ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛺|ジョン・メレンキャンプに新ロマンス? 


写真 

ジョン・メレンキャンプに新ロマンス? 

 
内容をざっくり書くと
計8年ほど交際していたメグ・ライアンと2018年に一度は婚約していたジョンだが、度重なる浮き沈みを繰り返した後2019年に破局、昨年4月にはスキンケアの専門家として知られるジェイミー・シェリルと交際をスタートさせたものの、今年の1月になって別れを迎えていた。
 

ジョン・メレンキャンプ(69)がナターシャ・バレット(46)という一般女性と交際中のようだ。2児の母… →このまま続きを読む

 BANG Showbiz Japanese

BANG Showbiz は、オンラインや紙面など、世界中のメディアに最新のセレブニュースを配信するエンターテイメントニュースエージェンシーです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

後2019年

スキンケア

スキンケア(skin care)は、手入れ[1][2]トイレタリーのひとつ。ビューティーケアとも。

肌の完全性をサポートし、その外観を向上させ、肌の状態を緩和する一連の実践行為。これには栄養、過度の日光への曝露の回避、および皮膚軟化剤の適切な利用などがある。外観を向上させる方法には化粧品ボツリヌス菌、、フィラー、、、、レチノール療法、超音波スキントリートメントなどがある。スキンケアは乾燥しすぎたり湿りすぎたりする皮膚のケア、皮膚炎の予防、皮膚の怪我の予防など、多くの状況で日常的に行われている手段である。

スキンケアは、創傷治癒、放射線療法などいくつかの薬物療法の治療が一部含まれる。

関連資格として、スキンケアアドバイザー(日本スキンケア協会) スキンケアカウンセラー(日本スキンケア協会) スキンケアフェイシャリスト(日本スキンケア協会) などがある。

日焼け止め

なお日焼け止めなどのスキンケア製品に含まれる成分がサンゴ礁に有害であるとして、ハワイ、パラオ共和国、タイ王国などで有害物質を含むものが禁止されている。

EGFR

上皮成長因子受容体(EGFR)の阻害剤はがん治療に使用される薬剤であるが、これらの薬は一般的に発疹乾燥肌爪囲炎などの皮膚や爪の問題を引き起こす[3]。皮膚軟膏による数回の予防的集中保湿、水性クリームおよび水浸しの回避(特定の状況では白酢または過マンガン酸カリウム浸しが役立つ場合があり)、日光への過度の曝露からの皮膚保護、通常の石鹸よりも皮膚の脱水が少ないことおよび頭皮濾胞炎のリスクを減らすシャンプーが推奨される他、局所抗生物質による治療法がなされる場合もある[4][5]

関連製品

薬用化粧品は、化粧品と「生物学的に有効な成分」を組み合わせた、局所的に塗布された組み合わせ製品であり、知覚される利点は似ているが経口摂取される製品は栄養化粧品と呼ばれている。米国食品医薬品局(FDA)によると、食品医薬品化粧品法は「薬用化粧品」などのカテゴリを認識していなく、製品は医薬品、化粧品、またはその両方の組み合わせであり、「化粧品」という用語は、法律の下での担保はない。ただし医薬品はFDAによる徹底的なレビューと承認プロセスの対象となる。化粧品および化粧関連製品は販売前にFDAによって承認されていなくとも規制されてはいない。

手順

スキンケアにはボツリヌス菌の治療[6]などのほか剥離; フィラー; 化粧品のリサーフェシング、脱毛白斑、ポートワインの染み、入れ墨の除去におけるレーザー医学; 光線力学療法; マイクロダーマブレーション; レチノール療法などもある[7]

スキンケア製品を取り扱う企業

使用される成分例

関連項目

参考文献

  • 友利新 現役皮膚科医による正しいケア・対策がわかるスキンケア大事典(2010年6月25日、毎日コミュニケーションズ)ISBN 978-4839934187
  • 友利新 最新版 肌美人になる『スキンケアの基本』悩み解消パーフェクトBOOK(2014年4月15日、学研パブリッシング)
  • 岡野由利「スキンケア化粧品のコンセプトの変化 角層を保湿することの重要性」『日本化粧品技術者会誌』第50巻第2号、2016年、 91-97頁、 doi:10.5107/sccj.50.91、 NAID 130005464692

脚注

  1. ^ 正しいスキンケアをみにつけよう!
  2. ^ スキンケア ~皮膚の健康を守ろう~
  3. ^ “Expert Consensus on the Management of Adverse Events from EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors in the UK”. Drugs 75 (12): 1335–48. (2015). doi:10.1007/s40265-015-0434-6. PMC 4532717. PMID 26187773. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4532717/. 
  4. ^ “Expert consensus on the management of erlotinib-associated cutaneous toxicity in the U.K.”. Oncologist 14 (8): 840–7. (2009). doi:10.1634/theoncologist.2009-0055. PMID 19679688. 
  5. ^ “Erlotinib-related skin toxicities: treatment strategies in patients with metastatic non-small cell lung cancer”. J. Am. Acad. Dermatol. 69 (3): 463–72. (2013). doi:10.1016/j.jaad.2013.02.025. PMID 23602600. 
  6. ^ http://www.allergan.com/assets/pdf/botox_cosmetic_pi.pdf
  7. ^ Penzer R, Ersser S. Principles of Skin Care: A Guide for Nurses and Health Care Practitioners. John Wiley & Sons, 2010.9781405170871 [1]

外部リンク


 

Back to Top
Close