ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📚|お昼の時間がますます楽しみ♪ ニャゴニャゴ可愛い「11ぴきのねこのランチシリーズ」が新登場


写真 

お昼の時間がますます楽しみ♪ ニャゴニャゴ可愛い「11ぴきのねこのランチシリーズ」が新登場

 
内容をざっくり書くと
ランチボックスやクロスなど、シリーズで揃えるのもおすすめですよ♪
大好きなねこたちと一緒に、ランチタイムをもっとわくわくしちゃいましょう!
 

お昼の時間がますます楽しみ♪ ニャゴニャゴ可愛い「11ぴきのねこのランチシリーズ」が新登場お腹をすか… →このまま続きを読む

 絵本ナビスタイル

「絵本ナビスタイル」は、絵本と子育て、くらしをつなげるメディアです。

悩みのつきない子育て中のママやパパがより楽しく毎日を過ごせるように、約15年間絵本情報サイトとして絵本をご紹介してきた高い専門性を活かして、絵本の選び方や子育てに役立つ情報をお届けします。毎日2,3本の記事を更新していきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

弁当箱

弁当箱(べんとうばこ)とは弁当を保存し、持ち運ぶために使用する容器である。ランチボックスともいう。

日本の弁当箱

歴史

賀茂別雷神社葵祭では、船御飯と船御餅という、深さのある折敷に米と餅を入れ、檜皮(ひわだ)と(まこも)で蓋をした神饌が奉げられており、これが弁当箱の原型と考えられている[1]

安土桃山時代には、現代でも見られるような漆器の弁当箱が作られるようになり、この時代より、弁当は花見茶会といった場で食べられるようになった。江戸時代初期に編集された、ポルトガル語の『日葡辞書』には「bento」が弁当箱の説明で記載されている[2]

1897年(明治30年)、アルミ製の弁当箱がつくられた[3]。この時の弁当箱はまだアルマイト加工されておらず、アルミニウムはに弱かったため、アルミニウム製の弁当箱に梅干しを入れておくと腐食してしまうということがあった[4]

昭和時代になり、アルミニウムをアルマイト加工した弁当箱が開発され梅干しの酸にも耐えられるようになり輝きが増した。壺井栄の小説『二十四の瞳』に描写されるように、それは目の覚めるような銀色をしており、またメンテナンスの容易さもあって、当時の人々の羨望の的となった。また、かつて小学校の冬の暖房装置にストーブ類が多用されていた頃は、持参したアルマイト弁当箱ごとストーブの上に置き、保温・加熱するということも行われた。ドカベン(土方が持つような大きな弁当箱)に象徴される金属製の弁当箱は、耐熱性プラスティックなどの弁当箱に変わっていった。

さらに、1970年代に開発、発売された保温弁当容器も進化を遂げて、一昔前の大きな弁当箱というイメージは薄れ、スリムなタイプが登場した[5]。近年は、女性向けに小型化されて、カラフルでおしゃれなタイプの保温弁当箱も登場している[5]

種類

素材から形、サイズまで多種多様で現代ではプラスチックが主流だが漆器や、ステンレスアルマイト処理をしたアルミニウムなどがある。外側が魔法瓶構造で保温性を高めたランチジャーもある。なお英語のlunch boxのlunchはその日の中間に取る食事という意味なので日本語の弁当箱と同様に昼食に限定される容器ではない。

水分を漏らさないためにの部分にゴムパッキンをつけ蓋のずれを防ぐ留め具を備えているものがある。蓋が不用意に開かないようにするためゴム製のベルトや紐が付属している場合もある。布で包んで端を縛り固定することもある。

日本古来の重箱も弁当箱として使われることがある。

使い捨てのものもありプラスチック製、紙製、アルミニウム製などがある。

駅弁などでは加熱式の弁当箱もある。これは箱内、食品下に、粒状消石灰と袋入りの水とから成る発熱ユニットがあり、紐などを引くことにより破袋し、消石灰と水とが混合、反応、発熱し、食品を加熱・加温するものである。

各国の弁当箱(ランチボックス)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 神饌 P.69
  2. ^ 弁当ライブラリー|Plenus 米食文化研究所(2018年6月15日閲覧)
  3. ^ 明治文化史生活編 開国百年記念文化事業会
  4. ^ 長く使えるアルミお弁当箱の特徴は?軽くて丈夫でお手入れも楽チン”. macaroni. トラストリッジ (2018年3月13日). 2021年9月25日閲覧。 “以前はアルミ製お弁当箱に梅干しを入れると腐食してしまう、ということもありましたが、現在販売されているアルミ製お弁当箱は安心して使うことができます”
  5. ^ a b 海老沢類. “保温弁当箱にホットな視線”. 産経新聞. 2021年1月17日閲覧。

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close