in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Pythonによるword2vecの利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonによるword2vecの利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonによるword2vecの利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

word2vecとは?

word2vecは、自然言語処理の一つで大量のテキストデータを解析し、各単語の意味をベクトル表現をする手法です。

単語をベクトル化することで、次のようなことができます。

  • 単語の意味の近さを計算
  • 単語同士の意味を足したり引いて結果の単語を出力する

例えば次の表の通り単語の類似度を定義するものとします。

プログラム日本ご飯
Python

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る