ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📷|航空機 景色と調和 愛好家3人が写真展 花巻空港


写真 いわて花巻空港ファンの3人による写真展

航空機 景色と調和 愛好家3人が写真展 花巻空港

 
内容をざっくり書くと
紀さんは「岩手山や奥羽山脈、雪、田んぼなど自然と飛行機を絡めた写真を撮影できるのが大きな空港とは違う花巻空港の魅力。
 

いわて花巻空港のファン3人による写真展「写真を磨くinHNA」は、花巻市東宮野目の同空港ターミナルビ… →このまま続きを読む

 岩手日日新聞社

岩手県南を徹底取材!地元に密着したほっこりニュースから地域の課題について考える話題まで幅広く読者にお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

花巻空港

花巻空港(はなまきくうこう)は、岩手県花巻市にある地方管理空港である。いわて花巻空港の愛称がある。面積は1,722,278m2

概要

花巻空港は花巻市中心部より約4km(バスで約15分)の北上盆地内にあり、岩手県の中央からやや南西に位置する。周辺には東北新幹線 新花巻駅があるほか、東北自動車道釜石自動車道インターチェンジもあり、県央部の一大交通拠点地域を形成している。岩手県で唯一の空港であり、岩手の空の玄関口を担っている。

滑走路は02/20方向に2,500mである。平行誘導路の整備は2004年に県の財政難により休止されていたが、2009年度より事業再開となった。2011年6月に平泉世界文化遺産登録が決定し、これに合わせて工事が進められ、同年7月28日から供用開始した。これに伴い、滑走路両端にあったターニングパッドは撤去されている。計器着陸に対応しており、計器着陸装置 (ILS) は滑走路20にカテゴリIが設置されている。

空港ターミナルビルは長らく滑走路西側にあったが、2009年に滑走路東側に新棟がオープンした。内部は国内線・国際線の設備がある。ボーディング・ブリッジは3基を備える。

空港ターミナルビル(新ターミナルビル)に隣接するエプロンには大型ジェット機用1バース、中型ジェット用1バース、小型ジェット用2バース、プロペラ機用1バースがあり、ほかに小型機用のスポットも有する。なお、岩手県防災航空隊、岩手県警察航空隊の基地、その他民間会社は旧ターミナル側一角のスポットをそのまま使っている。仙台空港から飛来する航空大学校の訓練機も同様に旧ターミナル側を使う。管制塔および、気象台も旧ターミナル側敷地にある建物を利用している。

年間利用客数は2010年ころは減少傾向にあり、名古屋線が運休した2010年度は30万人を割ったものの、FDAの就航による名古屋線の運航再開や日本航空の増便、国際定期便の就航などで、2018年度は約48万人まで回復した。[1]

空港乗降客数推移(人) [2]
年度国際線国内線合計
2004年度(平成16年度)12,034463,047475,081
2005年度(平成17年度)20,389485,623506,012
2006年度(平成18年度)12,359440,025452,384
2007年度(平成19年度)15,391396,882412,273
2008年度(平成20年度)11,021360,839371,860
2009年度(平成21年度)10,492344,918355,410
2010年度(平成22年度)5,399279,595284,994
2011年度(平成23年度)3,807286,974290,731
2012年度(平成24年度)6,464321,100327,564
2013年度(平成25年度)8,982359,819368,801
2014年度(平成26年度)14,870380,459395,329
2015年度(平成27年度)8,674386,973395,647
2016年度(平成28年度)5,498416,327421,825
2017年度(平成29年度)10,389422,118432,507
2018年度(平成30年度)32,602445,523478,125

歴史

  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日 - 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)により、空港ターミナルビルの2階天井が落下する被害を受ける[3]。空港が閉鎖されたことに伴い民間定期便が休止されたが、各県の防災ヘリが使用する。
    • 3月14日 - 緊急物資輸送のため24時間運用を開始する。
    • 3月16日 - 民間航空便を再開する。26年ぶりに東京国際空港便が臨時便として当分の間開設される。
    • 3月17日 - 空港ターミナルビルの暫定的な使用を再開する[3]
    • 4月1日 - 運用時間を通常より3時間延長(7時から21時30分)に変更する[3][4]
    • 7月28日 - 平行誘導路とターミナル増築部分の供用を開始する。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月17日 - チャイナエアラインによる国際定期チャーター便(花巻 - 台北)が就航。
  • 2018年(平成30年)8月1日 - タイガーエア台湾による国際定期便(花巻 - 台北)が就航。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
  • 2020年(令和2年)5月18日 - 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、同日から31日(予定)まで、定期航空便が全便運休となる[6]。ただし、岩手県のヘリコプターと民間小型機の離着陸がある為、運用は続けられる。

施設

ターミナルビル

空港ターミナルビルは地上3階建てである。自治体および運航会社などが出資した「岩手県空港ターミナルビル」が運営している。

旧ターミナルビルが狭隘となり、混雑時や国際線のチャーター便の対応が難しくなったことから、滑走路東側に大型旅客機の乗り入れにも対応した新しいターミナルビルの建設が計画された。しかし、岩手県の財政難や利用者の減少のため、当初は2007年だった新ターミナルビル完成は2年延期された上、建物や敷地の規模も縮小されたのち、2009年4月9日に供用を開始した。なお、ターミナルビルは国道4号に面していた旧ターミナルのように幹線道路と直結していない立地であったため、幹線道路とのアクセスを担う県道も同時に整備されている。

  • 1階
    • 航空会社カウンター、到着ロビー(国内線・国際線)、花巻警察署空港内警備派出所
  • 2階
    • 出発ロビー
      • 松任谷由実直筆の『緑の町に舞い降りて』歌詞レリーフを設置している。
    • 搭乗待合室(国内線・国際線)、入国審査場、出国審査場
  • 3階
    • 送迎デッキ(無料)、キッズコーナー
  • 多目的広場
  • 駐車場(無料)- 1,150台

旧ターミナルビル

旧ターミナルビル時代は、元はボーディングブリッジが1つしか設置されていなかったが、中型機就航に対応するため南側に中型機専用スポットを増設した。このスポットは小型機にも対応でき、定期便が同一時間帯に乗り入れるような場合でもボーディングブリッジを使用することが可能だった。また、ビルの旅客玄関や車寄せ、駐車場などよりも低い位置にエプロンがある構造だったことから、1階に航空会社カウンター・搭乗待合室・バゲージクレーム・到着口・物販スペース・派出所といった空港の主要機能が集約され、建物内における旅客のフロア上下移動の必要性がほとんど無かった。2階にレストランやビル会社の事務所。3階(屋上)にはささやかながら航空機に関する資料展示スペースと、送迎デッキがあった。

現在は「花巻市交流会館」として再活用されており、花巻市観光協会、花巻市観光課、花巻市国際交流室の事務所、遊覧飛行搭乗者待合室などがあるほか、かつての搭乗待合室やバゲージクレームは観光情報コーナーや一般貸出可能な交流スペース、研修室などに改装されている。

なお、旧ターミナルビルが開館する以前に使用していた空港開港当初の建物が管制塔北側にあり、東邦航空や北日本航空の事務所として活用している。管制室の名残りが屋根上に残っている。

  • 当時および現在の旧ターミナルの画像。

就航路線

国内線

航空会社就航地
日本航空(JAL) [8] 札幌/新千歳大阪/伊丹福岡
フジドリームエアラインズ(FDA) 名古屋/小牧大阪/神戸(2021年3月28日より就航)

かつて就航していた定期運航路線

国際線

航空会社就航地
台湾の旗 タイガーエア台湾(TTW)台北/桃園[9]
中華人民共和国の旗 中国東方航空(CES)上海/浦東(2019年1月30日より就航)[10]

交通

当空港とのアクセスを担う県道が整備され、釜石自動車道 花巻空港インターチェンジに直結しているほか、途中で国道4号 花巻東バイパスとも接続している。なお、岩手県の公式サイトでは、アクセスルートとして「国道4号花巻東バイパス・花巻空港インター入口立体交差点経由の南回り」と案内されている。

路線バス

※岩手県交通運行路線はバスカードも利用可。

道路

鉄道

  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
    • 東北本線 花巻空港駅 : 空港ターミナルビルから約3.8 kmの距離に位置している(当空港と盛岡を結ぶ高速バスが当駅前を経由)。
    • 釜石線 似内駅 : 空港ターミナルビルから約2.5 kmの距離に位置している(当空港への公共交通機関はタクシーのみ)。
      • 盛岡発着の釜石線直通快速「はまゆり」は花巻空港・似内両駅いずれも停車しない。

備考

  • 岩手県防災航空隊岩手県警察航空隊の基地、民間ヘリコプター会社の事務所も構えられている。そのため岩手宮城内陸地震の際には、防災ヘリ等が集中し、一時、燃料タンクの備蓄が激減し問題となった。
  • 花巻空港は特に冬場の西から吹く横風が強く、着陸が難しい空港と云われる。過去にウインドシアによる事故も起きている。
  • マスコットキャラクター「はなっぴー」は、新ターミナル併用開始に合わせて誕生した当空港のイメージキャラクターで、デザインと名前は一般公募によって選ばれた。ピンク色の航空機型の帽子をかぶった白い雲の体に赤い花を持った愛らしいデザインが特徴。名前は「はな」と「ハッピー」を組み合わせた造語となっている。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 岩手県 (2019-04-16) (pdf). いわて花巻空港の利用実績について (Report). https://www.pref.iwate.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/020/131/h30riyoujijiseki.pdf 2020年6月2日閲覧。. 
  2. ^ 国土交通省航空局 (2019) (xlsx). 暦年・年度別空港管理状況調書 (Report). https://www.mlit.go.jp/common/001308946.xlsx 2020年6月2日閲覧。. 
  3. ^ a b c 東日本大震災(第43報) (PDF) p.142 - 国土交通省(2011年4月8日 10:00付)
  4. ^ いわて花巻空港の運用時間の変更及び駐機について - 岩手県、2011年4月4日。(2011年4月4日時点のアーカイブ
  5. ^ 関税法施行令の一部を改正する政令(令和元年6月28日政令第41号)による関税法施行令の改正
  6. ^ 花巻空港 (5月)18日から全便運休 - 岩手NEWS WEB・2020年5月17日19時22分配信
  7. ^ a b c d e 会社情報 - 岩手県空港ターミナルビル
  8. ^ ジェイエアの機材・乗務員で運航。
  9. ^ 国際定期便が正式決定 タイガーエア台湾 花巻―台北(桃園)線 きょう就航岩手日日新聞社 2018年8月1日付
  10. ^ 中国東方航空、花巻〜上海/浦東線に就航 1月30日から週2便 Traicy 2019年1月11日

関連項目

外部リンク

奥羽山脈

奥羽山脈(おううさんみゃく)は、日本東北地方の中央部を、青森県夏泊半島から福島栃木県境の帝釈山地に至る全長約500 kmのである[1][注 1]

概要

日本の本州最北端の県である青森県の夏泊半島付近から、ほぼ南西方向に岩手県秋田県宮城県山形県福島県と縦断し、栃木県那須岳連峰まで約500 kmにわたって連なる脊梁山脈である。標高約1,000mから2,000 m前後の山々が連なり、最高地点は岩手県に位置する岩手山(標高2,038m)である。

東日本火山帯の一部である那須火山帯に含まれており、八甲田山八幡平岩手山栗駒山蔵王連峰吾妻連峰安達太良山那須岳などといった火山が存在する。

この山脈の名称である奥羽は、日本の律令制に基づいておかれた令制国である陸奥国州)と出羽国州)をあわせた総称に由来する。陸奥国と出羽国に見られるように、かつてよりこの地域を二つに分け隔てる山脈であった。現在も岩手県と秋田県、宮城県と山形県に見られるように、この山脈に県の境界が置かれている。

日本の気候、特に東北地方の気候もこの山脈によって日本海側気候太平洋側気候の二つに分け隔てられる。

山脈の一部が十和田八幡平国立公園栗駒国定公園蔵王国定公園磐梯朝日国立公園日光国立公園に含まれる。

地形の歴史

日本列島の形成前からずっと陸地であり続けた北上山地阿武隈高地とは異なり、奥羽山脈は比較的新しい地形である。奥羽山脈にあたる場所は日本海の拡大期(約2500万年前から約1500万年前)には海底にあり、その後も火山活動が続いていたものの、海面下にあった[2]

陸地になったのは、約800万年前のことである。現在まで続く圧縮圧力により褶曲しながら隆起し、両側で逆断層を作って高まり、並行して活動した火山が大規模カルデラを作りつつ高度をさらに増した[3]。山脈の両側ははじめ海だったが、数百万年を経て陸化し、今あるような盆地・低地群が連なるようになった[4]

主な山岳

八甲田山系

八幡平周辺

岩手山

真昼山地

栗駒山周辺

船形山周辺

蔵王連峰

  • 雁戸山
  • 熊野岳
  • 馬の背
  • 刈田岳
  • 屏風岳
  • 不忘山

吾妻山(吾妻連峰)

安達太良山系

磐梯山周辺

那須岳

奥羽山脈の画像一覧

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典では北端を大間崎としている。

出典

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典、デジタル大辞泉、百科事典マイペディア、世界大百科事典、大辞林. “奥羽山脈”. コトバンク. 2019年2月11日閲覧。
  2. ^ 小池 et al. 2005, pp. 13-15.
  3. ^ 小池 et al. 2005, pp. 15-19,187.
  4. ^ 小池 et al. 2005, p. 313.

参考文献

  • 小池一之; 田村俊和; 鎮西清高; 宮城豊彦 『日本の地形 第3巻 (東北)』 東北大学出版会、2005年。 

関連項目


 

Back to Top
Close