ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📷|諸富家具がバーチャル展示場 振興協同組合、360度カメラ駆使しウェブサイトに オンライン販売の糸口に


写真 諸富家具振興協同組合がウェブサイト上に掲載した「諸富家具バーチャル展示場」。画面内で、室内を移動しながら家具を見て回ることができる

諸富家具がバーチャル展示場 振興協同組合、360度カメラ駆使しウェブサイトに オンライン販売の糸口に

 
内容をざっくり書くと
バーチャル展示場は、コロナ禍で展示会やイベントが中止となり、遠方からの来店やバイヤーへの周知が難しくなったことから約1年かけて準備。
 

諸富家具振興協同組合(樺島雄大理事長、34社)は、オンラインで工場やショールームを見学できる「諸富家… →このまま続きを読む

 佐賀新聞社


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

見本市

見本市(みほんいち)は、企業が自らの新しい商品や製品、提供するサービスなどをショーケースに展示したり、あるいはデモンストレーションしてみせたりするために企画、挙行される定期的な展示会のことである。ほとんどの場合、コンベンション・センターで行われるが、テーマによって最適な会場が設定[注 1]されることもある。

概要

一部の見本市は、一般の消費者にも開放されているが、それ以外のものは出展企業などや主催者側からの招待がなければ入場できない。本来こうしたものは、関連の業界の関係者、およびそれを報道するメディアのためのものである。もちろん、消費者が主体となった見本市の形態を借用したイベントもないわけではない。こういう事情から、見本市は、一般向けのものと、商用目的のものとに分類する向きもある。世界中では数多くの見本市が開かれており、たとえばアメリカ合衆国国内のみで、年間に2,500以上の商目的の見本市が開かれている。

見本市への出展経費は、参加企業にとっては大きなマーケティング投資ともいえる。会場のレンタル料、展示デザイン、会場設営、連絡調整、プロモーション用の資料、試供品や粗品、さらに展示ブースの照明調達、清掃、インターネットサービス、装飾や搬送などへの出費もこれに含まれる。

コンベンション

主要都市の中には、来客の宿泊費や観光費など都市の経済的な波及効果を狙って、見本市の誘致に積極的な姿勢を見せているところも少なくない。こうした都市は巨大な見本市会場コンベンション・センター)を建設・運営している。

英語ではexhibitionの表現が正確。多くの見本市が専門会議と併催される為、congress & exhibition と冠される事が多い。ドイツ語ではメッセ、見本市会場はメッセゲレンデという。ドイツにおける見本市は800年を超える歴史があり、日本幕張新都心にある幕張メッセは、こうした見本市先進国へ敬意を表して名づけられたものである。

日本における見本市は、1954年の社団法人大阪国際見本市委員会[1]主催の「日本国際見本市」が最初である。同年には第1回全日本自動車ショーが開催され、1956年には東京見本市協会が設立された。

大規模見本市の例

かつての大規模見本市施設

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 航空ショーは航空機メーカーの見本市としての側面もあり(商談会として機能することもある)、屋内型のコンベンションセンターではなく空港で行われる。

関連項目

コロナ禍

コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1]。「新型コロナウイルス禍」、「新型コロナ禍」、「COVID-19禍」などの表記もある。

「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス[2]を意味し、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[3]で、さまざまな名詞に後置されて「○○禍(か)」という複合語[4]を形成する(例:水禍、戦禍など)。

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞やインターネット上において広く用いられるようになった[5][注釈 1][注釈 2]

「コロナ禍」という単語は誤った表記がなされることも多い。代表的な誤りは「禍」を「渦」と間違え、「コロナ渦(コロナうず、コロナか)」と表記するものである[6]

大辞泉が選ぶ新語大賞2020

小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部教授である田中牧郎は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。また田中は、日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[7]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 行政によるインターネット上の発信では、 など。
  2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、など。

出典

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close