in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Pythonで配列の要素数を取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonで配列の要素数を取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

Pythonで配列の要素数を取得する方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

配列の要素数を取得する

Pythonでは複数の要素をまとめて扱うシーケンスという型が用意されています。
シーケンスは他のプログラミング言語では配列と呼ばれるものです。

Pythonで代表的なシーケンスはリストです。
リストの要素数を取得するにはlen関数を使用します。

例えば以下はlist1というリストの要素数を取得してprint関数で表示させています。

list1 = [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8]
print(list1)
print("list1の要素数=",...

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る