in ,

🧑🏻‍💻TechAcademy|Pythonでドット積を求めるdot関数の使い方【初心者向け】

Pythonでドット積を求めるdot関数の使い方【初心者向け】

Pythonでドット積を求める方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

 

ドット積とは

ベクトル演算の一つで、内積とも呼ばれます。

数学、物理学の各種ベクトル計算で用います。

 

ドット積を求める方法 (numpy.dotの使い方)

Pythonでドット積を計算するには、numpyモジュールのdot関数を用います。

dot関数は引数を2つ取ります。

引数が1次元ベクトル(配列)の場合、2つのベクトルの内積を計算します。

引数が2次元ベクトル(行列)の場合、行列の乗算を計算します。

詳細は公式の文書を参照してください。

 

[PR]…

→「TechAcademyマガジン」で続きを詳しく見る