ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|”バックカントリースキー”遭難相次ぐ…前日から行方不明の53歳男性意識不明で発見


写真 

“バックカントリースキー”遭難相次ぐ…前日から行方不明の53歳男性意識不明で発見

 
内容をざっくり書くと
また、小樽市の朝里川温泉でも6日からバックカントリースキーで山に入り迷った50代の男性が、7日朝自ら警察に通報し救助されました。
 

北海道内ではバックカントリースキー中の遭難が相次ぎ、札幌市南区では2月6日から行方不明となっていた男… →このまま続きを読む

 北海道ニュースUHB

フジテレビ系列の北海道ローカル局です。北海道のニュースをいち早く配信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

朝里川温泉

朝里川温泉(あさりがわおんせん)は、北海道小樽市にある温泉

泉質

温泉街

1954年昭和29年)開湯。朝里川河口から約4キロメートル上流の畔に8軒の旅館ホテル小樽朝里クラッセホテルかんぽの宿小樽など)が立地するほか、貸し別荘やオートキャンプ場も整備されている。スポーツ施設も整備されており、夏場はテニスゴルフを、冬場は朝里川温泉スキー場でスキーを楽しむことができる。日帰り温泉専用施設として温泉街入口付近に「湯の花 朝里殿」がある。

アクセス

バス

マイカー

その他

  • 2002年平成14年)11月より実施した新源泉開発の際に既存の源泉に不具合が発生し、2002年12月16日より10日間にわたって温泉の供給ができなかったため、水道水を貯湯槽に貯めて配湯した。
  • 2014年(平成26年)12月4日1957年創業の桜並木の日本庭園で有名な老舗温泉旅館『小樽朝里川温泉 宏楽園』が出火、ボイラー室が火元とみられ宿泊客と従業員は全員避難したものの本館はほぼ全焼した。その後、2016年4月9日に1年5か月ぶりに再開した[1]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 老舗の宿、不死鳥のごとく朝日新聞デジタル.2021年2月24日閲覧。

関連項目

外部リンク

バックカントリースノーボード

バックカントリースキーバックカントリースノーボードは、スキー場など人工的につくられたリゾートではなく、バックカントリー(自然の山中)を滑るスキースノーボードのスタイルである。

徒歩あるいはリフトや車両、ヘリコプターを利用して雪山を登り、リゾートエリア外(オフピステ)を滑る。リゾートのように管理された範囲外での滑走となるため、より高度な滑走技術だけでなく、雪崩のリスクマネジメント、応急手当など、安全に関わる知識を学ぶことや、専用の装備が必要である。

ビッグマウンテン、狭義にはエクストリームなどとも呼ばれる。

用具

雪山登山に必要な道具と同じである。

スキー、スノーボード
基本的にスノーボードは深雪に浮きやすいものなので、積雪状況などにもよるが、極端なものを除けば普段使用しているボードを使用できる。ビンディングを若干後ろにつけるセットバックを行ったり、長く太いボードを使えば、より深い雪でも沈みにくくなる。また、専門的に楽しみたい人向けに、深雪向けを売りにしたボードもある。
スノーシュー輪かんじき
雪上歩行具である。ヒールリフター機能がついたものの方が楽に登高できる。
ストック
伸縮式のものを使うのが一般的。スノーボードの場合、スキーと違い滑走中には使用しない場合が多い。深雪に指しても奥まで刺さりにくいよう、大き目のバスケット(リング)をつける。
ウェア
状況によっては通常のスキーウェアでも対応できるが、雪山登山と同じレベルの機能や性能が望ましい。登高時は汗をかくので、体温調節できるようにレイヤリングしたり、アウターにはベンチレーションがついているものが良い。ニットキャップ、ゴーグル、グローブは予備を携行すると安心。
バックパック
スキーやスノーボードをしっかりと固定でき、行程に合った容量のものが必要。
ビーコンプローブシャベル
雪崩に巻き込まれた場合、救助活動に必要な最低限の装備である。

有名なスノーボーダー

危険性・注意喚起

近年バックカントリースポーツでは、遭難者も増加し山岳救助の対象として各自治体が注意喚起している[1]。その場合捜索・救出費用はほぼ全額が自己負担になっておりかなり高額である。

脚注

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close