ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👍|池江璃花子がSNSを言及「非常に心を痛めたメッセージもありました」


写真 画像:池江璃花子公式Twitter

池江璃花子がSNSを言及「非常に心を痛めたメッセージもありました」

 
内容をざっくり書くと
Instagramで時折シェアしてくれる笑顔が最高なスイマー・池江璃花子。
 

「オリンピックについて、良いメッセージもあれば、正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。… →このまま続きを読む

 スポーツブル

スポーツブルは、インターネットスポーツメディアです。
話題のスポーツニュース記事、動画をいち早くお届けします。40種類以上の幅広い競技、プロだけでなくアマチュアスポーツの情報も豊富です。また、ここでしか見ることの出来ないライブ中継やオリジナル番組も配信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

池江璃花子

Camera-photo Upload.svg画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年4月

池江 璃花子(いけえ りかこ、2000年7月4日 - )は、東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形バタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm[2][3]リーチは186cm[2]、足のサイズは26.5cm[4]ルネサンス所属[4][5]。マネジメント契約先は株式会社ジエブ[6][7]。2019年7月30日現在、個人種目11個[※ 1]とリレー種目5個[※ 2]、計16種目の日本記録を保持している。

経歴

幼少期

  • 2000年7月4日、自宅の風呂場で水中出産[※ 3]により誕生した[4]。生後2ヶ月頃から母親が運営する幼児教室に通い超早期教育を受ける[8][9]
  • 幼児教室の講師を務める母親が、の発達に雲梯が良いと本で読んだことから、生まれてすぐに雲梯に取り組んだ。生後6か月で母親の親指を握ってぶら下がり、1歳6か月の時には鉄棒逆上がりをこなしたと言う[10]
  • 水泳は兄姉の影響で3歳10ヶ月から始め、5歳の時には、自由形平泳ぎ背泳ぎバタフライの4泳法すべてで50mを泳げるようになった[11]

小学時代

  • 地元の江戸川区立西小岩小学校に通うかたわら、東京ドルフィンクラブ江戸川スイミングスクールで3歳から中学1年まで練習に励んだ。小学6年時に記録した100mバタフライの「1′02″3」は、昭和48年創立の同スクールの「大人も含めた最速記録」で、いまだに破られていない[12][13]
  • 小学3年頃から全国レベルの大会に出場するようになる。2010年JOC春季ジュニアオリンピックカップ(以下JOC春季大会)では、50mバタフライ(10歳以下区分)で決勝進出者中ただ一人の小学3年生(他はすべて4年生)ながら3位に輝いた。
  • また、中学入学直前に出場した2013年のJOC春季大会の50m自由形(11~12歳区分)で優勝し、本人初めての全国優勝を達成した[14]

中学時代

  • 2013年4月、江戸川区立小岩第四中学校に入学。
  • 6月、より高いレベルの練習環境を求めてルネサンス亀戸へ移籍した[15]
  • 8月の全国中学校水泳競技大会の50m自由形で2位。続くJOC夏季大会(13~14歳区分)では、50m自由形と100mバタフライで3位に入った。
  • 2014年3月のJOC春季大会(13~14歳区分)では、50mおよび100m自由形で短水路中学記録を更新して優勝。50mバタフライでも優勝を飾った[16]
  • 2014年4月、第90回日本選手権の50m、100m自由形、50mバタフライに出場。全ての種目で中学生としてただ一人決勝に進んだ(他の決勝進出者は全員大学生以上)。特に50m自由形では4位に入り、6月のジャパンオープンの同種目においても4位となった。
  • 8月の第54回全国中学校水泳競技大会50m自由形では、源純夏1994年に樹立した当時最古の中学記録を、実に20年ぶりに0秒02更新する25秒60で優勝を飾った[17]。100m自由形では同じルネサンス系クラブ所属で1学年上の持田早智に次ぐ2位。その後出場した国際大会のジュニアパンパシフィック選手権では、50m自由形、100m自由形で中学記録を更新し、100mバタフライで3位に入った[5]
  • 10月のワールドカップ2014東京大会の50m、100m、200m自由形の3種目全てで短水路中学新記録を樹立するなど、次々と各種の短水路や長水路の大会で中学記録を更新した。
  • 2015年1月に開催された東京都選手権の100mバタフライでは、世界選手権の派遣標準記録に0秒23と迫る58秒27で優勝して、ロンドン五輪200mバタフライ銅メダリストの星奈津美に勝利した[5][18]
  • 2015年4月、第91回日本選手権に出場。世界選手権の代表入りを狙った得意種目の100mバタフライで20位に終わり予選落ちするも、その後の50m自由形で25秒28、100m自由形で54秒76、200m自由形では1分58秒77の中学新記録でそれぞれ3位に入賞。さらに50mバタフライの予選で26秒41の中学記録を樹立するとそのまま決勝も制し、青山綾里(1996年に100mバタフライで優勝)以来19年ぶりとなる中学生全日本チャンピオンとなった。また200m自由形で3位に入ったことで、世界選手権のリレー選手に選出され、2001年に100mバタフライで世界選手権代表となった春口沙緒里以来14年ぶりに中学生で日本代表入りを果たした[19][20][21]
  • 5月のジャパンオープンでは200m自由形で日本歴代2位となる1分58秒01で2位に入ると、50mバタフライでは26秒35の中学記録で優勝[22][23]。これらの活躍が認められ、世界選手権ではリレーのみならず、個人種目の50mバタフライにも出場することが決まった[24]
  • 8月の世界選手権、池江を第2泳者に据えた日本チームは400mフリーリレーで9位、800mフリーリレーでは7位となり、12位までに与えられるリオ五輪の出場権を獲得した。男女混合400mリレーは予選10位、個人種目の50mバタフライは26秒66の予選19位となり決勝進出を逃した[25][26][27][28]
  • 続く第55回全国中学校水泳競技大会では100mバタフライと200m自由形をそれぞれ大会新記録で制した[29]
  • さらにシンガポールで開催された第5回世界ジュニアでは、50mバタフライと100mバタフライで優勝、50m自由形で2位、100m自由形で4位、400mメドレーリレーで3位、400mフリーリレーでは4位になった[30][31]
  • 9月の国体では50m自由形で日本記録に0秒03と迫る24秒99、100m自由形で54秒38の中学新記録でそれぞれ優勝し、アンカーをつとめた400mフリーリレーと400mメドレーリレーでも東京都の優勝に大きく貢献した[32][33]
  • 10月のワールドカップ東京大会では、最初の200m自由形こそ予選9位で決勝進出を逃したが、100mバタフライで加藤ゆかの日本記録を0秒21更新する57秒56の日本新記録で優勝したのを皮切りに、50m自由形は3位、100m自由形は54秒14の中学新記録で優勝、50mバタフライは26秒17の世界ジュニア記録で優勝と、得意の4種目で表彰台に上がった。この際「今まで以上にスピードを出せて勝つことができた」「(100m自由形は)国体でベストを出したばかりなのにまた出せた。まだまだ出ると思う」と自らの成長に自信と手応えをのぞかせた[34][35][36]
  • 2016年1月の東京都選手権では、100m自由形で上田春佳の日本記録を0秒01上回る53秒99で優勝し、日本女子として初めて54秒台の壁を超えた[37]
  • 2月のコナミ・オープンでは50m自由形で内田美希の記録を0秒21上回る24秒74の日本新記録で優勝。これにより3種目の日本記録保持者となった。さらに同大会では、100mと200mの自由形も制した[38][39]

高校時代

高校1年

  • 2016年4月、淑徳巣鴨高校に入学するも、初登校する間もなくリオ五輪代表選考会を兼ねた第92回日本選手権に挑むことになる[40]。池江は4種目にエントリーし、リレーを含めた7種目での代表入りを狙った。大会を通じて、高校新7回、日本新1回、WJ新1回の活躍で、計4種目の代表権を獲得。さらにその後の5月から6月にかけて参加した大会での活躍と将来性が認められ、日本競泳史上初めて7種目での五輪派遣が決定した(リオ五輪代表選考)。
  • 5月のジャパンオープン、100m自由形でオーストラリアの強豪キャンベル姉妹と対決。前年の世界選手権銅メダリストで後に世界記録を樹立する姉ケイト・キャンベルには1秒半以上遅れたものの、世界選手権チャンピオンである妹の英語版に競り勝ち53秒98の高校記録を樹立、キャンベル姉妹がオープン参加だったため優勝者となった[41]。また50mバタフライは世界ジュニア新記録となる26秒05で、100mバタフライは57秒57でそれぞれ優勝を飾った。200m自由形は五十嵐千尋に次ぐ2位だった[42][43]
  • 6月、欧州ツアー帰国からわずか3日後の東京都高校選手権、疲労と時差ボケが残る中、全日本選手権で内田美希に0秒11更新された100m自由形の日本記録を再び0秒19更新する53秒69の日本新記録で優勝[44][45]。代表選考に直接は関係ないものの日本選手権では届かなかった五輪派遣標準記録も0秒12上回った。
  • 7月、五輪前最後の公式戦として三重県選手権にオープン参加で出場すると、50mバタフライで加藤ゆかの持つ従来の日本記録を0秒45と大幅に更新、25秒50の日本新記録を樹立した。これにより4種目の日本記録保持者となった[46]
  • 8月のインターハイは、池江、長谷川涼香今井月持田早智ら高校生五輪代表の「リオ五輪直後の大会」という事もあり立ち見が出るほど注目が集まった[47]。池江はブラジルから帰国後、羽田空港から直接開催地の広島に向かうという強行軍の中[48]、50m自由形と100m自由形で大会新を樹立し優勝、日本記録保持者の貫禄を見せつけた[49]。大会3日目の400mメドレーリレーは、池江、長谷川の代表2人を擁する淑徳巣鴨高校と、今井を擁する豊川高校一騎討ちとなり、2泳の今井だけで6秒近いリードを作った豊川が、淑徳巣鴨の3泳長谷川とアンカー池江の猛追を振り切り優勝、淑徳巣鴨は1秒差の準優勝となった[50]。最終日、3泳を務めた800mリレー決勝ではトップと6秒差の6位でバトンを受け取ると、決勝出場者中ただひとり2分を切る1分57秒台の泳ぎで5人をごぼう抜きにし、さらに1秒以上のリードを作った状態でアンカーの長谷川に繋いだ。チームは大会記録を6秒以上更新して優勝を飾った[51]
  • 9月、岩手県で開催された国体に出場。前月だけで計30レースという超過密日程の中、「シーズン最後の大会で日本新を」と挑んだ50m自由形決勝において自らの日本記録を0秒07更新した[52]
  • 10月、東京で行われたワールドカップ2016東京大会(短水路)の100m個人メドレーにおいて、渡部香生子が保持していた従来の記録を1秒以上縮める58秒24の短水路日本新記録を樹立し、5種目の日本記録保持者となった[53]
  • 11月、東京で開催された第10回アジア水泳選手権の100m自由形決勝で自身の日本記録を0秒01更新する53秒68をマークした[54]。同大会では50m自由形、50m、100mバタフライ、及び400mメドレーリレーで優勝し、特に第3泳を務めたメドレーリレーでは引き継ぎながら100mバタフライの日本記録を0秒66上回るタイムで泳ぎ、日本の優勝に大きく貢献した[※ 4]
  • 12月、カナダ・ウィンザーで行われた第13回世界短水路選手権に出場。50m及び100mバタフライで銅メダルを獲得すると同時に、加藤ゆかが保持していた両種目の日本記録も更新して7種目の日本記録保持者となった。
  • 2017年1月、東京都水泳選手権の200m自由形決勝において五十嵐千尋の日本記録を0秒85更新し、8種目の日本記録保持者となった[55]
  • 2月18日、コナミ・オープンの50m自由形決勝において、苦手としていたノーブレス[※ 5]を初めて取り入れ、自身の日本記録を0秒19更新する24秒48[※ 6]で優勝した[56]
  • 3月、フランスに遠征し、FFNゴールデンツアーに参戦。200m自由形ではカティンカ・ホッスーを終始リードして勝利するなど、出場した5種目中4種目で優勝を果たした[57]。また50mバタフライ決勝では自由形に続いて自身初めてノーブレス泳法を達成した[58]
  • 3月29日、高校1年最後の競技会となるJOC春季大会に出場。内田美希が保持していた短水路50m自由形の日本記録を0秒17更新する24秒05で泳ぎ、9種目の日本記録保持者となった[59]

高校2年

  • 2017年4月、第93回日本選手権に出場。50m、100m、200m自由形、50m、100mバタフライの5種目にエントリーし、4日間で10レースを泳いだ池江は、ドーピング検査が長引いたことによる睡眠不足や[60]、食事を満足に取れずに体重を3kg落とすほどの過密スケジュールを物ともせず[61]、エントリーした種目すべてで優勝を果たした。自身が持つ日本記録の更新こそならなかったが、100m自由形および50m、100mバタフライの3種目では、2位に1秒以上の大差をつける圧倒的な強さを見せた。これによりそれまで最多だった2002年の萩原智子2015年渡部香生子の4冠を上回り、初めて日本選手権で5冠を達成した女子選手となった[62]
  • 8月の第6回世界ジュニア選手権において、50m自由形、50、100mバタフライで優勝。特に50mバタフライでは自身の日本記録を1年1ヶ月ぶりに更新する活躍で大会MVPに輝いた[63]

高校3年

  • 2018年5月23日、東京五輪に向けての新体制として、中学時代から指導を受けて来たの元を離れ、元五輪代表の三木二郎を新たなコーチとすることを発表。それに伴い所属もそれまでの「ルネサンス亀戸」から単に「ルネサンス」へと変更された[64]

史上初アジア競技大会日本選手6冠達成

  • 2018年8月アジア競技大会ジャカルタに出場。50m、100m自由形、50m、100mバタフライ、400mフリーリレー、400mメドレーリレーの6種目で優勝。日本人初となるアジア競技大会6冠を達成し、大会MVPに輝いた[65]

休養

  • 2020年東京オリンピックでの活躍が期待されていた中、2019年1月18日からオーストラリアで合宿を行っていたが、2月7日、体調不良のため予定を切り上げて帰国することが発表された。そして同月12日、自身のTwitterで、帰国後に検査をした結果白血病と診断されたことを公表した[66]。このため、同年2月のコナミオープン水泳競技大会、4月の第95回日本選手権水泳競技大会といった公式競技会への出場を全て取り止めて療養生活に専念することとなった[67][68]。その闘病生活は過酷で、高校の卒業式にも出席できなかったという[69]

大学時代

2019年

  • 闘病中の2019年4月8日、日本大学スポーツ科学部に入学し、水泳部に入部することが発表された[70]。5月8日、公式サイトを開設[71]
  • 12月17日、退院を報告した[72][73]。その報告の中で、東京五輪は事実上断念し、2024年パリオリンピックの出場・メダル獲得を目標とすることを明らかにした[74]

2020年

  • 2月19日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のスポーツコーナーの特集に於いて、同番組解説者の松岡修造日本テニス協会理事)によるインタビューという形でVTR出演。1年ぶりの公の場への登場となったが、松岡との質疑応答の中で池江は病名を告げられた時や闘病中の心境を吐露し、「2024年のパリオリンピックを目指したい」と将来の展望を語り、「今、生きていることが奇跡。人生のターニングポイントになった」などと率直に語った[75]
  • 5月9日、闘病生活や再起へ歩む日々を追ったドキュメンタリー番組「NHKスペシャル」『ふり向かずに 前へ 池江璃花子 19歳』(NHK総合、19時30分 - 20時30分)が放送された[76]
  • 8月29日、594日ぶりに競技会に出場(東京辰巳国際水泳場での東京都特別水泳大会)、50メートル自由形で26秒32をマークした(同組1着)[77]。なお同年3月24日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により東京五輪が1年程度延期されることが決まったため、以降の回復状況によっては東京五輪に出場できる可能性が出てきた。池江本人も「可能性があるのならチャレンジしたい」と同年12月に語っている[78]
  • 12月4日、毎日スポーツ人賞の文化賞を受賞した[79]

2021年

  • 2月7日、競泳ジャパン・オープンの50メートル自由形で24秒91で2位となり、復帰後4戦目で初めて表彰台に上がった[80]
  • 4月4日、東京五輪の代表選考を兼ねた日本選手権の100メートルバタフライ決勝において57秒77で3年ぶりに優勝[81]。400メートルメドレーリレーの派遣標準記録(57秒92)も突破し、リレーメンバーとしての東京五輪出場が決まった[81]

五輪での活躍

リオ五輪

代表選考

  • リオ五輪代表選考会を兼ねた2016年第92回日本選手権(4月3日~10日)において、池江は50m自由形、100m自由形、200m自由形、100mバタフライの計4種目にエントリーし、リレーを含めた7種目での代表入りを狙った。日本水泳連盟が設定したこれらの種目の五輪派遣標準記録は、日本記録の更新が大前提となるようなきわめて厳しいものであったが、池江はいきなり大会初日の100mバタフライ準決勝で自身の持つ日本記録を0秒01更新すると、翌日の決勝でも派遣標準記録を切る57秒71で優勝して、この種目のリオ五輪代表権を獲得した[※ 7]。優勝後のインタビューでは喜びのあまり両手で顔を覆い号泣した[4]
続く200m自由形では日本記録に0秒02と迫る1分57秒39の高校新記録で優勝。100m自由形では高校新記録となる54秒06で2位になった。これらの種目では個人の派遣標準記録には及ばなかったものの、池江を含む上位4選手のタイムの合計がリレーの派遣標準記録を超えたため、400mフリーリレー、800mフリーリレーでのオリンピック代表に選ばれた[82][83]。大会最終日の50m自由形決勝では世界ジュニア新記録及び高校新記録となる24秒76で優勝したが、派遣標準に0秒17足りず、この種目での派遣は見送られた[84]。同大会の結果により、個人種目の100mバタフライの他に、400mフリー及び800mフリーリレー、400mメドレーリレーの計4種目でオリンピック代表に選出されることとなった[85][86]
日本選手権から約2ヶ月半後の6月27日、池江のその後の大会での活躍や将来性を高く評価した日本水泳連盟は、日本選手権では五輪派遣を見送った自由形3種目においても池江をエントリーすることを発表した。これにより池江は日本人選手としては初めて五輪で7種目に出場することになった[87][88]
種目派遣標準記録*池江の決勝記録タイム差派遣準決勝/予選当時の日本記録
50m自由形24.5924.76
(高校新)
+0.17後に決定準決勝:25.30 (高校新)
予 選:25.76
24.74
(池江自身が保持)
100m自由形
兼4x100mフリーリレー選考
個人53.8154.06
(高校新)
+0.25後に決定準決勝:54.50 (高校新)
予 選:56.04
53.99
(池江自身が保持)
リレー54.43-0.37Olympic flag.svg
200m自由形
兼4x200mフリーリレー選考
個人1:56.821:57.39
(高校新)
+0.57後に決定準決勝:1:59.57 (高校新)
予 選:2:00.65
1:57.37
リレー1:58.96-1.57Olympic flag.svg
100mバタフライ
兼4x100mメドレーリレー選考
個人57.7757.71-0.06Olympic flag.svg準決勝:57.55 (日本新)
予 選:58.14 (高校新)
57.56
(池江自身が保持)
リレー58.74-1.03Olympic flag.svg
*決勝の記録のみが選考の対象。リレーの代表派遣には決勝上位4名全員が派遣標準を突破している必要がある。
  • 7月18日、五輪直前合宿地のサンパウロへ出発する際に羽田空港で報道陣の取材に応じ、筋力トレーニングで体が大きくなり、4月に採寸した日本選手団の公式ジャケットがきつくなっていることを明かした。その上で「全部を出し切って、細くなって帰国したい」とユーモアを交えて意気込みを語った[89][90][91][92]

大会本番

  • 競泳競技初日の8月6日、100mバタフライ予選最終6組に登場した池江は、前半50mを世界記録保持者のサラ・ショーストレムに次ぐ2位で折り返す積極的なレースで、日本記録を0秒28更新する57秒27をたたき出し、全体の8位で準決勝進出を決めた。インタビューでは「自分でも分からないくらい緊張していたが、スタートラインに立った瞬間、やる気がわき上がってきた」と初の大舞台にも物怖じしない強心臓ぶりを伺わせた[93]。さらに、同日の夜に行われた準決勝でも日本記録を更に0秒22更新。準決勝1組の1位、全体の3位で決勝進出を決めた。レース後「まさか1番で帰ってこられるとは思わなかったんで、すごい嬉しいです」と自身の好調に声を弾ませた[94][95]
  • 競泳競技2日目の8月7日、100mバタフライ決勝で三たび日本記録を更新。結果は5位[※ 8]と表彰台は逃したが、56秒86の日本新記録を樹立した。試合後のインタビューでは「56秒台を出す目標があった。メダルは取れなかったが、また自己ベストを更新できてうれしい」としながら、同い年のペニー・オレクシアクが銀メダルを獲得した事に触れ、「4年後に向けてくらいついていきたい」と早くも東京五輪での雪辱を誓った[96]
  • 競泳競技3日目の8月8日、池江は200m自由形予選に挑んだ。しかし、エントリー選手中この時点で5レースこなしていたのが池江とショーストレムだけという、通常忌避される過密日程の影響は隠せず、自己記録に1秒以上及ばずに予選21位で敗退した。レース後には「後半バテてしまった。日本新記録を狙ったが、こういう形で終わって残念」と悔しさを滲ませた[97][98]
池江のリオ五輪の競技日程
8/68/78/88/98/108/118/128/13

13:00~16:00
100mバタフライ
予選
200m自由形
予選
100m自由形
予選
50m自由形
予選
400mフリーリレー
予選
800mフリーリレー
予選
400mメドレーリレー
予選

22:00~24:00
100mバタフライ
準決勝
100mバタフライ
決勝
200m自由形
準決勝
(未進出)
200m自由形
決勝
(未進出)
100m自由形
準決勝
100m自由形
決勝
(未進出)
50m自由形
準決勝
(未進出)
50m自由形
決勝 (未進出)
400mフリーリレー
決勝
800mフリーリレー
決勝
400mメドレーリレー
決勝 (未進出)
*競泳競技5日目の8月10日、1日はさんで100m自由形予選最終6組に登場した池江は、同組の内田と「同タイムで全体の16位タイ」という珍事に見舞われる。当初は準決勝進出を賭けた2人だけの再レース(スイムオフ)が予定されていたが、15位の中国人選手が棄権したため、ともに準決勝に進んだ[99]。その約1時間後、池江は800mフリーリレー予選の第2泳者として再び登場。チームは第1泳者の五十嵐千尋が200m自由形の日本記録を更新するなど、池江を含めた3人が1分57秒台で泳ぐ奮闘を見せ、日本記録に0秒08と迫るタイムで全体の7位となり決勝進出を決めた。しかし疲労を考慮し予選での日本記録更新に賭けていた池江は試合後インタビューで終始うつむき落胆を隠さなかった[100][101]。記録への再挑戦を誓った夜のレース、100m自由形準決勝では予選よりタイムを上げたものの自己ベストに0.5秒以上及ばず、決勝進出を逃した。泳順をアンカーに変えた800mリレー決勝では、200m自由形の自己ベストを出したときをはるかに上回るタイムで前半を折り返す積極的な泳ぎを見せたが、後半伸びずに日本記録の更新は逃した。最終的にチームも予選よりもタイムと順位を落としてレースを終えた。

人物・エピソード

  • 父親は元航空自衛隊パイロットで、身長190cm[102]
  • 母方の祖父は岐阜県郡上郡白鳥町(現在の郡上市白鳥町)出身であり、自身も度々郡上市を訪問するなど縁が深いこともあって、2018年12月に郡上市スポーツアンバサダー(親善大使)に就任した[103][104]
  • 同い年の今井月とは今でこそ大親友だが、第一印象は最悪だったという。小学6年時に参加した全国合宿の研修会にて、今井の岐阜弁に言葉のきつさを感じた池江は「仲良くなるのは無理」と考えた。しかし中学2年の合宿で同部屋になり「実際に一緒にいたら楽しかった」と印象が一転。現在は今井の方も「何でも言い合える」と認めるほど仲が良い[105]
  • 中学の3年間で身長が15cm伸びた。中学時代の恩師が「給食でおかわりのジャンケンに男子に混ざって参加していた」と回想するほど食欲旺盛で[106]、本人も中学時代の思い出を訊かれた際に「一番楽しかったのは給食の時間。おかわりするために一生懸命ジャンケンしたり、みんなで笑いながら給食を食べられるのがすごく楽しかった」と答えている[107]
  • 好きな食べ物はチョコレートで、以前はレースの直前や合間にも食べていたが[108]2016年6月の欧州遠征時に塩浦慎理から運動直前の糖分摂取によるインスリンショック[※ 9]の可能性を指摘され、大会中は我慢する様になった[109]。食事はバランス良く食べるようにしているが、魚介類、特に貝類は苦手である[110]
  • 海外遠征では現地の食事や飲み水が体に合わずしばしば体調を崩すため、非常に苦労している[111]
  • 多くのメディアで幼少からの雲梯が才能を伸ばしたと紹介されているが、本人は「水泳に関しては、雲梯をやっていた影響はそこまで大きくないと思う」と答えている[110]。ただ、腕が長い理由として「うんていぶら下がってたからかなぁ」と話している[112]握力は38kg[110]
  • 幼児期の早期教育のお陰で記憶力には自信があったが[11]、中学3年間で最も変化したことについては「中1の時はそこそこ学力もあったのに、頭がバカになった」と答えている[113]
  • 競泳選手以外でもフィギュアスケート樋口新葉卓球平野美宇とは親交が深く、頻繁に連絡を取り合い食事をする仲である[114][115]
  • 名字のアルファベット表記「IKEE」は英語圏では「アイキーエ」と発音されてしまう[116][117][118]
  • 板キック(ビート板を持ってバタ足だけで進む泳法)は50m33秒[112]
  • 20代でやってみたいことはバンジージャンプで、はまっていることはウクレレ[119]

競泳選手としての特徴

長いリーチ(ウィングスパン)
少ないストローク数
  • 長いリーチを生かした大きなストロークが武器であり、その回数は成長とともに減少している。
100mバタフライのストローク数は、2015年1月の「45」から2016年には「40」に減少[124][125]。50m自由形においても、2014年に「44」だったストローク数が、2016年2月には「37」まで減少している[126]。さらに100m自由形のストローク数は「71」で、これは男子選手の平均値である73を下回っている[127]
元競泳選手の萩原智子は、池江のストローク数の少なさを「彼女が腕を2回転させている間に、周りの選手は3回転させている」と表現し、「1ストロークごとにより遠くの水をつかみ、押し切ることができており、その事が水の抵抗が少ない泳ぎとも繋がっている」と分析している[128]
水の抵抗が少ない泳ぎ方
  • さらに萩原は、疲労がたまるレース後半には必ずしも有利に働かない長い手足を、池江が16歳にして使いこなしている点に着目。「それだけの体幹や筋肉、柔軟性がある証拠」とし、「体が水面に良く浮いており、抵抗が少ない泳ぎであることを証明している」と述べている[128]
同じく元競泳選手の伊藤華英は、池江の泳ぎを「見たことがない泳ぎ方。見た感じ楽そうというか、どこに力が入っているのかなという泳ぎ」と表現し、「首に力が入らないで脇の下を使いながら楽に水をつかんで後ろに持っていく作業ができている」と指摘した。その上で、「水の中を滑るように腕も足も一体となって泳いでいる」とその特異性を評価した[129]
両名とも池江の特殊な泳ぎ方のルーツは幼少期の鉄棒や雲梯にあるのではないかと推測しているが[128][129]、池江本人はその事に関して否定的である[110]

日本記録更新歴

*「コース」で長水路と短水路をソートした後、「種目」でソートすると、それぞれの種目ごとの更新過程が見やすくなります。

個人種目の日本記録全更新歴

日付種目コース記録更新幅ラップRT大会場所備考
12015/10/28100mバタフライ長水路57.56-0.2127.15・30.410.69W杯2015東京大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は加藤ゆか (57.77)
22016/01/31100m自由形長水路53.99-0.0126.41・27.58第9回東京都選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は上田春佳 (54.00)
32016/02/2050m自由形長水路24.74-0.210.63KONAMI OPEN 2016日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は内田美希 (24.95)
42016/04/04100mバタフライ長水路57.55-0.0127.15・30.400.65第92回日本選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場準決勝
52016/06/26100m自由形長水路53.69-0.1925.96・27.70東京都高校選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は内田美希 (53.88)
62016/07/1050mバタフライ長水路25.50-0.45三重県選手権日本の旗 鈴鹿水泳場前記録は加藤ゆか (25.95)
72016/08/10100mバタフライ長水路57.27-0.2826.45・30.820.65リオ五輪ブラジルの旗 リオデジャネイロ予選
82016/08/10100mバタフライ長水路57.05-0.2227.14・30.540.63リオ五輪ブラジルの旗 リオデジャネイロ準決勝
92016/08/11100mバタフライ長水路56.86-0.1926.81・30.050.65リオ五輪ブラジルの旗 リオデジャネイロ決勝
102016/09/1050m自由形長水路24.67-0.070.64第71回国民体育大会日本の旗 盛岡市立総合プール
112016/10/26100m個人メドレー短水路58.24-1.0426.65・31.590.64W杯2016東京大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は渡部香生子 (59.28)
122016/11/17100m自由形長水路53.68-0.0126.21・27.470.64第10回アジア水泳選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場
132016/12/0950mバタフライ短水路25.32-0.020.64第13回世界短水路選手権カナダの旗 カナダ・ウィンザー前記録は加藤ゆか (25.34)
142016/12/11100mバタフライ短水路55.64-0.4526.32・29.320.65第13回世界短水路選手権カナダの旗 カナダ・ウィンザー前記録は加藤ゆか (56.09)
152017/01/28200m自由形長水路1:56.33-0.8527.53・29.43・29.69・29.68第10回東京都選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は五十嵐千尋 (1:57.18)
162017/02/1850m自由形長水路24.48-0.190.69KONAMI OPEN 2017日本の旗 東京辰巳国際水泳場初のノーブレス
172017/03/2850m自由形短水路24.05-0.170.65第39回全国JOC春季大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は内田美希 (24.22)
182017/08/2650mバタフライ長水路25.46-0.040.66第6回世界ジュニアアメリカ合衆国の旗 インディアナポリス5ヶ月ぶりの自己ベスト
192017/09/1650m自由形長水路24.33-0.150.70第72回国民体育大会日本の旗 松山中央公園プール雨天の屋外プール
202017/11/1450mバタフライ短水路25.14-0.180.63W杯2017東京大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場
212017/11/15100m個人メドレー短水路57.75-0.4926.20・31.550.66W杯2017東京大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場
222017/12/2050mバタフライ短水路25.06-0.080.65競泳ローザンヌ杯スイスの旗 スイス・ローザンヌ
232017/12/21100mバタフライ短水路55.64TIE26.06・29.580.66競泳ローザンヌ杯スイスの旗 スイス・ローザンヌ日本記録タイ
242017/12/2150m自由形短水路23.95-0.100.63競泳ローザンヌ杯スイスの旗 スイス・ローザンヌ
252018/01/13200m自由形短水路1:52.64-0.9026.27・28.45・28.78・29.14東京都新春水泳競技大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は上田春佳 (1:53.54)
262018/01/1350mバタフライ短水路24.71-0.35東京都新春水泳競技大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場
272018/01/14200m個人メドレー短水路2:05.41-0.5626.20・31.70・37.54・29.97東京都新春水泳競技大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は清水咲子 (2:05.97)
282018/01/14100m自由形短水路51.62-0.2125.49・26.13東京都新春水泳競技大会日本の旗 東京辰巳国際水泳場前記録は内田美希 (51.83)
292018/02/17200m自由形長水路1:55.04-1.2926.97・28.96・29.75・29.360.74KONAMI OPEN 2018日本の旗 東京辰巳国際水泳場
302018/02/1850mバタフライ長水路25.44-0.020.72KONAMI OPEN 2018日本の旗 東京辰巳国際水泳場
312018/04/03100mバタフライ長水路56.58-0.2826.44・30.140.77第94回日本選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場準決勝
322018/04/04100mバタフライ長水路56.38-0.2026.12・30.260.69第94回日本選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場決勝
332018/04/0650m自由形長水路24.21-0.120.69第94回日本選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場
342018/04/07100m自由形長水路53.46-0.2225.85・27.610.70第94回日本選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場準決勝
352018/04/08100m自由形長水路53.03-0.4326.09・26.940.70第94回日本選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場決勝
362018/04/0850mバタフライ長水路25.43-0.010.71第94回日本選手権日本の旗 東京辰巳国際水泳場
372018/05/2450mバタフライ長水路25.25-0.180.64ジャパンオープン2018日本の旗 東京辰巳国際水泳場
382018/06/1050mバタフライ長水路25.11-0.14ヨーロッパGPカネ大会フランスの旗 フランス・カネ
392018/06/16100mバタフライ長水路56.23-0.1526.37・29.860.65ヨーロッパGPモナコ大会モナコの旗 モナコ
402018/08/09200m自由形長水路1:54.85-0.1927.09・29.06・29.65・29.050.68パンパシ水泳2018日本の旗 東京辰巳国際水泳場
412018/08/11100mバタフライ長水路56.08-0.1525.89・30.190.70パンパシ水泳2018日本の旗 東京辰巳国際水泳場
422018/11/18100m自由形長水路52.79-0.2425.84・26.95北島康介杯2019日本の旗 東京辰巳国際水泳場

主な戦績

凡例
長水路 (50mプール)短水路 (25mプール)
短水路記録は グレー 表示。太字は日本記録更新。
タイム右側の (日本記録更新時は) にカーソルを合わせると、リアクションタイム (r:+) や予選記録等の備考が表示されます。
P … Preliminary (予選)、B … B決勝 (9~16位で争われる)、S … Semifinal (準決勝)、特別 … 特別参加のため順位なし。
用例:P10 … 予選10位、S15 … 準決勝15位、B2 … B決勝2位

個人種目(専門)

年齢学年大会開催期間結果・記録
50m自由形100m自由形200m自由形50mバタフライ100mバタフライ
12小62012第35回全国JOC夏季大会8/26~30P1728秒38r:+0.83/11~12歳区分P281分02秒39r:+0.76/11~12歳区分6位29秒36r:+0.76/決勝唯一の小学生/11~12歳区分/予選7位 29秒46
2013第35回全国JOC春季大会3/28~31優勝26秒36r:+0.71/初の全国優勝/11~12歳区分/予選1位 26秒723位28秒23r:+0.72/11~12歳区分/予選2位 28秒494位1分02秒37r:+0.76/11~12歳区分/予選6位 1分03秒73
13中1第65回東京都中学校選手権7/22~232位27秒12全中新/予選2位 27秒152位59秒29全中新/予選2位 59秒21
第53回全国中学校水泳競技大会8/21~232位26秒50r:+0.68/予選4位 26秒706位58秒53r:+0.71/決勝唯一の中学1年/予選2位 58秒22
第36回全国JOC夏季大会8/26~303位26秒70r:+0.74/13~14歳区分/予選3位 26秒69P1058秒96r:+0.67/13~14歳区分3位1分01秒84r:+0.74/13~14歳区分/予選3位 1分02秒36
2014第7回東京都選手権1/25~265位26秒46予選4位 26秒467位57秒92予選7位 57秒926位2分04秒49予選10位 2分06秒399位1分03秒63予選6位 1分02秒16
第36回全国JOC春季大会3/27~30優勝24秒99r:+0.66/中学新/13~14歳区分/予選1位 25秒60優勝54秒40r:+0.68/中学新/13~14歳区分/予選1位 55秒613位26秒64r:+0.65/予選で大会記録/13~14歳区分/予選1位 26秒51
中2第90回日本選手権4/10~134位25秒80r:+0.63/決勝唯一の中学生/予選4位 26秒128位56秒35r:+0.64/決勝唯一の中学生/予選4位 56秒367位27秒20r:+0.74/決勝唯一の中学生/予選4位 27秒20
ジャパンオープン2014 (50m)6/19~224位25秒84r:+0.64/決勝唯一の中学生/予選7位 26秒19B256秒40r:+0.63/予選17位 56秒936位27秒30r:+0.65/決勝唯一の中学生/予選5位 27秒48P321分01秒77r:+0.64
14第66回東京都中学校選手権7/19~20優勝25秒72都中新/予選1位 25秒92優勝55秒93都中新/予選1位 56秒44
第54回全国中学校水泳競技大会8/21~23優勝25秒60r:+0.64/中学新/予選1位 25秒932位56秒19r:+0.66/予選2位 57秒12
2014ジュニアパンパシフィック8/27~314位25秒56中学新/予選5位 25秒665位55秒60r:+0.68/中学新/予選6位 56秒16B22分01秒98r:+0.74/予選11位 2分02秒523位59秒50r:+0.68/予選6位 1分00秒85
ワールドカップ2014東京大会
第56回日本選手権(25m)
10/28~297位24秒91r:+0.66/予選で中学新/予選6位 24秒777位53秒86r:+0.63/中学新/予選6位 54秒49B11分55秒92r:+0.63/中学新/予選9位 1分57秒765位26秒25r:+0.63/予選6位 26秒33P381分02秒18r:+0.69
第46回東スイ招待記録会11/21~24優勝25秒47中学新/13~14歳区分/予選1位 26秒01優勝55秒49中学新/13~14歳区分/予選1位 56秒40優勝1分59秒65中学新/13~14歳区分/予選1位 2分00秒36優勝26秒8113~14歳区分/予選1位 28秒08
東京都東部ブロッククラブ対抗11/29~30優勝24秒51中学新/13~14歳区分/予選1位 25秒04優勝57秒18中学新/13~14歳区分/予選1位 1分01秒22
2015第8回東京都選手権
(北島康介杯2015)
1/24~252位25秒55予選2位 25秒892位55秒16中学新/予選2位 56秒86優勝2分00秒30予選3位 2分03秒46優勝58秒27中学新/予選3位 1分00秒27
NSW州オープン選手権2/27~3/13位25秒65r:+0.66/予選4位 25秒74B456秒39予選14位 56秒61B72分02秒49r:+0.64/予選13位 2分03秒114位26秒71r:+0.66/中学新/予選3位 26秒724位59秒89r:+0.64/予選5位 1分00秒66
中3第91回日本選手権4/7~123位25秒28r:+0.64/中学新/準決3位 25秒34/予選3位 25秒623位54秒76r:+0.66/中学新/準決3位 55秒07/予選4位 55秒713位1分58秒77r:+0.67/中学新/準決1位 1分59秒01/予選2位 2分00秒07優勝26秒49r:+0.65/予選で中学新/予選1位 26秒41P201分01秒21r:+0.67
ジャパンオープン2015 (50m)5/22~244位55秒13r:+0.69/予選5位 55秒422位1分58秒01r:+0.70/中学新/予選2位 2分00秒11優勝26秒35r:+0.68/中学新/予選1位 26秒763位58秒49r:+0.73/予選3位 59秒32
ヨーロッパGP・カネ大会6/6~7P2026秒10r:+0.64P1755秒91r:+0.476位26秒39予選5位 26秒54B258秒99r:+0.64/予選12位 59秒84
ヨーロッパGP・バルセロナ大会6/10~115位55秒34r:+0.72/予選9位 56秒00B52分01秒46r:+0.71/予選14位 2分01秒30
ヨーロッパGP・モナコ大会6/13~14P1426秒42r:+0.65/予選8決敗退/予選16決13位 26秒25B657秒27r:+0.66/予選16位 57秒132位26秒29r:+0.64/中学新/準決2位 26秒38/準々決4位 26秒78/予選8決4位 26秒84/予選16決4位 26秒943位58秒95r:+0.66/予選5位 1分00秒34
15第16回世界水泳選手権8/2~9P1926秒66r:+0.69
第55回全国中学校水泳競技大会8/17~19優勝1分59秒25r:+0.76/大会新/予選1位 1分59秒95優勝58秒76r:+0.67/大会新/予選1位 1分00秒28
第5回世界ジュニア8/25~302位25秒19r:+0.65/準決6位 25秒57/予選4位 25秒684位54秒82r:+0.67/準決3位 54秒81/予選2位 54秒92優勝26秒28r:+0.66/大会新/準決1位 26秒30/予選1位 26秒50優勝58秒28r:+0.65/大会新/準決1位 58秒98/予選2位 59秒08
第70回国民体育大会9/11~13優勝24秒99r:+0.66/中学新/大会新/少年B区分/予選1位 25秒53優勝54秒38r:+0.66/中学新/大会新/少年B区分/予選1位 54秒92
ワールドカップ2015東京大会10/28~293位25秒05r:+0.71/予選3位 25秒57優勝54秒14r:+0.64/中学新/予選1位 55秒13P92分01秒77r:+0.69優勝26秒17r:+0.70/中学新/世界Jr.新/予選2位 26秒92優勝57秒56r:+0.69/日本新/世界Jr.新/予選2位 59秒44
東京都東部ブロッククラブ対抗11/28~29優勝56秒67中学新/15~16歳区分/予選1位 58秒54
2016第9回東京都選手権
(北島康介杯2016)
1/30~31優勝25秒06予選1位 25秒82優勝53秒99日本新/予選4位 56秒69優勝1分58秒23予選5位 2分03秒64優勝58秒07予選1位 59秒22
KONAMI OPEN 20162/20~21優勝24秒74r:+0.63/日本新/世界Jr.新/中学新/予選2位 25秒56優勝54秒13r:+0.63/中学新/大会新/予選4位 56秒19優勝1分58秒17r:+0.64/大会新/予選3位 2分00秒33
高1第92回日本選手権4/4~10優勝24秒76r:+0.65/世界Jr.新/準決2位 25秒30/予選2位 25秒762位54秒06r:+0.66/高校新/準決2位 54秒50/予選6位 56秒04優勝1分57秒39r:+0.67/高校新/準決4位 1分59秒57/予選3位 2分00秒65優勝57秒71r:+0.67/準決で日本新/準決1位 57秒55/予選1位 58秒14
ジャパンオープン2016 (50m)5/20~22優勝53秒98r:+0.65/高校新/予選3位 54秒602位1分58秒80r:+0.69/予選5位 2分00秒63優勝26秒05r:+0.68/世界Jr.新/高校新/予選1位 26秒66優勝57秒57r:+0.66/予選6位 1分00秒42
ヨーロッパGP・カネ大会6/8~95位25秒05予選6位 25秒538位55秒98予選5位 55秒14P252分02秒60r:+0.494位25秒97高校新/予選4位 26秒43
ヨーロッパGP・バルセロナ大会6/11~125位25秒08r:+0.68/予選6位 25秒322位54秒15r:+0.67/予選5位 55秒272位57秒93予選4位 59秒06
東京都高校選手権6/25~26優勝24秒95大会新/予選1位 25秒83優勝53秒69日本新/予選1位 54秒63
16三重県選手権7/9~10特別25秒10予選 25秒56特別54秒27予選 54秒90特別25秒50日本新/予選 26秒37特別58秒49予選 58秒54
Olympic rings without rims.svg リオ五輪8/6~13P3625秒45r:+0.66S1254秒31r:+0.65/予選16位 54秒50P211分58秒49r:+0.68/ラップ 28秒08 - 57秒99 - 1分28秒285位56秒86r:+0.65/失格者が出て6位から繰上げ/全レースで日本新/準決3位 57秒05/予選8位 57秒27
第84回日本高校選手権8/17~20優勝25秒19r:+0.71/大会新/予選1位 25秒64優勝54秒67r:+0.76/大会新/予選1位 55秒65
第39回全国JOC夏季大会8/22~26優勝25秒58r:+0.66/大会新/15~16歳区分/予選1位 25秒96優勝54秒79r:+0.67/大会新/15~16歳区分/予選2位 57秒23優勝59秒22r:+0.66/大会新/15~16歳区分/予選1位 1分00秒40
第71回国民体育大会9/9~11優勝24秒67r:+0.64/日本新/少年B区分/予選1位 25秒23優勝57秒74r:+0.67/大会新/少年B区分/予選1位 59秒69
ワールドカップ2016東京大会
第58回日本選手権(25m)
10/25~266位24秒61r:+0.63/予選4位 24秒773位52秒39r:+0.64/高校新/予選5位 53秒722位25秒73r:+0.63/世界Jr.新/高校新/予選2位 26秒314位56秒42r:+0.65/世界Jr.新/高校新/予選2位 57秒55
第10回アジア水泳選手権11/17~20優勝24秒90r:+0.65/大会新/予選4位 25秒452位53秒68r:+0.64/日本新/高校新/予選2位 55秒07優勝25秒74r:+0.64/大会新/予選1位 26秒54優勝57秒46r:+0.63/予選1位 59秒17
第13回世界短水路選手権12/6~11S1324秒42r:+0.63/高校新/予選12位 24秒494位52秒12r:+0.64/高校新/準決3位 52秒47/予選8位 53秒173位25秒32r:+0.64/日本新/世界Jr.新/高校新/準決5位 25秒63/予選4位 25秒553位55秒64r:+0.65/日本新/世界Jr.新/高校新/準決3位 56秒68/予選3位 56秒83
2017第10回東京都選手権
(北島康介杯2017)
1/28~29優勝1分56秒33日本新/予選3位 2分04秒20優勝56秒89日本記録まで0秒03/予選1位 59秒32
KONAMI OPEN 20172/18~19優勝24秒48r:+0.69/日本新/世界Jr.新/初の無呼吸/予選3位 25秒95優勝54秒69r:+0.74/大会新/予選1位 56秒37優勝25秒71r:+0.70/大会新/予選1位 26秒95優勝57秒55r:+0.70/大会新/予選7位 1分00秒49
地中海オープン・マルセイユ
(FFNゴールデンツアー2017)
3/3~5優勝24秒58日本記録まで0秒10/予選2位 25秒357位58秒25100バタ決勝6分後のレース/予選2位 55秒63優勝1分57秒06K.ホッスーに競り勝つ/予選2位 2分00秒29優勝26秒09初の無呼吸/予選1位 26秒33優勝57秒43予選6位 1分00秒79
第39回全国JOC春季大会3/27~30優勝24秒05r:+0.65/日本新/高校新/CS区分/予選2位 25秒16
高2第93回日本選手権4/13~16優勝24秒57r:+0.63/無呼吸/日本記録まで0秒09/予選5位 25秒89優勝53秒83r:+0.65/日本記録まで0秒15/予選1位 55秒24優勝1分57秒07r:+0.64/予選1位 1分59秒60優勝25秒51r:+0.70/世界Jr.新/日本記録まで0秒01/予選1位 26秒24優勝57秒39r:+0.64/予選1位 58秒82
ジャパンオープン2017 (50m)5/19~21優勝54秒57r:+0.71/予選1位 55秒25優勝1分56秒91r:+0.71/予選2位 1分59秒56優勝25秒78r:+0.70/予選1位 26秒71優勝57秒65r:+0.69/予選2位 59秒24
ヨーロッパGP・モナコ大会6/10~112位25秒95r:+0.65/準決2位 25秒74/準々決2位 25秒83/予選8決2位 26秒34/予選16決1位 26秒08
ヨーロッパGP・カネ大会6/17~18B325秒39予選11位 25秒38P1655秒11r:+0.502位25秒79予選2位 26秒106位58秒29r:+0.68/予選5位 58秒89
東京都高校選手権6/24~25優勝24秒73大会新/自身の大会記録更新/予選1位 26秒04優勝54秒04全国新/予選1位 56秒29
17第17回世界水泳選手権7/23~30S1624秒84r:+0.68/予選16位 25秒04P2154秒91r:+0.66/ラップ 26秒19S1325秒90r:+0.66/予選3位 25秒726位57秒08r:+0.66/準決4位 56秒89/予選4位 57秒45
第6回世界ジュニア8/23~28優勝24秒59r:+0.64/大会新/準決1位 24秒74/予選2位 25秒372位54秒16r:+0.65/準決1位 54秒06/予選1位 54秒41優勝25秒46r:+0.66/日本新/世界Jr.新/大会新/予選2位 26秒39/準決1位 25秒77優勝57秒25r:+0.66/大会新/準決1位 58秒11/予選1位 58秒93
第72回国民体育大会9/15~16優勝24秒33r:+0.70/日本新/世界Jr.新/少年A区分/予選1位 25秒09優勝54秒10r:+0.71/大会新/少年A区分/予選1位 55秒23
新潟県スプリント選手権10/15優勝25秒10予選は小学生の部にオープン参加/予選 27秒22
第5回秋葉山選手権11/11~12優勝25秒05大会新/予選1位 25秒74
ワールドカップ東京大会2017
第59回日本選手権(25m)
11/14~153位25秒14r:+0.63/日本新/世界Jr.新/予選1位 25秒742位55秒99r:+0.65/世界Jr.新/予選1位 57秒09
東京都東部ブロッククラブ対抗11/18~19優勝52秒89大会新/予選1位/55秒05
競泳ローザンヌ杯12/20~212位23秒95r:+0.63/日本新/世界Jr.新/予選4位 24秒413位52秒11r:+0.66/高校新/予選4位 52秒85優勝25秒06r:+0.65/日本新/世界Jr.新/予選1位 25秒78/クロモビジョジョと同タイム優勝55秒64r:+0.66/日本タイ記録/世界Jr.新/予選1位 56秒98
2018東京都新春水泳競技大会1/13~14優勝51秒62日本新/世界Jr.新優勝1分52秒64日本新/世界Jr.新優勝24秒71日本新/世界Jr.新
KONAMI OPEN 20182/17~18優勝1分55秒04r:+0.74/日本新/世界Jr.新/予選1位 1分58秒83優勝25秒44r:+0.72/日本新/世界Jr.新/予選1位 26秒30
高3第94回日本選手権4/3~8優勝24秒21r:+0.69/日本新/世界Jr.新/準決1位 24秒75/予選10位 26秒08優勝53秒03r:+0.70/日本新/準決勝でも日本記録/準決1位 53秒46/予選1位 54秒50優勝25秒43r:+0.71/日本新/世界Jr.新/予選1位 26秒30優勝56秒38r:+0.69/日本新/世界Jr.新/準決勝でも日本記録/準決1位 56秒58/予選1位 57秒14
ジャパンオープン2018 (50m)5/24~27優勝24秒47r:+0.70/予選1位 25秒58優勝53秒26r:+0.75/予選1位 54秒00優勝1分57秒25r:+0.71/予選1位 1分58秒73優勝25秒25r:+0.64/日本新/世界Jr.新/予選1位 25秒78優勝56秒93r:+0.70/予選1位 58秒05
ヨーロッパGP・カネ大会6/9~103位24秒80予選2位 25秒21優勝53秒10r:+0.66/予選1位 53秒89優勝25秒11日本新/世界Jr.新/予選1位 25秒68優勝57秒47r:+0.67/予選1位 57秒96
ヨーロッパGP・バルセロナ大会6/13~143位53秒92予選4位 54秒758位2分07秒56100mバタフライ決勝から5分後のレース/予選6位 2分00秒09優勝25秒32予選1位 26秒30優勝56秒40日本記録まで0.02秒/予選2位 58秒30
ヨーロッパGP・モナコ大会6/16~172位25秒18r:+0.66/準決2位 24秒90/準々決2位 24秒91/予選8決4位 25秒28/予選16決7位 26秒00優勝53秒64r:+0.65/予選3位 55秒46優勝25秒53r:+0.63/準決1位 25秒96/準々決1位 26秒61/予選8決1位 26秒14/予選16決2位 26秒75優勝56秒23r:+0.65/日本新/世界Jr.新/予選3位 59秒14
18第12回東京都選手権7/7~8優勝1分56秒40予選1位 1分59秒83
第69回関東高等学校選手権7/21~23優勝53秒47r:予選1位 54秒09優勝56秒50r:予選1位 57秒70
パンパシ水泳20188/9~126位24秒60r:+0.66/予選5位 24秒765位53秒14r:+0.74/予選10位タイ 54秒14 決勝は各国2名が上限のため10位ながら決勝進出2位1分54秒85r:+0.68/日本新/世界Jr.新/予選7位 1分57秒43優勝56秒08r:+0.70/日本新/大会新/世界Jr.新/予選1位 56秒90
アジア大会20188/19~24優勝24秒53r:+0.64/大会新/予選1位 25秒09優勝53秒27r:+0.64/大会新/予選1位 54秒33優勝25秒55r:+0.66/大会新/予選1位 25秒91優勝56秒30r:+0.67/大会新/予選2位 57秒81

団体種目

所属凡例N …日本代表、T …東京都、R …ルネサンス亀戸(2018年からは単にルネサンス)、H …淑徳巣鴨高校
年齢学年大会開催期間所属結果・記録
400m
フリーリレー
800m
フリーリレー
400m
メドレーリレー
13中12013第36回全国JOC夏季大会8/26~30R7位4分17秒85 (4泳 58秒26)CS区分/予選7位 4分18秒06 (4泳 58秒00)
2014第36回全国JOC春季大会3/27~30R7位3分55秒73 (1泳 54秒71)1泳で短水路100m自由形の中学記録タイ/13~14歳区分/予選7位 3分55秒93 (4泳 53秒95)優勝4分07秒58 (4泳 53秒50)CS区分/予選2位 4分08秒21 (4泳 55秒00)
14中22014ジュニアパンパシフィック8/27~31N3位3分45秒53 (2泳 55秒50)中学新3位8分09秒26 (2泳 2分00秒88)中学新2位4分04秒11 (4泳 54秒87)中学新
東京都東部ブロッククラブ対抗11/29~30R7位4分11秒19 (3泳 56秒94)大会新/13~14歳区分
2015NSW州オープン選手権2/27~3/1N優勝3分43秒79 (1泳 55秒66)r:+0.66/中学新優勝8分13秒44 (4泳 2分06秒45)優勝4分04秒73 (4泳 54秒84)
第37回全国JOC春季大会3/27~30R優勝3分44秒04 (4泳 52秒91)予選は中学生メンバーで挑み中学新/CS区分/予選2位 3分45秒79 (4泳 52秒68)2位4分03秒51 (3泳 56秒52)CS区分/予選1位 4分05秒98 (3泳 57秒09)
15中3第16回世界水泳選手権8/2~9NP93分38秒47 (2泳 54秒63)r:+0.397位7分54秒62 (2泳 1分57秒70)r:+0.25/予選6位 7分54秒58 (2泳 1分58秒86)
第5回世界ジュニア8/25~30N4位3分41秒67 (2泳 54秒45)r:+0.25/予選5位 3分46秒17 (4泳 55秒87)6位8分07秒02 (1泳 1分59秒72)r:+0.54/予選7位 8分09秒36 (1泳 2分01秒11)3位4分03秒10 (3泳 58秒07)r:+0.20/予選1位 4分05秒65 (3泳 58秒93)
第70回国民体育大会9/11~13T優勝3分46秒04 (4泳 54秒37)大会新/少年B区分/予選1位 3分49秒61 (4泳 56秒50)優勝4分05秒73 (4泳 54秒18)大会新/少年B区分/予選1位 4分10秒25 (4泳 56秒16)
東京都東部ブロッククラブ対抗11/29~30R優勝3分45秒95 (4泳 52秒90)大会新/予選1泳で100m自由形の中学新/15歳以上区分/予選1位 3分47秒89 (1泳 53秒25)優勝4分07秒21 (3泳 56秒87)大会新/15歳以上区分
高12016東京都高校選手権6/25~26H優勝3分51秒70 (2泳 55秒16)全国新優勝4分11秒88 (4泳 54秒16)大会新
16三重県選手権7/9~10N特別3分40秒70 (2泳 54秒31)特別8分06秒65 (1泳 2分00秒98)
Olympic rings without rims.svg リオ五輪8/6~13N8位3分37秒78 (2泳 53秒98)r:+0.41/予選で日本新/予選7位 3分36秒74 (2泳 53秒41)/引継ながら池江は予選で日本記録を上回るタイム8位7分56秒76 (4泳 1分58秒25)r:+0.23/予選7位 7分52秒50 (2泳 1分57秒71)P103分59秒82 (3泳 56秒73)r:+0.21/ラップ 26秒42/引継ながら池江は日本記録を上回るタイム
第84回日本高校選手権8/17~20H優勝8分09秒76 (3泳 1分57秒28)大会新/予選5位 8分19秒89 (3泳 2分01秒66)2位4分08秒84 (4泳 53秒48)予選2位 4分11秒16 (4泳 54秒06)/優勝は今井月を擁する豊川高校
第39回全国JOC夏季大会8/22~26R優勝3分49秒08 (4泳 53秒73)CS区分/予選2位 3分52秒84 (1泳 56秒02)6位4分18秒11 (4泳 54秒21)CS区分/予選7位 4分19秒14 (1泳 1分03秒62)
第71回国民体育大会9/9~11T3位3分49秒18 (4泳 53秒89)少年B区分/予選3位 3分51秒86 (4泳 55秒37)2位4分09秒50 (3泳 57秒06)少年B区分/予選2位 4分12秒48 (3泳 58秒49)
第10回アジア水泳選手権11/17~20N2位3分37秒71 (1泳 53秒72)1泳で100m自由形の日本記録に0秒042位7分58秒07 (4泳 1分57秒88)優勝3分57秒97 (3泳 56秒18)大会新/引継ながら池江は100mバタフライの日本記録を0秒66も上回るタイム
第13回世界短水路選手権12/6~11N5位3分34秒09 (1泳 52秒16)r:+0.69/1泳で100m自由形の高校新/予選8位 3分35秒04 (1泳 52秒69)5位7分41秒97 (4泳 1分53秒82)r:+0.24/日本新4位3分50秒28 (3泳 55秒43)r:+0.13/日本新/予選2位 3分52秒97 (3泳 56秒74)
2017第39回全国JOC春季大会3/27~30R2位3分42秒35 (4泳 51秒56)CS区分/予選1位 3分45秒11 (3泳 53秒87)2位4分02秒96 (3泳 55秒59)CS区分/予選3位 4分07秒27 (3泳 59秒43))
高2東京都高校選手権6/24~25H優勝3分50秒13 (4泳 54秒63)大会新優勝8分25秒04 (4泳 2分01秒37)優勝4分08秒04 (4泳 54秒19)大会新
17第17回世界水泳選手権7/23~30N7位3分38秒24 (1泳 54秒59)r:+0.63/予選7位 3分37秒46 (1泳 54秒09)5位7分50秒43 (2泳 1分57秒38)r:+0.20/日本新/予選2位 7分53秒67 (2泳 1分58秒53)
第6回世界ジュニア8/23~28N3位3分40秒59 (3泳 53秒35)r:+0.24/池江は予選未出場3位8分02秒09 (2泳 1分56秒54)r:+0.26/予選4位 8分07秒38 (1泳 1分59秒18)/予選、決勝とも全リレー参加選手中最速3位3分59秒97 (3泳 56秒94)r:+0.24/池江は予選未出場
第72回国民体育大会9/15~16T優勝3分42秒40 (3泳 53秒73)大会新/少年A区分/予選2位 3分49秒19 (3泳 56秒05)優勝4分04秒93 (4泳 53秒40)少年A区分/池江は予選未出場
東京都東部ブロッククラブ対抗11/18~19R優勝3分45秒61 (4泳 51秒65)大会新/15歳以上区分/予選1位 3分52秒03 (3泳 53秒35)優勝4分06秒11 (2泳 1分06秒29)大会新/15歳以上区分/決勝では珍しく平泳ぎを担当した/予選1位 4分13秒64 (4泳 56秒52)
18高32018第69回関東高等学校選手権7/21~23H2位3分47秒55 (3泳 52秒77)6位から5人抜きで1位で4泳に引き継ぐ活躍/予選3位 3分51秒78 (4泳 53秒55)優勝8分10秒47 (3泳 1分55秒47)予選5位 8分27秒74 (1泳 2分04秒23)優勝4分07秒93 (3泳 56秒61)予選1位 4分11秒30 (3泳 59秒08)
パンパシ水泳20188/9~12N4位3分36秒93 (1泳 53秒46)Fadenkreuz.svg4位7分48秒96 (2泳 1分54秒69)Red Circle(R=204,GB=0).svg3位3分55秒03 (3泳 55秒48)Red Circle(R=204,GB=0).svg
アジア大会20188/19~24N優勝3分36秒52 (1泳 53秒60)Red Circle(R=204,GB=0).svg2位7分53秒83 (2泳 1分55秒27)Fadenkreuz.svg優勝3分54秒73 (3泳 55秒80)Red Circle(R=204,GB=0).svg

自己ベスト

長水路

個人種目種目RT記録樹立日大会場所備考
50m自由形0.6924秒212018/04/06第94回日本選手権日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録、世界Jr.記録
100m自由形52秒7925.84 - 52.792018/11/18KOSUKE KITAJIMA CUP日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録
200m自由形0.681分54秒8527.09 - 56.15 - 1:25.80 - 1:54.852018/08/09パンパシ水泳2018日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録
400m自由形0.754分09秒2929.22 - 1:01.14 - 1:33.23 - 2:05.94 - 2:37.81 - 3:09.73 - 3:39.77 - 4:09.292018/02/18コナミオープン2018日本の旗東京辰巳国際水泳場
50mバタフライ25秒112018/06/10ヨーロッパGPカネ大会フランスの旗フランス・カネ日本記録高校記録、世界Jr.記録
100mバタフライ0.7056秒0825.89 - 56.082018/08/11パンパシ水泳2018日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録
200m個人メドレー2分09秒9827.15 - 1:01.36 - 1:39.36 - 2:09.982017/01/29第10回東京都選手権日本の旗東京辰巳国際水泳場高校記録、世界Jr.記録
団体種目種目記録樹立日大会場所チーム備考
400mフリーリレー3分36秒52第1泳者 25.68 - 53.602018/08/19アジア大会2018インドネシアの旗ジャカルタ日本1.池江璃花子 2.酒井夏海 3.青木智美 4.五十嵐千尋大会新
800mフリーリレー7分47秒28第2泳者 26.49 - 55.56 - 1:25.40 - 1:54.692018/08/10パンパシ水泳2018日本の旗東京辰巳国際水泳場日本1.五十嵐千尋 2.池江璃花子 3.白井璃緒 4.大橋悠依日本記録
400mメドレーリレー3分54秒73第3泳者 26.01 - 55.802018/08/23アジア大会2018インドネシアの旗ジャカルタ日本1.酒井夏海 2.鈴木聡美 3.池江璃花子 4.青木智美日本記録、大会新
400m混合フリーリレー3分24秒78第3泳者 25.71 - 53.502017/07/29第17回世界水泳選手権ハンガリーの旗ブダペスト日本1.松元克央 2.中村克 3.池江璃花子 4.五十嵐千尋
400m混合メドレーリレー3分40秒98第3泳者 25.45 - 55.532018/08/09パンパシ水泳2018日本の旗東京辰巳国際水泳場日本1.入江陵介 2.小関也朱篤 3.池江璃花子 4.青木智美日本記録

短水路

個人種目種目RT記録樹立日大会場所備考
50m自由形0.6323秒952017/12/21競泳ローザンヌ杯スイスの旗スイス・ローザンヌ日本記録高校記録
100m自由形51秒6225.49 - 51.622018/01/14東京都新春水泳競技大会日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録
200m自由形1分52秒6426.27 - 54.72 - 1:23.50 - 1:52.642018/01/13東京都新春水泳競技大会日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録
50mバタフライ24秒712018/01/13東京都新春水泳競技大会日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録、世界Jr.記録
100mバタフライ0.6655秒3126.01 - 55.312018/11/11ワールドカップ東京大会日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録、世界Jr.記録
100m個人メドレー0.6657秒7526.20 - 57.752017/11/15ワールドカップ2017東京大会日本の旗東京辰巳国際水泳場日本記録高校記録、世界Jr.記録
200m個人メドレー2分05秒4126.20 - 57.90 - 1:35.44 - 2:05.412018/01/14東京都新春水泳競技大会日本の旗東京辰巳国際水泳場高校記録
団体種目種目記録樹立日大会場所チーム備考
400mフリーリレー3分34秒09第1泳者 25.15 - 52.162016/12/06第13回世界短水路選手権カナダの旗カナダ・ウィンザー日本1.池江璃花子 2.山根優衣 3.大内紗雪 4.青木智美
800mフリーリレー7分41秒97第4泳者 25.75 - 54.37 - 1:24.07 - 1:53.822016/12/10第13回世界短水路選手権カナダの旗カナダ・ウィンザー日本1.青木智美 2.五十嵐千尋 3.高野綾 4.池江璃花子日本記録
400mメドレーリレー3分50秒28第3泳者 26.13 - 55.432016/12/11第13回世界短水路選手権カナダの旗カナダ・ウィンザー日本1.諸貫瑛美 2.寺村美穂 3.池江璃花子 4.青木智美日本記録
200m混合フリーリレー1分30秒95第4泳者 23.862016/12/07第13回世界短水路選手権カナダの旗カナダ・ウィンザー日本1.塩浦慎理 2.伊藤健太 3.大内紗雪 4.池江璃花子
200m混合メドレーリレー1分38秒45第3泳者 24.892016/12/08第13回世界短水路選手権カナダの旗カナダ・ウィンザー日本1.古賀淳也 2.山中祥輝 3.池江璃花子 4.大内紗雪

その他保持している記録

長水路
個人種目種目RT記録樹立日大会場所備考
50m自由形0.6324秒742016/02/20コナミオープン2016日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
100m自由形53秒992016/01/31東京都選手権日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
200m自由形0.701分58秒012015/05/22ジャパンオープン2015日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
50mバタフライ26秒172015/10/29ワールドカップ2015東京大会日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
100mバタフライ0.6957秒562015/10/28ワールドカップ2015東京大会日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
団体種目種目記録樹立日大会場所チーム備考
400mフリーリレー3分43秒792015/03/01NSW州選手権オーストラリアの旗シドニー日本中学記録
800mフリーリレー8分09秒262014/08/282014Jr.パンパシフィックアメリカ合衆国の旗ハワイ日本中学記録
400mメドレーリレー4分04秒112014/08/302014Jr.パンパシフィックアメリカ合衆国の旗ハワイ日本中学記録
短水路
個人種目種目RT記録樹立日大会場所備考
50m自由形24秒512014/11/30東京都東部ブロッククラブ対抗日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
100m自由形53秒252015/11/28東京都東部ブロッククラブ対抗日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録、リレーの第1泳
200m自由形1分55秒922014/10/28日本選手権(25m)日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
100mバタフライ56秒672015/11/28東京都東部ブロッククラブ対抗日本の旗東京辰巳国際水泳場中学記録
団体種目記録樹立日大会場所チーム備考
400mフリーリレー3分45秒792015/03/29第37回JOC春季JOカップ日本の旗東京辰巳国際水泳場ルネサンス亀戸中学記録、予選

  • 団体種目のラップは池江のタイムのみ記載
  • RT=リアクションタイム

脚注

注釈

  1. ^ 【長水路】50m/100m/200m自由形、50m/100mバタフライ【短水路】50m/100m/200m自由形、50m/100mバタフライ、100m個人メドレー
  2. ^ 【長水路】800mフリーリレー、400mメドレーリレー、400m混合メドレーリレー【短水路】800mフリーリレー、400mメドレーリレー
  3. ^ 「赤ちゃんにとって一番良い方法を」と考えた母親が、助産師を自宅に呼び、体温に近いお湯の中で分娩する方法をとった。「1度泣いた後、気持ちよさそうにお湯に浸かっていた」と言う。『サンケイスポーツ』2016年4月6日付
  4. ^ これは池江の平均的なリアクションタイムを考慮しても日本記録以上のペースで泳いでいた計算になる。
  5. ^ 息継ぎのタイムロスを減らすために無呼吸で最後まで泳ぎきる泳法。
  6. ^ これはリオ五輪の決勝に進出できるタイムである。
  7. ^ 競泳女子における高校生でのオリンピック出場はロンドン五輪渡部香生子内田美希らに続く快挙であり、池江の他にも同窓の長谷川涼香、同学年の今井月等、複数の高校生がオリンピック出場を決めた。
  8. ^ 着順は6位だったが、後に4位の陳欣怡(中国)がドーピング検査において陽性反応が出て失格となったため、繰り上がった。
  9. ^ 一度に多量の糖分を摂取することで血糖値が上昇、その反動でインスリンが大量分泌され、血糖値の急激な低下を引き起こす現象。だるさなどが出て、パフォーマンスに悪影響が出る。

出典

  1. ^ a b 池江璃花子 2018年8月28日
  2. ^ a b “池江璃花子、フェルプス超えた驚異のリーチ身長比率 - 水泳 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/sports/news/201807240000163.html 2018年8月28日閲覧。 
  3. ^ 所属アスリート | 株式会社ジエブ” (日本語). www.jeb.co.jp. 2018年8月28日閲覧。
  4. ^ a b c d 女子100バタ池江璃花子が五輪決め「うぇ~ん」号泣 日刊スポーツ 2016年4月6日
  5. ^ a b c 東京五輪の星 14歳の池江璃花子V 日刊スポーツ 2015年1月26日
  6. ^ 所属アスリート | 株式会社ジエブ” (日本語). www.jeb.co.jp. 2018年8月28日閲覧。
  7. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「池江璃花子 ジエブとマネジメント契約 メディアへの露出急増で - スポニチ Sponichi Annex スポーツ」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年8月28日閲覧。
  8. ^ スポーツ食育インタビュー Vol.35 前編 池江 美由紀 さん|ごはんだもん!げんきだもん!” (日本語). gohagen.jp. 2018年9月4日閲覧。
  9. ^ 七田の卒業生池江璃花子さん 世界選手権の中学生代表に!!
  10. ^ 14歳で「競泳世界選手権」池江璃花子は生まれた時から凄かった! 1歳半で逆上がり J-CAST 2015年4月14日
  11. ^ a b 東京都Rさん (13歳) 夢に向かう七田っ子 0歳からの幼児教室。才能が目覚める幼児教育は七田チャイルドアカデミー。
  12. ^ 競泳リオ五輪代表に池江選手 NHK 2016年4月11日
  13. ^ 首都圏ネットワーク 2016年4月11日放送回 NHK 2016年4月11日
  14. ^ 第35回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会
  15. ^ 5冠の池江を支える指導者の存在 萩原智子 2017年4月17日
  16. ^ 長谷川、池江が中学新 短水路のJOC春季大会 スポーツニッポン 2014年3月29日
  17. ^ 【競泳・飛込】第54回全国中学校水泳競技大会 第2日目
  18. ^ 【競泳】14歳・池江璃花子が2冠! 4年7か月ぶり中学記録更新 スポーツ報知 2015年1月26日
  19. ^ 荻野200も制し2冠 池江は7大会ぶり中学生代表 スポーツニッポン 2015年4月9日
  20. ^ 池江璃花子が中学生V 青山綾里以来19年ぶり 日刊スポーツ 2015年4月12日
  21. ^ 14年ぶり中学生で代表入りの池江璃花子 担当コーチに聞いた指導方針と強さの秘訣 スポーツナビ 2015年4月12日
  22. ^ スーパー中学生・池江、女子200自で日本勢トップ2位! サンケイスポーツ 2015年5月23日
  23. ^ 14歳池江、勢い止まらず50バタでも中学新「優勝できたのは奇跡」 サンケイスポーツ 2015年5月23日
  24. ^ 【世界水泳】15歳・池江、開催地へ出発「リオと東京につなげたい スポーツ報知 2015年7月26日
  25. ^ 中3池江璃花子も貢献 女子400リレー五輪決定 日刊スポーツ 2015年8月2日
  26. ^ 【世界水泳】女子800Mリレーで五輪出場枠獲得 入江は決勝進出 スポーツ報知 2015年8月7日
  27. ^ 渡部「金」、リオ代表に 世界水泳第15日 産経新聞 2015年8月8日
  28. ^ 中学生の池江璃花子 混合400リレー「納得」 日刊スポーツ 2015年8月9日
  29. ^ 競泳、リオと東京のホープが2冠 秋田魁新報 2015年8月19日
  30. ^ 競泳、池江が中学新で優勝 世界ジュニア選手権 時事通信 2015年8月29日
  31. ^ 池江、幌村が優勝=競泳世界ジュニア 時事通信 2015年8月30日
  32. ^ 15歳池江、自由形でV…競泳少年女子B100 時事通信 2015年9月11日
  33. ^ 池江璃花子、50m自由形V 日本記録あと0秒03 日刊スポーツ 2015年9月12日
  34. ^ 100バタフライ15歳池江が女子100mバタフライで日本新「今まで以上にスピードを出せた」W杯東京大会 産経新聞 2015年10月28日
  35. ^ 池江璃花子、涙の日本新V 日刊スポーツ 2015年10月28日
  36. ^ 15歳池江3冠!100自&50バタも新記録 デイリースポーツ 2015年10月29日
  37. ^ 15歳池江、女子100自由形で日本新 競泳の東京都選手権 日本経済新聞 2016年1月31日
  38. ^ 池江璃花子、内田美希への対抗心が日本新生んだ 日刊スポーツ 2016年2月20日
  39. ^ 小関が男100平制す=池江は女子自由形3冠-競泳コナミ・オープン 時事通信 2016年2月21日
  40. ^ ≪高校水泳部≫池江璃花子選手 (高1) 初登校! 長谷川涼香選手 (高2) と揃って登校しました 淑徳巣鴨高校 2016年4月18日
  41. ^ 池江、強豪・キャンベル姉妹と熱戦「妹さんに勝ててとてもうれしい」/競泳 サンケイスポーツ 2016年5月21日
  42. ^ 種目別競技結果
  43. ^ 200平は金藤が好タイムV、池江100バタ制す 競泳ジャパンオープン 日刊スポーツ 2016年5月22日
  44. ^ 五輪代表の池江璃花子、100m自由形で日本新 読売新聞 2016年6月26日
  45. ^ 【競泳】池江、都高校選手権で100m自由形日本新「涙が出そうになった」スポーツ報知 2016年6月27日
  46. ^ 16歳池江ニッコリ、50mバタで日本新25秒50 日刊スポーツ 2016年7月10日
  47. ^ リオから高校総体へ転戦、競泳会場は立ち見も 読売新聞 2016年8月19日
  48. ^ 【競泳】帰国の池江璃花子 即インターハイ開催中の広島へ 東京スポーツ 2016年8月17日
  49. ^ 競泳の池江、大会新で女子100自V 高校総体 日本経済新聞 2016年8月19日
  50. ^ 女子400mメドレーリレー決勝 競技結果 SEIKO 2016年8月19日
  51. ^ 女子800mフリーリレー決勝 競技結果 SEIKO 2016年8月20日
  52. ^ 池江璃花子、50自で有言実行の日本記録更新V
  53. ^ 池江璃花子 短水路個メ100m日本新で2位「アナウンスを聞いてうれしかった」 デイリースポーツ 2016年10月26日
  54. ^ 池江璃花子100自で日本新「ただ泳ぐのが楽しい」 日刊スポーツ 2016年11月17日
  55. ^ 池江璃花子、200m自由形で日本新 朝日新聞 2017年1月28日
  56. ^ 池江璃花子が14度目の日本新 息継ぎなし新技開眼 日刊スポーツ 2017年2月19日
  57. ^ フランス遠征チームがFFN Golden Tourに参戦しました! TOBIUO JAPAN 2017年3月6日
  58. ^ 池江璃花子「ステップアップ」息継ぎなし50バタV 日刊スポーツ 2017年3月4日
  59. ^ 池江璃花子50m自でV、長短9種目目の日本記録 日刊スポーツ 2017年3月29日
  60. ^ 池江、ドーピング検査で寝られずも…200自は目標の2分切りで1位通過 スポニチ 2017年4月14日
  61. ^ 競泳・日本代表が合宿を公開、池江璃花子選手に注目 TBS 2017年4月19日
  62. ^ 池江璃花子、女子初の5冠…競泳日本選手権 読売新聞 2017年4月16日
  63. ^ 3冠の池江璃花子が帰国「『終わりよければすべてよし』の言葉の通り」/競泳 2017年8月0日
  64. ^ 競泳日本代表・池江璃花子の新コーチに五輪2度出場の三木二郎氏 スポーツ報知 2018年5月23日
  65. ^ “Japan swimmer wins Asian Games Most Valuable Player award” (英語). Asian Games 2018 Jakarta Palembang. https://en.asiangames2018.id/news/articles/japan-swimmer-wins-asian-games-most-valuable-player-award/ 2018年9月2日閲覧。 
  66. ^ 競泳・池江璃花子選手、白血病を公表「未だに信じられず、混乱している状況」”. ORICON NEWS. oricon ME inc. (2019年2月12日). 2019年2月12日閲覧。
  67. ^ “池江の白血病に上野副会長は「厳しい道のりになる」”. ニッカンスポーツ・コム. (2019年2月12日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201902120000465.html 2019年2月12日閲覧。 
  68. ^ “白血病公表、池江璃花子はコナミ・オープン、日本選手権欠場”. Sponichi ANNEX. (2019年2月12日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/12/kiji/20190212s00092000182000c.html 2019年2月12日閲覧。 
  69. ^ 池江璃花子 無菌室の闘い…インフル並み高熱2週間続くことも (2019年3月16日)” (日本語). エキサイトニュース. 2021年4月11日閲覧。
  70. ^ “闘病中の池江璃花子が日大入学 水泳部入部も発表”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年4月8日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201904080000388.html 2019年4月8日閲覧。 
  71. ^ “池江璃花子が公式サイト開設 家族が思いつづる「泣き言、弱音を一切言わない…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月8日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/05/08/kiji/20190508s00008000173000c.html 2019年5月8日閲覧。 
  72. ^ “池江璃花子が退院「感謝の気持ち」白血病で2月入院”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月17日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912170000707.html 2019年12月17日閲覧。 
  73. ^ 池江璃花子 退院のご報告”. 池江璃花子オフィシャルサイト (2019年12月17日). 2019年12月17日閲覧。
  74. ^ 競泳の池江璃花子が退院 東京五輪は断念、パリを目標に 朝日新聞デジタル 2019年12月17日。
  75. ^ "池江璃花子が報ステ出演「生きていることが奇跡」". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 19 February 2020. 2020年2月19日閲覧
  76. ^ "池江璃花子さんが「いま伝えたいこと」 闘病生活と再出発の日々を見つめて". Oricon News. オリコン. 1 May 2020. 2020年5月1日閲覧
  77. ^ “池江璃花子50自で26秒32、594日ぶり復帰”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年8月29日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202008290000287.html 2020年8月29日閲覧。 
  78. ^ 池江璃花子「チャレンジしたい」 東京五輪へ明かした胸の内/競泳” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年12月11日). 2021年4月11日閲覧。
  79. ^ “池江璃花子が「毎日スポーツ人賞」の文化賞を受賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年12月4日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202012040001450.html 2020年12月5日閲覧。 
  80. ^ “池江璃花子、復帰後初の表彰台「自信を持っていいんだな」 予選後には涙「この舞台に戻ってこられた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年2月7日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/02/07/kiji/20210207s00092000462000c.html 2021年2月7日閲覧。 
  81. ^ a b “池江璃花子、3年ぶり日本一 白血病乗り越え 女子バタフライ100”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2021年4月4日). https://mainichi.jp/articles/20210404/k00/00m/050/084000c 2021年4月4日閲覧。 
  82. ^ 池江璃花子、200自優勝で笑顔 リレーでの代表権獲得/競泳 サンケイスポーツ 2016年4月6日
  83. ^ 15歳・池江 400リレーで3種目目五輪切符決めた スポーツニッポン 2016年4月8日
  84. ^ 池江璃花子、50m自由形Vも派遣標準突破できず 日刊スポーツ 2016年4月10日
  85. ^ 15歳・池江 50メートル自でV締め 5種目目のリオ切符はならず
  86. ^ 15歳・池江璃花子の“有言実行力”期待の新星が4種目で五輪切符
  87. ^ 池江璃花子「若さパワーで」日本史上最多7種目
  88. ^ リオでもそのまま池江~っ! 日本勢最多7種目出場へ 日刊スポーツ 2016年6月27日
  89. ^ 池江璃花子「筋肉ついて」ピチピチスーツ 日刊スポーツ 2016年7月19日
  90. ^ 池江“パッツパツ”メダルボディー 筋トレ効果、体重増でパワーUP スポーツニッポン 2016年7月19日
  91. ^ 【競泳】16歳池江、胸板が肩が3か月でマッチョ化…スーツ「パツパツ」 スポーツ報知 2016年7月19日
  92. ^ 璃花子、4月採寸の五輪ユニ「筋肉ついてパツパツ」 サンスポ 2016年7月19日
  93. ^ 池江璃花子「前半から突っ込むことできた」100mバタフライで準決勝へ 産経ニュース 2016年8月7日
  94. ^ 日本新記録更新の池江璃花子「とにかく56秒台を」一問一答 産經新聞 2016年8月7日
  95. ^ 「大ベストが出て、すごいうれしい」16歳池江、3位で決勝へ 女子100バタ、無限の可能性 産経ニュース 2016年8月7日
  96. ^ 池江璃花子が100バタで日本新も6位 日刊スポーツ 2016年8月8日
  97. ^ 予選敗退の池江璃花子「後半バテた」一問一答 産経ニュース 2016年8月9日
  98. ^ 池江璃花子「バテてしまった」200M自由形は予選敗退 スポーツニッポン 2016年8月9日
  99. ^ 池江璃花子、内田が急転準決勝へ!スイムオフ回避 日刊スポーツ 2016年8月11日
  100. ^ 【競泳】全体7位で予選突破、青木「この4人で日本新を」女子800リレー スポーツ報知 2016年8月11日
  101. ^ 日本、女子800リレー決勝進出!池江璃花子「日本新届かず悔しい」スポーツニッポン 2016年8月10日
  102. ^ 池江璃花子&今井月「水泳」花の高1コンビは小学校以来の大親友”. Smart FLASH. 光文社 (2016年5月24日). 2018年11月8日閲覧。
  103. ^ “競泳女子 池江璃花子選手(郡上市スポーツアンバサダー)への激励メッセージ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 岐阜県郡上市, (2019年2月12日), https://www.city.gujo.gifu.jp/admin/info/post-656.html 2019年2月14日閲覧。 
  104. ^ “池江選手に励ましの声を 郡上市がメッセージ募集” (日本語). CHUNICHI Web. 中日新聞社. (2019年2月14日). http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190214/CK2019021402000039.html 2019年2月14日閲覧。 
  105. ^ 高橋隆太郎「TOKYO世代 励まし合って初舞台」『東京新聞』2016年8月10日付朝刊、第11版S、第13面
  106. ^ 日刊ビビット TBSテレビ 2016年4月7日
  107. ^ NEWS23 SPORTS23 TBSテレビ 2016年3月18日
  108. ^ 池江璃花子、東京五輪でメダルへ「恋人は水泳」 日刊スポーツ 2017年1月2日
  109. ^ 池江、女子初の5冠 好物チョコ断ち“甘さ”捨てた スポニチ 2017年4月16日
  110. ^ a b c d Smile Sports Vol.66 東京都スポーツ文化事業団の広報誌 2016年6月1日発行
  111. ^ 池江璃花子、欧州の水が合わない! 遠征で毎回体調崩す スポーツ報知 2017年6月21日
  112. ^ a b 個人のInstagramより。2018年8月2日のストーリーズ。
  113. ^ うえ~ん! 15歳・池江、号泣初五輪「死ぬほどうれしい」3/3 サンケイスポーツ 2016年4月6日
  114. ^ 池江璃花子「早く会いたい」樋口新葉とデート写真 日刊スポーツ 2017年11月18日
  115. ^ 池江璃花子、刺激受けた 平野美宇らと焼き肉 日刊スポーツ 2017年7月15日
  116. ^ Deck Pass Live Day 6 Finals - FINA WORLD JUNIOR SWIMMING CHAMPIONSHIPS USA Swimming 2017年8月29日
  117. ^ Deck Pass Live Day 6 Finals - FINA WORLD JUNIOR SWIMMING CHAMPIONSHIPS USA Swimming 2017年8月29日
  118. ^ LumaLanes Performance of the Week -- Sept. 19, 2017 -- Rikako Ikee Swimming World 2017年9月19日
  119. ^ Sports Graphic Number』1007号、文藝春秋 pp. 15
  120. ^ What Makes Michael Phelps So Good? Scientific American 2008年8月18日
  121. ^ Michael Phelps: The man who was built to be a swimmer テレグラフ 2014年4月25日
  122. ^ Missy Franklin has Body Built for Speed ワシントンポスト 2012年3月22日
  123. ^ 6 THINGS YOU DIDN’T KNOW ABOUT MISSY FRANKLIN SwimSwam.com 2015年4月30日
  124. ^ 競泳: 15歳池江 涙のリオ代表! 身長より14センチ長いリーチ武器に覚醒 毎日新聞 2016年4月6日
  125. ^ 女子中高生スイマーたちはなぜ強い? 池江、長谷川のコーチが語る躍進の訳 スポーツナビ 2016年7月15日
  126. ^ 15歳の大器、記録を連発 競泳・池江璃花子 (上) 日本経済新聞 2016年6月28日
  127. ^ 天才中学生スイマー 地獄の海外合宿に密着 S☆1 2016年1月18日放送回
  128. ^ a b c 【萩原智子の笑顔のアスリート学 産経ニュース 2016年7月18日
  129. ^ a b 池江璃花子は見たことがない泳ぎ方/伊藤華英の目 日刊スポーツ 2016年8月1日

外部リンク


 

Back to Top
Close