ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|雪山遭難者の救助学ぶ 認識共有し実践訓練 北上地区


写真 アバランチトランシーバーを使って雪崩の埋没者を捜索する参加者

雪山遭難者の救助学ぶ 認識共有し実践訓練 北上地区

 
内容をざっくり書くと
北上、和賀町、西和賀の3山岳会、北上署、北上地区消防組合から約20人が参加した。
 

雪山での遭難事案を想定した北上地区山岳遭難救助訓練は20日、北上市和賀町のふるさと体験館「北上」で行… →このまま続きを読む

 岩手日日新聞社

岩手県南を徹底取材!地元に密着したほっこりニュースから地域の課題について考える話題まで幅広く読者にお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

北上地区消防組合

北上地区消防組合(きたかみちくしょうぼうくみあい)は、岩手県北上市及び和賀郡西和賀町によって組織された一部事務組合消防組合)である。管轄区域は前述の1市1町。消防本部の名称は、北上地区消防組合消防本部

概要

沿革

  • 1974年4月1日 北上市・和賀郡和賀町・湯田町江釣子村沢内村の1市2町2村による一部事務組合北上地区消防組合を設立する。北上市消防本部が組合消防に移行し、北上地区消防組合消防本部北上消防署を設置する。
  • 1975年1月20日 和賀中部分署・西和賀分署を開設する。
  • 1991年4月1日 北上市・和賀町・江釣子村の新設合併に伴い、新たな北上市が発足する。組合構成市町村が1市1町1村になる。
  • 1995年12月22日 西和賀分署が西和賀消防署に昇格し、2署制となる。湯田出張所を開設する。
  • 1997年11月1日 大堤出張所を開設する。
  • 2005年11月1日 湯田町・沢内村の新設合併に伴い、西和賀町が発足する。組合構成市町村が1市1町になる。
  • 2016年6月1日
    • 大堤出張所が大堤分署に昇格し、2分署制となる。[1]
    • 管内119番通報を盛岡中央消防署本庁舎4階にある「県央広域消防指令センター」にて受信開始(盛岡・奥州金ヶ崎両地区消防本部と共同運用)。

組織

  • 組合議会
    • 議員定数:7人(北上市:5人、西和賀町:2人)
  • 執行機関
    • 管理者(北上市長)
    • 副管理者(西和賀町長及び北上市副市長)
    • 監査委員:2人
    • 消防本部 - 総務課、予防課、警防課、指令室
    • 消防署

消防署

消防署住所分署出張所
北上消防署北上市柳原町2丁目3番6号和賀中部:北上市和賀町藤根17地割70番地
大堤:北上市相去町平林3番地5
なし
西和賀消防署和賀郡西和賀町清水ヶ野18地割4番地7なし湯田:和賀郡西和賀町川尻40地割103番地6

参考文献

  • 平成17年防災消防年報(岩手県総務部総合防災室)
  • 平成19年度北上市の概要(北上市)
  • 平成30年度消防年報(北上地区消防組合)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 広報きたかみ第608号(平成28年6月24日発行)より

外部リンク

3山岳会


 

Back to Top
Close