ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|ボルダリング・ジャパン杯 女子・森、初の日本一


写真 女子で優勝し笑顔の森秋彩(中央)と2位の野中生萌(左)、3位の伊藤ふたば=駒沢屋内球技場

ボルダリング・ジャパン杯 女子・森、初の日本一

 
内容をざっくり書くと
男子は藤井快(同)が決勝で全4課題を完登して、3年ぶり4度目の日本一に輝いた。
 

スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップ最終日は31日、東京・駒沢屋内球技場で、男女の準決… →このまま続きを読む

 茨城新聞クロスアイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

3年

3年(3 ねん)は、西暦ユリウス暦)による、平年

ユリウス暦制定直後の混乱により、紀元前6年から紀元後7年まで閏年を停止し、平年であったと推定されている。

他の紀年法

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。

カレンダー

1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

できごと

誕生

死去

脚注

注釈

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 『人物中国の歴史4 -長城とシルクロードと-』集英社、1981年、p.309

関連項目

藤井快

藤井 快(ふじい こころ、1992年11月30日 - )は、日本のスポーツクライマー静岡県出身。

2018年8月、インドネシアジャカルタで開催された「アジア競技大会 スポーツクライミング 複合種目」で銀メダルを獲得する[1]

競技会の戦績

[2][3]

国内大会

アジア大会・世界大会

開催年月大会名競技種目 [6][7]
リードボルダリングスピード複合
2010年9月世界ユース選手権(ジュニア)9位
2014年8月世界選手権 ドイツの旗 ドイツ:ミュンヘン27位
2015年11月アジア選手権5位
2016年9月世界選手権 フランスの旗 フランス:パリ12位
2017年7月ワールドゲームズ2017 ポーランドの旗 ポーランド:ヴロツワフ7位
2017年9月アジア選手権1位1位28位
2017年10月アジアカップ [8]1位2位18位
2018年8月アジア競技大会 インドネシアの旗 インドネシア:ジャカルタ予選敗退2位
2018年9月世界選手権 オーストリアの旗 オーストリア:インスブルック27位5位36位6位
2018年11月アジア選手権1位4位30位4位
2019年8月世界選手権 日本の旗 日本:八王子14位4位29位6位
2019年11月アジア選手権1位2位24位1位
2019年12月東京五輪予選1位 [9]

ワールドカップ

ボルダリング

  • 2014年 バクー 6位、ベイル 6位
  • 2015年 トロント 4位、ベイル 6位
  • 2016年 加須 3位、重慶 4位、ナビムンバイ 1位、ベイル 1位 - 年間総合2位 [10]
  • 2017年 マイリンゲン 1位、ベイル 5位、ナビムンバイ 4位、ミュンヘン 6位
  • 2018年 重慶 1位、泰安 5位 - 年間総合6位 [11]
  • 2019年 マイリンゲン 4位、重慶 6位、呉江 5位 - 年間総合5位

リード

  • 2017年 廈門 6位
  • 2019年 クラー二 5位

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ 藤井「銀」、中村「銅」アジア大会”. 中日新聞 (2018年8月27日). 2019年6月13日閲覧。
  2. ^ 藤井快 選手情報”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月13日閲覧。
  3. ^ RESULTS”. IFSC. 2019年6月13日閲覧。
  4. ^ 藤井快 (2019年8月18日). 「凡人が天才を討つ」クライミング藤井快、若手中心の世界に待ったをかける経験値. (インタビュー). THE ANSWER. https://the-ans.jp/tokyo-olympic/79059/ 2019年8月21日閲覧。 
  5. ^ 男子・藤井、3年ぶりV! 1月にプロ転向、気合十分に全4課題完登”. スポニチ (2021年2月1日). 2021年2月1日閲覧。
  6. ^ 種目とルール”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月13日閲覧。
  7. ^ 競技を動画で説明”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月13日閲覧。
  8. ^ ボルダリング大国日本、東京オリンピックへ向けた重要な1年始まる”. FINEPLAY (2019年1月21日). 2019年8月21日閲覧。
  9. ^ クライミング、藤井が優勝 東京五輪予選、楢崎明3位”. 共同通信社 (2018年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
  10. ^ ワールドカップボルダリング最終戦で楢崎智亜、野中生萌が優勝”. 日本山岳・スポーツクライミング協会 (2018年8月14日). 2019年6月13日閲覧。
  11. ^ KOKORO FUJII”. IFSC. 2019年6月13日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close