ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💪|「いつの間に巨大化」体型の変化に衝撃!ダイエットのための体作りを決意


写真 

「いつの間に巨大化」体型の変化に衝撃!ダイエットのための体作りを決意

 
内容をざっくり書くと
米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。
 

40代になると訪れるボディラインの変化。ダイエットをしようと頑張ってみても、若いころのような無理なも… →このまま続きを読む

 ベビーカレンダー

ベビーカレンダーでは、妊活、妊娠、出産、育児、不妊に関するトピックから、暮らしに役立つ情報まで、妊活中の方、妊娠中の方、育児中のママ、パパを応援する情報を毎日お届けします。管理栄養士や助産師といった妊娠・出産・育児領域のプロが教える情報も満載です。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

東京女子医科大学

学校法人東京女子医科大学 > 東京女子医科大学

東京女子医科大学(とうきょうじょしいかだいがく、英語: Tokyo Women's Medical University)は、東京都新宿区河田町8番1号に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は女子医大、女子医、TWMU。

概要

女性医師吉岡彌生1900年明治33年)に創設した「東京女医学校」を前身とし、世界的にも珍しい女子大学としての医科大学となっている(日本でも唯一、大学院は男女共学)。吉岡の母校の濟生學舎(現:日本医科大学)が当時、「女性を入れると風紀が乱れる」と女子学生の入学を拒否し始めたことに反発した形で設立した[1]

附属機関として東京女子医科大学病院のほか、がんセンター、先端生命医科学センターなどがある。

早稲田大学との間で医工連携における協定を締結し、共同研究施設や共同専攻大学院などを開設している。

沿革

基礎データ

所在地

教育および研究

組織

学部
研究科
  • 医学研究科(男女共学)(博士課程のみ)
    • 形態学系専攻
    • 機能学系専攻
    • 社会医学系専攻
    • 内科系専攻
    • 外科学系専攻
    • 先端生命医科学系専攻
    • 共同先端生命医科学系専攻
  • 看護学研究科 (男女共学)
    • 看護学専攻
医療施設
センター
  • がんセンター
    • 病院部門
    • 研究部門
研究施設
  • 先端生命医科学研究所/TWIns
  • 総合研究所
  • 統合医科学研究所
  • 実験動物研究所
  • 臨床ゲノムセンター
学習施設
  • 図書館
  • 医療人統合教育学習センター
  • 女性医療人キャリア形成センター
  • 看護職キャリア開発支援センター
専門学校
  • 東京女子医科大学看護専門学校

研究

21世紀COEプログラム

  • 2003年
    医学系
    • 再生医学研究センター(細胞シート工学を基盤とする臓器再生医療の発展)

グローバルCOEプログラム

  • 2009年
    学際、複合、新領域
    • 再生医療本格化のための集学的教育研究拠点

大学関係者一覧

施設

キャンパス

河田町キャンパス

掛川キャンパス

大東キャンパスとして看護学部1年次で使用されていたが、2020年4月より生涯健康総合支援センターが設置となり、一部の授業で使用する予定のキャンパスになった。

  • 使用学部:医学部、看護学部
  • 使用研究科:看護学研究科
  • 最寄り駅:JR東海東海道本線掛川駅北口よりバス利用「東京女子医大入口」下車

関連文献

  • 猪口修道『東京女子医大ガン治療チーム』講談社, 1995, ISBN 4062079313
  • 大川智彦『がん・放射線治療照射法マニュアル―東京女子医大ではこう行っている』金原出版, 1996, ISBN 430707047X
  • 平柳利明『東京女子医大事件』新風舎, 2004, ISBN 4797443545
  • 鈴木敦秋『〈検証〉東京女子医大病院事件』講談社, 2007, ISBN 4062133229[5]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京女子医大のブランド力失墜で「早大医学部」誕生の現実味 経営悪化でワセダに"身売り"する日”. プレジデントオンライン 2020/11/18 9:00. 2021年1月28日閲覧。
  2. ^ 東京女子医科大学” (日本語). 東京女子医科大学. 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ 共同先端生命医科学専攻とは | 共同先端生命医科学専攻 - 東京女子医科大学・早稲田大学 -”. www.jointbiomed.sci.waseda.ac.jp. 2020年8月4日閲覧。
  4. ^ 東京女子医科大学” (日本語). 東京女子医科大学. 2020年8月4日閲覧。
  5. ^ 関係者の実名が含まれるため書籍名を一部省略。

関連項目

公式サイト

米沢市

米沢市よねざわしは、山形県置賜地方に位置する市。置賜地方最大の都市で、県内人口は第4位。山形県置賜総合支庁の所在地で、上杉氏米沢藩)の城下町として知られる。

概要

地理

市域は南置賜郡の大半および東置賜郡の一部を加えた範囲に及ぶ。南部及び東部は広い山地に囲まれた盆地で、一般的には米沢盆地と呼ばれている。市南部は幾つもの川が刻まれ、尾根筋と筋が東西交互に並んだ複雑な地形である。明治時代まで米沢と会津を結ぶメインルートであった旧米沢街道は県境越えの桧原峠までの市内に船坂峠、綱木峠の2つの峠がある。南端の吾妻連峰一帯は磐梯朝日国立公園となっており、天元台スキー場栗子国際スキー場がある。市街地は市の中北部にあり、最上川の西岸の米沢城址付近に集中している。

気候

四季の変化に富み、日本海側気候の盆地特有の気候を示しており、夏日真夏日となる日が多いが、日中は暑くても朝晩は涼しくなり熱帯夜にはならない。冬は一日中氷点下真冬日となる日も多い。零下10を下回る日も珍しくなく、1978年2月17日には零下18.2度を観測しているなど寒さが厳しい。米沢市の気象観測地点の標高は245m、一方、福島市の福島地方気象台の標高は67mと標高差は178mほどしかない。両市中心街の距離は40km弱しか離れていないが、太平洋側気候の福島市とは気候に非常に大きな違いがあり、冬季の冷え込み、真冬日日数、熱帯夜日数、積雪量などで非常に大きな差がある。

日本海越えの季節風の影響によりには最深積雪が1mを越える年もあり、全国でも有数の豪雪地帯の一つとなっており、特別豪雪地帯に指定されているが、気候を利用した果物の栽培が盛んな地域でもある。

極値[1]

要素観測値観測年月日
最高気温37.7℃2018年8月23日
最低気温-18.2℃1978年2月17日

歴史

出羽国南部にあり、鎌倉時代長井氏の領地、室町時代初期から伊達氏の領地となった。戦国時代天文の乱の後)に伊達氏の本拠地となる。「独眼竜」こと伊達政宗米沢城で生まれ、豊臣政権下で岩出山城(現在の宮城県大崎市)へ移封となるまで米沢を支配した。

関ヶ原の戦いで西軍が敗れた結果、会津地方を支配していた上杉景勝徳川家康に降伏し、減封のうえ北隣の米沢へ移された(「上杉景勝#会津征伐」参照)。以後、江戸時代から明治廃藩置県までは米沢藩上杉氏の城下町となった。上杉氏の旧本拠地春日山城があった上越市新潟県西部)との関係が深い。豊臣政権下で上杉景勝が福島城下を領地にしていたことや、江戸時代に年貢米や物資の運搬のため米沢藩米蔵が福島城下に多く立ち並んでいたことから福島市との関係も深い。

年表

  • 1871年08月29日 — 廃藩置県により、米沢が置賜県の県庁所在地となる。
  • 1876年08月21日 — 置賜県と山形県( - 1876年08月)などが合併し、以後は山形県に属する。
  • 1889年04月01日 — 市制施行(日本で最初に市制を施行した31市の中の一つ)。
  • 1899年05月15日 — 奥羽本線米沢駅が開業。
  • 1908年09月03日 — 市章を制定する[2]
  • 1976年 - 1980年 — 財政再建団体の指定を受ける。
  • 1988年03月02日 — 八谷鉱山が閉山。

行政区域の変遷

  • 1889年04月01日 — 市制の施行により、南置賜郡米沢城下のうち123町と、花沢村、福田村、外ノ内村および館山村、口田沢村、吹屋敷村、赤芝村、塩野村、片子村、三沢村、赤崩村、笹野村、遠山村の各一部が合併して発足(米沢城下のうち6町は南原村の一部となる)。
  • 1953年08月01日 — 南置賜郡上長井村を編入。
  • 1954年10月01日 — 南置賜郡万世村広幡村六郷村塩井村を編入。
  • 1954年11月01日 — 南置賜郡三沢村窪田村を編入。
  • 1955年01月01日 — 南置賜郡山上村を編入。
  • 1955年02月01日 — 東置賜郡上郷村を編入。
  • 1955年04月01日 — 南置賜郡南原村を編入。
  • 1998年01月06日 — 東置賜郡高畠町と境界変更。
  • 2007年01月25日 — 東置賜郡高畠町と境界変更。

人口

  • 置賜地方で最大の人口を擁しており、長らく横ばいの人口変化で9万人前半台を推移していたが、2010年4月1日時点で89832人の8万人台になり[3]、2015年10月1日現在では85953人である[4]
Demography06202.svg
米沢市と全国の年齢別人口分布(2005年)米沢市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 米沢市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

米沢市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政

市長

歴代市長[5]
氏名就任日退任日備考
官選米沢市長
1 - 21889年(明治22年)7月5日1899年(明治32年)7月30日
31899年(明治32年)9月9日1902年(明治35年)6月18日
41902年(明治35年)7月22日1905年(明治38年)2月3日
5 - 61905年(明治38年)2月3日1912年(明治45年)1月20日
71912年(明治45年)4月23日1914年(大正3年)3月13日
81914年(大正3年)4月16日1918年(大正7年)4月15日
91918年(大正7年)5月13日1920年(大正9年)6月25日
101920年(大正9年)11月24日1924年(大正13年)11月23日
11深沢忠蔵1925年(大正14年)3月5日1929年(昭和4年)3月4日
12 - 16登坂又蔵1929年(昭和4年)3月16日1944年(昭和19年)3月4日死去
171944年(昭和19年)5月2日1946年(昭和21年)11月16日
公選米沢市長
181947年(昭和22年)4月6日1948年(昭和23年)7月7日
19 - 201948年(昭和23年)8月5日1955年(昭和30年)12月3日死去
21 - 251956年(昭和31年)1月27日1975年(昭和50年)12月20日
26 - 271975年(昭和50年)12月22日1983年(昭和58年)12月21日
28 - 32高橋幸翁1983年(昭和58年)12月22日2003年(平成15年)12月21日
33 - 35安部三十郎2003年(平成15年)12月22日2015年(平成27年)12月21日
36中川勝2015年(平成27年)12月22日

警察

消防

紋章

米沢市の「米」の字を図案化し、末広で構成したものである。制定は文献によっては1919年5月19日米沢大火で米沢市役所を全焼し、文書等を類焼したために不詳であったが[2]都市の紋章:一名・自治体の徽章によると1908年9月3日に一般公募によって制定されたことが解る。[6]

経済・産業

江戸時代から続く産業として、繊維産業が盛んで、(米織)とよばれる。米沢紬と呼ばれるも、周辺町村と合わせて生産される。明治時代には、米沢高等工業学校が置かれ、大正時代には、同学校教授秦逸三によって帝国人造絹絲株式会社(帝人の前身)が興った。後に、工場用地、用水の問題から米沢工場は廃止されている。1949年(昭和24年)、米沢高等工業学校は山形大学工学部と改組されるが、工学部は米沢キャンパスとして現在も米沢に拠点を置いている。

第一次産業

リンゴ(林檎)、米沢牛、食用のを「米沢の味ABC」としてPRしている(下記参照)。伝統野菜として雪菜が栽培されている。雪国で冬でも育つ野菜として、米沢藩主上杉鷹山が栽培を奨励したと伝わる[7]

米沢味のABC

米沢の特産品をわかりやすく宣伝するために考案された[8]

  • A - 舘山林檎 (Apple) 寒暖差の大きいこの地に良く合い、濃縮されたような甘酸っぱさが特徴である。品種は主に「ふじ」が有名。
  • B - 米沢牛 (Beef) 日本三大和牛の一つ[9]。その発祥と主な生産地は隣町の飯豊町
  • C - 米沢鯉 (Carp) たんぱく質不足を補うため上杉鷹山が飼育を始めた。

第二次産業、第三次産業

工業出荷額は7331億円(2006年経済産業省工業統計)で、東北地方4位(郡山市いわき市仙台市に次ぐ)。

観光業については後述

主要企業

本社が米沢市

米沢市に工場・事業所が所在

金融機関

米沢市に本店・支店・出張所等の窓口を置く預貯金取扱金融機関は以下のとおり(2021年2月現在)。

金融機関種別金融機関名称
地方銀行山形銀行(4)、荘内銀行(2)、東邦銀行
第二地方銀行きらやか銀行(3)
信用金庫米沢信用金庫(8)
労働金庫東北労働金庫
政府系金融機関日本政策金融公庫
信用組合山形第一信用組合 (2)
農協山形おきたま農業協同組合(3)
括弧内は窓口事務所数(事務所数1の場合は省略) 山形銀行、荘内銀行、きらやか銀行のブランチインブランチは除く。

郵便

姉妹都市・提携都市

国内

参考: 姉妹都市の位置(米沢市サイト内)

海外

学校

米沢藩藩校として1697年に設置された興譲館は、現在の山形県立米沢興譲館高等学校として伝統を受け継いでいる。上杉家歴代の中でも家祖謙信と中興の祖鷹山は特に顕彰され、全小学校の講堂(体育館)には参考画像と同じ肖像画を掲げ、教育が行われる。また、山形大学の工学部は、1910年(明治43年)設立の米沢高等工業学校を前身とする。

大学・短期大学
高等学校
中学校

(全て米沢市立、8校)

小学校

(全て米沢市立、18校、分校7校)

  • 興譲小学校
  • 東部小学校
  • 西部小学校
  • 南部小学校
  • 北部小学校
  • 窪田小学校
  • 愛宕小学校
  • 塩井小学校
  • 広幡小学校
  • 松川小学校
  • 六郷小学校
  • 万世小学校
  • 三沢西部小学校
  • 上郷小学校
  • 三沢東部小学校
    • 三沢東部小学校山梨沢分校(休校中)
  • 関小学校
    • 関小学校綱木分校(休校中)
    • 関小学校高湯分校(休校中)
  • 関根小学校
    • 関根小学校赤崩分校(休校中)
    • 関根小学校松原分校(休校中)
    • 関根小学校板谷分校(休校中)
  • 南原小学校
    • 南原小学校李山分校(休校中)

交通

鉄道

中心となる駅:米沢駅

東日本旅客鉄道(JR東日本)

バス

道路

高速道路
一般国道
都道府県道

空港

観光

観光客誘致に力を入れており、米沢出身または縁がある著名人に「おしょうしな観光大使」を委嘱している(「おしょうしな」は「ありがとう」を意味する米沢方言[10]

祭事

名所・観光地・遺跡・史跡

参照:城下町ふらり歴史探訪

土産・名産品

  • 米沢牛
  • 笹野一刀彫(おたかぽっぽ等)
  • うまいたれ(平山孫兵衛商店)
  • カクリキ味噌(株式会社花角味噌醸造)
  • 米沢紬
  • 日本酒:雅山流(新藤酒造店)、東光(小嶋総本店)

悪臭問題

2008年(平成20年)12月、市南部の南原地区内の堆肥製造事業所と養豚事業所が原因とされる悪臭が市街地まで達し、多くの苦情が発生した。このため、米沢市議会に特別委員会が設置された。2014年(平成26年)3月時点で苦情はほぼない状態となっており、特別委員会では「解決まであと一歩」と報告されている。しかし、隣接する住宅への悪臭はいまだ解決されていないため、現在は堆肥製造事業所の業態転換と養豚事業所の移転実現へ向けた市と県の支援と指導が続いている。

著名な出身者

政治・軍事
その他

参考文献

  • 近藤春夫『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』行水社、1915年。NDLJP:955061

脚注

  1. ^ 気象庁(米沢の観測史上1 - 10位の値)
  2. ^ a b 市章の制定”. 米沢市例規集. 2013年8月8日閲覧。
  3. ^ 市町村別人口・世帯数 平成22年4月現在”. 山形県. 2013年8月8日閲覧。
  4. ^ Ⅲ人口の概要 - 米沢市
  5. ^ 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。『朝日新聞』。
  6. ^ 米沢市”. 都市の紋章:一名・自治体の徽章. 2013年8月8日閲覧。
  7. ^ 【産地からの手紙 旬菜物語】雪菜(山形県米沢市)「幻の味」育む銀世界『日本農業新聞』2021年2月27日8-9面
  8. ^ a b 米沢の味ABC(2021年2月28日閲覧)
  9. ^ しかし日本三大和牛自体に明確な定義はなく、特に関西地方では代わりに近江牛を入れることがある。
  10. ^ おしょうしな観光大使 米沢市役所産業部観光課(2021年2月28日閲覧)
  11. ^ 米沢八湯リストアップ
  12. ^ やまがた!発旅の見聞録 #0951(2011年10月4日閲覧)

関連項目

外部リンク

行政
観光

 

Back to Top
Close