in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Scalaでoptionを使う方法【初心者向け】

Scalaでoptionを使う方法【初心者向け】

今回は、Scalaでoptionを使う方法を解説します。

Scalaについてそもそもよく分からないという方は、Scalaとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

 

 

Scalaのoptionとは

ScalaのOptionは値が有るかないかを調べることが出来ます。

値がある場合はSomeを表示し、値がない場合はNoneを表示します。

 

Scalaのoptionの使い方

宣言方法

ソースコード

opt : Option[String] = Option("値")

解説

Option(String)型変数optに値を代入しています。

Stringは文字列を意味する型です。

 

[PR] 無料で現役エンジニアから学べる

Scalaのoptionを実際に書いてみよう

Someを表示する場合

ソースコード

object Main extends App {
  val opt : Option[String] = Option("文字列")
  println("Some判定: " + opt)
  val result = opt.get
  println("結果: " + result)
}

表示結果

Some判定 : Some(文字列)
結果 :...

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る