ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|棒ノ折山(棒ノ嶺)の駐車場・トイレ・コースまとめ!初心者でも沢登り気分を楽しめる低山


写真 

棒ノ折山(棒ノ嶺)の駐車場・トイレ・コースまとめ!初心者でも沢登り気分を楽しめる低山

 
内容をざっくり書くと
あとは汗をかくため乾きやすいスポーツウェアと、念のため雨具(レインウェア)も用意しておけば完璧です。
 

この記事では棒ノ折山(棒ノ嶺)に登った時の所要時間、トイレ、駐車場、コースなどをまとめて紹介していま… →このまま続きを読む

 さいたまっぷる

月間60万PVを達成した埼玉地域ブログ『さいたまっぷる』。上尾市を中心に埼玉のお出かけスポット、グルメ、ニューオープン 情報などを紹介しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ため雨具

レインウェア

レインウェア: rain wear)は、アウトドアなどで寒いときや悪天候時に着用する衣類。レインスーツ: rain suit)とも。

頭巾付きの長袖の上着と、長ズボン。袖口とパンツの裾は絞ってあり上着の裾と頭巾に紐がついている。上着は前開き型でチャックの上にフラップがつき、ファスナーを覆う形で風雨が入らないように工夫されている。生地はナイロンを撥水・防水処理したものが多い。レインコートも参考のこと。

登山用品として

防水透湿性が求められる。防水透湿素材としては以下のものなどがある。

色に関しては鮮やかなものを中心として様々な種類があり、実用上は黄色のものが目立つために好まれている。

冬季の登山に用いられるマウンテンジャケットとは若干の差異がある。軽量化のために生地は薄いものが使われ、また使用局面でロープの使用が考慮されていないため、肩部などの補強布がない。

防水性

JIS規格では耐水圧2,000mm以上で「防水生地」と称するが、業界筋では8,000mm以上ないととてもレインウェアの素材として使えないのが常識だという[1]。代表的な防水透湿素材であるゴアテックスの防水性は20,000mm以上である[1]

素材が防水であっても縫い目が目止めしていないとレインウェアとしては使えない[1]

透湿性

透湿性素材を使った製品は、蒸れが軽減される[2]。中に何を着るかによってもかなり違い、速乾性のある合成繊維を素材にしたものを選択すると不快感はかなり軽減される[2]

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『山の道具Q&A』pp.66-67。
  2. ^ a b 『山の道具Q&A』pp.68-69。

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close