ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📱|iPhoneの「触覚タッチ」って、なに? とりあえず「長押し」してみると意外な発見が…!


写真 iPhone 11 シリーズ以降に搭載されている機能「触覚タッチ」。「長押しする」と思っていただければ間違いはなく、「iPhoneの画面を長押しすると、普通のタップとは違う機能が使える」という機能となっています。

iPhoneの「触覚タッチ」って、なに? とりあえず「長押し」してみると意外な発見が…!

 
内容をざっくり書くと
アプリ「Safari」でも、さまざまな便利機能が「触覚タッチ」に隠されています。
 

iPhone 11 シリーズ以降に搭載されている機能「触覚タッチ」。 個人的にナンセンスなネーミング… →このまま続きを読む

 All About


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

触覚タッチ

触覚タッチ(英: Haptic Touch)とは、Appleが開発したハプティクス機能である。3D Touchの代替機能[1]として、対応したiPhone上で利用できる。

概要

iPhone XR以降、3D Touchの代替機能としてiPhone XS/XS Maxを除く全てのiPhoneに導入されている。画面を長押しする(3D Touchは画面を強く押す)事で動作する。iOS 12では通知のプレビューやホーム画面におけるAppのショートカットなど、3D Touchに比べて実行できることが少なかったが、2019年9月20日にリリースされたiOS 13からは、3D Touchと(Live壁紙や3D Touchのみに対応したアプリケーションを除く)同じ機能が使えるようになった[2][3]

実装

触覚タッチ採用iPhoneでは通常のタッチとの違いを使用者が区別できるように例外なくTaptic Engineという触覚フィードバック(ハプティクス)装置が搭載されている。

動作する際は必ずこのTaptic Engineによって端末が僅かに振動し、使用者に触覚タッチがアクティブになったことを知らせるようになっている。

搭載機種

外部リンク

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ 「3D Touch」非対応のiPhone XR 代わりに搭載された「Haptic Touch」でできること”. ITmedia Mobile (2018年10月27日). 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ https://iphone-manual.net/what-haptic-touch-can-do-and-can-not/ (2019年9月30日閲覧)
  3. ^ iPhoneの『触覚タッチ(Haptic Touch)』とは? 3D Touchとの違いや便利な使い方” (日本語). TIME&SPACE. 2020年4月16日閲覧。

便利機能


 

Back to Top
Close