭を」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年6月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/07/kiji/20170607s00041000133000c.html 2017年6月7日閲覧。 
  16. ^ a b c 日経エンタテインメント!』2006年7月号、34ページ
  17. ^ “小泉今日子・飯島直子を虜の中井貴一 オヤジギャグでもモテる”. NEWSポストセブン. (2012年2月12日). http://www.news-postseven.com/archives/20120212_87113.html 2016年12月28日閲覧。 
  18. ^ 2011年1月28日放送『A-Studio』”. TVでた蔵 (2011年1月28日). 2014年6月28日閲覧。
  19. ^ NHK BSプレミアム 2010年11月27日放送『黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅』DVD ASIN: B004J73U0M,EAN:4582298070935
  20. ^ Like This” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2008年6月18日). 2011年2月14日閲覧。
  21. ^ Bad Girl” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2008年4月8日). 2011年2月14日閲覧。
  22. ^ Criminal” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2008年4月8日). 2011年2月14日閲覧。
  23. ^ SHOCK-運命-” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2009年7月22日). 2011年2月14日閲覧。
  24. ^ Are ya Ready?” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年1月1日). 2011年2月14日閲覧。
  25. ^ 5-FIVE-” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年6月2日). 2011年2月14日閲覧。
  26. ^ LOL!” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年10月6日). 2011年2月14日閲覧。
  27. ^ 夢か…現実か…亀梨がメイサと挙式”. スポーツ報知 (2008年2月23日). 2008年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  28. ^ 黒木メイサ、アンジーを手本にするも14歳役の自分に苦笑い”. ORICON NEWS. オリコン (2008年12月4日). 2017年9月27日閲覧。
  29. ^ “チャンスは「ドコモ」から…堀北、メイサら共演ドラマ”. zakzak. (2009年3月5日). オリジナルの2016年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220070231/http://www.zakzak.co.jp/gei/200903/g2009030530_all.html 2016年12月4日閲覧。 
  30. ^ 黒木メイサ、柔道初体験 多部未華子も“交渉役”に挑戦”. ORICON STYLE (2011年7月18日). 2016年7月30日閲覧。
  31. ^ 黒木メイサ、出産経てドラマ本格復帰「命を懸けられる存在ができた」”. TVfanWeb (2013年2月12日). 2013年10月5日閲覧。
  32. ^ 偽物『TAKE FIVE』の女泥棒役に黒木メイサが登場!ダ・ヴィンチの絵画はどちらの手に!?”. テレビドガッチ (2013年5月17日). 2016年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月27日閲覧。
  33. ^ “黒木メイサ:「愛する人のため」に共感 竹野内&松ケンSPドラマでヒロインに”. MANATANWEB. (2013年10月2日). http://mantan-web.jp/2013/10/02/20131001dog00m200083000c.html 2013年10月5日閲覧。 
  34. ^ “黒木メイサ:若い選手の活躍に“加齢”嘆く 「年取ったなあ」”. MANTANWEB. (2014年2月12日). http://mantan-web.jp/2014/02/12/20140212dog00m200026000c.html 2014年5月22日閲覧。 
  35. ^ メイサ×国仲×壇蜜で「ブラック・プレジデント」でも女子会!?”. webザテレビジョン (2014年5月10日). 2016年7月30日閲覧。
  36. ^ 井本早紀 (2014年6月26日). “黒木メイサ、3年ぶりドラマ主演!ウェブ小説原作のSFでGACKTと共演”. シネマトゥデイ. 2016年7月30日閲覧。
  37. ^ 及川光博&黒木メイサ、W主演で初共演 島田雅彦原作の金融サスペンス”. ORICON STYLE (2014年8月21日). 2016年7月30日閲覧。
  38. ^ 黒木メイサ「軽く衝撃を受けた」恋愛オムニバスドラマ”. ザテレビジョン (2015年6月11日). 2016年7月30日閲覧。
  39. ^ 黒木メイサが連ドラで妊婦デカ 実生活でも1児の母”. 日刊スポーツ (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。
  40. ^ “黒木メイサ成宮寛貴深田恭子北村一輝主演!”. とれたてフジテレビ. (2016年10月1日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161001-i267.html 2016年10月3日閲覧。 
  41. ^ “黒木メイサ、新井浩文と夫婦役 恐妻キャラに気合い十分「痛快で愛のある作品に」”. ORICON STYLE. (2016年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2078339/full/ 2016年9月13日閲覧。 
  42. ^ 黒木メイサ、妊婦役で『ドクターX』メインゲスト出演 米倉涼子とは初共演”. ORICON STYLE (2016年12月4日). 2016年12月4日閲覧。
  43. ^ “黒木メイサがNHKBSで実在した男装の女剣士役”. nikkansports.com. (2016年7月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1685881.html 2016年7月30日閲覧。 
  44. ^ 黒木メイサ、産後復帰作で"32歳の処女高校生"役 - TVドラマ初の制服姿披露”. マイナビニュース (2017年9月25日). 2017年9月27日閲覧。
  45. ^ “黒木メイサ 社会派サスペンスに初挑戦…警視庁女性キャリア役”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月24日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/24/0011096691.shtml 2018年3月24日閲覧。 
  46. ^ 黒木メイサ「こんな大きな息子がいるなんて初めて」主演務める”. モデルプレス. ネットネイティブ (2017年12月17日). 2018年9月15日閲覧。
  47. ^ VEXILLE”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。
  48. ^ “黒木メイサ、中国版「クローズZERO」で海外作品初挑戦!ジャン監督が一目ぼれオファー”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年5月5日). オリジナルの2017年5月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170505210354/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170505-OHT1T50000.html 2017年5月5日閲覧。 
  49. ^ “『あずみAzumionStage』製作発表会”. シアターガイド. (2005年3月3日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2005/03/03_02.php 2013年7月23日閲覧。 
  50. ^ KARACOMPLEX『調教師』公開舞台稽古”. シアターガイド (2005年11月7日). 2013年10月6日閲覧。
  51. ^ ASIANBEATFICTION『何日君再来イツノヒカキミカエル』制作発表会”. シアターガイド (2007年4月27日). 2013年10月5日閲覧。
  52. ^ “歌舞伎俳優ふたりがシェイクスピア作品に!「赤い城 黒い砂」会見”. チケットぴあ. (2009年1月29日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200901290003 2013年7月23日閲覧。 
  53. ^ 川口有紀 (2009年4月28日). “黒木メイサ、舞台上で“脱がされる”!?『女信長』製作発表”. チケットぴあ. 2013年10月5日閲覧。
  54. ^ “黒木メイサが、6年ぶりに恩師・つかこうへいの舞台に”. チケットぴあ. (2009年12月10日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200912100003 2013年7月23日閲覧。 
  55. ^ “黒木メイサ、妊娠5カ月で舞台に 朗読劇「宮沢賢治…」に出演”. MSN産経ニュース. (2012年5月13日). オリジナルの2012年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120514013124/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120513/ent12051319290011-n1.htm 2016年7月30日閲覧。 
  56. ^ 野上瑠美子 (2013年7月19日). “黒木メイサが3年ぶりに舞台主演”. YOMIURI ONLINE. 2013年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  57. ^ “黒木メイサ 「源平盛衰記」異聞 巴御前 女武者伝説”. msn産経ニュース. (2013年8月11日). http://www.sankei.com/entertainments/news/130811/ent1308110006-n1.html 2013年10月4日閲覧。 
  58. ^ 壬生智裕 (2014年8月24日). “黒木メイサ、官能的すぎ!大股開きダンスをピアノの上で堂々披露”. シネマトゥデイ. 2014年8月28日閲覧。
  59. ^ 黒木メイサ「仕事でもオフでもいける」と絶賛--ユニクロ「レギンスパンツ」”. マイナビニュース. マイナビ (2010年8月19日). 2018年9月15日閲覧。
  60. ^ 「一枚でどこでも行ける」高良健吾&黒木メイサが新ダウンにご満悦!”. webザテレビジョン (2011年9月24日). 2016年7月30日閲覧。
  61. ^ 黒木メイサ、09年度「アルマーニ」イメージモデルに!撮影現場の裏側を動画レポート!”. navicon (2009年4月16日). 2013年10月6日閲覧。
  62. ^ 黒木メイサ、頬をつつかれ思わずニッコリ”. eltha (2011年7月1日). 2014年8月28日閲覧。
  63. ^ 福田麗 (2011年9月6日). “加瀬亮がスパイ&黒木メイサが謎の歌姫に!続編の可能性もアリ!?のスタイリッシュなCMがオンエア”. シネマトゥデイ. 2014年5月22日閲覧。
  64. ^ “富士重、「SUBARU BRZ」の新広告キャンペーンに女優の黒木メイサを起用”. 財経新聞. (2012年2月3日). http://www.zaikei.co.jp/article/20120203/94375.html 2013年10月6日閲覧。 
  65. ^ iPhoneが犬型ロボットになる『スマートペット』発表 黒木メイサがCMキャラクターに”. ファミ通app (2012年3月26日). 2014年8月28日閲覧。
  66. ^ カネボウ「KATE」サイトリニューアル 新モデルは黒木メイサさん”. ビューティーナビニュース (2012年7月20日). 2013年10月5日閲覧。
  67. ^ “黒木メイサ:KATE新CMで“アーモンドアイ”メーク披露”. MANTANWEB. (2016年2月1日). http://mantan-web.jp/2016/02/01/20160201dog00m200024000c.html 2016年7月30日閲覧。 
  68. ^ “何度でも魅せる瞳に。「GIVRE TOKYO」(ジーヴルトーキョー)誕生。” (プレスリリース), ANW, (2016年6月21日), http://anwjapan.com/news/news160621.html 2018年9月15日閲覧。 
  69. ^ “『レイトン教授』新作の主人公は“レイトンの娘” 声優は有村架純”. ORICON STYLE. (2016年7月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2075811/full/ 2016年7月28日閲覧。 
  70. ^ “2児の母黒木メイサ、8年ぶり写真集でビキニ披露”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年8月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1877204.html 2017年8月25日閲覧。 
  71. ^ “歴代受賞一覧(PDF)”. 日本雑誌協会. (2007年). http://www.j-magazine.or.jp/doc/golden_list.pdf 
  72. ^ “エンドラール賞 歴代受賞者一覧”. 日本映画テレビプロデューサー協会. (2009年). http://www.producer.or.jp/elandor/elandor-00.htm 
  73. ^ “恥じらう黒木メイサ「何も着ていないような感じ…」”. zakzak. (2009年5月13日). オリジナルの2016年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160921221359/http://www.zakzak.co.jp/gei/200905/g2009051307.html 2016年7月30日閲覧。 
  74. ^ “受賞者リスト 第52回(平成20年度)”. 日本ファッション・エディターズ・クラブ. (2009年). http://www.fec-japan.com/award_05.html 
  75. ^ 第8回Ms. Lily 2009 は、黒木メイサさんに決定!”. アイバルブ ジャパン (2009年7月5日). 2016年12月28日閲覧。
  76. ^ “「フォーエバー マーク賞」黒木メイサさん受賞”. JAPAN PRECIOUS. (2009年10月2日). http://www.japanprecious.com/news/details.php?news_id=740 
  77. ^ 交際順調? 黒木メイサ、Xmasプレゼントは「いただけると嬉しいです」”. ORICON STYLE (2009年11月19日). 2016年12月28日閲覧。
  78. ^ 2009年のトレンド大賞は『g.u. 990円ジーンズ』が受賞~『DIME』発表”. ORICON STYLE (2009年11月26日). 2016年12月28日閲覧。
  79. ^ ベストジーニスト2011に相葉雅紀&黒木メイサ 5年ぶり“新顔””. elthe (2011年10月5日). 2013年10月5日閲覧。
  80. ^ 『ベストジーニスト賞』嵐・相葉&メイサが共に2年連続受賞 来年からルール変更へ”. elthe (2012年10月4日). 2013年8月1日閲覧。

外部リンク

2012年

2012年(2012 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる閏年平成24年。

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。

他の紀年法

カレンダー

1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829
3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

AppleのMobileMeのサービスが終了した。

7月

8月

9月

10月

11月

12月

周年

イベント・行事

スポーツ

国際年

  • 国際協同組合年(International Year of Cooperative)
  • すべての人のための持続可能エネルギーの国際年(International Year of Sustainable Energy for All)

天文現象

2012年は金環および皆既日食金星の太陽面通過、木星食、金星食などに関する天文現象の当たり年であった。以下は本年に観測された主な天文現象の一覧である。日付はUTCとなっている。

経済

政治

芸術・文化・ファッション

映画

ゲーム

音楽

文学

流行

誕生

動物

死去

ノーベル賞

フィクションのできごと

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ “NASAの月探査機が周回軌道に到着、地下構造の解明に期待”. ロイター. (2012年1月2日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE80100V20120102 2012年1月5日閲覧。 
  2. ^ 「イタリアの豪華客船座礁、3人死亡14人けが」 スポーツニッポン 2012年1月15日閲覧
  3. ^ S&Pがユーロ圏9カ国一斉格下げ、フランスはトリプルA失う ロイター・ジャパン 2012年1月14日閲覧
  4. ^ 台湾総統選、馬英九氏が再選果たす 日テレNEWS24 2012年1月14日閲覧
  5. ^ ナイジェリア第2の都市で爆発と銃撃、178人死亡 ロイター 2012年1月24日閲覧
  6. ^ エジプト議会選最終結果 ムスリム同胞団系47%で第1党(MSN産経ニュース/産経新聞 2012年1月21日)
  7. ^ クロアチア国民投票:約66%がEU加盟に賛成-開票率98%(Bloomberg 2012年1月23日)
  8. ^ ユーロ圏5カ国の国債を格下げ @niftyNEWS 2012年1月28日閲覧[リンク切れ]
  9. ^ “ハディ氏得票率99.8% イエメン暫定大統領に当選”. 朝日新聞. (2012年2月25日). http://www.asahi.com/international/update/0225/TKY201202250324.html 2012年2月25日閲覧。 
  10. ^ 東京スカイツリー:完成、世界一 毎日新聞 2012年3月13日閲覧[リンク切れ]
  11. ^ イラン国会議員選挙 反大統領派が圧勝へ 対外姿勢、さらに硬化か(MSN産経ニュース 2012年3月4日)
  12. ^ プーチン氏当選=涙で勝利宣言-4年ぶり返り咲き-抗議デモ再燃も・ロシア大統領選 時事通信 2012年3月13日閲覧
  13. ^ スロバキア総選挙で中道左派が単独過半数確保(読売新聞 2012年3月11日)
  14. ^ 南仏のユダヤ人学校で発砲、4人死亡 バイク男の銃撃事件相次ぐ”. AFPBB News. フランス通信社 (2012年3月19日). 2020年10月14日閲覧。
  15. ^ International Data Base : World Population Summary(U.S. Census Bureau)
  16. ^ “世界の人口70億人、こんなに増えて大丈夫か”. 47NEWS. (2011年10月27日). http://www.47news.jp/47topics/premium/e/221830.php 2012年1月5日閲覧。 
  17. ^ “世界人口70億人突破、なぜこの日に?”. ナショナルジオグラフィック日本語版. (2011年10月31日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/5123/ 2016年6月15日閲覧。 
  18. ^ 地下鉄爆破テロ犯2人を銃殺刑…ベラルーシ@niftyNEWS 2012年3月18日閲覧
  19. ^ “マリでクーデター、反乱軍が大統領府制圧 憲法停止表明”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年3月22日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2867107/8680748 2012年3月22日閲覧。 
  20. ^ スー・チーさんのNLD、40人当選と選管発表(読売新聞 2012年4月2日)
  21. ^ “学生たちを並ばせて殺害、米キリスト教系大学銃乱射事件”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年4月4日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2869311/8741129 2012年4月8日閲覧。 
  22. ^ “マリ北部の「独立」宣言 遊牧民の反政府武装勢力”. 産経新聞. (2012年4月6日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120406/mds12040616430007-n1.htm 2012年4月7日閲覧。 
  23. ^ 発射は午前7時39分 韓国国防省報道官、成否を確認中 産経新聞 2012年4月13日閲覧
  24. ^ 北朝鮮を「強く非難」 国連安保理が議長声明採択 朝日新聞デジタル 2012年4月17日閲覧
  25. ^ 「火の玉が向かってきた」 パキスタン機、住宅地に墜落 約130人全員死亡か 産経新聞 2012年4月21日閲覧
  26. ^ 緊縮派敗北 欧州に転機 仏大統領にオランド氏、ドイツと対立も(SankeiBiz 2012年5月8日)
  27. ^ オランド支持派数万人が歓喜、フランスで17年ぶり社会党大統領(ロイター 2012年5月7日)
  28. ^ ギリシャ総選挙、連立与党過半数割れ 連立協議入り(日経新聞 2012年5月8日)
  29. ^ ギリシャ第1党が連立協議を断念、再選挙実施の可能性も(ロイター 2012年5月8日)
  30. ^ シリア、複数政党で初の議会選 反体制派は不参加 (日経新聞 2012年5月8日)
  31. ^ シリア議会選、正当性ない=国連総長(時事通信 2012年5月8日)
  32. ^ “「海洋石油981」が南中国海で初掘削に成功”. 人民網日本語版. (2012年5月9日). http://j.people.com.cn/95952/7813591.html 2014年5月17日閲覧。 
  33. ^ [1]
  34. ^ “エジプト大統領選、イスラム系と元首相で決選へ”. 読売新聞. (2012年5月29日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120529-OYT1T00065.htm 2012年5月30日閲覧。 
  35. ^ 日本人初の快挙、8000メートル峰14座登頂 竹内洋岳”. 日本経済新聞社 (2012年5月26日). 2020年10月15日閲覧。
  36. ^ ムバラク前大統領に終身刑MSN 産経新聞 2012年6月2日閲覧。
  37. ^ http://eclipse.gsfc.nasa.gov/transit/venus0412.html
  38. ^ スペインの国債利回り7%を超える日本経済新聞 2012年6月15日閲覧。
  39. ^ 中国の有人宇宙船、初の女性飛行士乗せ打ち上げYOMIURIONLINE 2012年6月17日閲覧。
  40. ^ G20、首脳会議でIMFへの追加拠出確認へ 新興国の発言権拡大が課題にロイター 2012年6月18日閲覧。
  41. ^ “エジプト大統領選、イスラム主義候補の当選発表”. 読売新聞. (2012年6月24日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120624-OYT1T00996.htm 2012年6月25日閲覧。 
  42. ^ スペイン、支援を正式要請=ユーロ圏4カ国目、銀行資本を増強時事ドットコム 2012年6月25日閲覧。
  43. ^ アフガン支援国会議、1兆2千億円拠出を採択YOMIURIONLINE 2012年7月8日閲覧。
  44. ^ UPDATE3: ムーディーズ、イタリア国債格付けを2段階引き下げ 景気・改革の状況悪化ならさらに格下げもロイター 2012年7月13日閲覧。
  45. ^ “米銃乱射容疑者は博士課程の医学生、映画の悪役名乗る”. ロイター (ロイター). (2012年7月21日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE86K00U20120721 2012年7月21日閲覧。 
  46. ^ ユーロ圏財務相:スペイン支援正式決定も国債売り止まらず毎日新聞 2012年7月21日閲覧。
  47. ^ (日本語)朝日新聞. (2012年1月1日) 
  48. ^ 火星探査機キュリオシティが無事着陸 火星から初の映像送信CNN-JAPAN 2012年8月6日閲覧。
  49. ^ 韓国大統領、竹島に上陸 野田首相「極めて遺憾」 朝日新聞デジタル 2012年8月10日閲覧。
  50. ^ 環境54物品関税引き下げへ…APEC閣僚声明YOMIURI ONLINE 2012年9月6日閲覧。
  51. ^ “駐リビア米大使、領事館襲撃で死亡 米国は強く非難”. ロイター (ロイター). (2012年9月13日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT823188120120912 2012年9月13日閲覧。 
  52. ^ 中国反日デモ、暴徒化拡大=日系企業に放火、略奪-30都市、72年以降最悪に時事通信 2012年9月16日閲覧。
  53. ^ “ベネズエラ大統領選、現職のチャベス氏4選 20年の長期政権に”. 日本経済新聞. (2012年10月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0800E_Y2A001C1000000/ 2012年10月28日閲覧。 
  54. ^ ノーベル平和賞、EUに…危機克服への期待こめYOMIURI ONLINE 2012年10月13日閲覧。
  55. ^ ハリケーン米東部に直撃日本経済新聞 2012年10月30日閲覧。
  56. ^ http://eclipse.gsfc.nasa.gov/SEplot/SEplot2001/SE2012Nov13T.GIF
  57. ^ http://eclipse.gsfc.nasa.gov/LEplot/LEplot2001/LE2012Nov28N.GIF
  58. ^ 米小学校で銃乱射、26人殺害 子供20人犠牲、容疑者死亡 コネティカット州MSN産経新聞 2012年12月15日閲覧。
  59. ^ 「ビートルズ」と「007」、英国でデビュー50年祝う”. 日本経済新聞 (2012年10月6日). 2018年2月10日閲覧。
  60. ^ About Grampy Cat. 公式サイト. 2020年10月29日閲覧.
  61. ^ 『バトルシップ』、2012年、36 - 38・80 - 311頁。ISBN 978-4-8030-0320-8
  62. ^ ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』東京創元社、1980年、27・28・41 - 48・144頁。ISBN 978-4-488-66301-8

関連項目


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close