ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📱|外から全く見えないスマートロック!?見た目も機能も洗練された「DEN Smart Strike」


写真 

外から全く見えないスマートロック!?見た目も機能も洗練された「DEN Smart Strike」

 
内容をざっくり書くと
配送業者や訪問介護員などが来た際に外出中や取り込み中だったとしても、アプリに届く解錠依頼を承諾するだけで解錠可能。
 

オランダのスタートアップが開発したスマートロックシステム「DEN Smart Strike」は、世界… →このまま続きを読む

 bouncy

「bouncy」は、未来のライフスタイルが見える最先端の情報を、スマートフォンで見やすいフォーマットで配信する新しい時代の動画メディアです。明日、10年後、あるいは100年後――。私たちの未来を形作る様々な出来事を、編集部の視点でわかりやすい動画と共に毎日お届けします。誰かにとって、ふと未来について思いを馳せたり、夢の実現のために手を動かしたり、その一歩を踏み出す小さなきっかけになることを願って。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

解錠依頼

訪問介護

日本の介護保険サービス給付(2015年)[1]
居宅型
3,889億円
(49.5%)
訪問通所
3,054億円
(38.9%)
訪問介護/入浴816億円(10.4%)
訪問看護/リハ211億円(2.7%)
通所介護/リハ1,777億円(22.7%)
福祉用具貸与247億円(3.2%)
短期入所(ショートステイ375億円(5.8%)
その他458億円(4.9%)
地域密着型
948億円
(12.1%)
小規模多機能型居宅介護182億円(2.3%)
認知症グループホーム509億円(6.5%)
134億円(1.7%)
その他123億円(1.6%)
施設型
2,593億円
(34.9%)
介護福祉施設(特養)1,363億円(17.4%)
介護老人保健施設(老健)1,017億円(12.9%)
介護療養施設227億円(2.9%)
居宅介護支援(ケアマネ)408億円(5.2%)
総額7,854億円

訪問介護(ほうもんかいご)とは、利用者が在宅のまま自立した日常生活が出来るよう、訪問介護員などが利用者宅を訪問して、介助面における「身体介護」や家事面における「生活援助」を行うサービスのこと。ホームヘルプと呼称することもある。

しかし、広義には、介護保険法以外の法令(たとえば障害者自立支援法など)に基づくサービスや法令に基づかない私的なサービスが含まれることもある。

定義

介護保険法第8条第2項[2]において、以下に定義される。

要介護者であって、居宅(老人福祉法(昭和三十八年法律第百三十三号)第二十条の六に規定する軽費老人ホーム、同法第二十九条第一項に規定する有料老人ホーム(以下「有料老人ホーム」という。)その他の厚生労働省令で定める施設における居室を含む。以下同じ。)において介護を受けるもの(以下「居宅要介護者」という。)について、その者の居宅において介護福祉士その他政令で定める者により行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって、厚生労働省令で定めるもの(定期巡回・随時対応型訪問介護看護(第十五項第二号に掲げるものに限る。)又は夜間対応型訪問介護に該当するものを除く。)

また、指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準(以下、運営基準)第4条[3]において、

指定居宅サービスに該当する訪問介護(以下「指定訪問介護」という。)の事業は、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事の介護その他の生活全般にわたる援助を行うものでなければならない。

と定義される。

歴史

運営基準

人員
訪問介護事業所ごとに常勤換算で2.5人以上が必要である(運営基準第5条[4])。
管理者
指定訪問介護事業所ごとに専らその職務に従事する常勤の管理者を置かなければならない。ただし、指定訪問介護事業所の管理上支障がない場合は、当該指定訪問介護事業所の他の職務に従事し、又は同一敷地内にある他の事業所、施設等の職務に従事することができる(運営基準第6条[5])。
第1号訪問事業
指定訪問介護事業者は地域支援事業の第1号訪問事業の指定を併せて受けることができる(運営基準第5条)。
サービス提供
指定訪問介護事業者は、指定訪問介護の提供の開始に際し、あらかじめ、利用申込者又はその家族に対し、重要事項を記した文書を交付して説明を行い、当該提供の開始について利用申込者の同意を得なければならない(運営基準第8条[6])。
指定訪問介護事業者は、正当な理由なく指定訪問介護の提供を拒んではならない(運営基準第9条[7])。指定訪問介護を提供することが困難であると認めた場合は、当該利用申込者に係る居宅介護支援事業者への連絡、適当な他の指定訪問介護事業者等の紹介その他の必要な措置を速やかに講じなければならない(運営基準第10条[8])。
指定訪問介護事業者は、指定訪問介護の提供を求められた場合は、その者の提示する被保険者証によって、被保険者資格、要介護認定の有無及び要介護認定の有効期間を確かめるものとする(運営基準第11条[9])。また、要介護認定を受けていない利用申込者については、要介護認定の申請が既に行われているかどうかを確認し、申請が行われていない場合は、当該利用申込者の意思を踏まえて速やかに当該申請が行われるよう必要な援助を行わなければならない(運営基準第12条[10])。
指定訪問介護事業者は、指定訪問介護の提供に当たっては、利用者に係る居宅介護支援事業者が開催するサービス担当者会議等を通じて、利用者の心身の状況、その置かれている環境、他の保健医療サービス又は福祉サービスの利用状況等の把握に努めなければならない(運営基準第13条[11])。また、居宅介護支援事業者その他保健医療サービス又は福祉サービスを提供する者との密接な連携に努めなければならない(運営基準第14条[12])。
指定訪問介護事業者は、居宅サービス計画が作成されている場合は、当該計画に沿った指定訪問介護を提供しなければならない(運営基準第16条[13])。また利用者が居宅サービス計画の変更を希望する場合は、当該利用者に係る居宅介護支援事業者への連絡その他の必要な援助を行わなければならない(運営基準第17条[14])。
指定訪問介護事業者は、指定訪問介護を提供した際には、当該指定訪問介護の提供日及び内容など必要な事項を、利用者の居宅サービス計画を記載した書面又はこれに準ずる書面に記載しなければならず、利用者からの申出があった場合には、文書の交付その他適切な方法により、その情報を利用者に対して提供しなければならない(運営基準第19条[15])。
指定訪問介護事業者は、利用者の選定により通常の事業の実施地域以外の地域の居宅において指定訪問介護を行う場合は、それに要した交通費の額の支払を利用者から受けることができる(運営基準第20条[16])。
禁止事項
指定訪問介護事業者は、訪問介護員等に、その同居の家族である利用者に対する訪問介護の提供をさせてはならない(運営基準第25条[17][注釈 1]
苦情処理
指定訪問介護事業者は、提供した指定訪問介護に係る利用者及びその家族からの苦情に迅速かつ適切に対応するために、苦情を受け付けるための窓口を設置する等の必要な措置を講じ、苦情の内容等を記録しなければならない。また、利用者からの苦情に関して市町村・国民健康保険団体連合会が行う調査に協力するとともに、市町村・国民健康保険団体連合会から指導又は助言を受けた場合においては、当該指導又は助言に従って必要な改善を行わなければならず、求めがあった場合には、改善の内容を市町村・国民健康保険団体連合会に報告しなければならない(運営基準第36条[19])。
記録保持
指定訪問介護事業者は、利用者に対する指定訪問介護の提供に関する訪問介護計画、サービス・苦情・事故内容等の記録を整備し、その完結の日から二年間保存しなければならない(運営基準第39条[20])。

サービス内容

身体介護入浴、排せつ、食事等の介助
生活援助調理、洗濯、掃除等の家事
  • 事業所によっては、通院等を目的とした乗車・移送・降車の介助サービスがある。
  • 草むしり、ペットの世話、大掃除、来客の対応等は、対象外。

派生サービス種別

派生したサービス種別として、地域密着型サービスの夜間対応型訪問介護[21]2005年(平成17年)介護保険法改正で創設)及び定期巡回・随時対応型訪問介護看護[22][23]2011年(平成23年)介護保険法改正で創設)がある。

脚注

注釈

  1. ^ ただし別居家族への訪問介護は可能である[18]

出典

  1. ^ 厚生労働白書 平成28年版 (Report). 厚生労働省. (2013). 資料編p235. https://www.mhlw.go.jp/toukei_hakusho/hakusho/. 
  2. ^ 介護保険法 第一章 総則 第八条 - e-Gov法令検索
  3. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第一節 基本方針 - e-Gov法令検索
  4. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第二節 人員に関する基準 第五条 - e-Gov法令検索
  5. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第二節 人員に関する基準 第六条 - e-Gov法令検索
  6. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第八条 - e-Gov法令検索
  7. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第九条 - e-Gov法令検索
  8. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十条 - e-Gov法令検索
  9. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十一条 - e-Gov法令検索
  10. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十二条 - e-Gov法令検索
  11. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十三条 - e-Gov法令検索
  12. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十四条 - e-Gov法令検索
  13. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十六条 - e-Gov法令検索
  14. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十七条 - e-Gov法令検索
  15. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第十九条 - e-Gov法令検索
  16. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第二十条 - e-Gov法令検索
  17. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第二十五条 - e-Gov法令検索
  18. ^ 介護サービス関係Q&A 訪問介護事業 --> 運営 --> 同居家族の範囲”. 独立行政法人 福祉医療機構 (2013年3月28日). 2021年7月18日閲覧。
  19. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第三十六条 - e-Gov法令検索
  20. ^ 指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第二章 訪問介護 第四節 運営に関する基準 第三十九条 - e-Gov法令検索
  21. ^ 独立行政法人福祉医療機構 WAMNET 夜間対応型訪問介護(2019年9月26日閲覧)
  22. ^ 独立行政法人福祉医療機構 WAMNET 定期巡回・随時対応型訪問介護看護(2019年9月26日閲覧)
  23. ^ 厚生労働省 定期巡回・随時対応サービス(2019年10月21日閲覧)

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close