ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|ソロプレイも可能なカードゲーム「すみっコぐらし~みんなでわくわくテント作り!~」が発売!


写真 

ソロプレイも可能なカードゲーム「すみっコぐらし~みんなでわくわくテント作り!~」が発売!

 
内容をざっくり書くと
すべての数字カードを裏向きに重ねて置き、山札とします。
 

スロウカーブは、カードゲーム「すみっコぐらし~みんなでわくわくテント作り!~」をAmazon、全国カ… →このまま続きを読む

 Gamer

Gamerでは、コーンソールゲームやスマートフォンゲームアプリといった最新ゲーム情報を幅広く提供しています。新作プレイレビューやクリエイターインタビュー、話題のVRやeスポーツなどゲームの魅力をお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

カードゲーム

カードゲームは、広義にはカードを使って行うゲームの総称。狭義にはいわゆるトランプを使ったゲームのこと。歴史的には麻雀ドミノなどのタイル(牌)を使うゲーム()と起源を同じくしており、タイルゲーム・カードゲームは手札(手牌)という要素によって、囲碁リバーシ将棋といったボードゲームと区別される[1]。以下では、タイルゲームを除くカードゲームについて解説する。

ヨーロッパにこの種のゲームが現れたのは、14世紀のイタリアではないかと推測されている。その後、遊びの範囲を広くするため、ある特定のゲームを遊びやすくするため、今までの形式とは違った遊びをするため等の理由で専門のカードデッキが生まれた。

近年、個人ごとに決められた範囲内で自由にカードデッキを作り、その内容を元に勝負に臨むトレーディングカードゲームが生まれている。

方式

人数

カードゲームは大別して、1人で遊ぶもの(ソリティア)と、2人以上で遊ぶものに分けられる。また2人用のゲームは3人以上のゲームとくらべて特殊な構造をしていることが多い。たとえばすべてのカードを手札として配ってしまうと、2人の場合は相手が何を持っているのかが完全にわかってしまうので、カードの一部を配らないなどの工夫が必要になる。

3人以上のゲームでは、中心になる競技者(あるいは競技者のチーム)に対して、それ以外の競技者が協力して対抗するゲームと、各競技者がそれぞれ独立して戦うゲーム(カットスロート)がある。

4人以上のゲームでは、複数の競技者がチームを組んで競技するゲームもある。4人では向かい合った2人ずつが固定したチームを組み、5人では中心になるひとりの競技者がパートナーを指名するなどの方法が一般的に行われる。

カードを配る

多くのゲームではカードを各競技者に配る。カジノゲームなど、誰が配るかがあらかじめ決まっていることもあるが、何らかの方法でゲーム参加者の中からディーラー(配り手)を決める必要がある場合も多い。ディーラーはじゃんけんなどで決めることも可能だが、より本格的には、カットによる方法が用いられる。すなわち、カードを裏向きに積んであるカードを、各競技者が適当なところで上下に二分し、その上半分の一番下のカードを見せてから元に戻す。一番高い(ゲームによっては一番低い)ランクのカードを選んだ競技者がディーラーになる。複数の競技者が同じランクのカードを選んだ場合は、該当する競技者だけでもう一度カットを行う。

ディーラーをこの方法で決定しなければならないのは最初の一回だけで、以降はディーラーが順番に次の競技者に移動するのが普通である。

通常はディーラーはカードをシャッフルし、ディーラー以外の競技者がカットしてからカードを配る。ゲームによってはシャッフルを禁止しているものや、配り方が細かく定められているものもある。

競技方向

カードゲームではしばしば各競技者が(あるいは各競技者に対して)順番にある行動をする場合がある(カードを1枚ずつ出すなど)。このとき、行動が左へ左へと行われるのを「時計回り(または右回り)」といい、逆に右へ右へと行われるのを「反時計回り(または左回り)」という。

アジアでは全般的に反時計回りが多い。日本では時計回りはしばしば「泥棒回り」と言って嫌われる。

これに対して、イギリスフランスドイツロシアなどでは時計回りが多い。同じヨーロッパでもイタリアスペインポルトガルスイスバルカン半島などでは反時計回りが多い。北アメリカとオーストラリア・ニュージーランドでは時計回り、ラテンアメリカでは反時計回りが普通である。近代の日本は時計回りの国の影響が強かったため、トランプの場合は時計回りに競技することも多い。

トランプゲーム

専用カードゲーム

トレーディングカードゲーム

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 増川宏一 (1978). 盤上遊戯. ものと人間の文化史 29. 法政大学出版 

関連項目

数字カード


 

Back to Top
Close