ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥾|会津駒ケ岳夏山シーズン開幕 200人が名峰散策 福島・檜枝岐村


写真 雪に覆われた会津駒ケ岳の山頂で安全祈願をする登山客ら

会津駒ケ岳夏山シーズン開幕 200人が名峰散策 福島・檜枝岐村

 
内容をざっくり書くと
尾瀬檜枝岐温泉観光協会によると、駒ケ岳の湿原ではハクサンコザクラやチングルマなどが咲き、登山者を迎えていた。
 

尾瀬国立公園にある福島県檜枝岐村の会津駒ケ岳(2、133メートル)は3日、夏山開きを迎えた。約200… →このまま続きを読む

 福島民報


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

尾瀬檜枝岐温泉観光協会

ハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ白山小桜 学名:Primula cuneifolia Ledeb. var. hakusanensis Makino)は、サクラソウ科サクラソウ属多年草高山植物。母種はエゾコザクラ。

概要

日本海側高山帯白山から飯豊山にかけて)に分布し、雪渓周辺や湿地帯などの湿った場所に群生する[1]。 高さは15cmほど。葉は3~8cmで9~25個[2]の鋸歯縁。花はピンクの5弁花だがハート型に深く切れ込んでいるので10弁花のように見える。花期は6~8月。まれに白い花の個体のシロバナナンキンコザクラ(f. alba、またはシロバナハクサンコザクラ)も見られる。別名は、ナンキンコザクラとタニガワコザクラ[1]田中澄江花の百名山の著書で針ノ木岳に咲くこの花と山を紹介している[3][4]。また新・花の百名山の著書で白山に咲くこの花と山を紹介している[5]

名前の由来

名前は白山で最初に知られたことに由来する[6]。同様に、ハクサンが付く名前の花が多数ある。ハクサンフウロハクサンチドリハクサンシャクナゲハクサンイチゲなどがその一例。

近縁種

以下の似た種がある[1]

  • エゾコザクラ - Primula cuneifolia 北海道に分布
  • - var. heterodonta
  • ヒナザクラ - Primula nipponia
  • ヒメコザクラ - Primula macrocarpa
  • - Primula yuparensis
  • - Primula sorachiana
  • - var. kamuiana
  • - Primula kitadakensis
  • - Primula tosaensis var. brachycarpa
  • - Primula tosaensis takedana

関連画像

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『日本の高山植物(山渓カラー名鑑)』山と渓谷社、1988年、ISBN 4-635-09019-1
  2. ^ 『高山に咲く花』山と渓谷社、2002年、ISBN 4-635-07008-5
  3. ^ 『花の百名山』田中澄江(著)、文春文庫、1997年、ISBN ISBN 4-16-352790-7
  4. ^ 『花の百名山地図帳』山と渓谷社、2007年、ISBN 978-4-635-92246-3
  5. ^ 『新・花の百名山』田中澄江(著)、文春文庫、1995年、ISBN 4-16-731304-9
  6. ^ 『花図鑑 野草』草土出版、1998年、ISBN 4-795-29551-4

関連項目


 

Back to Top
Close