ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

😀|<『脳ベルSHOW』クイズ>1984年「週刊少年ジャンプ」で連載が開始された人気漫画と言えば?


写真 

<『脳ベルSHOW』クイズ>1984年「週刊少年ジャンプ」で連載が開始された人気漫画と言えば?

 
内容をざっくり書くと
1984年「週刊少年ジャンプ」で連載開始された漫画のタイトルを答えよ!
 

BSフジ・フジテレビで放送中の『クイズ!脳ベルSHOW』から、脳トレクイズをピックアップしてお届けす… →このまま続きを読む

 フジテレビュー!!

“フジテレビ視点”のエンタメ情報がわかるメディア。「そのハナシには、つづきがある」をテーマに、「スタッフしか知りえない裏話」や「出演者の本音」などをテキストや動画でお届け。芸能、ファッション、グルメ、おでかけ、ビューティーなどテレビ以外の情報も満載。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

週刊少年ジャンプ

週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。

概要

1968年7月11日に『少年ジャンプ』の名称で同年の8月1日号として創刊。創刊時は月2回(第2・第4木曜日)発売、1969年10月から週刊化された。2003年5月までは毎週火曜日発売、2018年現在は毎週月曜日発売[1][注 1][注 2]。シンボルマークは海賊マーク(ジャンプパイレーツ)。1994年12月末発売の1995年3・4号で653万部という日本国内における漫画雑誌の最高発行部数を記録した。

雑誌キーワードは「友情・努力・勝利」。以前は全ての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっているとされていた[4]。この標語は同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである[5]。しかし「少なくとも今はそんなテーマはないと思う」「少年マンガを作っていればそんなテーマは自然発生的に出てくる」という意見[6]を持っていたり、「一度も標榜したことはない」「大事なのは、作品が面白いかどうか。そして、対象の読者に伝わるかどうかだけ」と断言する編集者[7]もおり、現代では絶対的な要素ではない。なお、雑誌の名称である「ジャンプ」は『トイレット博士』に登場するスナミ先生のモデル・角南攻が適当に命名したものであり[8]、「ホップ・ステップ・ジャンプ」に掛けたものといわれる[9]

紙面を超えた活動にも積極的で、『週刊少年ジャンプ』関連のオリジナルグッズを販売する店舗(ジャンプショップ)やウェブコミック配信サイト(ジャンプデジタルマンガ・少年ジャンプ+)、テーマパーク(J-WORLD TOKYO)、テレビ番組(サキよみ ジャンBANG!特捜警察ジャンポリス)などを擁している。

2014年9月以降は電子書籍版でも紙媒体と同日配信しており、「少年ジャンプ+」のアプリケーションをインストールすれば有料で購入することができる[10]

歴史

創刊

1968年 - 1969年

1968年創刊。創刊号の公称発行部数は10万5000部。当初は男気がある劇画調の作品が盛んに登場していた。「父の魂」「ハレンチ学園」「男一匹ガキ大将」(1968年 -)などがヒット。

1970年代

1970年 - 1974年

1971年、公称発行部数が100万部を突破。1973年8月に『週刊少年マガジン』を抜いて雑誌発行部数で首位。「あらし!三匹」「ど根性ガエル」「トイレット博士」(1970年 -)、「侍ジャイアンツ」「荒野の少年イサム」(1971年 -)、「アストロ球団」「マジンガーZ」(1972年 -)、「はだしのゲン」「包丁人味平」「プレイボール」(1973年 -)などがヒット。

1975年 - 1979年

ギャグ漫画分野の強化に乗り出し、その結果「1・2のアッホ!!」(1975年 -)、「悪たれ巨人」「東大一直線」(1976年 -)、「すすめ!!パイレーツ」(1977年 -)、「キン肉マン」(1979年 -)などがヒットし、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(1976年 -)は連載が40年続くロングラン作品となった。それ以外にも「サーキットの狼」「ドーベルマン刑事」(1975年 -)、「リングにかけろ」(1977年 -)、「コブラ」(1978年 -)、「テニスボーイ」(1979年 -)などがヒット。

1978年、公称発行部数が200万部を突破。

1980年代

1980年 - 1983年

1980年、公称発行部数が300万部を突破。「北斗の拳」(1983年 -)による格闘アクション路線が発行部数を急激に伸ばし、他にも「キャプテン翼」「ブラック・エンジェルズ」(1981年 -)、「風魔の小次郎」「よろしくメカドック」(1982年 -)、「シェイプアップ乱」「銀牙 -流れ星 銀-」(1983年 -)などがヒット。一方で「Dr.スランプ」「3年奇面組[11]」(1980年 -)、「ストップ!! ひばりくん!」「キャッツ♥アイ」(1981年 -)、「キックオフ」(1982年 -)、「ウイングマン」(1983年 -)など、少女や女性キャラクターに重きを置いて人気を博した作品が多く登場した。

1984年 - 1986年

1984年1・2号より、創刊以来使用されていた誌名ロゴを角ばった形に一新する。この時期から漫画雑誌としての側面が強化され、アイドル・スポーツ選手などのグラビアは掲載されなくなり、1983年に発売されて読者層に注目されたファミリーコンピュータのゲームソフト紹介コーナーが「ファミコン神拳」を皮切りとして登場した。ゲーム紹介コーナーはゲーム機の主役が変わった現在でも続いている。1984年12月の年末最終号(1985年3・4合併号)で公称発行部数が400万部を突破。「ドラゴンボール」「きまぐれオレンジ☆ロード」(1984年 -)、「魁!!男塾」「ついでにとんちんかん」「シティーハンター」(1985年 -)、「聖闘士星矢」「県立海空高校野球部員山下たろーくん」(1986年 -)などがヒット。

1987年 - 1989年

1988年2月23日発売の1988年13号で創刊号から1000号を達成し[12]、この年に創刊20周年を迎える。さらには1988年12月の年末最終号(1989年3・4合併号)で公称発行部数が500万部を突破。「ジョジョの奇妙な冒険」「燃える!お兄さん」(1987年 -)、「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」「ろくでなしBLUES」「ジャングルの王者ターちゃん」「まじかる☆タルるートくん」(1988年 -)、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」「電影少女」(1989年 -)などがヒット。

1990年代

1990年 - 1993年

花の慶次」「SLAM DUNK」「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」「幽☆遊☆白書」(1990年 -)、「アウターゾーン」「ペナントレース やまだたいちの奇蹟」(1991年 -)、「ボンボン坂高校演劇部」「BØY」(1992年 -)、「地獄先生ぬ〜べ〜」「NINKU -忍空-」「とっても!ラッキーマン」(1993年 -)などがヒット。

1990年から1992年までF1チーム『マクラーレン』のスポンサーになり、巻頭のカラーページに特集記事が組まれる。同時にF1を題材とした作品が数点掲載された。

1993年31号で創刊25周年を迎える。記念イベントとしてこの年の夏休みに、創刊以来最大規模となるイベント「週刊少年ジャンプ創刊25周年特別企画 ジャンプマルチワールド」を東京後楽園で開催。19日間の開催期間で約16万人を動員した。公称発行部数は1991年3・4号で602万部を突破。週刊誌が全国紙の発行部数を抜いたとして一般メディアも報道する。

1994年 - 1996年

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」「みどりのマキバオー」(1994年 -)、「陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!」「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」(1995年 -)、「封神演義」「遊☆戯☆王」(1996年 -)などがヒット。

1994年12月の1995年3・4号で653万部の歴代最高部数を達成するが、その後1995年25号で「ドラゴンボール」、1996年27号で「SLAM DUNK」と、看板作品が立て続けに終了し、公称発行部数が減少に転ずる。この時期は長年行われていなかったアイドルグラビアの掲載と『愛読者賞』の復活があった。1996年52号で、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が本誌初の連載1000回に到達した。

発行部数653万部を記録した1995年3・4合併号の掲載作品(掲載順)[13][14]
作品名作者原作者その他
SLAM DUNK井上雄彦巻頭カラー
SHADOW LADY桂正和読切
MIND ASSASSINかずはじめ
ドラゴンボール鳥山明
みどりのマキバオーつの丸
とっても!ラッキーマンガモウひろし
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-和月伸宏
ボンボン坂高校演劇部高橋ゆたか
NANPO U DEN -南方遊伝-梅澤春人読切
地獄先生ぬ〜べ〜岡野剛真倉翔
ジョジョの奇妙な冒険荒木飛呂彦
キャプテン翼 ワールドユース編高橋陽一
こちら葛飾区亀有公園前派出所秋本治
新ジャングルの王者ターちゃん徳弘正也
DRAGON QUEST -ダイの大冒険-稲田浩司三条陸監修・堀井雄二
影武者徳川家康原哲夫隆慶一郎
NINKU -忍空- SECOND STAGE桐山光侍
RASH!!北条司
ろくでなしBLUES森田まさのり
BØY梅澤春人
BAKUDAN宮下あきら
王様はロバ〜はったり帝国の逆襲〜なにわ小吉
1997年 - 1999年

発行部数がこれまでの公称から印刷証明付部数(実際に発行した証明のある部数)に切り替わる。その結果、1997年48号で『週刊少年マガジン』に発行部数を抜かれる。「花さか天使テンテンくん」「I"s」「世紀末リーダー伝たけし!」「ONE PIECE」(1997年 -)、「ROOKIES」「ホイッスル!」「HUNTER×HUNTER」「シャーマンキング」「ライジングインパクト」(1998年 -)、「ヒカルの碁」「テニスの王子様」「NARUTO -ナルト-」(1999年 -)などがヒットし、部数の降下傾向は続くものの、『週刊少年マガジン』についで2位は維持。また、1998年からは14年間使用した誌名ロゴの変更、経済面を考慮し表紙のギミックを廃止するなどの試行錯誤が続いた。

2000年代

2000年 - 2004年

BLACK CAT」「ピューと吹く!ジャガー」(2000年 -)、「ボボボーボ・ボーボボ」「Mr.FULLSWING」「BLEACH」(2001年 -)、「いちご100%」「アイシールド21」(2002年 -)、「武装錬金」「DEATH NOTE」(2003年 -)、「銀魂」「家庭教師ヒットマンREBORN!」「D.Gray-man」「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」(2004年 -)などがヒット。

1998年(平成10年)から開設した公式サイト「POP WEB JUMP」が拡張を続け「デジタルマンガ部門」が新設、サイト上で漫画を連載させるなど新しい試みが行われたほか、2000年からジャンプフェスタが毎年開催され、イベント限定グッズの販売や連載作家を招待するなどして盛況を続けている。

漫画業界全体の発行部数が落ち込む中、2002年(平成14年)8月に『週刊少年マガジン』を抜いて再び漫画誌の発行部数1位となる。「ドラゴンボール」終了後から減少した実売率も、94~95%に回復した。

「少年ジャンプ」は305万部。

出版科学研究所の資料によれば、実売率は全盛期の97%には及ばないものの、94~95%に回復しているという。 「ワンピース」「ナルト」といった人気漫画が順調であることに加えて、新連載漫画のヒットが部数を押し上げている格好だ。

具体的には推理サスペンス「DEATH NOTE」がある。これは最初から大きな反響を呼び、今では牽引役になりつつある。ほかにコメディ「銀魂」などがある。こちらは単行本がヒットして本編の人気が盛り返した形。 — 『』2005年2月号
2005年 - 2009年

魔人探偵脳噛ネウロ」「べしゃり暮らし」(2005年 -)、「To LOVEる -とらぶる-」「エム×ゼロ」(2006年 -)、「SKET DANCE」「PSYREN -サイレン-」(2007年 -)、「ぬらりひょんの孫」「トリコ」「バクマン。」「いぬまるだしっ」「黒子のバスケ」(2008年 -)、「べるぜバブ」「めだかボックス」(2009年 -)などがヒット。

2008年の34号で創刊40周年を迎え、同年48号にて創刊号から通算2000号を達成。連載作品の単行本売り上げは好調に推移している一方、グロテスクな表現、生命倫理に反するとして日本PTA全国協議会によるメディアランキング雑誌部門で『少女コミック』を抜き、ワースト1位にランキングされた。

誌面を越えた活動の一環として2009年4月3日から、テレビ東京系列毎週金曜日18:00〜18:30に『週刊少年ジャンプ』・『ジャンプスクエア』・『Vジャンプ』共同のジャンプ専門情報番組『サキよみ ジャンBANG!』を放送した(2014年3月28日に放送終了)。

2010年代

2010年 - 2014年

ニセコイ」(2011年 -)、「ハイキュー!!」「斉木楠雄のΨ難」「暗殺教室」「食戟のソーマ」(2012年 -)、「ワールドトリガー」「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」(2013年 -)、「火ノ丸相撲」「僕のヒーローアカデミア」(2014年 -)などがヒット。

2010年の2号で印刷証明付発行部数が300万部に復帰。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響で17号が臨時休刊(発売延期)。この出来事が発行と連載作品の発表方法に大きな影響を与えたと同時に、週刊少年ジャンプの根強い人気を世に見せた。詳細は東日本大震災と週刊少年ジャンプを参照のこと。

2013年、創刊45周年を記念してテーマパーク「J-WORLD TOKYO」(東京サンシャインシティ)を開園。2013年33号(創刊45周年記念号)では史上初めてデジタル版が発売同日に電子書籍で有料配信された[15]

2014年9月22日、マンガ雑誌アプリ「少年ジャンプ+」を創刊[10]。これ以降、発売当日に電子版が有料配信されるようになる。

2015年 - 2019年

鬼滅の刃」(2016年 -)[16]と「呪術廻戦」(2018年 -)がテレビアニメ化された後に各メディアによる大々的なプッシュにより高い人気を獲得、社会現象と呼ばれるほどのヒットになる。他にも、「ブラッククローバー」(2015年 -)、「ゆらぎ荘の幽奈さん」「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」「約束のネバーランド」(2016年 -)、「ぼくたちは勉強ができない」「Dr.STONE」(2017年 -)、「チェンソーマン」(2019年 -)などがヒット。

2016年、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が40年に渡る長期連載に幕を閉じた。少年漫画雑誌最長の連載記録であり、マスメディアにも大きく取り上げられ、最終話が掲載された42号は5日も経たず完売状態となり[17]、12月31日に創刊以来初の重版[注 3]が発売された。

2017年、創刊50周年を記念した「週刊少年ジャンプ展」が、翌2018年に跨り全3回に分けて六本木ヒルズで開催[18]された他、『復刻版 週刊少年ジャンプ』が発売された。一方で、1~3月の印刷部数(電子版含まず)が1978年に突破して以来、維持していた200万部を割った[19]

2018年7月に発生した平成30年7月豪雨の影響により、7月9日発売分の32号の配送が被災地を中心に大幅な遅延、未配達という事態が発生した。そのため、インターネット上で同号の無料配信が7月17日から31日にかけて実施された[20][21]

2019年4月8日から6月10日の期間限定で、本誌と『週刊少年マガジン』の連載作品約150タイトルを無料で読むことができるウェブサイト『ジャンマガ学園』を立ち上げた。『少年ジャンプ+』と『マガジンポケット』との、史上初めての共同企画だった。

2020年代

2020年 -

2020年3月、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置とし、全国の公立小中学校を臨時休校とする要請が公立小中学校に渡されたため、2020年1~13号までのインターネット上での無料配信を同月31日まで実施することを発表した[22]

2020年4月8日、編集部に勤務する40代社員に新型コロナウイルス感染の疑いがあることを公表[23]。これに伴い4月20日発売予定の21号を翌週の27日に21・22号合併号として発売することを発表した[23]

2020年5月11日、作家へのコロナ対策の影響により連載漫画の休載が増えることを明かした[24]

2020年5月15日、集英社の「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」の編集部は漫画家、漫画家志望者を対象とした漫画制作の講座「週刊少年ジャンプ・ジャンプSQ.・少年ジャンプ+ present ジャンプの漫画学校」を合同で創設することを発表[25]

2021年13号から短編読み切り枠『ジャンプ・ショート・フロンティア』がスタート[26]

特徴

読者層

週刊少年ジャンプの読者層(2012年)
9歳以下
  
5.1%
10〜15歳
  
63.0%
16歳以上
  
31.9%

編集部は小中学生男子を主な読者対象として想定している[27]。売上最盛期である1980年〜1990年代は人口の多い団塊ジュニア世代が読者層の中心にあたり、この世代の男性の多くにとってなじみ深い漫画誌とされている[28]。2012年の調査では、読者構成は中学生を中心として小学校高学年から高校生が主であり、『週刊少年マガジン』(講談社)・『週刊少年サンデー』(小学館)・『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)よりも低年齢寄りである[29]。2012年9月時点では男女比が約8対2、年齢層は9歳以下が5.1%、10〜15歳が約63.0%、16歳以上が31.9%となっている[30]。また、集英社広報によると2009年時点で読者アンケートのうち7割を10代が占めているという[31]

掲載作品

創刊時の小学館との関係から、連載作品は建前上はない(全部読み切りで、第○話・終わり、という形式になっている)[注 4]

基本的に掲載作品はバトル漫画スポーツ漫画ギャグ漫画などの少年漫画が主流であり、競合他誌に比べてSF・冒険物などファンタジー的な作風が多い傾向にある。またラブコメディ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載されている。

ただし少年層が共感しにくい大人向けなどジャンプと合わない作品は編集者が良作と感じても掲載できないため、新人の持ち込みに対してはグランドジャンプの新人賞や少年ジャンプ+へ誘導するなどのフォローを行っている[32][33]。また連載中の作品でも、作風と読者対象とを考慮し青年向けの派生誌へ移籍して継続する場合もある[注 5]

人気の低下した連載作品はすぐに打ち切りの対象にされるため、10〜20週前後(単行本1-3巻分の分量)で終了となる作品が多く、作品・作家の間で連載枠を巡る激しい生存競争が毎週誌上で起きている(後述)。

装丁

表紙は基本的に連載漫画作品が担当している。表紙に選ばれる作品は新連載や周年を迎えた作品が多い。2018年14号時点で表紙を飾った回数が最も多いキャラクターは『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィで、計336回飾っている[34]。2018年36・37号の表紙は、同号掲載の漫画作品のキャラクターに加え、ロックバンド・サザンオールスターズのイラストが表紙を飾る[35]。合併号では複数作品のキャラクターが並ぶ「集合表紙」となるが、休刊によるズレなどで通常号に使われることもある[36]

背表紙も基本的に表表紙の作品が飾っている。連載10周年などを迎えた作品が1年を通じて背表紙イラストを独占することもある[注 6]

かつては他の週刊少年漫画誌と同じくスポーツ選手やアイドルのグラビアが表紙・巻頭を飾っていた(1970年代後半から1980年代前半までと1990年代の一時期)が1996年以降はほぼない[注 7]。本誌内では2色の情報ページなどでスポーツ選手の特集やインタビュー記事が掲載されることもある。

2012年18号では「W(ダブル)巻頭カラー」と称して表表紙と裏表紙で上下を逆さまにし、表表紙は『めだかボックス』、裏表紙は『黒子のバスケ』と2作が同時に表紙・巻頭を飾った[39]

編集方針

以下に挙げられている新人契約制度やアンケートシステムに関する詳細は、『少年ジャンプ』草創期に編集長(3代目)を務めた西村繁男の著した書籍「さらばわが青春の『少年ジャンプ』」内に詳しい記述がある。

新人の登用と専属契約制度

創刊以来、新人作家を積極的に登用し続けている。これは創刊時に後発の少年漫画誌として、当時の人気漫画家を確保出来なかったためで、連載作家のほぼ全員を新人で揃えることになった。この方針は、週刊少年漫画雑誌で最大部数を誇るようになってからも継承されており、現在でも編集部は新人育成に力を入れている[40]。近年ではデビューを目指す漫画家志望者に対し、現役の連載作家や編集部員を講師に招いた『ジャンプの漫画学校』を開催している[41]

本誌でデビューした作家は必ず集英社専属契約を結ぶ[注 8]。この契約が結ばれている間、作家は原稿料と別に契約料を貰える代わりに、他の出版社での仕事や専属契約終了後を見越した交渉をすることすらできない[注 9]。各作品の欄外における「○○先生の漫画が読めるのはジャンプだけ!」などの煽りはこの契約によるものである。「ハレンチ学園」の作者・永井豪が他誌でも連載を開始し、危機感を持った編集長(当時)長野規が発案した[注 10]。「男一匹ガキ大将」を連載していた本宮ひろ志と最初に契約が結ばれた。しかし、本来の最終回を西村により勝手に修正され、不本意な連載延長を強いられたため、本宮は本作の文庫版から該当部分以降を削除した(電子書籍版では復活)。このような、編集の作品への介入による作品の質及び漫画家のモチベーションの低下は今日まで続く問題である。

西村は集英社退社後に自著で「漫画家に対する執筆保証の項目がない他、契約期間中は他誌との執筆交渉すらできないという点で、極めて編集部に有利な契約である」と指摘している[42]甲斐谷忍、キユ(現・松井勝法)、霧木凡ケン(現・桐木憲一)、濱田浩輔など、本誌ではヒット作を出せなかった作家が契約を更新せず他誌・他社へと活動の場を移して成功した例もある。

漫画原作者については他社でデビューした小説家(西尾維新など)や、漫画家から転向した者(稲垣理一郎など)が起用されることもあるが、ストーリーキングなど漫画原作者の新人賞を開催し人材発掘を行っている。

アンケート至上主義と打ち切り

週刊少年ジャンプは他誌と比較しても、読者アンケートを参考にして編集の方針を定める傾向が強い。アンケートによる評価は作家の実績・経歴に関係なく平等に適用され、「アンケート至上主義」と呼ばれる。このため、一世を風靡した作品・作家でもアンケートが悪いと連載が打ち切られることがある。例として『ボボボーボ・ボーボボ』の澤井啓夫、『黒子のバスケ』の藤巻忠俊、『NARUTO -ナルト-』の岸本斉史、『トリコ』の島袋光年、『べるぜバブ』の田村隆平などはヒット作の次に連載した作品の人気が低迷し短期間で終了している。ただしある程度の人気作は本誌連載が打ち切られても単行本、増刊号・派生誌、アプリ版などに完結編を掲載することも多い[注 11]。打ち切りが決定した作家にも編集者が次回作に向けてのサポートがあり、作品の打ち切りが作者の戦力外通告ではない。『魔少年ビーティー』が10週で打ち切られた荒木飛呂彦は連載終了後に編集者とアンケートを分析することで好評だった要素を見つけ出し、代表作となる『ジョジョの奇妙な冒険』に繋げている。

松井優征は、アンケートはグライダーのように次第に高度(人気)が下がっていき、対策を取らなければ着地(最下位)して終了(打ち切り)になるが、上昇気流(人気となる要素)を掴めば高度(人気)が一時的に回復、また下がっていく、を繰り返すと語っている[43]

掲載順も基本的にアンケート上位の作品であるほど前になるが、アンケート結果が厳格に運用されて構成されるわけではなく、編集部の販売戦略やデータマイニング、メディアミックスのタイミングなども加味して誌面・作品の構成が左右されることがある[注 12][注 13]

西村繁男は「アンケートが2位以下の作品はすべて終了候補である」と言い切っている[44]真倉翔岡野剛は「アンケートの結果に基づき作品の内容を変えたり、あらゆる創意工夫が求められ、いつ連載を打ち切られるか、常に心配していた」と言及している(『地獄先生ぬ〜べ〜』文庫版)。それに対して打ち切られることを想定し、完結に至る展開をあらかじめ複数構想する作家もおり、和月伸宏は『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の連載前に「30週で連載終了した場合」を想定した短期間で完結する構成を用意していた(後に再構成した『キネマ版』を発表している)。武論尊は『北斗の拳』が短期間で終わる事も想定し、連載当初は17週で終了する程度での構想で開始し、それ以降はその場の流れで書き続けたと後に発言している。三条陸は『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の連載開始当初、最悪10週で打ち切りになることも念頭において、ダイとポップの旅立ちがちょうど10話目になるように構成した[45]。人気が出たことによりその10話目が巻頭カラーとなり、国民的ゲームの漫画化でプレッシャーも大きかっただけに、1番胸を撫で下ろした瞬間だったという[45]

2018年の基準では、基本的にコミック1~2巻の売り上げが一定に達しない場合に打ち切りとなるが、紙媒体とアプリ、作家や作風などの違いも考慮されるため明確な数字は上げられないとしている[46]。ただし『THE COMIQ』(全1巻)や『バオー来訪者』(全2巻)のように、企画段階から短期で完結させる予定の作品(短期集中連載)も不定期に掲載されている。このような作品を除き、史上最も早く連載が打ち切りとなった作品は澤井啓夫チャゲチャ』(2008年)の8週である。

連載を開始した作家は長期的な展開よりも、アンケートによる瞬間的な人気を重視する編集方針への対応が求められ、そのためにテクニックも考案されている[43]。人気を維持するため突飛な設定や急展開を繰り返した車田正美は「自分の漫画に必要なのは起承転結ではなく、いかに読者を驚かせるかだ」と語っている[47]。また、尾田栄一郎は「『読者は5年で入れ代わるもの』それが長期エンタメのセオリーです。(中略)いつか去っていく人達だと自分に言い聞かせてたからです。『おごるな』と」と語っている[48]

アンケートが連載のみならず作品の内容にも影響を与える方針が合わないと感じる作家もおり、週刊少年ジャンプでデビューし2度の連載経験がある濱田浩輔は専属契約を解除して他社の月刊誌へ移籍、ヒット作を生み出している[49]

ジャンプナイズ

「友情」「努力」「勝利」のテーマや少年漫画らしい画風が求められるため[32]、画風やストーリーを誌面に合わせる「ジャンプナイズ(ジャンプ化)」が行われることもある。

イラストレーター出身の出水ぽすかは、『約束のネバーランド』の連載にあたり絵柄をジャンプ作品に寄せようとしたが上手くいかず、初期は普段イラスト投稿サイトに上げるようなタッチで描いていた。しかし『ハイキュー!!』や『鬼滅の刃』など、同時期に連載されていた作品を参考に徐々にジャンプナイズしていったという[50][51]

作品のメディアミックス

集英社は自らメディア化に関与をすることは少なく、特に映像化に関しては良い条件でオファーが来て初めて映像化する方針を採っている[52]。一方で小説化・VOMIC化などは自社媒体で行われている。

テレビアニメ化

人気作品の大半はテレビアニメ化され、2010年代以降から地上波に代わる全国放送として衛星放送(BS・ CS)でも放送されている。

劇場映画OVAで展開される作品もあり、『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『NARUTO -ナルト-』『BLEACH』などのように日本国外でも高い人気を誇る作品もある。

最初期を除く1970年代までのジャンプ編集部は、作品をテレビアニメで無料放送すると、読者が満足して雑誌・単行本が売れなくなると懸念していた[53]。しかし、連載作品の『Dr.スランプ』に対して複数のテレビ局からオファーがあり、フジテレビ編成局長[注 14](当時)・日枝久が何度も集英社を訪ね、その熱烈な要望に集英社が折れてアニメ化が許諾された。『Dr.スランプ アラレちゃん』(1981年放映開始)の放送により販売促進・版権など予想を超える収益を得たため、これより集英社は自社作品のアニメ化に積極的になる。

他誌のアニメ・ドラマ化作品に比べて全日帯アニメが多い。しかし、近年は少子化の影響で全日帯アニメ枠が減り、4大キー局でのゴールデンタイム帯放送作品は2006年10月に枠移動となった『ONE PIECE』が最後となった[注 15]。そのため、2010年代以降は、内容を問わず深夜枠で放送されることが多くなっている[注 16]。『斉木楠雄のΨ難』はシーズンごとに放送形態が異なり、1期は『おはスタ』で放送され、翌週に5話まとめて深夜に放送するという変則的な放送形態を採っていた[54]。2期は深夜のみの放送になり、完結編は朝に放送され、Ψ始動編はNetflix独占となった[55]

全てのキー局で作品をアニメ化した実績があり、2010年代に入るとTBSの在阪局であるMBS制作でのアニメ化が増えているが、一部はUHFアニメとしてTOKYO MXなどの地方局やBS11にて放送される作品もある。『ハイキュー!!』や『食戟のソーマ』のように、第1期はTBS系で放送されたのに対し、第2期はUHFアニメとして放送されたりと、シーズン毎のネット形態が異なることもあるが、BSでは全国放送が可能であるため、ネット局や時間帯の変更はあまり問題にならない。

NHKでは2010年に初めてジャンプの新作アニメ作品である『バクマン。』が放送された。

2012年、週刊少年ジャンプのテレビアニメ第1話だけを収録した『ジャンプスーパーHEROESスペシャルコレクションDVD』が発売された[56]

放送中の新作テレビアニメ

作品放送開始日放送局アニメーション制作備考
ONE PIECE1999年10月20日FNS東映アニメーション
BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-2017年4月5日TXNstudioぴえろ原作は『Vジャンプ』にて連載中。
遊☆戯☆王SEVENS2020年4月4日ブリッジ原作の連載は既に終了。
DRAGON QUEST -ダイの大冒険-2020年10月3日東映アニメーション再アニメ化。
原作の連載は既に終了。
ワールドトリガー2021年10月10日ANN第3期。
原作は『ジャンプスクエア』にて連載中。
鬼滅の刃FNS・MXBS11ufotable第2期。
原作の連載は既に終了。

放送予定の作品

作品放送年放送局アニメーション制作備考
チェンソーマン未発表未発表MAPPA原作の連載は既に終了。

過去にアニメ化された作品

アニメ放送開始が早い順に記載する。
休養期間を挟んでアニメ放送された作品については、一般に認知されているシリーズ名である場合を除き、放送時期ごとに作風の独立性が強いものについては「第1作、第2作…」と表記し、短期間の休養を挟みつつ同一シリーズを放送したと判断されるものについては「1期、2期…」と表記する。
なお、週刊少年ジャンプ公式で初のTVアニメ化作品と称されている『紅三四郎』は実質的にはコミカライズ作品である為、除いている。

アニメ映画化

主にテレビアニメの劇場版として放映。『ONE PIECE』『NARUTO -ナルト-』『ドラゴンボール』『BLEACH』などシリーズ化したものもある。

VOMIC化

集英社のヴォイスコミック「VOMIC」で展開された作品もある。『サキよみ ジャンBANG!』でテレビ放送された作品も多い。

Flashアニメ

短編作品などはFlashアニメを製作して、インターネット上に配信されたことがある。

レコード・CD化

1978年に、ビクターから当時の連載作品のイメージソングを収録したLPレコード『スーパー・サウンド・コミックス「少年ジャンプ」』(規格番号はJBX-188)が発売された。

また、集英社のドラマCDレーベル「集英社ドラマCD」で展開された作品もある。

小説化

ライトノベル新書レーベルジャンプ ジェイ ブックス』で、本編およびスピンオフ作品がノベライズされているものも多い。

実写化

テレビドラマ化された作品は、昭和期には「ハレンチ学園」 (1970年・東京12チャンネル)、「キャッツ♥アイ」(1988年・日本テレビ)が放送された程度であるが、平成に入ると2000年代後半から2010年代にかけて数多くの作品がドラマ化されるようになった。主なものとして、「ろくでなしBLUES」(日本テレビ水曜24時59分)、「地獄先生ぬ〜べ〜」・「ど根性ガエル」(土曜ドラマ)、「DEATH NOTE」(日曜ドラマ)、「アストロ球団」(テレビ朝日水曜27時10分)、「ROOKIES」・「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(TBSの土曜8時枠)、「電影少女」(テレビ東京土曜24時20分木ドラ25)、「風魔の小次郎」(独立放送局ほか)などがある。海外でも同様で、「テニスの王子様」(中国)や「シティーハンター」(韓国)といった作品がドラマ化されている。

前述のテレビドラマ「ROOKIES」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の劇場版のほか、「魁!!男塾」「テニスの王子様」「DEATH NOTE」「ピューと吹く!ジャガー」「るろうに剣心」「究極!!変態仮面」「DRAGON BALL」「暗殺教室」「バクマン。」「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」「銀魂」「ジョジョの奇妙な冒険」「斉木楠雄のΨ難」「BLEACH」「ニセコイ」「約束のネバーランド」などが実写映画化されている。

2018年1月13日から3月24日までテレビ東京で、少年ジャンプをテーマにしたテレビドラマ『オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜』が放送された。このドラマはジャンプ編集部が全面協力している。2018年6月13日にBlu-ray BOXとDVD BOX発売。

舞台化

WILD HALF」「NARUTO-ナルト-」などが舞台化。「テニスの王子様」「BLEACH」「DEATH NOTE」「るろうに剣心」はミュージカル化されている。

リアル脱出ゲーム化

DEATH NOTE」「ONE PIECE」「暗殺教室」「約束のネバーランド」などが、常設スタジオや巡回ツアー形式にてリアル脱出ゲームとしてイベント開催されている。

編集者

『少年ジャンプ』の編集者は、創刊当初こそ嘱託・アルバイトなどの非正規雇用も存在したものの、基本的に正規雇用(正社員)のみで構成されている。そのため集英社発行の他雑誌はもちろん、総務部や人事部など全く畑違いの部署へと異動することもある。一方で『ジャンプ』系列誌から全く異動がない者もおり、第4代以降の編集長は全て、入社以来一貫して『ジャンプ』系列誌の編集者だった者が就任している。

部署内異動や『ジャンプ』系列誌相互間での異動は頻繁にあり、打ち切り・新連載がなくとも、担当が変更になることも多く、結果として漫画家が困惑することもある。実際に、尾田栄一郎は本誌の巻末コメントで、「また担当交代。最低3年はやって欲しいです」と書いたこともある[58]

編集者は漫画家または作品の担当を割り当てられ、その漫画家と一緒になって作品づくりを行ってゆく。編集者によっては連載作品2作品以上担当することもある。持ち込み、未デビュー、次作品制作中の漫画家も担当するため、実際はそれ以上の数を担当する。こういったことから漫画の方向性・内容にも影響を与える大きな力を持つ。『週刊少年ジャンプ』には担当編集者にすべて任せるという伝統があり、編集の方法にマニュアルは存在しない。ある漫画家を引継ぐときも、前任の編集者から今までの編集方法を指導することはなく、引継ぎも一日で終わる[59]

他方で、週刊連載の漫画家の労働環境は過酷と言われるが、編集者・編集部の勤務も多忙を極め、プレッシャーやストレスも多い激務であると言われている。中でも入社以来ジャンプ編集部一筋の叩き上げである『週刊少年ジャンプ』7代目編集長・高橋俊昌は、2003年東京湾内の船上で行われていた同誌『ONE PIECE』のアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の製作発表会見の席においてクモ膜下出血を発症して倒れ突然死した。

編集者には女性がひとりもいないことで知られており(『ジャンプ+』などの系列誌には存在する[60])、ジェンダーの問題からこのことが話題に上がることがある(詳細は後述)。集英社によれば、編集者には「(性別に関係なく)少年の心がわかる」必要があるとし、あくまで本人の資質であるとして性差による排除を否定している[60]

作品づくりの際に漫画家と非常に緊密な関係を築くことから、『少年ジャンプ』の担当編集者をモデルにしたキャラクターが作中に登場することも少なくない。実例としては、「トイレット博士」のスナミ先生(角南攻)や、「キン肉マン」のアデランスの中野さん(中野和雄)や、「Dr.スランプ」のDr.マシリト(鳥嶋和彦)や、「シェイプアップ乱」のマッチ茨木および「ついでにとんちんかん」の茨木氏(茨木政彦)などが挙げられる。前述の2003年に急逝した高橋俊昌をモデルにしたキャラクターを登場させていた(下ネタギャグ要員的なキャラクターにしていた)「ついでにとんちんかん」や「幕張」においては、故人の名誉を尊重するため、該当キャラクターの登場回を文庫版や、ペーパーバック版ではカットしている。

現幹部

編集長
中野博之 
編集長(メディア担当)
大西恒平
副編集長
三輪宏康、齋藤優、本田佑行
編集主任(班長)
片山達彦
班長
村越周、杉田卓、内藤拓真、頼富亮典

歴代の編集長

氏名期間
1長野規1968年 - 1974年
2中野祐介1974年 - 1978年
3西村繁男1978年 - 1986年
4後藤広喜1986年 - 1993年
5堀江信彦1993年 - 1996年
6鳥嶋和彦1996年 - 2001年31号、2003年11号
7高橋俊昌2001年32号 - 2003年10号[注 19]
8茨木政彦2003年12号 - 2008年17号
9佐々木尚2008年18号 - 2011年29号[61]
10瓶子吉久2011年30号[62] - 2017年30号
11中野博之2017年31号[63] - 在職中[注 20]

連載作品

以下、2021年11月29日(2021年52号)現在連載中の作品。不定期掲載作品や、短期集中連載も含む。

作品名作者(作画)原作など開始号備考
わんひいすONE PIECEおた えいいちろう尾田栄一郎1997年34号
ほくのひいろおあかてみあ僕のヒーローアカデミアほりこし こうへい堀越耕平2014年32号
ふらつくくろおはあブラッククローバーたはた ゆうき田畠裕基2015年12号
とくたあすとおんDr.STONEほういちBoichi(作画)いなかき りいちろう稲垣理一郎(原作)2017年14号
しゆしゆつかいせん呪術廻戦あくたみ けけ芥見下々2018年14号
よさくらさんちのたいさくせん夜桜さんちの大作戦こんたいら ひつし権平ひつじ2019年39号
あんてつとあんらつくアンデッドアンラックとつか よしふみ戸塚慶文2020年08号
まつしゆるマッシュル -MASHLE-こうもと はしめ甲本一2020年09号
あやかしとらいあんくるあやかしトライアングルやふき けんたろう矢吹健太朗2020年28号
はかいしんまくちやん破壊神マグちゃんかみき けい上木敬2020年29号
ほくとろほこ僕とロボコみやさき しゆうへい宮崎周平2020年31号
こうこうせいかそく高校生家族なかま りよう仲間りょう2020年40号
さかもとていすSAKAMOTO DAYSすすき ゆうと鈴木祐斗2020年51号
にけしようすのわかきみ逃げ上手の若君まつい ゆうせい松井優征2021年08号
ういつちうおつちウィッチウォッチしのはら けんた篠原健太2021年10号
あおのはこアオのハコみうら こうし三浦糀2021年19号
ひひひひひひまほろさんこう2021年42号
あやしもんアヤシモンかく ゆうし賀来ゆうじ2021年50号
まもれしゆこまる守れ!しゅごまるいはら たいき伊原大貴2021年51号
とろんとろろんドロンドロロンおおすか けん大須賀玄2021年52号

休載中

作品名作者(作画)原作など開始号備考
はんたあはんたあHUNTER×HUNTERとかし よしひろ冨樫義博1998年14号2018年52号以降、休載中

増刊号・派生誌

隔週の間を埋めるという目的から創刊の翌年から発行されている。

派生誌
廃刊になった派生誌

発行部数

1990年代半ばまでの発行部数は印刷証明付発行部数ではなく、集英社による自社発表である。

  • 1968年創刊号 10万5000部[64]、売上率76.5%[65]
  • 1968年2号 10万7000部[66]、売上率86.2%[65]
  • 1968年3号 12万部[67]、売上率93.0%[65]
  • 1968年4号 12万3000部[67]
  • 1968年11号 16万5000部[68]、売上率77%[69]
  • 1969年1号[注 21] 24万部[70]、売上率80%台[69]
  • 1969年9号 27万部[71] 16号 58万部[72]
  • 1971年3-4号[注 22] 115万8000部[73] 11月 65万部[74]
  • 1972年3-4号[注 23] 88万7000部[74]
  • 1973年4-5号[75][注 24] 112万部[76]
  • 1973年、『週刊少年マガジン』を発行部数で上回り少年週刊誌の部数トップになる[77]
  • 1974年夏 最高165万部[78]、売上率86%[78]
  • 1977年新年号[注 25] 188万部[79]
  • 1978年3-4号[注 26] 210万部[80][81]
  • 1979年3-4号[注 27] 280万部[82][83]
  • 1980年3-4号[注 28] 304万5000部[84]
  • 1981年4-5号[注 29] 308万部[85][86]
  • 1982年3-4号[注 30] 300万部を割る[87] 年間平均 342万部
  • 1983年3-4号[注 31] 300万部を割る[87] 年間平均 371万部
  • 1984年4号 318万部[88] 7月から常時360万部以上を印刷[89] 37号 330万部[90] 年間平均 390万部
  • 1985年4-5号[注 32] 403万部[92][93] 1月〜5月の通常号 常に370〜380万部[94] 37号 405万部[95] 年間平均 450万部
  • 1986年5号[注 33] 435万5000部[93][96] 6号[注 34] 410万部[97] 37号 420万部[98]
  • 1987年5号 450万部[99] 37号 435万部[100]
  • 1988年5号 485万部[101] 38号 465万部[102]
  • 1989年3-4号[注 35] 500万部[105] 37号 491万部[106]
  • 1990年5号 530万部[107] 6月の通常号 約490万部[108] 21-22号 503万部[109] 37号 520万部[110]
  • 1991年3-4号[注 36] 602万8000部[111][112] 6月の通常号 約570万部[108] 21-22号 585万部[113] 36-37号 615万部[114]
  • 1992年3-4号 618万部[115]
    • 1992年3月時点の実売部数は公称580万〜590万部[2]
  • 1993年3-4号 638万部[116] 36-37号 643万部[117]
  • 1994年3-4号 648万部[118] 36-37号 650万部[119]
  • 1995年3-4号[注 37] 653万部[120][121] 歴代最高部数を記録ギネスブックに登録)。返品率3%(売上率97%)[121]
  • 1995年25号[注 38] 625万部[122] 26号 618万部[122] 27号 615万部[122] 28号 612万部[122] 29号 612万部[122] 30号 601万部[122]
  • 1996年新年号 588万部(推定)[123]
    • この年から新年号の表紙に記載されていた発行部数と「新記録」の文字が消える。部数は集英社の公称ではなく推定部数[123]
  • 1996年7月末発売号 約500万部(推定)(公称540万部)[124]
  • 1997年7月 約430万部(推定)[125]
  • 1997年8月 450万部(実売推定408万1500部)[126]
    • 実売推定は集英社販売部によるもの。『週刊少年マガジン』(発行部数440万部、実売推定413万部)に実売推定で抜かれる[126]
  • 1997年9月 430万部[126]
  • 1997年11月4日(11月1日)発売号 407万部[127][128]
    • 『週刊少年マガジン』に発行部数で抜かれる。
  • 1997年 405万部(年間平均)
    • この年より発行部数が集英社の公称から印刷証明付発行部数に変更
  • 1998年新年号 415万部(推定)[129][130]
  • 1998年 360万部(年間平均)
  • 1999年 363万部(年間平均)
  • 2000年 363万部(年間平均)
  • 2001年 340万部(年間平均)
  • 2002年 320万部(年間平均)
    • 2002年8月再び『週刊少年マガジン』の急降下で首位奪還。
  • 2003年 300万部(年間平均)
  • 2004年 300万部(年間平均)
  • 2005年 295万部(年間平均)
  • 2006年 2,953,750部(一月下記サイトにて確認)
  • 2007年3月 2,839,792部
  • 2008年1月 2,778,750部(社団法人日本雑誌協会
  • 2010年2号[注 39] 300万部(05年8月以来の300万部復帰)[131]

※2008年以降は以下の表を参照

2018年13号時点での本誌累計発行部数は75億部以上である[132]

発行部数(2008年平成20年)4月以降)社団法人日本雑誌協会
1〜3月4〜6月7〜9月10〜12月
2008年(平成20年)2,785,833 部2,790,834 部2,793,334 部
2009年(平成21年)2,800,000 部2,806,667 部2,840,000 部2,879,167 部
2010年(平成22年)2,872,500 部2,878,334 部2,875,834 部2,935,000 部
2011年(平成23年)2,964,546 部2,825,000 部2,841,667 部2,845,000 部
2012年(平成24年)2,837,500 部2,831,167 部2,838,334 部2,827,693 部
2013年(平成25年)2,835,455 部2,809,167 部2,779,231 部2,745,000 部
2014年(平成26年)2,715,834 部2,677,500 部2,665,834 部2,605,000 部
2015年(平成27年)2,422,500 部2,395,000 部2,376,667 部2,321,667 部
2016年(平成28年)2,238,333 部2,168,333 部2,151,667 部2,005,833 部
2017年(平成29年)1,915,000 部1,852,500 部1,840,833 部1,813,333 部
2018年(平成30年)1,760,833 部1,750,000 部1,768,333 部1,706,923 部
2019年(平成31年/令和元年)1,692,000 部1,655,833 部1,628,462 部1,602,083 部
2020年(令和2年)1,572,833 部1,539,091 部1,516,818 部1,475,000 部
2021年(令和3年)1,435,833 部1,404,167 部1,371,818 部

価格の変遷

消費税導入以降は税込み価格。

時期通常価格特別価格またはサービス価格
創刊~1970年1月90円90円
1970年2月~1971年7月80円90円
1971年7月~1973年3月90円100円
1973年3月~1973年11月100円100円
1973年11月16日、第一次オイルショックに伴う「石油緊急対策要綱」を閣議決定
1973年12月~1974年2月120円130円
1974年3月~1976年6月130円150円
1976年7月~1980年6月150円170円
1980年7月~1989年3月170円180円、または190円
1989年4月~1990年8月180円190円、または200円
1989年4月1日、消費税3%が導入された。
1990年9月~1996年1月190円200円、または210円
1996年2月~1997年8月200円210円、または220円
1997年9月~1998年4月210円220円、または230円
1997年4月1日、消費税税率が5%に変更された。
1998年5月~2004年4月220円230円
2004年5月~2008年8月230円240円、または250円
2008年9月~2014年3月240円250円、または260円[注 40]、さらに230円[注 41]
2014年4月~2017年9月255円260円、または270円、さらに280円[注 42]
2014年4月1日、消費税税率が8%にされた。
2017年10月~2019年9月260円270円、または280円、さらに300円[注 43]
2019年10月~270円290円、または300円
2019年10月1日、消費税税率が10%にされた。

ロゴマークの変遷

  • 初代:1968年創刊号 - 1969年15号
  • 2代目:1969年16号 - 1971年53号
  • 3代目:1972年1号 - 1974年38号
  • 4代目:1974年39号 - 1983年52号
  • 5代目:1984年1・2合併号 - 1997年52号
  • 6代目:1998年1号 - 現在

サブコーナー

読者コーナー

名称期間備考
1読者コーナー1968年
2 ハレハレ笑学校 1969年20号 - 1978年52号
3 ホップ・ステップ・ジャンプ 1969年21号 - 1969年26号「ハレハレ笑学校」と並行連載。6回で終了。
4 びっくりプレイタウン 1979年1号 - 1980年26号
5 ジャンプ海賊ワールド 1980年27号 - 1982年43号
6 ジャンプ放送局(JBS)1982年10号 - 1995年12号1レース(半年)ごとにポイント集計し優勝者を決める方式。
読者コーナーとしては珍しく、単行本化(全24巻)された。
レギュラーはさくまあきら土居孝幸榎本一夫横山智佐ら。
7ジャンポスト 1996年3・4合併号 - 1996年27号地方別のリーグ戦形式。人気低迷で1レースのみ(半年)で打ち切り。
--1996年 - 1997年(数か月間、読者コーナーのない状態が続いた)
8 ハガキ戦士ジャンプ団 1997年 - 2001年ハガキ紹介に漫画の要素をプラス。シーズンごとに設定されたノルマをクリアできればシーズン終了。
出演は井沢ひろし(JBSに投稿経験あり)、石塚祐子など。
9 じゃんぷる 2001年 - 2005年「ジャンプ団」終了の数週間後、スタッフの一部を変更してリニューアルスタート。
「JBS」に近い形式で、単行本化もされ。井沢・石塚は引き続き出演。
10 ジャンプ魂 2006年10号 - 2009年24号「じゃんぷる」をリニューアルさせてスタート。
正規メンバーは井沢(前作から継続)・山下慎一郎(「じゃんぷる」ではアルバイトを務めた)
アシスタントは中川翔子 [注 44]( - 2008年)→林未紀(2008年 - 2009年)→佐藤栞里(2009年 - )
11 ジャン魂G! 2009年25号 - 2014年29号「ジャンプ魂」をリニューアルスタート。「ジャン魂」をほぼそのまま引き継いでいる。
--2014年 - 2015年(数か月間、読者コーナーのない状態が続いた)
12バトよん!!!!2015年19号[133] - 2016年17号4コマ漫画の投稿コーナー。
13スクールオブジャンプ2016年23号[134] - 2017年43号TwitCastingを使用した番組配信が行われる。
最後の読者コーナーとなり、スクジャンの終了で読者コーナー廃止。

巻末バラエティコーナー

ゲーム紹介コーナー

  • ファミコン神拳1985年 - 1988年[注 45]
  • ファミコン怪盗芸魔団(ファミコンかいとうげ〜まだん)(1989年 - 1992年
  • V-NET(1992年 - 1998年
  • ジャンG堂(ジャンゲどう)(1998年 - 1999年
  • ジャンG塾(ジャンゲじゅく)(1999年 - 2003年?)
  • チームG59上!!(チームゲコクジョー)(2003年? - 2011年
  • G人道!!(ゲーにんどう)(2011年 - 2015年)
  • 英雄ゲー+(ひーろげーぷらす)(2005年 - 2015年)
    • ジャンプの漫画を原作とするゲームを紹介するコーナー
  • WJゲーム特捜班 ジャンG部!(ジャンゲーぶ)(2015年 - )
  • 週刊少年ドラクエ!!(2016年 - )

新人漫画家の募集企画

現在行われている企画

  • JUMP新世界漫画賞(2017年 - )
  • 手塚賞 - 『ジャンプスクエア』(旧『月刊少年ジャンプ』)と共同募集
  • 金未来杯(2004年 - 2005年・2007年 - 2012年・2014年 - )
  • ストキンPro
  • Gカップ(2011年 - )
  • スカウトキャラバン - 毎年10月頃、編集部員が札幌大阪名古屋広島福岡など全国数都市に出向き、地方在住の志望者達から持込を受け付ける。各地の美術大学などでも単発で実施することがある[135]

愛読者賞

1973年 - 1983年1997年に行われた。読者アンケートで選ばれた10人の作家が45ページの読切作品を執筆する。掲載する順番はクジで決める。1位に選ばれた作家は海外旅行のプレゼントがあった。また、1位に選ばれた作品の感想文を募集し、優秀な感想文を書いた読者には、作家と一緒に海外旅行に行けるというイベントも行われていた。

週刊少年ジャンプだけでなく、他誌でプロとして活動している漫画家全てにエントリー資格があるが、基本的にはジャンプ内での人気投票的な色合いが強いため、通常は本誌に執筆している作家が選ばれている。ただし、読者アンケートの性質上、ジャンプとはほとんど接点のない作家が選ばれる場合もあり、過去には水島新司松本零士あだち充などの作家がノミネートされている[136]。なお、水島新司とあだち充は、「スケジュールの都合がつかない」という理由からいずれも辞退しているものの、そのためのお詫びのコメントとイラストを寄稿している。

イベント

日本国外の少年ジャンプ

2021年現在、『少年ジャンプ』は日本国外でも発行され、「ONE PIECE」・「僕のヒーローアカデミア」・「呪術廻戦」・「ブラッククローバー」などの人気作が翻訳されている。

BANZAI!
カールセン出版社よりドイツで発行(2001年10月 - 2005年12月)。公式サイト(ドイツ語)
SHONEN JUMP Magazine
VIZ Media(旧VIZ Comminucation Inc.)よりアメリカで発行。
2002年11月26日創刊、2012年3月書籍出版終了公式サイト(英語)。電子書籍『WEEKLY SHONEN JUMP ALPHA』を2012年1月30日より創刊[137]
宝島少年
東立出版社より台湾で発行。1992年9月19日創刊。2014年2月現在、台湾で最も人気のある漫画雑誌である[138]
もう一つの『少年ジャンプ』台湾バージョンとして『熱鬥少年TOP』(大然出版社)があったが、2003年5月、集英社は大然出版社との出版契約を解約し、『宝島少年』に一本化した。
漫画行
翻訳漫画より中国で発行。2014年2月創刊。隔週刊[137]

週刊少年ジャンプ事件史

打ち切り・回収

漫画表現の過激さや作者の不祥事により連載作品が打ち切りに至ったり、本誌が回収されたケースがある。それらの原因となった作品とそれぞれの詳細について以下に示す。

『ハレンチ学園』性的いたずらブーム事件

「ハレンチ学園」(永井豪)が問題となった事件。

1968年の創刊号から連載したこの作品の影響で、全国の学校でスカートめくりなどの公然わいせつが流行したことにより、PTAや教育委員会などから猛抗議が来た。しかし『ジャンプ』は漫画表現の多様性という名の下に連載を続行。編集長(当時)長野規は教育評論家の阿部進と連携し、自ら積極的にテレビ番組やPTAの会合などに出向き『ハレンチ学園』を擁護した。

この件に関する限りは、編集部は権力に負けずに連載を続けたとして誇りにしている節があり、『ジャンプ』30周年の時の特集でそのようなコメントが見られた。

『私立極道高校』実在学校無断掲載事件

私立極道高校」(宮下あきら)が問題となった事件。

滋賀県湖東地方にある実在の5つの中学校名と校章、4名の卒業生の名前や校章を無断で作品内に掲載して滋賀県近江八幡市八日市市蒲生郡安土町教育委員会と各校から抗議を受けた[139]。宮下のアシスタントがそのうちの1つの中学校の卒業生であり、友人の名前を無断借用したという[139]。この中学校は被差別部落民が多く通う学校であった[140][141][出典無効]1980年1月29日発行の第9号が回収された[142]。また、翌週の第10号は滋賀京都岐阜では修正したものを販売することとなった[注 46][142]

この騒動を受けて、「私立極道高校」は第11号で打ち切りとなった[143]。ストーリーは41話まで連載され、単行本は読み切り版の1話と連載最初の6話を収録した1巻が発売されていたが、事件がきっかけで絶版となる。なお、回収に協力した人には、アドレス帳が送られた。

宮下はしばらくの謹慎期間を経て「激!!極虎一家」で連載復帰。「激!!極虎一家」には「私立極道高校」のキャラクターが多数登場している。また、連載から32年後の2012年には、問題となった箇所を修正し、書き下ろしを追加した単行本が「復活版」として刊行されている[139]

『燃える!お兄さん』職業差別事件

1990年第45号の「燃える!お兄さん」(佐藤正)が問題となった事件。

主人公国宝憲一の担任教諭、早見姿郎が仕事上の失敗から担任を外され同校の用務員をすることになり[注 47]、それに対して憲一が「先生ではなく用務員になったのだから何をしても構わない」という理屈の元に、「ただの働くおっさん」「先生じゃなきゃタダの人だからなにをいってもかまわない」「バカ職員」などと侮辱し、その用務員の早見にやりたい放題し、さらにその用務員が過激な方法で反撃するという内容だった(結局、憲一が用務員にこき使われる立場のオチで終わる)。

この号が発売された直後、用務員が加入する労働組合(主に自治労)や読者から「用務員を馬鹿にしている」などの抗議が殺到した。自治労大阪府本部が「学校用務員に対し、本コミックは全編において用務員の仕事と存在を否定しており、全国の用務員及びその家族に侮辱を与えている」と抗議し、

  1. この作品に対する社の見解の提示
  2. 当該号の回収
  3. 誌上での謝罪及び全国紙五紙への謝罪広告の掲載
  4. 連載の中止
  5. 社の人権・差別問題への認識、取り組みについて明らかにする

の5項目を要求。自治労本部、大阪府本部の現場指導者8名、出版社側5名で確認会の場が設けられ、比較的冷静に会は進行するも途中、日教組が抗議に加わり、さらに東京法務局人権擁護部からの事情聴取、マスコミの取材攻勢が続いたため、事態を重く見た本誌編集部側は幾度かの協議の結果、

  1. 正式文書による謝罪
  2. 謝罪文の本誌掲載と回収の呼びかけ
  3. 連載は続行するが当該作品は単行本に収めない
  4. 全国紙一紙の自社広告の一部を使って「お詫び」の掲載
  5. 社内研修会の開催
  6. 関西での懇親会開催

の6点を出版社側が提示して合意に至る。

掲載号を集英社に郵送すると、引き換えとして本誌のマークが入ったシャープペンシルが貰えた。回収を行った処置費用は約1億円、回収した部数は約8万部で、本社ビルの地下2階、3階が当該号で埋め尽くされた[144][145]

なお、その後作中では早見はしばらく登場しなくなり、後に他の学校の教諭として再登場し、用務員への職種変更はなかったものとされた。その事情は作中の登場人物によって「謎の転勤」と説明された。

『世紀末リーダー伝 たけし!』作者逮捕事件

2002年8月7日、「世紀末リーダー伝たけし!」の作者の島袋光年児童買春禁止法違反で逮捕された事件。

この事件を受け「世紀末リーダー伝たけし!」は打ち切られ、単行本は発売中止となる。また、本誌では1ページを使い編集部からの謝罪文が掲載された。その後、島袋は謹慎期間を経て漫画家として『ジャンプ』に復帰する。

『アクタージュ act-age』原作者逮捕事件

2020年8月8日、『アクタージュ act-age』の原作者のマツキタツヤ(本名:松木達哉)が強制わいせつ罪で逮捕された事件。マツキは概ね容疑を認めていた。

マツキの不祥事を受けて作画担当の宇佐崎しろとの話し合いの結果、継続が困難の為、そのまま連載終了することを翌日に発表した[146]

その後、単行本は13巻以降の発売を中止し、既刊が無期限の出荷停止[147]となることが発表され、事実上の絶版となり、企画進行中だった舞台版やオーディションによる舞台版の主役選考も中止され[148]、幻となった。

脅迫被害・著作権侵害

『黒子のバスケ』脅迫事件

黒子のバスケ」(藤巻忠俊)の関係者らが脅迫された事件。

2012年10月以降、「怪人801面相」などを名乗る人物から、藤巻や「黒子のバスケ」の関係者・関係団体などに殺害を予告する脅迫状などが届き、一部ではイベントや販売の自粛も見られた。2013年12月15日、犯人が逮捕されたため終息した。

ネタバレサイトへの対応

2017年9月、熊本県警察、秋田県警察、鳥取県警察は雑誌発売前の「ONE PIECE」などの漫画作品に掲載された絵、台詞、あらすじなどをネタバレサイトを通じて無断配信し、多額の広告収益を得ていた管理者を著作権法違反(公衆送信権侵害、出版権侵害)の疑いで逮捕したと発表した[149]。漫画ネタバレサイトの検挙はこれが初の事例。

その他

『僕のヒーローアカデミア』志賀丸太事件

2020年2月3日、2020年10号掲載の「僕のヒーローアカデミア」にてヴィラン連合に関わる医師の名前が「志賀丸太」と明かされたことで、「丸太」が日本軍の731部隊で人体実験に使われた人間を示す「マルタ」を想起するとして、中国のSNS上や韓国人を名乗るツイッターユーザーや韓国語による歴史問題に関する抗議が殺到した[150][151]。編集部と作者の堀越耕平は歴史問題に絡める意図はなかったと釈明し、単行本ではキャラクター名を変更するとして謝罪した[152]。ITジャーナリストの篠原修司は、韓国語に翻訳された当該号が1月31日に違法アップロードされていたことを確認したと述べている[151]

「少年の心」論争

2019年11月の大学での業界説明会において、「女性はジャンプ漫画の編集にはなれませんか?」という質問に対し、集英社の人事部が「週刊少年ジャンプの編集には『少年の心』が分かる人でないと」と説明した。これを受け、ジェンダー差別表現の自由の観点から論争となった[153]。これに対し集英社は、「少年ジャンプ+」や「ヤングジャンプ」では女性編集者が配属された前例があるとし、「女性ファッション誌の編集部であれば、性別関係なく女性のおしゃれ心を理解できることが必要ですし、少年マンガであれば少年の心がわかることが大切でしょう」と説明している。一方で、「週刊少年ジャンプ」の編集者に女性がなれるかどうかについては明言がなかった[154]

東日本大震災と週刊少年ジャンプ

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で印刷工場が被災し、3月14日発売の15号が被災地を中心に大幅な遅れや未配送となったため、緊急措置として3月23日から4月27日までYahoo! JAPAN特設サイトで本誌漫画部分が無料配信された[155]3月28日発売の17号も地震による資材と輸送燃料の不足の影響を受けて、発売延期となり4月4日に発売された[156]

物流が混乱している最中、被災地で新刊が入荷未定ながら3月14日に再開した宮城県仙台市青葉区五橋の書店に、山形県まで買出しに行った男性客から3月21日に16号が寄付された[157][158]。その後、募金箱と共に「少年ジャンプ3/19発売16号 読めます!! 一冊だけあります」との貼り紙を出したところ、停電や未配送により最新刊を読むことが出来ない多数の少年たちが募金して回し読みをした[157][158]。この出来事が報道されると全国から漫画雑誌約30冊が届き、4月10日の配本再開まで募金と回し読みがされた[157]。この事を知った集英社は、5月に回し読みされた16号を引き取り、額装して編集部に保管した[157]。少年たちの募金約4万円は仙台市教育委員会に贈られ[157]、回し読みされた16号は「あの少年ジャンプ」として、2012年4月22日、第16回手塚治虫文化賞で特別賞を受賞した[159][160]

復刻版 週刊少年ジャンプ

2017年、翌年に創刊50周年を迎えることを記念して、歴史の中で記念、記録、記憶に残った過去の『ジャンプ』を、内容そのままに復刻したもの[注 48]。広告も当時の物をそのまま掲載[注 49]しているが、諸事情により掲載が見送られているものもあり、また読者アンケート葉書が再録されたページでは郵送先の郵便番号・住所・係名の部分が黒塗りされていたり、懸賞のページでも同様に郵送・問い合わせ先が記載されていた部分が「この懸賞は既に終了しており、現在は行われていません。ご了承ください」といった注意書きに差し替えられたりしている[注 50]

パック1
2017年7月15日発売。
創刊号と、最大発行部数653万部を記録した1995年3・4合併号のセット。
パック2
2017年8月12日発売。
ジョジョの奇妙な冒険』の連載開始号である1987年1・2合併号と、『ONE PIECE』の連載開始号である1997年34号のセット。
パック3
2017年9月16日発売。
北斗の拳』においてラオウの「わが生涯に一片の悔いなし!!」の台詞が登場した1986年26号と、『ドラゴンボール』において孫悟空の「クリリンのことかーっ!!」の台詞が登場した1991年21・22合併号のセット。

関連ゲーム

コンピュータゲーム

以下に挙げるのは、週刊少年ジャンプをテーマに扱ったコンピュータゲームである。

家庭用ゲーム機向けソフト

タイトル対応機種発売日発売元
ファミコンジャンプ 英雄列伝ファミリーコンピュータ1989年2月25日バンダイ
ファミコンジャンプII 最強の7人1991年12月2日
バトルスタジアム D.O.NPlayStation 2/GC2006年7月20日バンダイナムコゲームス
ジェイスターズ ビクトリーバーサスPlayStation 32014年3月19日
PlayStation 4(海外のみ)2015年6月26日(北米版)
JUMP FORCE(ジャンプフォース)PlayStation 4/Xbox One2019年2月14日バンダイナムコエンターテインメント
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

2018年7月7日には、ファミリーコンピュータの小型復刻版モデル「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」のバリエーションとして、週刊少年ジャンプ創刊50周年を記念し、上記『ファミコンジャンプ』2作を含む連載作品を原作としたゲーム及び編集部が制作に関わった『ドラゴンクエスト』など20作品を収録した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン」が発売されている[161]

携帯ゲーム機向けソフト

タイトル対応機種発売日発売元
カルトジャンプゲームボーイ1993年9月10日バンダイ
ジャンプスーパースターズニンテンドーDS2005年8月8日任天堂
ジャンプアルティメットスターズ2006年11月23日
ジェイスターズ ビクトリーバーサスPS Vita2014年3月19日バンダイナムコゲームス

その他のゲーム媒体

スマートフォン向けゲーム

タイトル配信開始日配信終了日配信元
週刊少年ジャンプ オレコレクション!2017年7月6日2020年9月30日バンダイナムコエンターテインメント
ジャンプチ ヒーローズ2018年3月28日配信中 LINE
週刊少年ジャンプ 実況ジャンジャンスタジアム2018年8月2日2019年8月26日コナミデジタルエンタテインメント

ボードゲーム

  • 週刊少年ジャンプ 人生ゲーム(タカラトミー、2018年7月28日)

脚注

脚注

  1. ^ 実際にはそれ以前から月曜日に発売されていた地域も多い。1992年の『日経流通新聞』の記事にも「(ジャンプが)発売される月曜日」とある[2]
  2. ^ かつては新潟県徳島県など、一部の遠隔地では配送の都合上、発売日を合わせるために雑誌を土曜日に前倒しで配送され、中には配送当日に即発売していた地域もあった。昨今の運送業界における人手不足や働き方改革などの影響もあり、雑誌の配送日時を変更したため、2021年4月から全国で月曜発売に統一した[3]
  3. ^ 2016年8月16日発売の「週刊少年ジャンプ増刊・こち亀ジャンプ」とセットになった「こち亀 爆売れ御礼!! 両さん特別アニバーサリーパック」として発売
  4. ^ 創刊からしばらくの間は、表紙にも「ぜんぶ読切」の表記があった。
  5. ^ BASTARD!! -暗黒の破壊神-』『べしゃり暮らし』『スティール・ボール・ラン』『D.Gray-man』『ワールドトリガー』など。
  6. ^ 2008年以後では『ONE PIECE』(2008年・2017年)、『NARUTO -ナルト-』(2009年)、『BLEACH』(2010年)、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(2011年)、『銀魂』(2014年)。
  7. ^ 例外として2009年27号で『こちら葛飾区亀有公園前派出所両津勘吉香取慎吾が、2017年32号・2018年38号では『銀魂坂田銀時小栗旬が、2017年46号では『斉木楠雄のΨ難』斉木楠雄役山﨑賢人が表紙になった。2014年39号では18年ぶりに『ニセコイ』のコスプレ姿のグラビアページが登場した[37]。2018年11号では岡田結実が『ゆらぎ荘の幽奈さん』の湯ノ花幽奈と『僕たちは勉強ができない』の古橋文乃に扮したコスプレ姿のグラビアページが登場した[38]
  8. ^ 他誌でデビューした作家に関しては、ジョージ秋山が作品(浮浪雲)を集英社以外の出版社で執筆しながら、並行して別作品をジャンプへ連載している等の実例があり、専属契約を結ばないケースもある。また、単発の読み切り等での掲載については、ゲスト扱いになるため、専属契約を結ばすに掲載されるケースもある。
  9. ^ 1960 - 1970年代にジャンプに連載を持っていた小室孝太郎はこの契約のためにしばらく作品発表の場が持てなかったことをインタビューにて語っている(洋泉社、1997年)。
  10. ^ 漫画雑誌における専属契約制度は業界初というわけではなく、富永一朗実業之日本社漫画サンデー』と1962年頃に専属契約を結んだのが嚆矢とされる(寺光忠男『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』 毎日新聞社、1990年 pp.210-213)。なお、富永の例は人気作家の引き止めという側面よりも、仕事を抱えさせすぎないスケジュール管理の側面からおこなわれたものである。
  11. ^ 聖闘士星矢』『みどりのマキバオー』『武装錬金』『ぬらりひょんの孫』など。『銀魂』は完結を告知しつつも本誌→増刊→公式アプリに掲載先を移す異例の形となった。
  12. ^ 連載開始直後の『キン肉マン』がアンケート順位の低迷にもかかわらず、低年齢層からの人気が高い傾向が見られたため打ち切りを猶予して推移を見守った結果、後の大ヒットにつながった。
  13. ^ アニメ放送の直前などには巻頭やセンターに関連情報と合わせてカラーで掲載されることがある。
  14. ^ テレビ局の「局長」は、一般的な企業の「部長級」と「取締役」の間に位置する「上級管理職」に相当し、「(代表取締役)社長」とは異なる。
  15. ^ 4大キー局以外のテレビ東京系列(TXNネットワーク)では2017年3月に放送終了した『NARUTO -ナルト- 疾風伝』が最後となった。
  16. ^ 『ぬらりひょんの孫』・『黒子のバスケ』・『HUNTER×HUNTER』(日テレ版、2013年秋以降)・『ハイキュー!!』(第2期以降)・『銀魂』(第4期)など
  17. ^ 1話〜66話
  18. ^ 67話〜
  19. ^ 高橋が在職のまま急死した際には、後任の茨木への引継ぎが遅れ、2003年11号のみ鳥嶋和彦が編集長兼発行人として仕切った。
  20. ^ 2020年12月現在
  21. ^ 1968年12月26日発売。1968年の年末最終号
  22. ^ 1970年12月22日発売。1970年の年末最終号
  23. ^ 1971年12月21日発売。1971年の年末最終号
  24. ^ 1972年の年末最終号
  25. ^ 1976年の年末最終号
  26. ^ 1977年の年末最終号
  27. ^ 1978年の年末最終号
  28. ^ 1979年の年末最終号
  29. ^ 1980年の年末最終号
  30. ^ 1981年の年末最終号
  31. ^ 1982年の年末最終号
  32. ^ 1984年12月25日(12月24日[91])発売。1984年の年末最終号
  33. ^ 1985年の年末最終号
  34. ^ 1986年の新年第一号
  35. ^ 1988年12月20日(12月19日[103][104])発売。1988年の年末最終号
  36. ^ 1990年12月19日発売[111]。1990年の年末最終号
  37. ^ 1994年の年末最終号
  38. ^ 「ドラゴンボール」の連載終了号
  39. ^ 2009年12月14日発売
  40. ^ 2014年4・5合併号のみ
  41. ^ 2011年の上半期、3月11日に東日本大震災が発生して、しばらくしてから、1号分だけ価格が10円減少した。
  42. ^ 2016年42号のみ
  43. ^ 2019年36・37合併号のみ
  44. ^ イラストが描けることと「アイシールド21」で声優を務めていることから登用された
  45. ^ 1988年発売の1989年1・2合併号で終了。
  46. ^ ただし、流通の問題から修正版への差し替えは不徹底に終わり、さらにまた別の学校名が掲載されるなど、これも物議を醸した。
  47. ^ 教員と職員は別の職種であり、指導力不足教員が事務に配置換となる例はあるが、同じ学校でこのような人事はあり得ない。
  48. ^ 創刊号復刻版の場合、現在では不適切とされる表現も含まれているが、修正されずそのまま掲載されている。P.46には「そのような表現の多くは、作品が描かれた時代、あるいは作品の背景となっている社会の偏見や差別を反映したものであり、そうした事実を知り、その後の人権意識の変化を考えることもまた復刻版の意義の1つと考えた」とする集英社および『ジャンプ』編集部のメッセージが掲載されている。
  49. ^ 「掲載商品は生産を終了しています」「社名は当時のものです」といった注釈がつけられている部分もある。
  50. ^ 創刊号復刻版の場合、懸賞の景品の1つに金属製モデルガンが使用されており、「現在では法で規制されており、所持は違法であり、製造・販売もされておりません」という旨の注意書きが付記されている。

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 2003年5月19日発売の2003年25号より。
  2. ^ a b 「少年マンガがおかしいゾパワーにかげり?──伸び鈍る、10代が“客離れ”。」『日経流通新聞』1992年3月5日付、24頁。
  3. ^ 週刊少年ジャンプの県内発売日が土曜から月曜に SNSで徳島県民の嘆き節相次ぐ”. 徳島新聞 (2021年4月22日). 2021年4月22日閲覧。
  4. ^ 西村(1994年)pp.31 - 32
  5. ^ 斎藤(1996年)pp.11 - 12
  6. ^ [1] - サクライタケシ「ジャンプの正しい作り方!」(少年ジャンプ+連載)の21話(2015年2月配信)
  7. ^ 【インタビュー】『鬼滅の刃』大ブレイクの陰にあった、絶え間ない努力――初代担当編集が明かす誕生秘話 - ライブドアニュース
  8. ^ 角南攻『メタクソ編集王「少年ジャンプ」と名づけた男』(竹書房、2014年4月24日)ISBN 978-4812498729
  9. ^ 後の新人漫画賞ホップ☆ステップ賞や、読者コーナーの「ホップ・ステップ・ジャンプ」の名称もこれに由来する。
  10. ^ a b ジャンプをスマホやPCで!少年ジャンプ+創刊” (2014年9月22日). 2014年9月22日閲覧。
  11. ^ 後の「ハイスクール!奇面組」
  12. ^ 読売新聞』1988年2月22日付朝刊14-15頁掲載の見開き2ページ広告より。
  13. ^ ギネス記録となった全盛期の少年ジャンプを振り返る!”. エキサイトニュース (2015年12月7日). 2020年10月3日閲覧。
  14. ^ 伝説の作品がそのまま甦る「復刻版 週刊少年ジャンプ」始動 第1弾は創刊号と最大発行部数号の2冊セット”. BIGLOBEニュース (2017年6月27日). 2020年10月13日閲覧。
  15. ^ 「週刊少年ジャンプ」にデジタル版 7月13日発売33号で紙雑誌と同時リリースアニメ!アニメ! 2013年7月13日
  16. ^ 社会現象巻き起こす「鬼滅の刃」/ニュースまとめ - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年7月16日閲覧。
  17. ^ 「[こち亀]最終話掲載の週刊少年ジャンプが完売状態に 増刷予定なし」ー マイナビニュース
  18. ^ 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展
  19. ^ 「週刊少年ジャンプ」、200万部割れ - ITmedia ビジネスオンライン
  20. ^ “週刊少年ジャンプ32号特別配信について|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト”. 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト. https://www.shonenjump.com/j/2018/07/17/oshirase_wj32sp.html 2018年7月18日閲覧。 
  21. ^ 週刊少年ジャンプ32号を期間限定で公開、西日本を中心とした豪雨の影響で”. コミックナタリー (2018年7月17日). 2018年7月23日閲覧。
  22. ^ 漫画&動画無料公開情報まとめ【新型コロナ関連支援】 . ファミ通(2020年3月4日). 2020年3月15日閲覧。
  23. ^ a b “『ジャンプ』発売延期 社員に新型コロナ感染の疑いで制作に影響「作業を一時中断」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年4月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2159469/full/ 2020年4月8日閲覧。 
  24. ^ “『ジャンプ』、連載漫画の休載増へ 作家へのコロナ対策で「原稿完成までに多くの時間が必要」”. Yahoo! ニュース. (2020年5月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000348-oric-ent 2020年5月12日閲覧。 
  25. ^ “ジャンプ、漫画学校を創設!秋本治、稲垣理一郎、松井優征らが講師に”. Yahoo! ニュース. (2020年5月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000010-flix-ent 2020年5月18日閲覧。 
  26. ^ 少年ジャンプ漫画賞 2021年3月1日のツイート . Twitter. 2021年3月2日閲覧。
  27. ^ 読売新聞 ジュニアプレス2003年6月16日。
  28. ^ 原田曜平 (2015年12月25日). “30、40代は別名「ジャンプ、ファミコン」世代だ”. 東洋経済ONLINE. 2021年1月8日閲覧。
  29. ^ 社団法人日本雑誌協会 JMPA読者構成データ
  30. ^ 週刊少年ジャンプ”. 2014年11月9日閲覧。
  31. ^ 「少年ジャンプ」卒業する年齢 「男・35歳説」は信じられる?” (2009年8月16日). 2014年11月9日閲覧。
  32. ^ a b グランドジャンプ新人賞「R30漫画賞」:R30な諸君!君の才能でマンガ界にRしないか? - マンナビ
  33. ^ 【第53回】ジャンプ+の原稿料、広告収入戻しなど ぶっちゃけいくらもらえるの? - 運営からのお知らせ - ジャンプルーキー!
  34. ^ 1日があっという間に過ぎそう……! ジャンプ50年分のほとんどが読める「ジャンプ図書館」が六本木に期間限定でオープン、ねとらぼ、2018年2月26日 5時0分公開
  35. ^ サザン『少年ジャンプ』表紙に“漫画キャラ”で登場 創刊50年で初の試み、ORICON NEWS、2018年8月1日 12:06。
  36. ^ 【41話】少年ジャンプの正しい作り方 ~リモート編~ - 少年ジャンプ+α
  37. ^ 『週刊少年ジャンプ』、18年ぶり“グラビア”掲載 生駒・足立梨花らがコスプレ披露、ORICON NEWS、2014年7月28日 11:23。
  38. ^ 「ジャンプ」3年半ぶりのグラビアページが話題! 岡田結実が『ゆらぎ荘』『ぼく勉』コスプレ披露、ダ・ヴィンチニュース、2018年2月15日。
  39. ^ 週刊少年ジャンプ:裏表両方から読める 最新号で異例の装丁、まんたんウェブ、2012年4月2日
  40. ^ 「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(前編)” (2013年10月17日). 2014年5月23日閲覧。
  41. ^ 週刊少年ジャンプ、ジャンプ.SQ、少年ジャンプ+” (日本語). #週刊少年ジャンプ、ジャンプ.SQ、少年ジャンプ+. 2021年3月30日閲覧。
  42. ^ 西村(1994年)pp.158 - 159
  43. ^ a b jump_manga_school (1615338000). “ジャンプの漫画学校講義録⑥ 作家編 松井優征先生「防御力をつければ勝率も上がる」” (日本語). ジャンプの漫画学校. 2021年3月30日閲覧。
  44. ^ 「少年ジャンプというジャンル!」『STUDIO VOICE』2008年2月号 22、24ページ
  45. ^ a b 三条陸インタビュー『オトナファミ』38頁。
  46. ^ 【第41回】漫画編集者が伝える、新人作家への最初の課題 - 運営からのお知らせ - ジャンプルーキー!
  47. ^ 『聖闘士聖衣大全』122-125頁。
  48. ^ 『ONEPIECE』連載1000話で記念企画始動 全世界キャラ人気投票、NYTimesに新聞広告など実施”. ORICON NEWS. 2021年1月4日閲覧。
  49. ^ 「はねバド!」濱田浩輔インタビュー、週刊少年ジャンプからgood!アフタヌーンへ - コミックナタリー
  50. ^ 『週刊少年ジャンプ』2019年14号120ページ。
  51. ^ 『約束のネバーランド』制作裏話にファン大興奮!「ジャンプ」最新号に白井カイウ&出水ぽすかの対談掲載 - ダ・ヴィンチニュース
  52. ^ 編集者は作品をずっと出し続けることを請け負わないといけないと思います。-『ジャンプSQ.』矢作康介編集長”. HONZ (2014年10月13日). 2014年11月8日閲覧。
  53. ^ 中山基編「伝説超人インタビュー (3) ゆでたまご」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日、ISBN 978-4-8465-2701-3、57頁。
  54. ^ アニメ「斉木楠雄のΨ難」放送日決定 メインビジュアルも発表”. アニメ!アニメ! (2016年5月30日). 2019年3月12日閲覧。
  55. ^ Ψ始動編 | TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」第2期公式サイト
  56. ^ 「週刊少年ジャンプ」発アニメ作品 第1話だけをDVD収録「ジャンプスーパーHEROES」 アニメ!アニメ! 2012年5月25日
  57. ^ 当時はJNN系列
  58. ^ 週刊少年ジャンプ・2007年49号の尾田栄一郎による巻末コメント
  59. ^ 夏目房之介の「で?」
  60. ^ a b 「少年ジャンプ編集に女はなれない」ツイート騒動、集英社が“丁寧な”見解発表 - ビジネスジャーナル
  61. ^ 週刊少年ジャンプ2011年29号裏表紙
  62. ^ 週刊少年ジャンプ2011年30号裏表紙
  63. ^ 週刊少年ジャンプ2017年31号裏表紙
  64. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)109頁。
  65. ^ a b c 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)113頁。
  66. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)111頁。
  67. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)112頁。
  68. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)152頁。
  69. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)153頁。
  70. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)151-153頁。
  71. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)163頁。
  72. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)170頁。
  73. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)241頁。
  74. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)246頁。
  75. ^ 週刊少年ジャンプ1973年4-5号表紙には「100万部突破」とある
  76. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)247頁。
  77. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)248-249頁。
  78. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)265-266頁。
  79. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)273頁。
  80. ^ 週刊少年ジャンプ1978年3-4号表紙
  81. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)275-276頁。
  82. ^ 週刊少年ジャンプ1979年3-4号表紙
  83. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)279頁。
  84. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)291頁。
  85. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)293頁。
  86. ^ 週刊少年ジャンプ1985年4-5号表紙には316万部と記載。
  87. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)300頁。
  88. ^ 週刊少年ジャンプ1985年4号表紙
  89. ^ 読売新聞』1985年1月17日付朝刊、9頁。
  90. ^ 週刊少年ジャンプ1984年37号表紙
  91. ^ 「コミック誌──徳間、少年向けを創刊、関連会社とメディアミックス(出版台風圏)『日経産業新聞』1984年12月26日付、5頁。
  92. ^ 週刊少年ジャンプ1985年4-5号表紙
  93. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)307頁。
  94. ^ 「歩き目です こどもを相手に ホップ ステップ 400万部 少年ジャンプはどこへ行く」『朝日新聞』1985年5月22日付東京夕刊、5頁。
  95. ^ 週刊少年ジャンプ1985年37号表紙
  96. ^ 週刊少年ジャンプ1986年5号表紙では「435万部」と表記
  97. ^ 「毎週四百万部 突出ジャンプ その周辺 どこまで続く新記録」『朝日新聞』1986年1月18日付東京夕刊、5頁。
  98. ^ 週刊少年ジャンプ1986年37号表紙
  99. ^ 週刊少年ジャンプ1987年5号表紙
  100. ^ 週刊少年ジャンプ1987年37号表紙
  101. ^ 週刊少年ジャンプ1988年5号表紙
  102. ^ 週刊少年ジャンプ1987年38号表紙
  103. ^ 「『少年ジャンプ』500万部 “怪物コミック”また はねた!」『朝日新聞』1988年12月23日付東京夕刊、15頁。
  104. ^ 「あのころ番付 『ジャンプ』500万部」『日経プラスワン』2000年12月16日付、1頁。
  105. ^ 週刊少年ジャンプ1989年3-4号表紙
  106. ^ 週刊少年ジャンプ1989年37号表紙
  107. ^ 週刊少年ジャンプ1990年5号表紙
  108. ^ a b 「“成長”止まらぬ少年ジャンプ」『日本経済新聞』1991年6月22日付朝刊、36頁。
  109. ^ 週刊少年ジャンプ1990年21-22号表紙
  110. ^ 週刊少年ジャンプ1990年37号表紙
  111. ^ a b 「やはり日本はマンガ大国 『少年ジャンプ』600万部突破」『日本経済新聞』1990年12月19日付夕刊、14頁。
  112. ^ 週刊少年ジャンプ1991年3-4号表紙には「602万部」と記載。
  113. ^ 週刊少年ジャンプ1991年21-22号表紙
  114. ^ 週刊少年ジャンプ1991年36-37号表紙
  115. ^ 週刊少年ジャンプ1992年3-4号表紙
  116. ^ 週刊少年ジャンプ1993年3-4号表紙
  117. ^ 週刊少年ジャンプ1993年36-37号表紙
  118. ^ 週刊少年ジャンプ1994年3-4号表紙
  119. ^ 週刊少年ジャンプ1994年36-37号表紙
  120. ^ 週刊少年ジャンプ1995年3-4号表紙
  121. ^ a b 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)346頁。
  122. ^ a b c d e f 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)354頁。
  123. ^ a b 「王者『ジャンプ』失速 部数公表できぬ苦境」『朝日新聞』1996年4月4日付東京朝刊、19頁。
  124. ^ 「苦境の『少年ジャンプ』読者変質し勝者なき時代へ」『朝日新聞』1996年9月9日付東京夕刊、5頁。
  125. ^ 「王者『ジャンプ』失速 『マガジン』と部数並ぶ 24年間の首位陰る」『朝日新聞』1997年7月28日付東京夕刊、1頁。
  126. ^ a b c 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』(幻冬舎文庫版)360-361頁。
  127. ^ 少年マガジンクロニクル 第17回 24年ぶりの栄冠~第2次黄金時代~(1994~99年)、Fujisan.co.jp。
  128. ^ 「『マガジン』、『ジャンプ』を抜く」『毎日新聞』1997年10月29日付朝刊、30頁。
  129. ^ 「『ジャンプ』と『ガロ』漫画界象徴する両極の異変」『朝日新聞』1998年1月19日付東京夕刊、5頁。
  130. ^ 「週刊少年ジャンプ 鳥嶋和彦編集長に聞く(アニマゲDON)」『朝日新聞』2000年2月25日付夕刊、16頁。
  131. ^ 週刊少年ジャンプ:300万部に復帰 朝日新聞を「ワンピース」キャラクターがジャック(2010年3月10日閲覧)
  132. ^ 「ジャンプ図書館」開催 50年分のジャンプが無料で読める、ITmedia NEWS、2018年2月26日16時37分公開。
  133. ^ 2015年14号及び16号から18号まで事前募集の告知あり。
  134. ^ 2016年18号から21・22合併号まで事前募集の告知あり。
  135. ^ "【第48回】漫画家と担当編集者の出会いの全7パターン詳細説明と、良い点・悪い点". 2019年8月3日閲覧
  136. ^ ただし、松本零士は過去に『光速エスパー』が連載され、水島新司は『ケッパレ!太田投手』が短期連載されているので、この両者は全く接点がなかった訳ではない。
  137. ^ a b 北米で電子版週刊少年ジャンプ来年発売 紙出版は終了へアニメ!アニメ!ビズ 2011年10月15日
  138. ^ 『ジャンプLIVE』「世界「ジャンプ」編集長座談会」
  139. ^ a b c 赤田祐一ばるぼら『定本 消されたマンガ』彩図社、2016年5月11日、第1刷、113-114頁。
  140. ^ 仲尾俊博『「人間に光」人を求めて: 部落解放と念仏者』p.133
  141. ^ 部落差別について | 雁屋哲の今日もまた
  142. ^ a b 京都新聞 1980 2.1 夕刊 p.15 暴力マンガに実名で登場 湖東の5中学校、京都新聞 1980.2.2 朝刊 p.12 教育の場になぜ"暴力" マンガの実名掲載、京都新聞 1980.2.3 朝刊 p.19 連載中止を約束 "暴力マンガ"問題、京都新聞 1980.2.6 朝刊 p.19 学校名 削除もれ 暴力マンガ最新号
  143. ^ この11号は急遽打ち切りが決まったため、最終ページの欄外の煽り文には、流通後で訂正が間に合わず次回に続く煽りになっている物と、訂正後の今回で終了する旨の告知が書かれた物の2種類が存在している。
  144. ^ 堀田貢得 『実例・差別表現』 大村書店、2003年7月。ISBN 4-7563-3021-5 『三 なぜメディアは週剰に自主規制するのか』より。
  145. ^ 漫画「燃える!お兄さん」事件”. ザッツ・学校用務員 (2010年1月3日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月17日閲覧。
  146. ^ 『アクタージュ act-age』連載終了に関するお知らせ”. 2020年8月16日閲覧。
  147. ^ 既刊については書店等に出荷済で流通している分は回収せずに、販売先の判断で売り切りもしくは返品の対応としている。
  148. ^ 舞台『アクタージュ act-age~銀河鉄道の夜~』公式サイト”. 2020年8月16日閲覧。
  149. ^ 発売前の漫画「ネタバレ」サイト、運営者ら5名を逮捕”. コンピュータソフトウェア著作権協会 (2017年9月7日). 2017年9月29日閲覧。
  150. ^ 「ヒロアカ」キャラ名に韓国ファンから猛抗議 「考えすぎ」の声も”. livedoor News. リアルライブ (2020年2月3日). 2020年10月5日閲覧。
  151. ^ a b 篠原修司 (2020年2月4日). “『僕のヒーローアカデミア』の丸太炎上事件は違法アップロードからって本当?→調べたら中国で大炎上してた”. Yahoo!ニュース. 2020年2月11日閲覧。
  152. ^ 人気漫画「ヒロアカ」の登場人物めぐり集英社が謝罪 中国などから「731部隊を想起」”. 産経ニュース . 産経デジタル (2020年2月7日). 2020年10月5日閲覧。
  153. ^ 「少年ジャンプ編集に女はなれない」ツイート騒動、集英社が“丁寧な”見解発表”. Business Journal (2019年11月6日). 2021年6月1日閲覧。
  154. ^ 少年ジャンプ編集者は「少年の心」が必要? 企業説明会の真偽について集英社が回答” (日本語). ハフポスト日本版 (2019年11月5日). 2020年6月4日閲覧。
  155. ^ 少年ジャンプ15号無料配信「1人でも多くの人に届けたい」ニコニコニュース 2011年3月23日
  156. ^ 震災で少年ジャンプが発売延期 輸送燃料や資材不足に 47NEWS 2011年3月18日
  157. ^ a b c d e 伝説の「ジャンプ」 仙台の書店主が集英社に譲渡河北新報 2011年12月30日)
  158. ^ a b ジャンプ1冊、笑み100人 仙台の書店「読んでいい」朝日新聞 2011年3月26日)
  159. ^ 異文化の交わり鮮やかに マンガ大賞「ヒストリエ」 朝日新聞デジタル 2012年4月22日 2012年4月24日閲覧
  160. ^ 第16回手塚治虫文化賞 特別賞 朝日新聞インフォメーション 2012年4月24日閲覧
  161. ^ 勝田哲也 (2018年5月14日). “「ファミコンミニ」に「週刊ジャンプ50周年記念バージョン」が!”. GAME Watch. 2018年5月14日閲覧。

参考文献

  • 西村繁男 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』
  • 西村繁男 『漫画王国の崩壊』 ぶんか社、1998年3月。ISBN 482110606X
    • 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』の続編的物語。前作より生々しい内容なので、登場人物は全員仮名になっている。
  • 本宮ひろ志 『天然まんが家』 集英社、2001年10月。ISBN 408780335X
    • 『週刊少年ジャンプ』黎明期の看板作家の自伝。漫画家側から見た『少年ジャンプ』史としても読める。
  • 「少年ジャンプというジャンル!」『STUDIO VOICE』2008年2月号、INFASパブリケーションズ
  • 斎藤次郎『「少年ジャンプ」の時代』岩波書店〈子どもと教育〉、1996年10月。ISBN 9784000039536
  • 洋泉社『まんが秘宝Vol.2 つっぱりアナーキー王』 洋泉社、1997年 ISBN 978-4896912777

関連項目

外部リンク

1984年

1984年(1984 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる閏年昭和59年。

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。

他の紀年法

※ 主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー

1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829
3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

できごと

1月

2月

3月

3月18日- 江崎グリコ社長誘拐事件を端緒とする一連の企業テロ事件が発生、犯人逮捕に至らず警察庁広域重要指定事件では初の未解決事件となった。

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

芸術・文化・ファッション

スポーツ

野球

モータースポーツ

サッカー

音楽

映画

世相

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 2月26日 - ヴェノム・スネークが搬送されたキプロスの病院で9年間の眠りから覚醒する。同年3月11日、XOFの部隊がビッグ・ボス殺害の為に病院を襲撃するが、顔を包帯で巻いた謎の男イシュメールの協力や、突如現れた燃える男の出現により、スネークは病院から脱出することに成功する。(ゲーム『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』)
  • 4月23日 - 朝、巨大な飛翼竜マンハッタン島上空に出現し、火炎吐射によって自由の女神像を破壊。これに対し、ニュージャージー州空軍英語版F-105英語版から緊急出撃する。(ボードゲーム『英語版』)[3]
  • ジョージ・オーウェルが描いた小説『1984年』がある。
  • 2029年の未来世界から1984年5月12日の夜のロサンゼルスに殺人機械であるターミネーターのT-800と人類抵抗軍兵士のカイル・リースがタイムトラベルされ、未来の人類抵抗軍を率いるジョン・コナーの母親となる運命にあるサラ・コナーをめぐる戦いが起こり、カイルが死亡するもサラはT-800を破壊して生き残る。そして半年後の11月10日にカイルの間の子であるジョンを妊娠したサラは車での旅の途中、生まれ来るジョンへ向けたメッセージを録音し、立ち寄ったガソリンスタンドにてポラロイドカメラで写真を撮られるが、その写真は未来で転送される前にカイルがジョンから貰うも戦闘の中で燃えて灰になった写真そのものであった。(映画『ターミネーター』)
  • 2029年のロサンゼルスにある機械軍の施設内のタイムマシンより、ターミネーターのT-800がサラ・コナーを抹殺するため1984年の5月12日の夜のロサンゼルスにタイムトラベルされ、これを知った人類抵抗軍の指導者ジョン・コナーによりサラ抹殺を阻止すべく抵抗軍からもタイムトラベルを行うこととなり、何人もの兵士が志願するがカイル・リースが選ばれてタイムトラベルされた。その後、サラへの刺客のT-800はサラ本人と彼女を戦士に育てていた別のT-800(守護者)によって機能を停止し、カイルは警官に成りすました新型ターミネーターのT-1000に襲われるが、本物の警官であるオブライエン共々サラや守護者に救われ、戦闘の末にT-1000は強酸のトラップによって倒される。そしてサラは1997年に起こる、自我に目覚めた戦略防衛コンピュータシステム「スカイネット」による全世界への核攻撃「審判の日」を止めるべく、守護者と協力して作り上げたタイムマシンを使って1997年へとタイムトラベルしようとするが、カイルが最初にタイムトラベルした時に見た「審判の日は2017年」という謎の情報を話したことで、守護者はこれを「別の時間軸の記憶」と判断し、これを受けてカイルはサラを説得してタイムトラベルの行き先を2017年へ変更する。そして、T-1000との戦闘で生体組織を損傷してタイムトラベル出来なくなっていた守護者と未来で合流する予定を立てて、カイルとサラは2017年へタイムトラベルした。(映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』)
  • 「科学アカデミア」の学生である大原丈(後のライブマンメンバー・イエローライオン)と尾村豪(後の武装頭脳軍ボルト幹部・ドクターオブラー)、アカデミアで記念写真を撮る。(特撮テレビ番組『超獣戦隊ライブマン』第41話「透明人間、豪」)
  • 感情依存生物メイラス、ジョージ・ハッチンソン卿を操り復活を目論む。(テレビドラマ『ドクター・フー』)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 元楽天の長身右腕ファンミル投手が事故死 34歳”. 日刊スポーツ (2019年7月28日). 2020年11月13日閲覧。
  2. ^ オリガ ルイパコワとは”. コトバンク. 2021年7月25日閲覧。
  3. ^ Greg Costikyanほか『AIR WAR 空戦マッハの戦い シナリオブック』Hobby Japan、1983年、19・20頁。

関連項目


 

Back to Top
Close