ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|「GWのキャンプ場まだ予約してない!」 穴場のキャンプ場の探し方と人気キャンプ場の予約の取り方…


写真 

「GWのキャンプ場まだ予約してない!」 穴場のキャンプ場の探し方と人気キャンプ場の予約の取り方…

 
内容をざっくり書くと
営業時間等につきましては必ずキャンプ場公式サイト等で最新の情報をご確認お願いいたします。
 

こんにちは、二児の母でほぼ毎週キャンプに行っているサリーです。あともう少しでゴールデンウィークですね… →このまま続きを読む

 ハピキャン

アウトドア情報発信メディア 「ハピキャン 」です。 メ〜テレ(名古屋テレビ放送)にて毎週水曜日深夜0時15分放送中の番組 「おぎやはぎ のハピキャン 」とも連動! 番組はGYAO!でも無料配信しています。YouTube「ハピキャンチャンネル」も!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

公式サイト

公式ウェブサイト(こうしきうぇぶさいと)
企業個人などが公式に運営管理するウェブサイト: Official Website
なお、「公式ホームページ」という言い方は本来は誤用である。
公式サイト (携帯電話)
携帯電話電気通信事業者(キャリア)がポータルサイトに掲載するウェブサイト


営業

営業(えいぎょう)とは、営利を目的として業務を行うことをいう。ここから転じて、ある特定の行為が営業と言い習わされている。また企業活動の集合体をさす言葉としても用いられる。以下にそれぞれ詳述する。

行為としての営業

人の行為としての営業は、営利(通常の意味としては利潤の獲得と言い換えられる)を目的として業務を行うことをいう。「酒屋を営む」という場合の「営む」が「営業」の意味であり、しばしば店先に掲示される「営業時間」という場合の「営業」もまたちょうどこの意味である。

先の説明のとおり、一般通念では、「利益を得る目的」で同種の行為を継続的・反復的に行うことを指す。

  1. 営利目的である限り、結果として利益を得ることができなかった場合でも営業に該当する。
  2. 当初に、継続・反復の意思がある限り、1回でやめた場合でも営業に該当する[1]

これらと同様に営利目的のため行われる業務であるが、何らかの商品を売り込むなど、プロモート活動をすることを特に営業という場合もある。

職業としての営業

営業職」「営業マン(セールス・パーソン)」や「飛び込み営業」という言葉に使われている「営業」がその意味である。また広義には顧客との折衝を担当する部門を言う(営業部)。

また、歌手(特に演歌歌手)や芸人などが地方や地域で比較的小規模な興行(インストアイベントも含む)を行うことを営業という場合もある。この場合の営業は、主にテレビラジオなどマスメディアを通じて多数人に露出するような仕事と対比する意味で用いられている。

法律上の営業は、営利目的で一定の行為を反復継続して行うことをいう。この概念が問題となるのは商法502条などに規定された営業的商行為の解釈においてである。商法502条に列記された行為は営利の目的でもって反復的・継続的に行われることにより初めて商行為であるとされる。

企業活動全体の呼称としての営業

法律上、営業は個々の行為ではなく企業の資産やその運用方法など企業活動全体を指す言葉として用いられることがある。人や会社が他者に営業譲渡する場合の「営業」とは営利目的の行為そのものを指すのではなく、企業活動に用いている設備や債権債務といった財産を中心とし、ノウハウや顧客情報・仕入先などの経済的価値を有する事実関係(「のれん」ともいわれる)までを含む組織体を意味する[2]

営業日・営業時間

営業を行う日(すなわち、休日でない日)を営業日といい、営業開始から営業終了までの時間を営業時間という。金融機関や風俗営業者など、法令によって営業日および営業時間に対する規制が定められている場合もある。なお、法令用語としては、特に商人でない企業(が想定される場合)について、「営業」という言葉を避け、異なる用語が用いられることがある。

営業日に対応するものとしては、下記のものがある。

営業時間に対応するものとしては、下記のものがある。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/inshi/19/01.htm
  2. ^ 金子宏ほか編『法律学小辞典(新版)』(有斐閣、1994年)

関連項目


 

Back to Top
Close