ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👍|近鉄百貨店、大事な部分が消えてしまい… 煩悩が過ぎる「二文字」に反響相次ぐ


写真 

近鉄百貨店、大事な部分が消えてしまい… 煩悩が過ぎる「二文字」に反響相次ぐ

 
内容をざっくり書くと
夜を彩るネオンサインを見ていると、胸が高揚しつつもどこか落ち着くような…不思議な感覚にとらわれないだろうか。
 

投稿主が「近鉄百貨店」にて見かけたというネオンサイン。一部単語の明かりが消えてしまったせいで、とんで… →このまま続きを読む

 しらべぇ

しらべぇは、気になるアレを大調査!するニュースサイトです。世の中の話題や気になるネタを独自調査で深堀りし、その結果を記事にして毎日配信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ネオンサイン

ネオンサイン(neon sign)とはネオン管などを使用した看板広告などであり、単にネオンともいう。

主に、都市部の人通りや交通量の多い大規模駅周辺や幹線道路沿いのビルの屋上や外壁に設置される。

歴史

ネオン電球はフランスの化学者ジョルジュ・クロードが、空気を液化する産業用システムを構築した際に、廃棄物として生成されるネオンの用途を模索する中で発明された[1]。クロードは、ネオンの他にもアルゴン水銀などの希ガスに電気を通すと白熱電球よりも5倍以上明るく、様々な色に発光することを発見し、特許を取得して1915年に電飾のフランチャイズ企業「クロードネオン社」を設立した[1][2])。 1912年パリ万国博覧会[要曖昧さ回避]で公開されたのが最初(ただの理容店だったとの説あり[2])とされる。 クロードはネオン電球の効果を公開するため、ディスプレイ装置をグラン・パレの前に設置し、多くの需要を得てヨーロッパやアメリカにビジネスを展開した[1][2]

1920年代のアメリカのユタ州で看板業を営んでいたトマス・ヤングは、希ガスを封入したガラス管で文字を書くことを思いつき、クロードネオン社の許諾を得てネオン管のベンチャー企業ヤング・エレクトリック・サイン・カンパニー(YESCO)を設立した[1]。YESCOは、当時は無名な田舎町に過ぎなかったラスベガスの大半のネオンサインをデザインし、世界中の都市景観に影響を与えた[1]

日本国内での最初の設置は谷沢カバン店(東京都中央区銀座/現タニザワビル“銀座タニザワ”本店・1918年?)、白木屋大阪支店(大阪市中央区備後町/現第二野村ビルディング1925年?)、日比谷公園(東京都千代田区1926年?)と諸説ある。近年はLED照明など新しい光源も登場し急速に普及しているが、色の鮮やかさ形状の自由さなどの利点からネオンサインはなお健在である。

概要

ネオンサインに用いられる灯体は、直径8 - 15mm、長さ1.5mくらいのガラス管で、広告主の注文に応じてほぼ手作業による職人技で、いろいろな形状に曲げられ作られる。 ネオンサインに用いられる管は、ガスそのものの色を出すための透明なものと、様々な色を出すための無機蛍光体を内面に塗布した蛍光管がある。

ネオンといえば様々な色があるが、ネオンガスのみで出せる色は限られているため、実際はアルゴンガスなどが併用される。アルゴン管ではアルゴンガスの他に若干の水銀も加えられている。

ネオンガスの透明管では赤く発光し、ネオンガスの蛍光管ではピンク、オレンジを出すことができる。アルゴンガスの場合、透明管では青を、蛍光管では青、緑、紫、白などを出すことができる。

両端の電極に加えられる6000 - 15000Vの高電圧により発光する。

蛍光灯のような点灯開始時のちらつきがない特性を利用し、文字や模様の点滅で演出がなされることもある。

用途

ネオンサインを使った看板広告企業業種に限らず広く見られるが、とりわけ夜の歓楽街パチンコ店で使われることが多い。

特に、歓楽街の代名詞として、ネオン街という言葉が存在する。

また、屋外の看板や広告以外では、小型のものが室内のインテリアとして使われる。

ネオンサインのイメージ

ネオンサインが多い都市・地区

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e スティーブン・ジョンソン『世界をつくった6つの革命の物語:新・人類進化史』 大田直子訳 朝日新聞出版 2016年、ISBN 978-4-02-331530-3 pp.286-293.
  2. ^ a b c 小野博之. “ネオン史余話” (日本語). 社団法人全日本ネオン協会. 2010年4月17日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close