ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|富士山、警戒レベルの目安公表 噴気・地割れで入山規制


写真 富士山(共同通信社ヘリから)

富士山、警戒レベルの目安公表 噴気・地割れで入山規制

 
内容をざっくり書くと
警戒が必要な地域では避難準備を始める。
 

気象庁は4日、静岡、山梨両県にまたがる富士山の噴火警戒レベル(5段階)を上げ下げする判断の目安を公表… →このまま続きを読む

 共同通信

国内外、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

避難準備

避難準備(ひなんじゅんび、: evacuation preparation)とは、人的被害が発生する災害発生の可能性がある場合に前もって避難の準備を行うこと。

「要配慮者」すなわち高齢者障害者・乳幼児などのいわゆる災害弱者については、避難準備の段階での早期の避難が求められる。

「避難準備・高齢者等避難開始」

日本においては水害土砂災害発生の可能性があるときに、災害対策基本法第56条[1]の規定に基づいて、市区町村長が避難の準備を呼びかける情報を発表していた。

2004年平成16年)に新潟・福島豪雨などの風水害により高齢者の被害が相次いだことから、2005年(平成17年)に内閣府のガイドラインで「避難準備情報」として制定され、同年6月28日新潟県三条市長岡市ではじめて適用された[2]。しかし、2016年(平成28年)の台風第10号において情報の意味するところが伝わっていなかったことにより被害が起きたことから、高齢者等の避難を開始する段階であるということをより明確にするために、同年12月26日より「避難準備・高齢者等避難開始」に名称が変更された[3][4]気象情報などに注意していつでも避難を始められるように準備すること、危険を感じる人や避難に時間を要する人(高齢者等)は避難を開始することを呼びかけるものである。

さらに2021年令和3年)5月20日(改正災害対策基本法が施行)より、避難行動の対象者をより明確にするため、情報の名称を「高齢者等避難」に改称しており[5][6][7][8]、水害・土砂災害においては「避難準備」という情報は発表されなくなっている(これらの災害以外では、噴火警報などでも「避難準備」という情報が規定されている)。

いずれも避難指示の下位の情報として位置付けられており、防災気象情報警戒レベル3の情報に相当する。

避難は、学校や病院・福祉事務所などのそれぞれの機関で作成されている「地域防災計画」や「防災業務計画」に基づき行われる。「人的被害が発生するおそれ」という不確実な段階で地域の人々の避難準備をさせる、すなわち災害が発生しない可能性も内在しながら、人々の生命を優先させるために発令することに意義がある。なお、この情報が発令されたとしても、事業所の活動や商店などの営業は可能となっている。

テレビやWebサイト等による伝達の際、ガイドラインではISO 22324等を参考に危険度をカラーレベルで表現することが望ましいとされている[9]。一例として2021年4月時点で避難準備は、NHKのテレビ放送では警戒レベルの配色に合わせて     系統[10]Yahoo! JAPANの避難情報のページでは     黄色系統[11](※高齢者等避難に改称後は     赤系統[12])を使用していた。

避難準備で行うべき事

要配慮者(災害時要配慮者、災害時要援護者)ではない一般の人々が避難準備情報の発令により行うべき避難準備には、以下の内容があるとされている。

  • 正しい情報の入手
  • 持ち物の準備
  • 避難場所の確認
    • 災害の種類・内容により場所が異なる場合がある
  • 近所の人への声かけ
  • 避難前には必ず電気のブレーカーを落とす

脚注

  1. ^ 「(前略)市町村長は、住民その他関係のある公私の団体に対し、予想される災害の事態及びこれに対してとるべき避難のための立退きの準備その他の措置について、必要な通知又は警告をすることができる。 」
  2. ^ 避難準備情報(ひなんじゅんびじょうほう)とは - コトバンク”. 2017年1月23日閲覧。
  3. ^ 「避難準備情報」の名称変更について(平成28年12月26日公表)”. 内閣府. 2017年1月23日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 避難準備情報の名称変更 「高齢者等」追加”. 日本経済新聞. 2017年1月23日閲覧。
  5. ^ 避難勧告と指示一本化へ 災対法改正案を閣議決定 政府、今年梅雨期までに施行目指す(産経ニュース 2021年3月5日)
  6. ^ 「避難勧告」廃止し「避難指示」に一本化 法律改正案可決 成立”. NHKニュース (2021年4月28日). 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月7日閲覧。
  7. ^ 新たな避難情報の運用 5月20日から 避難指示に一本化など”. NHKニュース (2021年4月30日). 2021年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月7日閲覧。
  8. ^ 災害時の「避難勧告」廃止、「避難指示」に一本化…違い分かりにくく”. 読売新聞オンライン (2021年5月10日). 2021年5月10日閲覧。
  9. ^ 避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成28年度) ①(避難行動・情報伝達編)」、p.81、内閣府防災担当、2017年8月29日閲覧
  10. ^ 5段階の大雨警戒レベル|災害 その時どうする|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB”. 日本放送協会. 2021年4月20日閲覧。
  11. ^ 天気・災害トップ > 避難情報」、Yahoo! JAPAN、2021年4月22日閲覧〈Wayback Machineによる同日時点のアーカイブ
  12. ^ 天気・災害トップ > 避難情報」、Yahoo! JAPAN、2021年5月23日閲覧〈Wayback Machineによる同日時点のアーカイブ

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close