in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Rubyでendを使ってブロック構文を使い分ける方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Rubyでendを使ってブロック構文を使い分ける方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Rubyでendを使ってブロック構文を使い分ける方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

endとは

「end」は多くの制御構文を終える予約語です。

Rubyでコードを書いているとあらゆる場所で「end」をみかけるでしょう。

「end」は以下のようにdoやifやdefなどと必ず対(ペア)になります。

do … end
if … end
def … end
class … end
module … end
case …....

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る