in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Rubyのcase文~whenの条件分岐を書く方法【初心者向け】

Rubyのcase文~whenの条件分岐を書く方法【初心者向け】

Rubyのcase文~whenの条件分岐を書く方法について解説します。

 
そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

case文の条件分岐とは

ある条件に合致した場合、ある操作をしたいといった処理は煩雑になりがちですね。

if文を利用することでも記述できますが、条件が多数あり、且つそれらが直行している場合には case文を利用することでよりわかりやすく記述することができます。その中で用いるキーワードが case と when です。

 

case文~whenの条件分岐を書く方法

case文〜when は以下のように記述することができます。

case object
when value1
  # object === value1...

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る