in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Pythonのfileno関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonのfileno関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonのfileno関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

fileno関数とは

filenoは、ファイルオブジェクトに対応するファイル記述子を得る関数です。ファイル記述子を直接扱う機会は少ないですが、osモジュールの一部関数などで必要になります。

fileno関数の使い方

ファイルオブジェクトfがあったとします。以下のコードでファイル記述子(整数)fdを得られます。

fd = f.fileno()

 

[PR]…

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る