in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|JavaScriptのindexOfで配列要素の存在をチェックする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

JavaScriptのindexOfで配列要素の存在をチェックする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

JavaScriptのindexOfで配列要素の存在をチェックする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

 

indexOfとは

配列から指定したものが何番目にあるかを調べるメソッドです。

MDNのリファレンスはこちら

 

indexOfで配列の存在をチェックする

indexOfの引数で指定したものが入れるの中にない場合は「-1」が返ってきます。これを利用して存在チェックができます。

let array = [1,2,3];
if(array.indexOf(1) != -1){
 ...

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る