ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🐈|白いソックスを履いているような猫の足をイメージ、ネコリパブリックが新作靴下を発売


写真 ネコリパブリック、まるで白いソックスを履いているような「靴下猫」をイメージした靴下を発売

白いソックスを履いているような猫の足をイメージ、ネコリパブリックが新作靴下を発売

 
内容をざっくり書くと
カラーは、猫柄をイメージした「ハチワレ(黒シロ)」「ブリティッシュショートヘア(グレー白)」「シンガプーラ(茶白)」「インディゴ」の4種で、男女ともに合わせやすいカラーとなっている。
 

ネコリパブリックは、自社オンラインショップにて、「脳ある猫は爪隠す 5本指ソックス 靴下猫(スタンダ… →このまま続きを読む

 REANIMAL

「REANIMAL(リアニマル)」は動物のリアルを伝えるWebメディアです。犬、猫をはじめとした様々な動物、生き物の最新ニュースやコラムを発信しています。ペットに関する便利で役に立つ情報や正しい飼育の知識から、おでかけ情報、イベント取材レポート、動物園&水族館のニュースやカルチャーの話題まで、毎日記事を更新中! 動物たちを取り巻く課題にもフォーカスし、問題解決を目指しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

グレー白

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュブルーの全身
ブリティッシュブルー

ブリティッシュショートヘアBritish Shorthair)は、の一品種である。グレートブリテン島原産とされている。短毛種。土着の短毛猫を改良して血統管理されている。

自然発生種に類され[2]、ブリテンの地に源流を有する数多の猫種のなかでも最古であると考えられている[3]。 殊にこの品種のブルー(灰色)の毛色はブリティッシュショートヘアの「永遠の傑作」とも言われ、「ブリティッシュブルー」の呼び名がつくことがある[1]

来歴

2世紀グレートブリテン島を侵略したローマ人は、農耕をもたらすと同時に、ネズミ対策のためにこの地に猫を持ち込んだ。やがてローマ人らが引き揚げたあと、隔絶状態に入った島内で猫の繁殖が進んだ[4]。 こうして繁殖した猫たちの子孫と伝えられるブリティッシュショートヘアは、1800年代にはその存在を知られていた[5]

起源にあたる時期は1880年代で、当時のイギリスに生息していた野良猫や飼い猫など雑多な種を交配したうえで生み出された[1]。 1871年にロンドンで世界初のキャットショー(猫展覧会)が開催された際に、数多の優秀賞を獲得[4]する。 1890年代になると地元イギリスで一猫種としての公認を獲得した[2]

20世紀の中頃―第二次世界大戦の時期には食料不足を原因として絶滅の危機に瀕したものの、繁殖家たちの尽力によって、この品種の最近似型とみなされたペルシャとの交配計画が始まる。これによって血統の断絶は回避され、更には外部交配によってそれまでに無かった毛色と体型が誕生したのであった[6]

やがて1970年代に入ると米国に持ち込まれ、そこで人気の猫種へ[1]。 1980年代になると米国で幅広い公認を受けた[2]21世紀に入ってからは多様な東洋の猫種―いわゆるオリエンタル種との異種交配の試みが活発化し、それまでに存在しなかった様々な新しい毛色が見られるようになった[7]

特色

元々は「ブリティッシュブルー」と呼ばれていた。これはキャットショーに出陳されていたブリティッシュショートヘアが、ある時期まではブルーの毛色に限られていたこと[8]と、この毛色に人気が集中していたことによる[6]。 ブルーのブリティッシュショートヘアは、その他の毛色の個体より被毛が厚めであるという特色を具える[8]

「短毛」を意味する「ショートヘア」という名の通り短毛種であり、骨太の脚、厚く幅の広い胸部、引き締まった胴体、重量感のある丸い顔、そして、殊に密生した短い被毛を特徴とする[5]。 完全な成熟までに要する期間はおおよそ3年から5年[9]B型の血液を保持する個体が4割に達する。これは他の短毛種にはない珍しい特徴である[1]

気質の面においては、誠実さおよび辛抱強さと控えめな様子が特色とされ[1]、非常に静かな性質である[6]。 従順にしておとなしい反面、触れられるのを嫌がることから、「独立心の強い落ち着いた猫」という評価を受けている[1]

影響

チェシャ猫

香箱座りするチェシャ猫
香箱座りするチェシャ猫

チャシャ猫は、ルイス・キャロル児童小説不思議の国のアリス』(1865年)に登場する架空の猫であり、常にニヤニヤと笑い、自由自在に空間を移動して姿を消したり現わしたりできる異能の存在である。世界的に有名なこの人気キャラクターを創出するためのインスピレーションを作者がどのようなものから得たのかについては様々な説が唱えられている (cf.)。説によって信憑性の如何も様々であるが、ブリティッシュショートヘアの面構えがニヤニヤ笑いを絶やさないというチェシャ猫の顔付きによく似ているということで、生身の猫ではこの品種をモデルにしたのかも知れないということが、希望的推定として唱えられている。イングランド南部のチェシャー地方で生まれ育ったキャロルであれば、ブリティッシュショートヘアを目にしていたであろうことは可能性として確かに高くはあるが、そこから先は証明のしようが無く、単なる猫好きの妄想と言ったほうが良いかも知れない。また、挿絵を描いたのはキャロルではなくジョン・テニエルであることから、チェシャ猫の描画上の由来については挿絵画家のほうに求めるべきかも知れない。それはともかくとして、英語版(CFA)[注 1]は、この猫の面構えがチェシャ猫の笑い顔に似ていることを認めてはいる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 血統猫の世界最大のレジストリーであり、北アメリカで最も権威のある血統猫登録協会。

出典

参考文献

  • 和訳書:ブルース・フォーグル『新猫種大図鑑』(Paperback) 小暮規夫(日本語版監修)、ペットライフ社、緑書房、2004年2月20日(原著2001年9月6日)、288頁。
ISBN 4-938396-66-1ISBN 978-4-938396-66-4NCID BA66820133OCLC 676047173国立国会図書館書誌ID:000004368040
  • 佐藤弥生(監修)、山崎哲(写真)『世界の猫カタログ BEST43』(Hardcover) 新星出版社、1997年3月1日、222頁。
ISBN 4-405-10641-XISBN 978-4-405-10641-3NCID BA36894152OCLC 170123341国立国会図書館書誌ID:000002568797
ISBN 4-635-59615-XISBN 978-4-635-59615-2NCID BA49470068OCLC 675241698国立国会図書館書誌ID:000002925478

ウィクショナリーには、:en:British Shorthairの項目があります。

ウィキメディア・コモンズには、ブリティッシュショートヘアに関するカテゴリがあります。


 

Back to Top
Close