ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

👍| 井上尚弥に各界から祝福SNS 松本人志は「こんなボディあかん」とツイート


写真 井上尚弥

井上尚弥に各界から祝福SNS 松本人志は「こんなボディあかん」とツイート

 
内容をざっくり書くと
芸能界からは、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(57)が「井上チャンピオン こんなボディあかん」とツイート。
 

戦慄の3ラウンドTKO勝ちした〝モンスター〟に各界からも驚きの声が上がっている。 米ラスベガスでWB… →このまま続きを読む

 東スポWeb

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

井上チャンピオン

松本人志

松本 人志(まつもと ひとし、1963年昭和38年〉9月8日 - )は、日本お笑いタレント漫才師司会者映画監督作家およびコメンテーター

お笑いコンビ・ダウンタウンボケ・ネタ作り担当。相方浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛吉本興業東京本部所属。左利き。

経歴

兵庫県尼崎市出身[1]尼崎市立潮小学校尼崎市立大成中学校兵庫県立尼崎工業高等学校機械科卒業。小・中学校の同級生には相方の浜田雅功の他に、放送作家の高須光聖がいる。小・中学校時代のあだ名は、まっつん。

小学生の頃、父がうめだ花月の招待券を仕事でもらってくるようになり、よく行くようになった。これがお笑いとの出会いであり、それを機にお笑い芸人に憧れるようになった。「その頃ぐらいから、だんだん性格変わってきた。ずっと暗い子供やった」と語っている[2]

小学四年生の頃、友達の伊東・森岡と3人で、トリオ「コマ第三支部」を結成。鉄ゴマ・木ゴマ・プラスチックゴマとそれぞれ名前を付け、漫才をしていた[3][4]。その後、伊東と二人で漫才やコントをしていた。初めてコントに挑戦した際は「びっくりするぐらいスベった」という[5]

中学生の頃、伊東と浜田と3人で遊ぶことが多かったが、ある日、伊東と浜田がケンカしたことがあり、ケンカが終わった後、浜田が歩いてきて、「まっつん、もう行こうや」と言われ、浜田のほうについて行った。「あの時は伊東より浜田を選んだっていうか……(中略)まあ、伊東とね、もしずーっと一緒にいたとして、伊東ともし一緒に吉本入ってたら俺はどうなってたんやろうとか考えてみるとね――その以前に、まず伊東と二人でやってると吉本には入ってなかったと思うんですよね。浜田は行動力ありますよね。(中略)「吉本に入ろうや、行こうや」って、結局僕のケツ叩いてたのはあいつなんですよ。だから伊東とやったら、そうはなってなかったと思うんですよね……」と語っている[6]

1982年に小・中学校の同級生だった浜田雅功とコンビを結成し、共に吉本総合芸能学院の1期生として入学した。コンビ名を決めずに活動していたが、1983年にコンビ名をダウンタウンに改名。関西で活動した後、1988年に『夢で逢えたら』で東京進出。

1993年から1995年にかけて、『週刊朝日』に自身のエッセイ(「オフオフ・ダウンタウン」)を連載し、『遺書』及び『松本』として単行本化された。それぞれ250万部、200万部を売り上げ、1995年の単行本年間売上で1位・2位を独占した(トーハン調べ)[7]

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』、『ダウンタウンのごっつええ感じ』、『一人ごっつ』、『VISUALBUM』などでは出演のほか、企画・構成も行う。

1998年、髪型を左分けから坊主頭に変えた[8]。2014年12月からは白髪を隠すために金髪にした[9]

2000年に、ドラマ『伝説の教師』に出演。原案は松本が手掛けており、「ドラマには(友情出演以外)出ない」という姿勢だった松本の初主演ドラマである[注 1]

2001年10月4日より、ラジオ番組『放送室』を高須と共に開始し、2009年3月28日の番組終了まで約7年半に渡り放送された。2007年、企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画『大日本人』を発表し映画監督としてデビューした。日本での公開に先立ってカンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待された。これに伴い、2008年の東京スポーツ新聞社主催・「第8回ビートたけしのエンターテインメント賞」で話題賞を受賞[10]

2001年に『M-1グランプリ』決勝戦の審査員を務める。その後も2004年、2015年以外の全ての回に出演し、審査員出演回数は最多となっている。

2002年10月、『働くおっさん人形』が放送開始。日曜日の早朝に放送され、終了後も同じ枠の後継番組として『モーニングビッグ対談』が放送された。

2004年から『人志松本のすべらない話』(通称:すべらない話)のホスト及び企画、2009年からは大喜利の祭典『IPPONグランプリ』の大会チェアマンとして出演し、お笑い芸人の才能の発掘や若手芸人の育成にあたる役割も担っている[11]

2008年にダウンタウンとして『キングオブコント』の司会を担当。2015年からはバナナマンさまぁ〜ずと共に審査員を務めている。

2009年3月28日、ラジオ番組『放送室』が終了。理由として、自身のプライベートを語る場面を減らしたかったと語っている[12]。『ガキの使いやあらへんで!』のフリートークも2009年12月6日放送分を最後に一旦終了している[注 2]

2009年4月、『人志松本の○○な話』が放送開始し、2010年4月、ゴールデンタイムに移動。松本が単独でゴールデンの冠番組を持つのは初めてである。

2010年6月、左股関節に股関節唇損傷を患い、股関節の手術を受けるため1-2カ月程度の休養を発表。その後、8月18日収録の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』にて仕事復帰。同年10月15日にNHK総合でテレビでは9年振りとなるコント番組『松本人志のコント MHK』が放送、翌10月16日に同局のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「松本人志スペシャル」が放送された。

2015年12月、第18回みうらじゅん賞を受賞[13]

2016年、Amazonプライム・ビデオにて『ドキュメンタル』が配信開始。

2019年11月29日の放送分より『探偵!ナイトスクープ』の3代目局長に就任[14]。前任司会者のいるテレビ番組の司会を引き継ぐのは初めて[15]

2021年6月12日にTBS系でコント番組『キングオブコントの会』が放送、松本も新作コントを手がけ、民放では2001年放送の『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』(フジテレビ系)以来、20年ぶりとなる新作コントを披露した[16]。14日、『キングオブコントの会』の視聴率が6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と報じられたことについて、ツイッターで「キングオブコントの会は内容的にも視聴率的にも大成功でした。ネットニュースっていつまで“世帯”視聴率を記事にするんやろう?その指標あんま関係ないねんけど」「コア視聴率が良かったんです。コア視聴率はスポンサー的にも局的にも世帯視聴率より今や重要な指標なんです」と言及し、ネットニュースが世帯視聴率を取り上げ、報じることについて疑問を呈した[17][18][19]

人物

小・中学校の同級生には浜田の他に、放送作家高須光聖がいる。

週刊朝日に連載していたエッセイ「オフオフ・ダウンタウン」(『遺書』・『松本』)では尊大で傲慢な語り口が特徴で、「ダウンタウンは、ほんとうにすごい二人なのである。とくに松本は今世紀最大の天才で、おそらくこの男を、笑いで抜くコメディアンは出てこないであろう」[20]「センスとオツムがない奴にオレの笑いは理解できない」「バカなやつがどうあがいても、ついてこれる世界ではないのだ」[21]と自画自賛している。社会学者瀬沼文彰は、「松本の価値観がお笑いに「ヒエラルキー」を生んだ」として、「松本の登場以降、視聴者たちは「何を面白いと感じるか」によって、自らの「笑いのレベル」が高いか低いかを判断する意識を持つようになった」と論じている[22]

また、同連載の中で、「大阪の芸人は二回売れないといけない」と書いており[23]、これはテレビ業界や芸人の間で広く知られる言葉となった[24]

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』『ダウンタウンのごっつええ感じ』では出演のほか、番組の企画・構成を担当した。そのほか、『一人ごっつ』『働くおっさん人形』『モーニングビッグ対談』『人志松本のすべらない話』など、多くの番組で「企画」としてクレジットされている。

「笑いは発想」[25]が持論であり、「ネタなんてウケて当たり前」「即興でアドリブでしゃべってどれだけ笑い取れるかっていうところが、笑いの醍醐味でもあるんじゃないのか」と語っている[26]

「笑いと悲しみは紙一重・表裏一体」という考えを持っている[27]。『ごっつええ感じ』のコント「トカゲのおっさん」や、映画『大日本人』は笑いとペーソスを両立させた作品となっている。

面白いやつの条件として「ネクラ・貧乏・女好き」を挙げている。ネクラについて、「面白い奴というのは自分ひとりの世界を持っており、実はネクラな奴が多い。(中略)面白い奴というのはどこか覚めている奴なのだ」、「貧乏」は、松本自身が貧乏な家庭で育ったため、おもちゃを買ってもらった記憶がないことを挙げ、「遊び道具のない子供は、自分でそれを作ろうとする。結局、想像力が豊かになり、頭を使って遊ぼうとする」、「女好き」については、女好きの奴は口がうまく、しゃべりが達者。女を落とすためにかなりのユーモアとサギ的な要素が必要になってくる、とそれぞれ述べている[28]

尊敬する芸人として島田紳助を度々挙げており、「紳助さんがいなかったら僕はきっとこの世界に入っていなかった」として、漫才ブームの時の「紳助・竜介」に感銘を受けたと語っている[29]

落語好きで、「(落語は)子供の時から聞いてる」と語っている[30]。『ダウンタウンなう』で、「枝雀さんか志の輔さんだけは毎晩必ず(聴く)。今日は枝雀さんか志の輔さんかどっちにしよかな、という気分でどっちかにしてる。とにかく1回聞かないと落ち着かない」と語り[31]、『ワイドナショー』で[[桂歌丸の訃報を扱った際も、「いつも寝る前に落語を聞いて寝るのが日課。枝雀さんだったり、志の輔さんだったり。この日は歌丸さんの落語を聞いて寝ました。非常にきれいな丁寧な落語をされますよね」と語った[32]

お題に対しての答えをフリップに書く「フリップ大喜利」を世の中に広めた第一人者とされている。「フリップ大喜利」の発端は、1996年に放送開始した『一人ごっつ』の一人大喜利である。フリップで回答するため、絵を描き、それを説明することで笑わせる場合もある。写真に対し、台詞や言葉を足す「写真で一言」も『一人ごっつ』から生まれたものである。2009年に芸人がフリップ大喜利で競う『IPPONグランプリ』が放送開始。松本は同番組でチェアマンを務めている。

数々の言い回しを世に広めた人物であり、よく使われる「サムい」や「スベる」などはダウンタウンによってポピュラーな言葉となったとされる。

かつては、「この禁煙ブームはなんとか阻止しなければならない。ヘビースモーカーのオレにとって、タバコを吸えないのは、百害あって一利なしなのだ」と書くほどの愛煙家だったが[33]、世間の嫌煙禁煙の煽りを受け、2004年4月頃[34]からタバコを辞め、禁煙に成功している。

評価

高須光聖は、藤井健太郎との対談で、「松本人志とテレビをやり始めた時に0→1のものがどんどん出てくるから俺の中ではものすごい新鮮で、それをテレビで試せるっていうのがあるから『観た事ないなー、即やろう!』って事がずっと出来た。テレビの0→1をものすごく発明した芸人」と語っている[35]

藤井健太郎は、「結局、あの人(松本)が新しいルールを作って革命を起こして全部変えてしまった。そのルールの上で今はみんなが戦っていて。あの人のルールでみんなが戦っているから、ルールを知っている状態でスタートしてるから成長が早い。今、芸人さん達ってみんな面白いですけど、ある意味では、あの人が作ったルールの中での『面白い』でもあるから」と語っている[35]

ライターのラリー遠田は、「お笑いの世界に「動きの笑い」と「言葉の笑い」の2つがあるとすれば、松本は間違いなく言葉の笑いのスペシャリストである。松本の登場によって「言葉の笑い」こそが高度な笑いであると考えられるようになり、お笑い界全体のレベルが上がった」と評している[36]

家族

3人兄弟の末っ子。祖父(松本昇次郎)(1896年 - 1971年6月8日 74歳没)は著書にもよく名が出てくる。家族構成は父(松本譲一)(1933年[37] - 2014年8月18日 81歳没)、母(松本秋子)(1933年[37] - 三重県津市出身)、兄(松本隆博)、姉(奈緒美)。2014年8月31日、8月18日に父が亡くなったことを『ワイドナショー』内で明らかにした[38]。番組では家族の話をすることが多く、特に母とはテレビで共演することも多い。2009年に伊原凛と結婚し[39]、娘がいる[40]

出演

ダウンタウンとしての出演番組・作品はダウンタウンの出演項目を参照。

テレビ

現在のレギュラー番組
スペシャル番組
過去のレギュラー番組
過去のスペシャル番組

ドラマ

ラジオ

インターネット配信

CM

演じた俳優

受賞歴

作品

アニメ

ビデオ

  • ダウンタウン松本人志の流 頭頭(とうず)(1993年7月9日)※オリジナルビデオ作品。松本が企画・構成・主演を担当
  • 寸止め海峡(仮題)(1995年1月20日)※同名の松本人志1万円ライブを収録したビデオ。一番客の反応が良かった『写真で一言』のコーナーは、「入場料を払って観た客だけの特典」として意図的にカットされている[独自研究?]
  • 松本人志のひとりごっつ 其ノ一〜其ノ九(1997年)
  • HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol.りんご「約束」(1998年)
  • HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol.バナナ「親切」(1998年)
  • HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol.ぶどう「安心」(1999年)
  • わらいのじかん(2000年)
  • わらいのじかん2(2000年)

ショート・ムービー

  • サスケ(2001年)※日本テレビ系のバラエティ番組『進ぬ!電波少年』の企画で制作された。未商品化。

DVD

  • 松本人志自選集「スーパー一人ごっつ」Vol.1〜5(2002年 - 2003年)
  • HITOSI MATUMOTO VISUALBUM 「完成」(2003年)
  • 働くおっさん人形(2003年)
  • 人志松本のすべらない話(2006年6月28日)
  • HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン1 (2018年1月31日)

音楽

食玩

  • 松本人志 世界の珍獣(2003年)

スマートフォンアプリ

  • 松本人志の眠くなるアプリ(2014年)
  • 松本人志の俺の覚えたい外国語100〜英語編〜(2015年)[47]
  • 松本人志が教える大胸筋上部の鍛え方

映画

  • サスケ(2001年) – 主演・佐助 役
  • 明日があるさ THE MOVIE(2002年) – 耳鼻科の先生 役
  • 大日本人(2007年) – 主演・大佐藤大 / 6代目大日本人 役 ※監督、脚本兼任
  • しんぼる(2009年) – 主演・男 役 ※監督、脚本兼任
  • さや侍(2011年) – 監督、脚本兼任
  • R100(2013年) – 総務課の警察官 役 ※監督、脚本兼任

舞台

  • 寸止め海峡(仮題)(1994年) - 入場料1万円の「演者が客を選ぶ」ライブ[要出典]
  • 松風'95 (1995年) - スライド写真にコメントを付ける形式の単独ライブ。入場料を観客の評価に委ね、見終わった後に出口で払ってもらう「料金後払い制」をとった[要出典]

劇場アニメ

  • (2019年) - ナレーション[48]

イラスト

書籍

著書

関連書籍

吉本興業・松本人志非公認

連載

  • オフオフ・ダウンタウン(週刊朝日、朝日新聞社)1993年7月16日号 - 1995年7月14日号
    • のちに『遺書』・『松本』とタイトルをつけて単行本化。
  • 松本人志のプレイ坊主(週刊プレイボーイ集英社)2000年7月18日号 -
    • 『プレイ坊主』・『松本人志の怒り』はこの連載からの単行本。

特集・対談など

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 中居正広とのダブル主演。
  2. ^ フリートーク自体は月亭方正、ココリコとの着ぐるみトークとして、不定期に行われている。その後、2017年4月2日放送分で、8年ぶりにコンビでのトークが復活し、以降2ショットトークも、不定期に行われるようになった。

出典

  1. ^ a b 松本人志 プロフィール|吉本興業株式会社”. 吉本興業. 2018年11月12日閲覧。
  2. ^ 『松本坊主』 p,25 - 26
  3. ^ 『松本坊主』 p,32 - 33
  4. ^ 松本人志 35年ぶり元相方との再会に感極まる”. 日刊スポーツ (2018年2月3日). 2021年7月26日閲覧。
  5. ^ 『松本坊主』 p,34 - 36
  6. ^ 『松本坊主』 p,73 - 75
  7. ^ 1995_best.pdf (PDF)”. トーハン. 2021年7月26日閲覧。
  8. ^ テレビでの初出は1998年7月26日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』
  9. ^ 松ちゃん、銀髪から金髪にした理由は「グレーすぐ落ちる」”. オリコンニュース (2014年12月7日). 2019年4月18日閲覧。
  10. ^ ついに夢の2ショット実現 たけし、松ちゃんに「映画作りを続けて」”. ORICON NEWS (2008年3月3日). 2017年9月26日閲覧。
  11. ^ お笑い不況下の「IPPON」の役割「若手発掘」「日本を元気に」”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2015年5月23日). 2015年9月17日閲覧。
  12. ^ 『放送室』第388回、2009年3月7日放送分
  13. ^ 松ちゃんが「みうらじゅん賞」を受賞 デイリースポーツ online 2015年12月9日閲覧
  14. ^ a b 『ナイトスクープ』新局長は松本人志 西田敏行からバトン託される”. ORICON NEWS (2019年10月25日). 2019年10月25日閲覧。
  15. ^ ナイトスクープ松本人志局長就任で視聴率20%超えへ?/芸能ショナイ業務話 サンスポ 2019年11月11日、2020年1月15日閲覧
  16. ^ 松本人志、民放20年ぶり新作コント 6.12『キングオブコントの会』歴代王者も集結”. クランクイン! (2021年6月11日). 2021年7月4日閲覧。
  17. ^ 松本人志が「キングオブコントの会」視聴率に言及「いつまで“世帯”視聴率を記事にするんやろう?」”. 東スポWeb (2021年6月14日). 2021年7月4日閲覧。
  18. ^ 松本人志が「低視聴率報道」に怒り表明でマスコミは戦々恐々”. FRIDAYデジタル (2021年6月17日). 2021年7月4日閲覧。
  19. ^ 世帯視聴率の記事がなくならない責任の一端はヤフトピにある(境治)”. Yahoo!ニュース (2021年6月22日). 2021年7月4日閲覧。
  20. ^ 『遺書』 p,10 - 11
  21. ^ 『遺書』 p,90 - 91
  22. ^ 天才・松本人志の「限界と今後」日本人の笑いにもたらした功罪(瀬沼 文彰)”. 現代ビジネス (2019年12月31日). 2021年7月23日閲覧。
  23. ^ 『遺書』 p,15 - 16
  24. ^ 「芸人は2度売れないといけない」説 有吉、アンガ田中の例も”. NEWSポストセブン (2015年1月18日). 2021年7月25日閲覧。
  25. ^ 『遺書』 p,161
  26. ^ 『松本坊主』 p,194
  27. ^ 『松本人志 仕事の流儀』ISBN 9784781680002
  28. ^ 『遺書』 p,54 - 56
  29. ^ 『哲学』 p,14 - 18
  30. ^ 『放送室』第385回、2009年2月14日放送分
  31. ^ 松本人志 桂枝雀さんか立川志の輔の落語を毎晩必ず拝聴「聞かないと落ち着かない」”. デイリースポーツ online (2017年6月30日). 2021年7月25日閲覧。
  32. ^ 松本人志、桂歌丸さんを追悼「非常にきれいな丁寧な落語を…」”. ORICON NEWS (2018年7月8日). 2021年7月25日閲覧。
  33. ^ 『松本』 p,24 - 26
  34. ^ 放送室』第135回、2004年4月29日放送分
  35. ^ a b 高須光聖がキク「高須光聖×藤井健太郎」 第2話高須光聖オフィシャルホームページ「御影屋」 2017年12月18日
  36. ^ 松本人志「お笑い界の伝統」をあえて批判した訳”. 東洋経済オンライン (2021年4月24日). 2021年6月8日閲覧。
  37. ^ a b 『ガキの使いやあらへんで!!』2002年8月4日放送 [出典無効]
  38. ^ 松本人志さんの父、譲一さんが死去 「結構きやがるな」と惜別 2014年9月1日閲覧。
  39. ^ 松本のお相手は元お天気お姉さんの伊原凛さん Sponichi Annex 2009年05月18日
  40. ^ 松本人志 父娘の“お家騒動”明かす…「すべらない話」in沖縄 Sponichi Annex 2015年3月28日
  41. ^ 松本人志「昔付き合っててキスぐらいはした感じの元カノ」矢部浩之と約7年ぶりの共演!”. フジテレビュー!! (2021年4月1日). 2021年4月2日閲覧。
  42. ^ ダウンタウン松ちゃん「M-1」審査員辞退?紳助暴行事件余波 - スポニチアネックスOSAKA、2004年12月14日
  43. ^ “「審査員長・松本人志」見たことないコンテスト開催、オードリー若林MC”. お笑いナタリー. (2020年8月28日). http://natalie.mu/owarai/news/394099 2020年9月5日閲覧。 
  44. ^ 松本人志&中居正広“マッチングな夜”で「一組、とんでもない泥仕合が…」 サンスポ.com 2020年11月20日
  45. ^ 「ピクミン3 Direct 2013.6.26」配信 松本人志&宮本茂が「ピクミン3」お茶の間でプレイ 2013年6月26日閲覧
  46. ^ “アマゾンプライムビデオCMで松本人志、リリー・フランキー、清野菜名、三浦瑠麗がお家映画を楽しむ! 出演者のプロフィールをチェック!”. TVR NEWS (CMニュース・ライダー). (2020年8月3日). https://tv-rider.jp/column/amazonprime 2020年8月4日閲覧。 
  47. ^ ボケて×「松本人志の俺の覚えたい外国語100〜英語編〜」コラボ企画を本日より開催! 2015年4月8日閲覧
  48. ^ キャスト&スタッフ”. 映画『バイオレンス・ボイジャー』公式サイト. 2019年3月27日閲覧。

外部リンク

先代:
西田敏行
探偵!ナイトスクープ
3代目探偵局長
松本人志
2019年11月 -
次代:
-

 

Back to Top
Close