ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👍|広瀬アリスの投稿に騒然!“フジテレビが強要か”との疑惑も


写真 広瀬アリスの投稿に騒然!“フジテレビが強要か”との疑惑も (C)週刊実話Web

広瀬アリスの投稿に騒然!“フジテレビが強要か”との疑惑も

 
内容をざっくり書くと
フジテレビ、女子アナで話題の〝ステマ〟を広瀬アリスにも強要か?
 

女優の広瀬アリスが4月25日に自身のツイッターに投稿した写真に、ユーザーが騒然となっている。 「この… →このまま続きを読む

 週刊実話Web

男性向け週刊誌「週刊実話」のWeb版です。週刊実話本紙からの記事のほか、Web版オリジナル記事も提供。
他メディアとはひと味違う視点の独自ニュース、独自記事を配信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

日本のアナウンサー

本記事の日本のアナウンサー(にほんのアナウンサー)では、日本の放送局に勤めるアナウンサーについて述べる。

概要

アナウンサーとは、放送するマスメディアが、収拾した情報を元に作った原稿を音読して、視聴者へ伝達する者である。

日本の放送メディアで最初のアナウンサーは、1925年(大正14年)に現在はNHKにあたる東京放送局ラジオで声を発した京田武男とされ、当時のアナウンサー陣は他3名を加えた計4名であった。のちにテレビのアナウンサーが登場し、旧来の放送圏域が広い地上波のラジオやテレビに加えて、ミニFMイベント放送局コミュニティ放送ケーブルテレビ衛星放送インターネットラジオインターネットテレビなどが登場し、各々でアナウンサーがいる。下記の歴史に詳述がある。

欧米ではニュースは記者取材活動が重要と広く認識され、取材から原稿の作成・編集、読み上げまで一連する作業や、マイクや録音などの音声担当者やカメラマンディレクターアシスタントディレクターなども含めて組織的連携の全ての役割や人物が欠けても番組は成立しない、と広く認識されている。ニュースでマイクやカメラの前で原稿を読む役割を担う職業を、組織的な責任の最後を担う専門的職業の意味を込めた「アンカー」や「ニュース・プレゼンター」と称する概念が重要視されている。日本は欧米ほどの認識は醸成されておらず、放送で原稿を読む者を単に「アナウンサー」称している。民放では「アナ」と短縮形で呼ばれることも多い。2018年時点でNHKのアナウンサーはおよそ500人で男性の比率がやや高く、民放は局ごとに傾向が異なる。下記の雇用に詳述がある。

現在の日本のアナウンサーは、特定の放送局に社員として所属するアナウンサー(一般的に「局アナウンサー(略称:局アナ)」と呼ばれる)と、特定の放送局に所属しないフリーアナウンサーの2つに大別される。新卒で採用された組織で勤務する「生え抜き」と中途採用者がいる。アナウンサーの採用情報や求人情報は、各放送局のウェブサイトなどに掲載されている。アナウンサーの採用試験を受けるためには、大卒以上の学歴が必要である。アナウンサーという職種は枠が少ない上に一般人の間で知名度が極端に高く誰でも知っている職業なのでこの職業に就くことを夢見る若者が多く、民放キー局やNHKなどでは数名程度の採用枠に対して数千~数万倍の応募者が殺到する、というような状況になっている。#雇用#採用

アナウンサーは視聴者からの好感度が重視されるが、ラジオのアナウンサーの場合、声や話し方だけでリスナーから評価されるのに対して、テレビ放送の場合視聴者は画面でアナウンサーの顔を見続けることになるので、テレビのアナウンサーは声や話し方に加えて顔立ち・容姿でも視聴者から好感されることが重視される。

民放では高視聴率獲得(およびスポンサー獲得)のためにアナウンサーのタレントアイドル化を図るという技法も採用されている。

歴史

ラジオ放送開始時は経験者や手本になる資料などは存在せず、組織的な研修もできず、新聞記者や編集者から選抜された者が各自で話し言葉のスタイルを模索しつつ遂行した。

1925年(大正14年)3月22日社団法人東京放送局によりラジオ放送が開始され、東京日日新聞の運動部記者出身の京田武男が第一声を発した。放送開始時のアナウンサーは他に、大羽涛(大羽仙外)、熊崎真吉、桐野音次郎の3名がいる。6月に翠川秋子が入局し、日本初の女性アナウンサーとなった。

日本初のスポーツ実況中継は、1927年(昭和2年)8月13日の第13回全国中等学校優勝野球大会札幌一中青森師範の試合を、社団法人日本放送協会元銀行員の魚谷忠が担当した。

1953年(昭和28年)2月1日、テレビ放送が始まる。第一声は志村正順アナウンサーによる局名アナウンスで、続いて当時NHK会長の古垣鐵郎が挨拶した。

1961年(昭和36年)にNHKを退職して独立して1962年(昭和37年)に民放番組の司会に抜擢された、高橋圭三が日本初のフリーアナウンサーである。

アナウンサーの主な仕事

「自分の声・言葉」を用い「広く一般に事象を伝達する」ために、アナウンサーは正しい日本語能力を要し、文法アクセントに加えて放送局が内規する放送用語も順守する。主たる業務を下記する。

上記の「視聴者・聴取者」向けの放送への出演や取材の職務のほか以下のような放送以外の業務もある。

  • 番組出演の前打ち合わせと準備(メイク衣装合わせ、原稿の下読みなど)および反省会。
  • ディレクターを兼ねたり、編集作業の一部を担当(地方局ミニ番組では人員的制約によりこの傾向が強い)などの地味な作業もある。
  • 放送局関連のイベントの司会
  • 放送局やアナウンサー自身のブログtwitterの管理。

雇用

NHKの全国のアナウンサーの人数は、2018年時点で、およそ500人である。

男女比

NHKの正局員における現役アナウンサーは東京本部・地域拠点局を含む地方放送局を問わず、古くから男性の方が女性より比較的多い。

民放の放送局における現役アナウンサーは、かつては性別に分けると男性の方が女性より多いという局が比較的多かったが、2018年現在は性別に分けると一つ目は男性も女性も人数が同数という局、二つ目は女性の方が男性より多いという局が増加傾向にある。また、民放の放送局での現役アナウンサーの性別での伸び率は女性の方が高い。

勤務内容

若手を中心に宿直・早番・遅番などの交代勤務があり、早朝や深夜の生放送を担当する場合も含め、勤務時間や生活サイクルが不規則になる例も多い。報道・情報番組は準備のため放送開始2時間前には出勤する必要があるため、早朝番組で生放送する出演者は深夜(2~3時)に自宅を出る(もちろん公共交通機関は一切動いていないので、局差し回しのタクシー、または許可を受けて自家用車で出社。自動車通勤は交通事故の懸念から通常は許されていないが、地方局では通勤のための交通機関がない場合もあり自動車通勤が認められている放送局もある)など、その勤務実態は過酷である。

職務の性格上、勤務は曜日が基準となり祝日も無関係であるが、一般に年に1回5日間程度のまとまった休みをとることが認められている。一部放送局では、労働組合との協定で週休2日制を強く守っている場合もある。(NHKの地方局ではその傾向が顕著である)社員であるため年次有給休暇も与えられるが、ほとんど消化できないのが現状で、1〜2か月まとめて消化してから退社するといった例も多い。正職員アナウンサーが嘱託となって継続雇用される場合でも、同様の例が多い。

地方局の場合はスタッフの人員が少ないため、アナウンサーであっても報道記者やディレクターなどの裏方仕事を兼務する例が多く、支局駐在となる例もある。

職場環境・福利厚生

局アナウンサーは、編成部門のアナウンス部あるいは放送部などに属している。労働条件については正社員のほか、契約社員として勤務している者もいる。局アナウンサーは「社員」なので、基本的に局内に机もあり、仮眠室・食堂・ネットワーク・保険など社内の施設・福利厚生を利用できる。

様々な雇用関係

放送局の正社員・契約社員として所属している者のほか、芸能事務所制作会社からの派遣社員も存在する。在京キー局ではTBSTBSニュースバードのキャスターや、TBS954情報キャスター(ラジオのみの出演)などが派遣社員でほぼ派遣先の放送局の専属出演する。TBSの場合、これらのキャスターは地上波放送への出演は少なく、それぞれCS放送やラジオへの出演が中心となる。局によっては「リポーター」「パーソナリティ」と称する。なお、ラジオ局の場合は中継車の運転やディレクター業務などアナウンス業務以外の業務も担うことがある。

フジテレビは、かつて「専属リポーター・司会者募集」の名目でアナウンサーを募集していた。これは当時同局に存在していた「労組・第二労組」の2組織に対し、創業者の鹿内信隆が、組合所属のアナウンサーをそのまま“アナウンサー”と呼び、第二組合の所属者を“リポーター”(正式名は「報道局解説放送室付リポーター」)や「司会者」と呼んで差別化を図っていた、いわゆる会社の内紛に起因した事象である。どちらも業務内容は全く同じで、これがアナウンサー採用試験と知らずに受験した者もいた程だった。田丸美寿々辛坊治郎らもその一員とされる。辛坊はこの事実を知りフジテレビに入社せず、読売テレビに入社した。

GyaOは「ギャオーディション」というオーディション番組でアナウンサーを募集した。これはGyaOでのアナウンス業務をはじめ、ドラマ・バラエティ・映画など、自社媒体の番組へ出演する者の公募であり、GyaOを運営していたUSENの社員としての募集ではないので、一般にいわれる局アナウンサーとは意味が異なる。

契約アナウンサー

契約局員 (NHK) ・契約社員(民放など)は「契約アナウンサー」と呼ばれる。人件費削減の波を受け増加傾向にあるが、契約社員の直接雇用等、今後の課題が残されている。

契約アナウンサーは女性に多く、男性では少ない。

NHKは多くの場合、女性アナウンサーの事例にあてはまる。職員・契約を合わせたアナウンサーのうち、女性は職員アナウンサーが少なく、配属されていない地方放送局もある。そのため、各放送局が個別で契約アナウンサーを採用する例が比較的多い。

芸能事務所(東京・地方を問わず)に所属している放送局の契約アナウンサーも少なからず存在している。

契約アナウンサーをキャスターまたはリポーターと称している。そこからNHKの正職員・局アナウンサーとなったのは、現在までのところ森田美由紀荒木美和の2人である。

民放ローカル局を中心に契約社員を採用する局が増加しており、非正規雇用がアナウンサーの分野にも広がっている。

フリーアナウンサー

この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。完全なフリーランスでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。

局アナとフリーアナウンサーの仕事内容に実質的な違いはないが、雇用形態に大きな差がある。局アナは社員・職員としての給与と仕事の供与、労働三権が保証されている代わりに、社命である業務や異動を基本的に断れない。勤務地が大きく変わることはないが、別の分野を担当させられる。要は局アナは「会社員」(NHKのみ「団体職員」)であり、その権利と同時に組織の一員としての義務を負い、局の方針に反することはできない。一方、フリーアナウンサーは、雇用契約契約書の形式や内容が異なり、仕事内容が明記・限定された形で契約書に署名する(つまりその特定の仕事限定、端的に言えば、特定の番組限定で出演する契約を結ぶ)。仕事の契約は、事務所や知り合いの紹介、オーディションなどを通じ自ら競争を勝ち抜いて獲得する必要があるが、別の角度から言えば、嫌な仕事に関しては契約を結ばなければよいので「仕事の内容を選ぶことができる」とも言える。逆に言うと、仕事内容や契約相手の局は選べるかわりに、どの局からも相手にしてもらえず、全く仕事が無い状態になり無収入になってしまう可能性もある、とも言える。つまりテレビ局の側にも、多数のフリーアナウンサーの中から自局に都合のいい人を選ぶ自由があり、契約を結ばない自由がある。

フリーになる人の動機はさまざまである。そもそも最初からフリーアナウンサーとして活動している人々もかなりの数いる。別業種からの転職者もいる。局アナがその局の番組に出演して獲得した知名度を活用して(その知名度を他局に高く売れるあいだに、と)フリーになる場合もあり、その場合、単純に高収入の可能性があることに惹かれてそれを選ぶ人もいる[1]。「自分を試したい・仕事の幅を広げたい」という理由を挙げる人、つまり他局でフリーでならばもっと違う仕事で実力を発揮できるはず、と感じるから(あるいは、そういう建前で)フリーを選ぶ人もいる。もっと違う理由で、たとえばテレビ局が報道らしい報道を行っておらず権力者におもねったような腐った報道をするばかりで、おまけにテレビ局のプロデューサーがスタッフやアナウンサーに対してセクハラを連発していて、そういう問題だらけのテレビ局にうんざりして、別の局で仕事をするためにフリーになる場合もある[2]

フリーになった後の報酬の額は、一種の「運」や、自身のアナウンサーとしての実力、自身の世渡り術、そして外部の諸要因という大きな要素群[3]など、さまざまな要因が影響する。成功できると思って退社してフリーになった途端に病気に罹ってしまい、無収入になってしまう場合もある[4]。自分には実力があると信じ高収入を得られると期待してフリーになっても、ふたを開けてみたら収入が大幅減となってしまい、後になって自己評価と他者評価に大きな乖離があったことに気付かされる場合もある[5]。運にも恵まれ、外部要因にも恵まれ、かつアナウンサーの実力もあり、世渡り術にもたけている場合は、フリーアナウンサーになることで局アナよりも高額の収入を得られる例もある。(ただしフリーアナウンサーは各種手当や福利厚生もなく、業務必需品は自分で揃える必要があり、実は単純に額面通りの差だけ豊かになるわけではない。正社員というのは、"見えない"形で様々な報酬を得られており、フリーになるとそれが消滅する、という面はある。)。仕事のミスに対する批判や視聴率の評価は、局アナウンサー以上にシビアであるとされる。(野球チームが雇う「助っ人外人」のように)即戦力扱いで実際に高視聴率という結果が出た場合は「便利なコマ」として扱かってもらえて高報酬を払ってもらえる可能性が高いが、一旦、何かの拍子に視聴率低迷などという現象が起きると、実力不足などと判断され、(「もはや用なし、と判断された 助っ人外人」のように)番組プロデューサーから簡単に見切られがちで、つまり一種の「使い捨てのコマ」扱いで、単純に契約解除となり、局アナ(正社員)のような「セーフティネット」は無く(他番組の仕事をあてがってもらえるわけでもなく、他部門に所属する形で給料を支払ってくれるわけもなく)、仕事も無くなり無収入になってしまう可能性もかなりある。つまり局アナからフリーアナウンサーになることは、わかりやすく言うと一種の《賭け》であり、博打(ばくち)を行うような状態、「イチかバチか[6]」の状態になる。そんなわけで、フリーになると決め辞表を提出した時は平気だったのに、いざ退社の時期が迫って自身の境遇が変化することをひしひしと感じ始めると悪夢を見たり、辞めてしまった後になっても、辞表を出したこととか辞めたこととか全部ナシにならないかな…と思ったり、もう今さらしょうがない、と思うなどして、長期間気持が揺れ続ける人[6]もいる。

なお、局アナが所属局を退職してフリーアナウンサーに転身する場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間他局への出演を控えるという慣例がある。明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。系列局制作番組や企業のコマーシャルへの出演はフリー転身直後でも可能の場合あり。

その一方で、大塚範一小倉智昭露木茂羽鳥慎一のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。特に羽鳥は日本テレビ退職の数日後にテレビ朝日でレギュラーでの冠番組を開始させた。この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという。羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある[7]。また、一時期の三雲孝江小宮悦子高島彩、ラジオ局の元アナウンサーなどのように、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する。

NHKアナウンサーがフリーとなる場合、初めのうちは民放局と専属契約を結び、軌道に乗ったら完全フリーに、という傾向が多い。羽佐間正雄久保純子のようにNHK退職直後にNHKと専属契約した人物もいる。ただし、専属契約となる形でのフリーだけではなく、在京キー局や在阪準キー局への移籍というパターンもある[8]

採用

新卒採用の場合、4年制大学卒業を必須としている局がほとんど(地方局では短期大学卒業者を採用対象とするところもある)で、さらに募集要領には年齢制限、留年制限を設けているところが圧倒的に多い。また、大学のコースは文系・理系は関係無く採用対象となる。また、NHKのみ毎月のNHK受信料を払っている事も条件である[注 1]。また総務、制作などの部門とは採用枠が別に設けられていることも多い。前述の通り非常に人気の高い職種であるため、その競争率は非常に高くキー局アナウンサー試験の倍率は芸能オーデションの倍率をも凌駕する倍率である。居住地や出身地以外、さながら日本全国の放送局に対し応募書類を送ることも珍しくはなく、面接の度に日本全国を行脚する志望者もいる。学生時代にアルバイトでアナウンサーやリポーターの経験を積むか、アナウンススクールで指導を受けた方が有利であるとされる(NHKの三浦拓実局員(ラジオNIKKEI主催レースアナウンサー養成講座第1期生)がその一例)。一部の大学には「アナウンス研究会」というサークルまで存在する。

採用試験(面接試験を含む)では正しい日本語が話せるか、好印象を与える雰囲気・容姿を持つか、とっさの機転が利くかなどが重視される。語学やスポーツといった、業務に活かせる得意分野が求められる場合もある。

入社後は、数か月間の研修の後、短時間のナレーション提供読みスポットニュースのような難易度の低いとされる業務に就き、多くの場合、入社後半年から1年でレギュラー番組出演となる。初めての生放送出演は「初鳴き」と呼ばれることもある。稀に、研修と並行して4月の入社時からレギュラー番組を獲得する例もある[注 2]。こういった例は人員の少ないローカル局がほとんどだったが、後にキー局でも見受けられるようになった。放送局などが直接運営するアナウンサースクールを実質研修の場と捉えていることがある。また災害対策基本法指定公共機関に指定されているNHKでは、深夜のニュースの放送終了後、全職員を対象にした災害発生時(特に緊急地震速報津波警報発令時)の緊急報道訓練をほぼ毎日実施しており、アナウンス部所属局員もその訓練を受ける。

非大都市圏の放送局を中心に、コストダウンのため、新卒採用であっても正社員としてではなく、期間を区切った契約職として採用する事例が増えつつある。これらの場合、契約満了時に解雇するか、それとも契約延長または正社員転換で残留させるかは、それぞれの放送局の判断に委ねられている。

2001年10月1日にTBS(現・TBSホールディングス)がラジオ部門を分社化させたのを皮切りに、認定放送持株会社移行を含むラジオ・テレビ部門の分社化が相次いでいる[10]。分社化したテレビ・ラジオ各局のアナウンサー募集・採用は人件費削減の観点からテレビ局側が行っており、ラジオ局に「アナウンサーの派遣業務」としてアナウンス業務を行っている。さらに、ラジオ局の送信所保守管理も経費削減の観点からテレビ局に委託している。

異動・転勤・昇進

多くの放送局では、アナウンサーは専門職とされるため、業務内容が大幅に異なる部署への異動になることは少ない。ただし、業務内容が近い報道記者への異動や解説委員就任、国内外の拠点への異動、本人の強い希望がある場合の異動もある。また、報道記者に転出しても主にワイドニュースなどニュースキャスターとして出演を継続する元アナウンサーもいる。地方局の一部ではアナウンサーの肩書きを残したままで報道記者兼任という場合もある。また、現在は少なくなったが、放送局を新規に立ち上げる際、所属予定の系列局もしくは立地地域の既存の放送局から新設局のアナウンス部門の指導員として出向する例もある。

従来は異動の少ない業種だったため、一般部署への配置転換が否定的に報じられる事もある[11][12]。しかし2000年代頃より、アナウンサー個人のスキャンダルに対する一種の懲罰や、テレビ放送の完全デジタル化による負担増に伴う人件費抑制策などで人事異動を全社規模化する放送局が増えており、アナウンス業務から外される事例は珍しくなくなっている。

NHKの女性職員アナウンサーも以前は東京本部(渋谷)に転勤になるとほとんど動かない例が圧倒的だったが、2010年代に入ると40歳代以上は管理職として、30歳代については男性局員との格差是正を主眼として、渋谷から強制的に転勤させる例が急増している。2011年は、年度替わりに30歳前後の2人が渋谷から出されたほか、6月24日付の幹部級人事では一気に5人が地域放送局のアナウンス統括職に起用され渋谷から転出、1人が渋谷内部で配置転換となった。なお、NHKの男性局員は全国各地を転々とするのが普通で(管理職クラスでも例外はなく、2021年には武田真一大阪局に転勤した。)、その途中、人事でアナウンス部門から離れることも珍しくない。入局以来、渋谷で働いた経験がないという事例も少なくないほか、渋谷で長く残れる人もほんの一握りである。中にはその地方の土地柄や環境などを気に入り、まで建ててその地方局に継続的に、または職歴の大半において在籍するアナウンサーも極く僅かではあるが存在する。(一例としてNHKでは盛岡局上原康樹(現・岩手県議会議員)、佐賀局三上たつ次など)

鈴木史朗(当時TBS)のように別部署に異動していた元アナウンサーが復帰する例があるほか、報道記者が転身する例もある。対して、他部署から新たにアナウンサーになる例は、1980-90年代のテレビ東京などに見られる程度で少ない。また、アナウンス部以外の部署に所属していても番組出演機会がある場合、「アナウンサー」の名称を用いる例もある。

キャリアを重ねて管理職や役員待遇になると「チーフアナウンサー」や「エグゼクティブアナウンサー」の肩書きを持つ例が多い(主にNHK)。管理職もしくはベテランアナウンサーとなると、後輩の指導を行うほか、部内のアナウンサーのスケジュール管理業務や経営・企画会議の参加が増えるため、番組出演がやや少なくなる傾向にある。ただし、労働争議によるストライキで組合員である若手アナウンサーが出演を見合わせた場合、彼らの代役として主に生放送番組に出演する例もある。主にスポットニュースやワイドニュースが該当する。ただし番組によってはワールドビジネスサテライトのように、元々担当しているフリー契約のアナウンサーやナレーターのみで乗り切る例もあれば、補いきれない場合は管理職のアナウンサーが出演する。ただ局によってテレビ東京のように人員が少なく補いきれないこともあり、その場合は同じ局で出演している同種番組のフリーアナウンサーが担当することもある。

アナウンサー現職のままの役員就任は、2003年に朝日放送取締役に就任した道上洋三(2007年に退任、現:常勤顧問)などの例はあるものの稀で、アナウンサー経験者の役員の多くは他部署への異動後に就任している。

仕事を求めて別の局へ移籍する例もある。地方局は契約社員であるなど身分が不安定なこともあってとくに多く、3社以上を渡り歩く者もいる。中途採用は経験者がほとんどであるが、異業種からの転職も見られる。

退職、他局への転職、フリー転身など

地方局を中心に複数の放送局に在籍している(していた)局のアナウンサーは多く存在している。また、1つの放送局の在籍期間は放送局を移籍した2局目か2局目以降に在籍した期間が最初に在籍した放送局よりも長いと言う例も多い。


様々なアナウンサー

スポーツアナウンサー

該当者はCategory:スポーツアナウンサーを参照。スポーツ中継の実況担当は男性アナウンサーが務めることが圧倒的に多い。

中立且つ冷静な放送が求められるアナウンス職にあって、自らの興奮や感動をストレートに表現することが許される分野で、野球のホームランシーンなどを大声で伝える「絶叫型」アナウンスがある。しかし、これを良しとしない意見もあり、視聴者・聴取者(リスナー)の好みによる所が大きい。また、世相や試合状況にアナウンサーが応えられるかにもよる。

1936年のベルリンオリンピックで、水泳女子の前畑秀子が金メダルを獲得した際、ラジオ中継を担当していた河西三省は、激しいデッドヒートを受けて「前畑頑張れ!前畑頑張れ!」と38回連呼し、日本中に感動と興奮を伝えた。

一方で、2000年9月14日のシドニーオリンピック、サッカー日本代表の試合で得点の際「ゴール!」を20回以上(最大29回)叫んだ日本テレビの船越雅史(現在はアナウンス職から離脱)の実況には多くの批判・抗議が寄せられた。

ご当地アナウンサー

そもそも使用例が少ないが、特に三大都市圏以外の道県において、放送局の放送圏域内で生まれ育って、同局でアナウンサーとして活動する者を指す(ただし、単に「地元の放送局所属のアナウンサー」という使用例もある[13])。

NHKは全国組織であるため、基本的に一定年数同じ地域に勤務した場合は、他の地域へ転勤となる。このため、出身地で勤務できる可能性はそれほど高くない。しかし逆に地元勤務となった場合は、そのことを最大限に利用して地域社会に貢献することができる。近年各放送局の役割再強化を図っているNHKに於いては、ご当地アナウンサーは重要な戦力となる。

富山では、山田重光が福岡を一旦離れてUターンして以降、アナウンスを統括する放送部副部長が3代続けて地元富山県出身者となっている。隣の新潟では、2009年8月の時点で6人いるアナウンサーの半分が地元新潟県出身者だった(後に転勤で1人出て2人に)。拠点局ではない一般放送局でこうした事例はまれである。山形県では、柴田徹がUターン後、山形弁でふるさとを語るバラエティ番組『今夜はなまらナイト』を立ち上げ、今や全国にファンを有する。拠点局でも、名古屋は単身赴任者を含め愛知県出身者が多く在籍している。

民放はNHKと異なり、特定地域だけをエリアとする。「キー局」と呼ばれる在京局も、本来は東京都または関東のローカル局であり、NHK以上に地域に根差した活動を行っている。

民放の中には、法令改正で差別的雇用が禁じられるまで、アナウンサーの採用にあたって、その放送局が所在する都道府県の出身者に限るという条件を付ける場合があった。

サガテレビでは、少なくとも1990年代までは正社員としてのアナウンサー採用を佐賀県出身者に限っていた。県外出身者については、あくまでもニュース番組のアシスタントとしての扱いだった。現在は特に女性アナウンサーを契約職採用中心に切り替えたため、こうした制限はなくなった。正社員アナウンサーは公式サイトに全員入社年が記されており、2010年にが初の県外出身正社員アナウンサーとして入るまで全員が佐賀県出身者だった。

テレビ大分では、現在でもアナウンサーの採用を大分県出身者に限っている模様である。しかし、小笠原正典アナウンサーと、田辺智彦アナウンサーは、県外生まれである。そのため、アナウンサープロフィールの出生地が、その他のアナウンサーと違う。

女子アナウンサーとその背景

女子アナウンサーは、通称「女子アナ」として、その「タレント化」が顕著であるとされる者を特に指し、揶揄的に用いられる場合がある。特に民放、中でも東京キー局では「タレント化」の傾向が極めて著しい。

1980年代後半以降に採用された女子アナウンサーの大半が、俗に言う「ブランド大学」(東京六大学関関同立など)の出身であり、またミスキャンパスに選出された経歴を持つ者も少なくない。また、業務上必要なアナウンス技術よりも、容姿を優先したり、誤読やトチリなど本来は許されないはずのミスを視聴率獲得のため珍重した結果、芸能人さながらの扱いを受ける例が多いと見る向きもある。さらに2000年代以降は平井理央紺野あさ美宮澤智斎藤ちはるなど元アイドルが女子アナとなる事例が見られる。

「下手な芸能人を使うより、自局の女子アナを起用した方が視聴者受けがよく、しかも安価」と彼女らを「商品化」するのは、「とにかく視聴率ありき」という商業主義の民放テレビ局の姿勢も大きいと見られる。また、女子アナにコスプレをさせることも多い。

その結果、キャリアを積み、「読みの技術」が高まった中堅アナウンサーを、「若い方が良い」、「バラエティ番組で使いづらい」との理由で冷遇する傾向があり、これは「女子アナ30歳定年(限界)説」なる言葉をも生んでいる。ただ、NHKでは女性であっても入局後数年間は東京・渋谷以外の地方局に配属してアナウンサーとしての技量を磨きキャリアを積ませるという方針があり、「若さ」や「鮮度」よりもアナウンサーという「職業」として求められる技量を重視する傾向が強いので、民放とは全く事情が異なる。そのため、NHKでは逆に30歳を過ぎた中堅局員(和久田麻由子局員など)が重用される例が多い。

民放では「売れっ子」女子アナウンサーはその多くが20歳代で、30歳前後の年齢を一つの転機と見るのは一般的なOLと同じである。さらに「見られる職業」の最たるものであるため、その「鮮度」が露骨に求められ、30歳頃までに人気や実力を確立できなかった者は、容赦なく裏方に配置替えされ、次々に姿を消していく。「女子アナ30歳定年(限界)説」はこういった事象を背景にしており、女子アナウンサー本人がこれに言及している例もある[14]また、かつてフジテレビでは25歳での結婚退職を強制していた。[要出典]

女子アナは男性プロデューサーやバラエティ番組で共演する男性タレントからセクシャルハラスメントを受けることが多くあるほか、局の幹部から接待の相手役に繰り出されることも多いとされる。これらの行為にも女子アナは番組キャスティング権を持つ重役からの命令であるため、否定できないという。女子アナがフリー転身を決断する背景にはこの風潮も一因であるとの見方もある[15]

女子アナウンサーの系譜

かつて女性アナウンサーの担当する分野は、料理育児手芸をテーマとする番組や、インタビューの聞き手などが主だった。

今日のようにタレント並みに注目を浴びる女子アナウンサーにつながる系譜は、1975年フジテレビに入社し、同局初の女性キャスターとなった後、女子アナウンサー史上初のスキャンダルを起こした[16]田丸美寿々[17][18][19]1978年NHKに入局し「TVガイド」の表紙を飾ったり、民放への大型移籍や玉の輿婚が話題になった頼近美津子らを端緒とする見方や[18][19][20][21]、1980年代前半のフジテレビアナウンサーによる当時は異例だった「コント色の強いバラエティ番組への参加」からなど、いくつかの見方がある[22]1977年入社の益田由美は、なるほど!ザ・ワールドで体を張ったリポートで、「ひょうきん由美」と呼ばれ親しまれた。1980年入社の山村美智子1984年入社の寺田理恵子1985年入社の長野智子は、オレたちひょうきん族に「ひょうきんアナウンサー」と称され司会を務めた。

女子アナウンサーは「女子アナ」と略されることが多いが、この略語を誰が最初に作ったのかは定かではない。今とほぼ同じ意味での概念が成立し、この言葉が使われ始めたのは1980年代後半からとされることが多い。「女性アナ」という言い方ではこれ以前からあった。頼近のフジテレビ移籍を報じた1981年当時の週刊誌には「女性アナ」という表記が多く使われている[23][24]1987年にフジテレビ出版から発行された同局アナウンサーを取り上げた書籍『アナ本』の中にはすでに「女子アナ」という表記が見受けられる。現在も「女性アナ」と表記することもある[25]。「女子アナ」と「女性アナ」という表記が混在する記事もみられる[26]

続編として1991年に発行された『アナ本2』では、当時「花の三人娘」と呼ばれた、有賀さつき河野景子八木亜希子に焦点が当てられた。1993年には、日本テレビの人気アナウンサー永井美奈子ら3人からなるユニット「DORA」が結成され、CDをリリースした。

女子アナウンサー路線はフジテレビ、次いで日本テレビが先行していたが、TBSには1993年に雨宮塔子が、1994年進藤晶子が入社しそれぞれバラエティ番組とスポーツ番組で局の看板アナウンサーとなった。NHKには1994年に久保純子が入局し看板アナウンサーとなった。以後女子アナウンサー人気の定着とともに、各局とも女子アナウンサーと呼ばれるアナウンサーが増えていった。

1990年代後半から芸能事務所「セント・フォース」などは女性キャスター、リポーターに特化したマネージメント展開を行い、各局のニュース・ワイドショー番組に所属タレントを派遣。各局を退職したアナウンサーを所属タレントとして受け入れるほか、学生の所属タレントがその後、出演していた局のアナウンス職として採用される事例も存在し(本田朋子など)、さらには局との共同出資で芸能事務所(フォニックス)を設立するなど、局と事務所、相互の関係を深めている。

また、滝川クリステル(共同テレビ→フリー)、葉山エレーヌ→石田エレーヌ→葉山エレーヌ(日本テレビ)、加藤シルビア小林悠(共にTBS)、ヒロド歩美ABCテレビ)など、ハーフのアナウンサーが多く起用される傾向も見られる。外国人とのインタビューに際し通訳を介さず直接取材できる人材としての帰国子女や海外留学経験者と同等の理由で採用されているが、日本人のハーフに対するイメージから採用が多くなっているとも見られる。滝川、葉山(石田)などは当初は日本名で活動していたが、局のイメージ戦略のために意図的に外国名を名乗っており、タレント化の是非を巡る議論の一端となっている。

タレント化に関する論議

バラエティ番組やクイズ番組などで、社会的常識に欠ける発言や回答をするアナウンサーが時折見られる。これは「資質低下」だと厳しい指摘がされることが一般的だが、視聴率獲得目的の「演出」や一種のやらせも入っていることがある、と内幕が暴露されることもある。元日テレアナウンサーの石川牧子が「若者の読み書きの能力は年々低下している」「入社希望の学生の漢字テストの成績が良くない」と語っている他、日本テレビOBの福澤朗も自身のブログで、「非常に憂慮している」とした上で、「テレビはもうアナウンサーを必要としていない」と苦言を呈している。有賀さつきは、出演者の瞬間的なリアクションに、自分を含めた番組製作者らは台本にはない魅力を共有しており、自分もボケの役割をある程度進んで引き受けていたことや、社会的常識があるはずの局アナのイメージを逆手に取った、演出の一面があったことを明かしている[27]

兼業、副業、他職種への進出

日本の局アナウンサーは放送局の企画で歌手デビューをしたり、ドラマや映画にチョイ役の俳優として出演するという例も存在する(劇中の情報・報道番組に出演するキャスター役に起用されることもある)。

例外的ではあるが、局アナウンサーであっても、放送局同士のコラボレーション企画等により他局の番組に出演する例もある。この影響で局アナウンサーが裏番組と重複出演となる例もある(詳細は「小林麻耶」の項を参照)。その他、放送局同士の共同制作番組を放送する際、その広告に各局アナウンサーが勢揃いで出演することもある。また、東京オリンピックに向けて様々な局同士の連携がなされた。

本名で活動する者が多いが、中には芸名を用いる者も存在する(局アナ・フリーアナウンサー双方。ラジオの場合は「マイクネーム」と呼ばれることもある)。

局アナウンサーの中には会社への報告を行う事を条件として、講演会や結婚式の司会などの副業を行う者も存在する。有名になるに連れてだんだんとアルバイトでの収入も増え、所属局から貰う給料の倍以上の額を稼ぐ程になることもあるという[28]

テレビ局所属のアナウンサーはかつて水着着用で番組出演をする場面が見受けられたが、1990年代後半頃からは各局男女ともに水着姿での出演を規制するようになった(ただし、例外もある)。2015年現在、日本テレビの場合、アナウンサーを極めて高度な清廉性が求められる職種と位置づけている[29]

放送メディア以外の職業

後述のように、放送メディア以外の分野でアナウンス活動を行うものも存在する。後述以外にも「ラジオパーソナリティ」、「ディスクジョッキー」、「声優」、「ナレーター」、「朗読家」なども求められる資質が似ていることから、アナウンサー業と掛け持ちする例がある。

司会業

選挙関連

選挙立候補者の応援演説や、選挙カーから候補者名や政策を連呼する活動が知られる。女性の場合、その声を鳥に例え「ウグイス嬢」と呼び、むしろ正式な呼称がない状態が生じている。男性の場合「カラス君」や「カラスボーイ」の俗称があるが、女性が一般的なのであまり使われない。

場内アナウンス

アナウンスは英 announce 、announcement であるが、場内アナウンスとは、催し物の会場の中や駅の構内の人などに放送で呼びかけること。競技場ホールなどで、選手交代や演目などの案内を観客に告げる職業。

用例でみられるのは、『風ふたたび』(1951、永井龍男)に、野分かな「ざわめき立った客席へ、場内アナウンスが道原の名を呼びかけた」、『星のない街路』(1958、北社夫) 「さまざまな人種の旅人がバッグをさげて行きかっている。合間を案内を告げる場内アナウンスが縫ってゆく」など、使用されている。

女性の場合「ウグイス嬢」の俗称が、男性の場合は「スタジアムDJ」と称される場合がある。これらと意味合いの異なる場内アナウンスとして、競馬などの公営競技における場内実況(中央競馬におけるグリーンチャンネル等の他媒体向けの実況と同じ)を担当する職業もある。

リングアナウンサー

プロレス、ボクシングなどの格闘技において選手コール、進行業務などをするアナウンサー。実況アナウンサーとは異なる。

ナレーターコンパニオン

商品説明や司会進行を担当するイベントコンパニオン

公式サイトの掲載プロフィール

顔写真・生まれた月日(テレビ朝日は掲載していない)・大まかな出身地・血液型は掲載されている例が多く、対して放送局に入社した時期・生まれた年・出身大学・身長などは掲載されていない例も多い。なお、公式ウェブサイトの顔写真は公式プロフィール写真として、番組や放送局関連のイベントのウェブページや案内に使われる例が多い。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ただし、NHKの受信料が免除された場合を除く。
  2. ^ 入社時と同時期に行われる春の改編期に伴う新編成の都合上、中には入社式の前に番組に出演するケースもある[9]

出典

  1. ^ 一説には「実力がある人ならば、フリーになれば10倍以上になる」ともいわれ、そういう話に心が動くのだろうと、つまりお金に惹きつけられることも多いのだろうと、容易に推察できる。
  2. ^ 小川彩佳アナを追放した報ステCPセクハラ懲戒 10人以上が被害
  3. ^ 世の中の視聴者の大きな動向、当該テレビ局側の諸事情、テレビ局vsテレビ局の競争状況、裏番組の状況、競合フリーアナウンサーたちの動向 等々
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ a b [3]
  7. ^ 週刊実話』2011年10月13日 特大号
  8. ^ 代表例:TBS土井敏之NHK佐賀局)、MBS田丸一男NHK大津局
  9. ^ テレ朝・斎藤ちはる、入社式前にアナウンサーデビュー「楽しかった」”. ORICON NEWS (2019年4月1日). 2021年4月2日閲覧。
  10. ^ かつてラテ兼営だったTBS(現TBSホールディングス)は2001年10月1日よりラジオ部門を子会社に継承。その後テレビ部門も放送免許と現業全般を子会社に分割承継し、放送免許は「TBSテレビ」と「TBSラジオ(分割承継当時の商号はTBSラジオ&コミュニケーションズ)」に分離(コールサインをラテ別々化)。STVは2005年10月1日よりラジオ部門を親会社の「札幌テレビ放送」より分社して子会社の「株式会社STVラジオ」に継承(ただしコールサインは網走局を除き開局当初からラテ別々)。中部日本放送は2010年7月1日よりラジオ部門を子会社化。その後テレビ部門も放送免許と現業全般を子会社に分割承継し、放送免許は「CBCテレビ」と「CBCラジオ」に分離(コールサインをラテ別々化)。朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス)は2018年4月1日よりラジオ部門・テレビ部門を子会社に分割承継し、放送免許は「朝日放送テレビ」と「朝日放送ラジオ」に分離(コールサインをラテ別々化)。
  11. ^ 入社29年目で“左遷” フジ川端健嗣アナに何が… 日刊ゲンダイ2013年8月6日掲載記事
  12. ^ 中野美奈子と同時に卒業した2人の女子アナ“気の毒”な最後 週刊ポスト2012年7月13日
  13. ^ 7/23(土)ご当地アナウンサー8人が集結!Koboスタ宮城で“わくわく夏まつり満喫対決”を開催!(楽天野球団)
  14. ^ 大橋未歩 『大橋未歩のミホちゃんねる!』 集英社、2006年、ISBN 978-4087804379、190頁 等
  15. ^ 週刊ポスト』2013年6月21日号
  16. ^ 週刊現代』 2008年8月23、30日号 25-27頁。
  17. ^ ウィンウィン対談 田丸 美寿々さん 「報道特集」ニュースキャスター逸見政孝氏 田丸美寿々を「20年に一人の逸材」と語っていた(NEWSポストセブン)日本初の女子アナ 1年で退社し9年後年下男性と心中した(NEWSポストセブン)田丸美寿々さん: わたしと司法 | 関東弁護士会連合会
  18. ^ a b 「女子アナ体張りすぎ!30年史」『FLASH』、光文社、2013年9月10日、 p.50、2014年5月17日閲覧。
  19. ^ a b asahi.com(朝日新聞社):元祖美人アナ頼近美津子さんが死去 Archived 2009年5月23日, at the Wayback Machine.(新聞記事と内容は若干異なる)。元祖美人アナ頼近美津子さんが死去、53歳
  20. ^ 女子アナウンサーがタレント化するはしりとなった(朝日新聞、2009年5月20日、35面)。
  21. ^ 河野景子、八木亜希子ら80年代フジ女子アナ列伝 - NEWSポストセブン
    美人女子アナの草分け…頼近美津子さん死去(芸能) ― スポニチ 2009年5月20日、20面 Archived 2009年5月21日, at the Wayback Machine.
    元祖アイドルアナ頼近美津子さん、食道がんで死去 - 芸能:ZAKZAK
    追悼・頼近美津子さん 音楽を愛し、音楽に支えられ サンケイスポーツ、2009年5月20日、21面[リンク切れ]
    週刊ポスト」2009年6月5日号 小学館、30頁。
    「週刊ポスト」2012年1月1・6日号、58-61頁 「史上最強の女子アナは誰だ!!」
    女性自身」2009年6月9日号 光文社、50頁。
    文藝春秋」、2009年7月号、文藝春秋、276頁。
    『アナウンサーのすべて 女性編』共同通信社1998年、60頁。
  22. ^ 河野景子、八木亜希子ら80年代フジ女子アナ列伝 - NEWSポストセブン
  23. ^ 週刊サンケイ』 1981年2月11日号 26頁。
  24. ^ 週刊朝日』 1981年2月23日号 37頁。
  25. ^ 民放キー局:女性アナ5人が出演する北京五輪放送CMが完成
    お笑いナタリー - 女芸人とテレ東女性アナがやりすぎ騎馬戦バトル
    日テレ女性アナが自殺か/主要ニュース速報/デイリースポーツonline
  26. ^ 見出しが「女子アナ」で本文では「女性アナ」という表記(女子アナ行かぬW杯 治安に不安、TV各局派遣見送り)。
  27. ^ 有賀さつき 『さつき白書』 浪漫新社、1994年、ISBN 978-4847012020
  28. ^ アナウンサーの結婚式司会は闇営業なのか?”. アサ芸ビズ(2019年6月24日作成). 2019年6月29日閲覧。
  29. ^ 【NHK】「アナウンサー内定取り消し 一転採用へ」

参考文献

  • NHKアナウンサー史編集委員会 『アナウンサーたちの70年』 講談社、1992年、ISBN 978-4062032322
  • 日本放送協会 『20世紀放送史』 日本放送協会、2001年、ISBN 978-4140071991
  • 小松克彦、女子アナ愛好会 『新・女子アナ時代』 双葉社、2000年、ISBN 978-4575290769
  • 共同通信社 『アナウンサーのすべて[女性編]』 共同通信社、1998年、ISBN 978-4764130364
  • 岡野敏之 『女子アナぱこぱこ大図鑑』 讀賣新聞社、1993年

関連項目

外部リンク

広瀬アリス

広瀬 アリス(ひろせ アリス、: Alice Hirose1994年12月11日[5] - )は、日本女優ファッションモデル

静岡県[1]静岡市[2]清水区[3]出身。フォスタープラス所属。妹は女優・ファッションモデルの広瀬すず

来歴

生い立ち

1994年、静岡県に生まれる[1]。小学6年生の時に、地元のお祭りで現在の事務所にスカウトされる[6][7]。その時はバスケットボールに熱中し[8]、芸能界には興味がなかった。日焼けして肌が黒く、髪の毛も短かったために男の子と間違えられてスカウトされた[9]。家族構成は父、母[10]、1歳年上の兄、4歳年下の妹で女優の広瀬すず[11]

妹のすずは同じく「ミスセブンティーン」に選ばれ、姉妹揃ってセブンティーンモデルとなる。また、姉妹で全国高等学校サッカー選手権大会応援マネージャー(姉のアリスは第89回大会、妹のすずは第93回大会)を務めた。大塚食品MATCH」のCMでも姉妹で共演している。以降も、妹とはイベントやテレビで度々共演している。

モデル業

2009年、女性ファッション雑誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に応募。工藤えみ高田有紗橋本愛らと共にグランプリに選ばれ、以降は専属モデルとして活動する。3年後の2012年には妹の広瀬すずも『Seventeen』に加入し、史上初めて姉妹で専属モデルとなる。

2013年1月29日トリンプの下着オンラインショップ「アモスタイル」のイメージキャラクターに選ばれ[注 1][12]、会場のバトゥール東京にて下着姿を初披露した。

2015年1月には、妹の広瀬すずと『Seventeen』3月号の表紙を飾った。姉妹で表紙を飾ったのは、『Seventeen』史上初の快挙だった[13]

2018年4月26日発売の雑誌『with』6月号(講談社)から同誌のレギュラーモデルを務める[14]が、2015年12月号をもって『Seventeen』専属モデルを卒業、ファッションモデルを引退し女優業に専念することを発表して[15]からは、女優業中心で活動している。

女優業

2010年の『明日の光をつかめ』(東海テレビ制作・フジテレビ系)では、東海テレビの昼ドラ史上最年少ヒロイン(当時・15歳)に抜擢された[16]

2014年3月7日公開の『銀の匙 Silver Spoon』でヒロインの御影アキを演じるに当たり、役作りの為に今まで長かった髪を切り落とし、併せて、前年7月からは乗馬輓馬乳搾りの練習[17]を行うなど、女優としての実績を重ねている。

一方、妹のすずの知名度が上がってからは、女優業での活動よりも、すずの姉という印象が一般には強く、オリコンの調査でのアリスを思い浮かべるということでは、すずの姉という声が大多数を占めるという結果が出たことがある[18]。また、すずのスケジュールの都合がつかず、代わりに出演していたこともあり、マネジメント側からの売り込みがあったという[19]

2017年連続テレビ小説わろてんか』(NHK)で見せたコメディエンヌの才能と女優としての演技の幅の広さは高く評価された[20]。妹すずと対照的にコミカルな役を演じることが多く、バラエティ番組への出演も多い。こうして女優としての演技の幅が広がるにつれ、現在では、過去のすずの姉という印象より「女優・広瀬アリス」として広く認識されるようになった。

2018年には、芸能生活10年目で初の賞「コットンUSAアワード」を受賞した[21]

2018年、第21回上海国際映画祭に参加(出演作『食べる女』が「GALA部門」に出品)。初の海外映画祭体験となった[22]

社会貢献活動

2015年、「なんとかしなきゃ!プロジェクト」[23] にメンバーとして参加。7月にフィリピンを視察に訪れる[24][25]。この訪問の様子は8月30日放送の『広瀬アリス×広瀬すず エシカルの贈りもの ~ハピネスをつくるデザイン~』(BS朝日)で紹介された[26]

人物

  • 趣味・特技は、バスケットボールハンドボール編み物[1]乗馬[27][28]
  • 休みの日は引きこもって漫画を読んでいる事が一番の幸せ[29] と言う程の「漫画バカ」を自認し[30]、自らを「男子」と称するほど、青年漫画(『ヤングマガジン』や『週刊ヤングジャンプ』)を好んで読んでいる。好きな漫画に『pupa』や『奴隷区』、『亜人』、『寄生獣』、『ミスミソウ』、『ライチ☆光クラブ』、『東京喰種』などを挙げている[31]。『デイリー新潮』で、号泣した漫画に『死役所』を挙げた[32]。ロケや旅先に『キングダム』全巻、40冊くらいを持っていったこともある[33]
  • 好きなキャラクターは『ダイヤのA』の小湊春市[34]。ただし、『東京喰種』の金木研は別格[35]。また、『ダイヤのA』の小湊春市と『東京喰種』の金木研の声を担当している花江夏樹を神様と評している[35]
  • 結婚願望はなく、“付き合いたいランキング1位”として漫画『東京喰種』の主人公・金木研を挙げている[29]
  • 以前は「広瀬 晶」名義で活動していた。「アリス」は本名ではなく、その由来も分からないという[36][37]。ある日突然、事務所の社長に「今日からアリスよ」と言われて改名した[38]
  • 芸名や容貌からハーフやクォーターかと聞かれることがあるが、純日本人である[39]
  • 妹のすず、母親と同居している[40][41]。すずによれば、アリスは「役を引きずって帰ってくる」タイプだという[41]
  • アルバイトなど一般の仕事の経験はない[42]
  • 10代後半で仕事は怠らなかったものの「イヤイヤ期」があったと語っている[43]。加えて前述の「わろてんか」出演が、そうした過去から脱したきっかけになったとも語った。
  • 2020年1月公開の映画『AI崩壊』では、役づくりのため、髪を30センチ以上カットして撮影に臨んだ[44]

出演

主演作は、作品名と役名を太字で表記。

テレビドラマ

映画

携帯ドラマ

吹き替え

アニメ映画

テレビアニメ

バラエティ番組

  • 久保ヒャダこじらせナイト(2012年12月1日、フジテレビ)
  • もはや神ダネ(2013年4月17日 - 9月18日、フジテレビ)
  • 有田哲平の世界一オモシロい番組3(2016年10月17日、日本テレビ)[89]
  • 調べて!アソコの外国人〜追跡!謎のジャパニーズ生活〜(2017年5月7日・14日、日本テレビ) - MC
  • バカリズムの新説ハラスメント大事典 (2018年10月23日・30日、テレビ東京)
  • R-1グランプリ2021(2021年3月7日、カンテレ・フジテレビ系) - MC(霜降り明星と担当)[90]

その他テレビ番組

  • 青春!アリスポ〜SPORTS×MANGA〜(2014年8月10日、NHK BS1) - ナビゲーター
  • アナザースカイシリーズ(日本テレビ)
    • アナザースカイ(第1期)(2015年11月20日) - ゲスト[91]
    • アナザースカイII(2019年4月5日 - 2021年3月26日) - MC(今田耕司と共演)[92][93]
  • ハートネットTV「2016リオパラリンピック」(2016年1月、全14回、NHK Eテレ) - 司会[94]
  • 広瀬アリス・すず・中村雅俊のバスケ愛 一生に一度の歴史的開幕戦(2016年9月11日、フジテレビ) - ナレーション
  • 広瀬アリス&すずの「バスケ、キテるね!」(2016年9月17日、フジテレビ)
  • おしゃれイズム(2017年1月15日、日本テレビ) - ゲスト[95]
  • さまぁ〜ずチャート(2017年9月30日、テレビ朝日) - MC(さまぁ〜ずと共演)[96]

CM

舞台

ラジオドラマ

  • TBSラジオドラマスペシャル「ふたご」 - 西山夏子 役(藤崎彩織原作、2018年6月17日、TBSラジオ)[126]

その他ラジオ番組

  • TBSラジオ特別番組「広瀬アリスはマンガに囲まれてるときが最高の幸せ。」(2018年1月28日、TBSラジオ)[127]
  • 日清MCTオイル presents 広瀬アリスのお散歩日和(2020年11月7日 - 、TOKYO FM[128]

新聞

その他

書籍

雑誌連載

写真集

カレンダー

小説表紙

  • 君と私の関係図 キス。のち秘め恋。(2013年7月25日、集英社ピンキー文庫、著:睡蓮華)
  • 通学模様 〜君と僕の部屋〜(2014年8月22日、集英社ピンキー文庫、著:みゆ

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ トリンプ・イメージガールとは異なる。
  2. ^ 広瀬が出演している映画『地獄の花園』とのコラボの一環[66]
  3. ^ 劇中に登場する雑誌の表紙[69]
  4. ^ 妹の広瀬すずと姉妹でトップバッターとしてランウェイに登場。

出典

  1. ^ a b c d “広瀬アリス”. フォスター. オリジナルの2010年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100103175204/http://www.web-foster.com/foster/aki_hirose.swf 
  2. ^ a b ポスターに広瀬アリスさん 静岡市議選イメージキャラ 若年層中心に投票呼び掛け”. あなたの静岡新聞 (2021年3月10日). 2021年6月3日閲覧。
  3. ^ a b 広瀬アリスのプロフィール”. エキサイトニュース. 2021年6月3日閲覧。
  4. ^ FOSTER Management Office
  5. ^ a b “広瀬アリス”. フォスター. http://www.web-foster.com/pc/artists/Hirose/ALICE 
  6. ^ “アンサー☆”. 広瀬アリス - モバゲータウン. (2009年9月5日). オリジナルの2010年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529181753/http://www.mbga.jp/.pc/_dia_view?cp=2&d=606729817 
  7. ^ “アンサー☆02”. 広瀬アリス - モバゲータウン. (2009年11月29日). オリジナルの2010年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529181758/http://www.mbga.jp/.pc/_dia_view?cp=2&d=645267432 
  8. ^ “広瀬アリス&すず姉妹、顔そっくりで驚き バスケ写真公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年5月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2072161/full/ 2019年11月29日閲覧。 
  9. ^ “広瀬アリス「スカウトされたとき男の子と間違われてました」4/9発売号表紙の人”. 週刊アスキー (アスキー・メディアワークス). (2013年4月15日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/138/138413/ 2015年10月24日閲覧。 
  10. ^ “結婚記念日!”. 広瀬アリス - モバゲータウン. (2009年10月14日). オリジナルの2010年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529181819/http://www.mbga.jp/.pc/_dia_view?d=625090265 
  11. ^ すずBirthday”. 広瀬アリス オフィシャルブログ「あ、Listen.」. Amebaブログ (2012年6月19日). 2012年6月30日閲覧。
  12. ^ “『AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)』新イメージキャラクターに広瀬アリスさんが就任!” (プレスリリース), トリンプ・インターナショナル・ジャパン, (2013年1月29日), http://www.triumph.com/jp/ja/5346.html 2019年11月29日閲覧。 
  13. ^ “広瀬アリス&すず「Seventeen」史上初の姉妹2ショット表紙に登場”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2015年1月31日). オリジナルの2015年2月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150218021824/http://mdpr.jp/news/detail/1464199 2015年2月18日閲覧。 
  14. ^ a b “広瀬アリス『with』レギュラーモデルに 『セブンティーン』卒業から2年半ぶり”. eltha (oricon ME). (2018年4月25日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2110103/full/ 2018年5月10日閲覧。 
  15. ^ a b 広瀬アリス『Seventeen』卒業を発表 スタッフ&ファンに感謝”. ORICON STYLE (2015年12月1日). 2015年12月2日閲覧。
  16. ^ “フジ系昼ドラ最年少ヒロインに15歳・広瀬アリスが大抜擢”. ORICON NEWS (oricon ME). (2010年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/75314/full/ 2019年11月29日閲覧。 
  17. ^ 銀の匙”. 広瀬アリス オフィシャルブログ「あ、Listen.」. Amebaブログ (2013年8月7日). 2014年7月4日閲覧。
  18. ^ 『釣りバカ』ヒロインが“勝負作” 広瀬アリス、女優として花開くか?”. ORICON STYLE. 2018年1月14日閲覧。
  19. ^ “広瀬すず&アリスに有村架純&藍里 芸能界「美人姉妹」戦国時代を制するのは? (2/2)”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2019年4月4日). https://dot.asahi.com/dot/2019040200049.html?page=2 2019年11月29日閲覧。 
  20. ^ “広瀬アリスの演技の幅とコメディエンヌの才能『わろてんか』P絶賛”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年3月28日). https://news.mynavi.jp/article/20180328-607062/ 2018年4月18日閲覧。 
  21. ^ “広瀬アリス:芸能生活10年で「初めて」の賞 妹すずには「話してない」”. 毎日キレイ (株式会社MANTAN). (2018年5月10日). https://mainichikirei.jp/article/20180510dog00m100006000c.html 2019年11月29日閲覧。 
  22. ^ “広瀬アリス、刺激の初海外映画祭 中国映画出演を熱望「アクションをやりたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180618-OHT1T50030.html 2018年6月18日閲覧。 
  23. ^ なんとかしなきゃ!プロジェクト
  24. ^ 広瀬アリスさんのフィリピン訪問”. なんとかしなきゃ!プロジェクト. 2015年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  25. ^ 広瀬アリス (2015年8月12日). “フィリピン |広瀬アリス オフィシャルブログ”. Ameba. 2015年8月19日閲覧。
  26. ^ 広瀬アリスが実妹・すずへの深刻(!?)な悩みを告白”. ORICON STYLE (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  27. ^ 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」【公式】 [@topknife_ntv] (2019年11月13日). "ヒント①💡 幸子役を演じる◯◯さんの趣味は、、、なんとビックリ!乗馬🏇 趣味が乗馬とかカッコ良すぎない?!アクティブ。動物とかも好きなのかな🐕🐈🦒🐫🐆🦌🐐🦘 今度聞いてみるか。こんな意外な趣味を持ってる◯◯さん さてさて誰でしょう?? #トップナイフ #天海祐希 #Mのつぶやき" (ツイート). Twitterより2020年1月30日閲覧
  28. ^ 「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」【公式】 [@topknife_ntv] (2019年11月29日). "【2人目】 小机幸子を演じるのは #広瀬アリス さん ヒントでも出したけど、現場でお誕生日お祝い🥂して、好きな動物🐎聞いて。盛り沢山で今から楽しみだな👍🏻 そんな広瀬さんからのコメント📝はHPで💻⬇️ t.co/4oBtyj9LTK #トップナイフ #天海祐希 #Mのつぶやき" (ツイート). Twitterより2020年1月30日閲覧
  29. ^ a b 広瀬アリス、“アモーレ”の存在を即答「2次元(漫画)にいます!」”. サンスポ (2016年11月19日). 2016年12月5日閲覧。
  30. ^ “広瀬アリス、カレンダーをハマちゃんに「渡したい」 自身は"漫画バカ"”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年10月24日). http://news.mynavi.jp/news/2015/10/24/225/?rt=top 2015年10月26日閲覧。 
  31. ^ まんがっち、”. 広瀬アリス オフィシャルブログ「あ、Listen.」. Amebaブログ (2014年4月19日). 2014年7月4日閲覧。
  32. ^ デイリー新潮 [@dailyshincho] (2017年2月16日). "広瀬アリス、『 #死役所 』に号泣 "電子より紙派"のマンガ愛を語る t.co/9cxbdm5KCL #広瀬アリス の自宅がトーク番組「 #おしゃれイズム 」(日テレ系)で公開されたのだが、そこはワンダーランドならぬ、マンガランドと評判に――" (ツイート). Twitterより2020年1月30日閲覧
  33. ^ 広瀬アリス 青年マンガに夢中、ロケには40冊持参|MONO TRENDY”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社 / 日経BP (2017年11月4日). 2017年11月4日閲覧。
  34. ^ 春市くん…❤️”. 広瀬アリス オフィシャルブログ「あ、Listen.」. Amebaブログ (2016年2月14日). 2016年9月17日閲覧。
  35. ^ a b vs花粉”. 広瀬アリス オフィシャルブログ「あ、Listen.」. Amebaブログ (2016年2月22日). 2016年9月17日閲覧。
  36. ^ “アンサー☆_2”. 広瀬アリス - モバゲータウン. (2009年9月5日). オリジナルの2010年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529181809/http://www.mbga.jp/.pc/_dia_view?cp=3&d=606729817 
  37. ^ “Answer05”. 広瀬アリス - モバゲータウン. (2009年12月3日). オリジナルの2010年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529181804/http://www.mbga.jp/.pc/_dia_view?cp=2&d=647073792 
  38. ^ “広瀬アリス、事務所の社長から「今日からアリスよ!」芸名の由来を明かす”. MusicVoice (株式会社アイ・シー・アイ). (2021年8月7日). https://www.musicvoice.jp/entame/104759/ 2018年10月7日閲覧。 
  39. ^ メイクした顔”. 広瀬アリス オフィシャルブログ Powered by Ameba. サイバーエージェント (2012年9月28日). 2018年5月9日閲覧。
  40. ^ “広瀬すず「“駄目すず”になる」一人暮らしは危険!?”. NewsWalker (KADOKAWA). (2017年5月11日). https://thetv.jp/news/detail/108836/ 2018年5月9日閲覧。 
  41. ^ a b “広瀬すず、姉アリスが暗い役だと「ぶつかります」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年5月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805090000352.html 2018年5月9日閲覧。 
  42. ^ “広瀬アリスがパン屋でレジ打ちのアルバイトを希望「持ち帰れるから…」”. NewsWalker (KADOKAWA). (2018年3月28日). https://thetv.jp/news/detail/141951/ 2018年5月9日閲覧。 
  43. ^ “広瀬アリスさん「イヤイヤ期だったあの時、逃げなくてよかった」”. 朝日新聞デジタル&w. (2019年5月27日). https://www.asahi.com/and_w/20190527/547621/ 2020年1月30日閲覧。 
  44. ^ “広瀬アリス、髪30センチばっさり!新作映画の役づくりで”. シネマトゥデイ. (2020年1月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113789 2020年1月30日閲覧。 
  45. ^ 門脇麦×広瀬アリスで創作テレビドラマ大賞作を実写化”. Walker Plus (2015年1月21日). 2015年1月23日閲覧。
  46. ^ 広瀬アリスが恋愛ドラマ初主演 男の理想“妄想彼女”役に挑戦”. ORICON (2015年5月12日). 2015年5月12日閲覧。
  47. ^ 復活『釣りバカ』ヒロインは広瀬アリス 追加キャスト発表”. ORICON STYLE (2015年8月29日). 2015年8月29日閲覧。
  48. ^ “『釣りバカ』が正月恒例に? 濱田岳が重圧を吐露「荷が重い、責任感伴う」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2082116/full/ 2016年11月27日閲覧。 
  49. ^ “濱田岳がハマちゃん演じる「釣りバカ日誌」シーズン2が4月より放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年1月2日). http://natalie.mu/eiga/news/215474 2017年1月4日閲覧。 
  50. ^ “濱田岳&広瀬アリスが豪華“共宴” テレ東「釣りバカ日誌」結婚式描く”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年12月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/21/kiji/20181221s00041000001000c.html 2018年12月21日閲覧。 
  51. ^ “異色深夜ドラマ、謎の美女“瀬田ジュン”の正体が明らかに!”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2063541/full/ 2015年12月9日閲覧。 
  52. ^ “三吉彩花:広瀬アリスに“強烈ビンタ” 「本当に申し訳ない」と謝罪”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2016年3月14日). http://mantan-web.jp/2016/03/14/20160314dog00m200008000c.html 2016年3月14日閲覧。 
  53. ^ “女優魂に火!広瀬アリス、共演・篠原涼子の一人二役に刺激「別人」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年10月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161010/geo16101008000005-n1.html 2016年10月10日閲覧。 
  54. ^ “今秋朝ドラ『わろてんか』追加キャスト発表 てん幼少期は『大河』で話題の新井美羽”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2092519/full/ 2017年6月16日閲覧。 
  55. ^ ““リリコ”広瀬アリスが“凜々子”の妹になる!吉高由里子と姉妹役”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年2月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180217/geo18021705050012-n1.html 2018年2月17日閲覧。 
  56. ^ “滝藤賢一×広瀬アリス、斬新すぎる探偵ドラマ!初共演でW主演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年5月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180530/geo18053005040008-n1.html 2018年5月30日閲覧。 
  57. ^ “広瀬アリス「今までにない役柄への挑戦」 ハラスメントに立ち向かう唐沢寿明の相棒役”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2118739/full/ 2018年9月4日閲覧。 
  58. ^ “広瀬アリス、中村倫也、眞島秀和ら9人が亀梨和也主演ドラマ「手紙」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年10月20日). https://natalie.mu/eiga/news/304467 2018年10月20日閲覧。 
  59. ^ “NHK、19年正月時代劇は初の2夜連続放送「家康、江戸を建てる」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年6月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/06/kiji/20180606s00041000198000c.html 2018年6月6日閲覧。 
  60. ^ “広瀬アリス、8年ぶり月9で“診”境地!初の医療ドラマで「広瀬役」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年2月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190227/geo19022705040008-n1.html 2019年2月27日閲覧。 
  61. ^ “天海祐希主演ドラマ『トップナイフ』に椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和が出演”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2019年11月29日). https://realsound.jp/movie/2019/11/post-453340.html 2019年11月29日閲覧。 
  62. ^ “広瀬アリス、『世にも奇妙な物語』初主演でホラーに挑戦「たくさん大声を出しました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年5月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2163293/full/ 2020年7月2日閲覧。 
  63. ^ “七人の秘書”. ザテレビジョン. (2020年8月28日) 
  64. ^ “大倉忠義&広瀬アリス、初共演で夫婦役 来年1月期ドラマ『知ってるワイフ』”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年8月12日). https://www.crank-in.net/news/79606/1 2020年8月12日閲覧。 
  65. ^ 永野芽郁&広瀬アリスら“くせの強い”被告人を熱演 『イチケイのカラス』×『地獄の花園』がコラボ”. ORICON NEWS (2021年4月24日). 2021年4月26日閲覧。
  66. ^ イチケイのカラス:バカリズム、永野芽郁、広瀬アリス、遠藤憲一がゲスト出演 竹野内豊主演「素敵な選TAXI」縁で「地獄の花園」とコラボ”. MANTANWEB. 株式会社MANTAN (2021年4月24日). 2021年4月25日閲覧。
  67. ^ “映画『ロストハーモニー/Lost Harmony』今をときめく若手女優たちが劇中衣装の制服で登壇!!”. シネマトピックスオンライン (Forum Office). (2011年11月21日). http://report.cinematopics.com/archives/29466 2019年11月29日閲覧。 
  68. ^ 銀の匙 Silver Spoon 東宝WEB SITE”. TOHO (2014年1月29日). 2014年4月21日閲覧。
  69. ^ “広瀬すず「ちはやふる」でアリスと“姉妹”共演「最初で最後の気がする」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年3月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1574083 2017年8月11日閲覧。 
  70. ^ 広瀬アリス“不思議”の謎解き挑戦!「御手洗潔シリーズ」”. SANSPO.COM (2015年5月4日). 2015年5月4日閲覧。
  71. ^ “広瀬アリス、斎藤工に片想い!耳の不自由な女子高生役で新境地”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年4月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160411/geo16041105040009-n1.html 2016年4月11日閲覧。 
  72. ^ “広瀬アリスと斎藤工が共演するラブストーリー「サムシング ブルー」7月公開”. 映画ナタリー. (2016年4月11日). http://natalie.mu/eiga/news/183142 2016年4月12日閲覧。 
  73. ^ “主演キャスト14人、異色の映画プロジェクト『全員、片想い』発表 広瀬アリス、斎藤工、知英ら参加”. ORICON STYLE. (2016年4月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2070823/full/ 2016年4月27日閲覧。 
  74. ^ “Acid Black Cherry「L-エル-」が映画化、主演は広瀬アリス”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年6月15日). http://natalie.mu/music/news/190903 2016年11月7日閲覧。 
  75. ^ “綾野剛主演「新宿スワン」新章に浅野忠信、広瀬アリスら参加、予告編も公開”. 映画ナタリー. (2016年11月9日). http://natalie.mu/eiga/news/208525 2016年11月9日閲覧。 
  76. ^ “山崎賢人と広瀬アリスのW主演で「氷菓」実写化”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月22日). http://natalie.mu/eiga/news/210188 2016年11月22日閲覧。 
  77. ^ “広瀬アリス、巫女役で型破りッス!「言動のすべてがだらしない」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年8月7日). オリジナルの2016年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160807071059/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160807-OHT1T50006.html 2016年8月7日閲覧。 
  78. ^ “広瀬アリス主演映画『巫女っちゃけん。』2018年2月全国公開へ 「濃厚な時間を過ごさせて頂きました」”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2017年9月14日). http://realsound.jp/movie/2017/09/post-108904.html 2017年11月2日閲覧。 
  79. ^ “小泉今日子主演『食べる女』に主役級女優ズラリ!沢尻エリカ×前田敦子×山田優ら”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年1月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0098044 2018年1月30日閲覧。 
  80. ^ “広瀬アリス&大野拓朗、福士蒼汰主演「旅猫リポート」で夫婦役!山本涼介、前野朋哉も出演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年6月21日). https://eiga.com/news/20180621/4/ 2018年6月25日閲覧。 
  81. ^ “村上虹郎×広瀬アリス×武正晴監督! 中村文則デビュー作「銃」映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年6月11日). https://eiga.com/news/20180611/3/ 2018年6月11日閲覧。 
  82. ^ “大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典らが入江悠の新作「AI崩壊」で共演”. 映画ナタリー. (2018年12月15日). https://natalie.mu/eiga/news/312311 2018年12月15日閲覧。 
  83. ^ 広瀬アリス、カリスマヤンキーOL役で大暴れ! 永野芽郁「地獄の花園」に参戦”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2021年2月3日). 2021年4月25日閲覧。
  84. ^ “勝地涼と広瀬アリス、米版スーパー戦隊「パワーレンジャー」吹替版に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年3月9日). http://natalie.mu/eiga/news/223796 2017年3月9日閲覧。 
  85. ^ “「ミッション:インポッシブル」最新作でDAIGO&広瀬アリスが日本語吹き替え声優に”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年5月14日). http://eiga.com/news/20180514/1/ 2018年5月14日閲覧。 
  86. ^ “映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』主演キャラクターを女優・広瀬アリスさんが担当! 2018年10月5日より公開!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年6月30日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1530252289 2018年6月30日閲覧。 
  87. ^ 『映画ドラえもん』新作に広瀬アリス、柳楽優弥ら参加!辻村深月が脚本を担当「“聖書の続き”を書くような想い」”. 映画ランドNEWS (2018年10月15日). 2018年10月15日閲覧。
  88. ^ 『ちびまる子ちゃん』広瀬アリス、三浦翔平、吉岡里帆がゲスト声優 広瀬は“静岡愛”全開”. ORICON NEWS (2019年11月22日). 2019年11月24日閲覧。
  89. ^ “広瀬アリス、くりぃむ有田&ザキヤマを翻弄 “深夜バラエティ”にサプライズ出演!?”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1620686 2016年10月12日閲覧。 
  90. ^ “広瀬アリス、新生『R-1』MC就任「いい緊張感・ドキドキを楽しんでもらえたら」 決勝は3・7生放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年2月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2184293/full/ 2021年2月12日閲覧。 
  91. ^ 広瀬アリス、毎日10冊読む「漫画オタク」ぶりを披露『アナザースカイ』に出演”. テレビドガッチ. 株式会社TVer (2015年11月20日). 2021年4月25日閲覧。
  92. ^ “広瀬アリス「アドリブ力」磨く…日テレ系「ANOTHER SKY2」の新MC就任”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月15日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190314-OHT1T50270.html 2019年3月15日閲覧。 
  93. ^ “広瀬アリス「アナザースカイ2」3月でMC卒業へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年2月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102120000830.html 2021年2月13日閲覧。 
  94. ^ “広瀬アリス 初司会挑戦に「泣きそう」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年12月23日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/12/23/0008668922.shtml 2015年12月23日閲覧。 
  95. ^ “広瀬アリスが登場…妹・広瀬すずと一緒に暮らす自宅を公開、ひとりカラオケ熱唱シーンも『おしゃれイズム』”. music.jpニュース (music.jp). (2017年1月15日). http://music-book.jp/video/news/news/132948 2017年1月16日閲覧。 
  96. ^ “広瀬アリス、さまぁ~ずとMC初タッグで「バラエティーのMCをもっと極めていきたい」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年9月28日). https://thetv.jp/news/detail/122883/ 2017年9月28日閲覧。 
  97. ^ “北乃きい、広瀬アリス、キュートなメイド服で冴えない男子を応援”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2011年6月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1141280 2017年5月29日閲覧。 
  98. ^ “「ガツン、とみかん」新TVCMが登場!” (プレスリリース), 赤城乳業, (2012年6月18日), http://www.akagi.com/news/2012/120618.html 2017年5月29日閲覧。 
  99. ^ 男子との“三角関係”を解く“公式”は/大塚食品 マッチ、マッチピンク「青春と数学」編”. AdverTimes (2014年4月14日). 2014年4月14日閲覧。
  100. ^ 広瀬アリス&すず姉妹が男子校にサプライズ訪問”. Smartザテレビジョン (2015年4月16日). 2015年4月17日閲覧。
  101. ^ “広瀬アリスがガン飛ばす、アイシティCMにGLAY新曲”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年7月1日). http://natalie.mu/music/news/120156 2017年5月29日閲覧。 
  102. ^ “広瀬アリスがゾンビを撃ちまくる!「生き残るのは私」- USJのCM映像先行公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年6月26日). http://news.mynavi.jp/news/2015/06/26/668/ 2017年5月29日閲覧。 
  103. ^ “肌の焼け方で選べる日焼け止め「コパトーン パーフェクトUVカットミルク」の新CMキャラクターに広瀬アリスさんを起用” (プレスリリース), 大正製薬, (2017年3月29日), http://www.taisho.co.jp/company/release/2017/2017032901.html 2017年5月29日閲覧。 
  104. ^ 「リアルゴールド」のCMで働く人を応援している広瀬アリスさんが「自らの仕事」を語る”. The Coca-Cola Company (2017年5月16日). 2017年5月18日閲覧。
  105. ^ “日本の職人技が育んだ水出し抽出のおいしさをPETボトルで味わえる「ジョージア ジャパン クラフトマン」新発売広瀬アリスさん、勝地涼さん出演の新TVCMを全国放映” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ, (2018年4月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000192.000001735.html 2019年3月4日閲覧。 
  106. ^ “すべての人の「がんばり」を応援する 2019年『ジョージア ブランドキャンペーン』1月21日(月)から全国一斉スタート!新キャスト登場!新TVCM『だから私は、がんばれる。』篇を放映開始” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ, (2019年1月21日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000294.000001735.html 2019年3月4日閲覧。 
  107. ^ “5月17日(月)から「爽健美茶」がリニューアル発売 広瀬アリスさんが「爽健美茶」のCMに初登場!! “こんなに飲みやすかったっけ。”「爽健美茶」を飲んだ広瀬さんのリアクション5パターン” (プレスリリース), PR TIMES, (2021年5月13日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000567.000001735.html 2021年5月13日閲覧。 
  108. ^ “ピエール瀧さん、山下智久さんと広瀬アリスさんを起用したトイレ新CM「キリギリスとアリとアリス」篇 ~9月22日(金)より全国で放映開始~” (プレスリリース), 株式会社LIXIL, (2017年9月22日), http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2017/070_company_0922_01.html 2017年10月14日閲覧。 
  109. ^ “【LINEバイト】新CMに広瀬アリスさんと柳楽優弥さんを起用「沸騰ガール」篇、「沸騰ボーイ」篇、3月30日より放映開始” (プレスリリース), LINE株式会社, (2018年3月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001026.000001594.html 2018年4月8日閲覧。 
  110. ^ “広瀬アリス、金の鍋で「わろてんか」しゃぶしゃぶ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年4月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804050000472.html 2018年4月6日閲覧。 
  111. ^ 阿部寛:広瀬アリスの一言に動揺? 初共演の新CM公開”. MANTANWEB (2017年12月15日). 2018年8月7日閲覧。
  112. ^ 阿部寛が予約したのはアフロヘア専門美容室!? 広瀬アリスと共演する『ホットペッパービューティー』新TVCM放送開始”. music.jp (2018年3月22日). 2018年8月7日閲覧。
  113. ^ ““阿部 寛×広瀬 アリス”のタッグ再び 広瀬 アリスが予言者に!? 阿部 寛も驚愕のお告げとは?” (プレスリリース), 株式会社リクルートライフスタイル, (2018年6月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000713.000011414.html 2018年12月8日閲覧。 
  114. ^ “タクシー配車プラットフォームアプリ“DiDi(ディディ)”新テレビCM 広瀬アリスさんが“人型AI”に変身!奇抜なファッションで滝藤賢一さんにツンデレ指導!” (プレスリリース), DiDiモビリティジャパン株式会社, (2018年12月6日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000040015.html 2018年12月8日閲覧。 
  115. ^ “明治安田生命 新作CM 「みんなの健活 はじまる」篇を放映開始!” (プレスリリース), 明治安田生命保険相互会社, (2019年1月11日), https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20190111_01.pdf 2020年11月23日閲覧。 
  116. ^ “広瀬アリス、CMで歌声披露 コロナ禍だからこそ「ココロはいつもつながっている」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年10月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2174920/full/ 2020年10月23日閲覧。 
  117. ^ 広瀬アリス ヤマザキビスケット CM ノアール 味わい篇。「ココアの幸せ。ノアール」”. bb-navi (2019年3月21日). 2019年3月22日閲覧。
  118. ^ 広瀬アリス エアリアル CM ネーミング訴求篇。30秒版「エアリアル?」「エアリナイ?」「エアリアルアル」”. bb-navi (2019年10月15日). 2019年10月30日閲覧。
  119. ^ “広瀬アリスさんを起用した新CMを10月12日より放映開始” (プレスリリース), OKI, (2019年10月11日), https://www.oki.com/jp/press/2019/10/z19050.html 2019年10月30日閲覧。 
  120. ^ “広瀬すず&広瀬アリス&堺雅人出演「お正月を写そう♪2021」富士フイルム新CM28日オンエア”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年12月25日). https://www.sanspo.com/geino/news/20201225/geo20122502010004-n1.html 2020年12月25日閲覧。 
  121. ^ “『まんが王国』新CM「マンガオウコクダー登場」篇  2021年1月1日放送開始 マンガサイトを選ぶ広瀬アリスさんが謎の怪人に襲われる!!広瀬さんを救うヒーローの正体とは誰!?” (プレスリリース), 株式会社ビーグリー, (2020年12月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000034768.html 2021年1月3日閲覧。 
  122. ^ "広瀬アリス、あいみょんと新CMで初共演「すごくゆったりとしたいい時間を過ごしたなって感じます」". Webザテレビジョン. KADOKAWA. 10 May 2021. 2021年5月10日閲覧
  123. ^ “広瀬アリスさんが、髪のキメそろった美しさで輝くハートを披露 新提案 触れて感じる「髪のキメ美容」シリーズ「Essential THE BEAUTY」の新CM” (プレスリリース), 花王株式会社(花王MKニュース), (2021年8月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000253.000020186.html 2021年8月29日閲覧。 
  124. ^ “三谷幸喜の新作舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』9月上演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年2月5日). https://www.cinra.net/news/20190205-sherlockholmes 2019年8月31日閲覧。 
  125. ^ “広瀬アリス、三谷幸喜氏の変顔要求にしっかり対応”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月31日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190831/geo19083116420022-n1.html 2019年8月31日閲覧。 
  126. ^ TBSラジオドラマスペシャル SEKAI NO OWARI 藤崎彩織 原作『ふたご』6月17日放送決定!(TBSラジオ)、2018年6月17日閲覧
  127. ^ 広瀬アリスはマンガに囲まれてるときが最高の幸せ。(TBSラジオ)、2018年1月25日閲覧
  128. ^ 広瀬アリスと東京の街をぶらぶらお散歩しませんか?<TOKYO FM新番組>『日清MCTオイル presents広瀬アリスのお散歩日和』”. プレスリリース(PR TIMES. 株式会社 PR TIMES (2020年11月5日). 2021年4月25日閲覧。
  129. ^ 応援マネージャー|第89回全国高校サッカー選手権大会”. 日本テレビ. 2017年5月29日閲覧。
  130. ^ “2010 年度自賠責保険広報キャンペーン、始まります。「入らなくっちゃ、自賠責。」女優の「広瀬アリスさん」が自賠責保険制度に対する理解促進を呼びかけます。” (プレスリリース), 日本損害保険協会, (2011年2月28日), http://www.sonpo.or.jp/news/release/2011/1102_04.html 2017年5月29日閲覧。 
  131. ^ “『AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)』新イメージキャラクターに広瀬アリスさんが就任!” (プレスリリース), Triumph, (2013年1月29日), http://www.triumph.com/jp/ja/5346.html 2017年5月29日閲覧。 
  132. ^ “広瀬アリス・すず姉妹、中村雅俊が応援! フジ男子バスケ今秋生中継”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年5月24日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160524/ent1605240008-n1.html 2016年9月18日閲覧。 
  133. ^ “広瀬アリス&すず、姉妹で初トップバッター 「GirlsAward 2017 A/W」開幕”. モデルプレス. (2017年9月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1714834 2017年9月16日閲覧。 
  134. ^ “広瀬アリス「ガルアワ」でイベント初MC!妹すずから“初エール”も”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年8月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170811/geo17081105050008-n1.html 2017年8月11日閲覧。 
  135. ^ “MCは広瀬アリス emma・トリンドル玲奈ら登場&超特急のライブも「GirlsAward 2018 S/S」第2弾出演者発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月2日). https://mdpr.jp/news/detail/1750257 2018年3月2日閲覧。 
  136. ^ “松岡修造さんと広瀬アリスさんが「健活アンバサダー」に就任!~「みんなの健活プロジェクト」に心強い応援団が誕生~” (プレスリリース), 明治安田生命保険相互会社, (2018年9月28日), https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20180928_02.pdf 2020年10月23日閲覧。 
  137. ^ “広瀬アリス&すず:銀座で初の姉妹写真展開催 人気写真家撮り下ろし作品も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年1月31日). https://mantan-web.jp/article/20190131dog00m200007000c.html 2019年1月31日閲覧。 
  138. ^ “広瀬アリス 東京国際映画祭フェスティバル・ミューズ就任「映画の良さを多くの方に伝えていけたら」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年9月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/26/kiji/20190926s00041000093000c.html 2019年9月26日閲覧。 
  139. ^ “広瀬アリス&すず姉妹の初フォトブックが玄光社より12月15日に発売!” (プレスリリース), 玄光社, (2017年12月14日), https://www.atpress.ne.jp/news/145325 2018年4月8日閲覧。 
  140. ^ “広瀬アリス、5年9か月ぶり写真集「全然違う広瀬をお届けできるかと」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年10月10日). https://hochi.news/articles/20191009-OHT1T50270.html 2019年11月9日閲覧。 
  141. ^ “広瀬アリス、2年ぶりカレンダー「寝起きにアリス」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年10月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151024/geo15102415350020-n1.html 2015年10月24日閲覧。 
  142. ^ “カレンダーで魅せます…広瀬アリス、“四季折々の表情”「違った一面を」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年11月15日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161115/geo16111505030014-n1.html 2017年8月11日閲覧。 
  143. ^ カレンダー - トライエックスWEB(2017年1月18日時点のアーカイブ) 2017年1月16日閲覧。
  144. ^ “広瀬アリス:新作カレンダー出来は「85点」 妹すずには「恥ずかしくて見せられない」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年12月7日). https://mantan-web.jp/article/20171209dog00m200000000c.html 2018年4月8日閲覧。 
  145. ^ “広瀬アリス、爽やかなワンピースや浴衣姿を披露「リラックスして撮れました」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年12月8日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181208/geo18120814200021-n1.html 2018年12月8日閲覧。 
  146. ^ “広瀬アリスの2020年カレンダーが本日から予約スタート! 11月9日に握手会イベントも開催決定!!” (プレスリリース), 東京ニュース通信社, (2019年10月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000863.000006568.html 2019年11月9日閲覧。 
  147. ^ “広瀬アリスが交際認めた!「楽しくやっています」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年5月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805100000587.html 2018年5月10日閲覧。 

外部リンク


 

Back to Top
Close