in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|PythonでCSVデータをdict型として読み込む方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

PythonでCSVデータをdict型として読み込む方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

PythonでCSVデータをdict型として読み込む方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

dict型とは

dict型とは、辞書型とも呼ばれるデータの形式のことで、キーと値のペアを一つの要素としてデータを格納していく機能を有しています。

複数のデータを保持するため、リスト型と似ているものの、データ構造は異なるものです。

[list型]

list_data = [値1,値2,値3]

[dict型]

dict_data = {キー1: 値1, キー2:値2,...

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る