ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|キャンプをワイワイ楽しみたいパパ向けの公園型リビングを作ろう〜貸し切りキャンプ場での理想のリビング〜


写真 

キャンプをワイワイ楽しみたいパパ向けの公園型リビングを作ろう〜貸し切りキャンプ場での理想のリビング〜

 
内容をざっくり書くと
ジャングルジムやタワー、ベンチなど、子供が遊べる『遊具』をキャンプ場に持ち運ぶのも方法ひとつ。
 

「そもそも楽しいキャンプって何?」という疑問を持っている方や、「キャンプで何をしたらいいのか分からな… →このまま続きを読む

 ハピキャン

アウトドア情報発信メディア 「ハピキャン 」です。名古屋テレビ放送( メ〜テレ)にて毎週水曜日深夜0時15分放送中の番組 「#おぎやはぎ のハピキャン〜キャンプはじめてみました〜 」とも連動! 番組はGYAO! でも無料配信しています。YouTubeチャンネルも!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ジャングルジム

ジャングルジムJungle gym)とは、金属パイプの骨組みやロープなどでできた、子供が登ったり、ぶら下がったり、座ったりして遊ぶための遊具1920年シカゴ弁護士セバスティアン・ヒントン(Sebastian Hinton)によって発明された。「Jungle gym」は元は商標名であった。日本語では「枠登り(わくのぼり)」ともいう。

概要

大きな金属製の立方体を組み合わせた形のジャングルジムが一般的。鋼製の枠組みに古タイヤを固定したジャングルジムなど特殊なものもある[1]。固い金属に頭をぶつけたり、手足を引っ掛けて捻挫などをする子供が多かったため、ロープで同様の機能を持たせたものや、梯子や手すりなどを外側に設けた木の台を持つものも普及している。

特殊な形状のものには、球形、円筒形、動物・乗り物の形など、様々な形の骨組みに作られたものもある。球形で可動型のものは特に「回転ジャングルジム」あるいは「グローブジャングルジム」と呼ばれる[2]

主に歩行を始めたばかりの乳児から幼児を対象として、室内で用いるためのプラスチックダンボールで作られた小型のジャングルジムも市販されている。これらは組み立てに便利な構造となっており、小さく折りたためるものもある。

脚注

  1. ^ 高田典衛『子どものための体育施設・用具』大修館書店、1969年、p.109
  2. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.97 2006年 かもがわ出版

関連項目

方法ひと


 

Back to Top
Close