in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Rubyのputsメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Rubyのputsメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Rubyのputsメソッドの使い方について解説します。

 
そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

putsメソッドとは

Rubyのputsメソッドは引数であるオブジェクトを標準出力として出力します。この時、引数であるオブジェクトは文字列に変換されます。

 

putsメソッドの使い方

putsメソッドの使い方は

 

puts   ("xxx")

( )はなくても良いので

 

puts  "xxx"

でもOKです。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。

 

puts  100
#=>...

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る