in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Pythonで2次元配列を扱う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonで2次元配列を扱う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonで2次元配列を扱う方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

2次元配列とは

1次元配列とは、次元数が1の配列のことで、複数の要素が直線上に並びます。
(例) [1,2,3,4,5,6]

2次元配列とは次元数が2の配列のことで、行列とも呼びます。
(例) [[1,2,3],[4,5,6]]

視覚的にわかりやすく書くと以下の通りです。
 

[[1,2,3],
[4,5,6]]

 
同様に次元数が3や4の配列も定義できます。
 

2次元配列の作り方

Pythonで2次元配列を作成するには、以下のように記述します。
 

xs =...

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る